ウクレレで弾きたい曲があるのに、手元にギターの楽譜しかない!なんてことがあります。, そうなんです。最新J-POPやマイナーな洋楽曲など、ギターの楽譜は世の中にたくさんあるのに、ウクレレとなると悲しいかな数が減ってしまうのです。, 今回は、ギターの楽譜を使ってウクレレを弾く3つの方法と、その原理をかんたんに解説します。, 出典:http://blog.livedoor.jp/ya2pan2/archives/furusato.html, 同じ弦楽器でということで、ついつい楽譜の6本のうち、4本だけウクレレで同じ場所を押さえたくなります。, しかしギターとウクレレでは、そもそも弦の調律(=チューニング)が違います。同じ場所を押さえても同じ音にはなりません。, しかし開放音(どこも押さえずに鳴らした弦の音)の音程が違うため、同じフレットでも音程はまったく違うことがわかります。, 面倒ですが、基本的には同じ音程をひとつひとつウクレレの指板上で探す必要があります。, この場合は、ウクレレ専用のコード一覧表を用意して、ウクレレのコードの押さえ方をひとつずつ確認しましょう。, コード(和音)を構成する音はギターもウクレレも同じなので、同じコードなら適当な順番で弦を弾いたとしても似たような響きになります。, ちなみにウクレレを本格的に練習するつもりなら、ウクレレのコードはウクレレのコードとして別に覚えてしまったほうが早いです。, ギター経験者には少しおっくうかもしれませんが、弦が4本しかないのでギターより覚えるのは簡単ですよ。, ちなみに楽譜のリズムの読み方はギターもウクレレも変わらないので、そのまま参考にしてください。, 実はギターの1〜4弦の5フレット以降の音程は、ウクレレの音程とまったく同じなのです。, つまりギター用のTAB譜であっても、1〜4弦の5フレット以降のフレーズが頻繁に登場するアレンジなら、そのままウクレレに利用できてしまうということ。, ギターはフレットの数が多いので、同じコードでも、低い響きの押さえ方や高い響きの押さえ方などいくつかの押さえ方があります。, そんなわけで、ギター経験者で、しかもハイコード全部覚えてる!と言う強者はそっくりそのまま使ってしまってもOKです。, といっても、そのような強者はあまり見かけないので…やっぱりウクレレコード表を見たほうが早いかも。, 弾き語りをするわけでもなければ、他の楽器と一緒に演奏するわけでもな。というのであれば、思い切って原曲よりも高いキーで弾くのはどうでしょうか。, 先ほどのギターとウクレレのフレット音程の図を思い出して欲しいのですが、ギターの1〜4弦の5フレット以降の音程はウクレレの音程とまったく同じでした。これは言いかたを変えると、ギターの1〜4弦を5音高くするとウクレレと同じ音になる、とも言えます。, つまり、ギターの楽譜に載っているコードの押さえ方をそのままウクレレで押さえた場合、曲全体のキーが5音高くなるだけ、ということになります。, 弾き語りの時はボーカルも5音高くなってしまう、原曲に合わせて演奏することができない、などの条件はありますが、ウクレレ自体の音の印象は5音高くても違和感はないはずです。, 一方次は、原曲のキーに忠実に演奏するために、ギターの楽譜からひとつひとつウクレレのコードを確認していく場合。, ギターの楽譜を単純にウクレレのコードに置き換えていくと、中にはウクレレでは押さえるのが少し難しいコードもあります。, 近年のポップソングでは、#や♭などのウクレレではあまり使わないコードを使っていたり、小難しいオンコードが使われます。, コードの構成音のうち、いちばん低い音だけ別のコードに変えること。例えばC/Gだったら、ほとんどCの押さえ方になるけど、いちばん低い音だけGを押さえます。, キーを変えるというのは、曲全体、つまり曲中に登場するすべてのコードを何音かずらすこと。キーを変えるだけでコードの押さえ方がガラリと変わり、左手がラクになることがあります。, 半音(#)も含めた全12音階のなかで、曲に使われているすべてのコードを同じ数だけずらします。, ただし繰り返しになりますが、弾き語りのときはボーカルの音域、バンド演奏のときは他の楽器との調整が必要なので注意してください。, いくつかのコードは簡単になるけど、逆にその他は難しくなる、なんてこともあるので試行錯誤は必要です。, バレーコードばかりで構成されている曲は、カポタストを使うと演奏がラクになるでしょう。, 例えばBm→D#Maj7→Gadd9→Dというコード進行のフレーズ。コード名からして難しそうですね。, 上の例でいえば、Dが押さえ方の配置が変わっていますが、構成音は同じなので聴こえ方も同じです。, このように指の押さえ方を少し変えるとカポタストを使ってラクに弾けるコードもあります。色々と研究してみましょう。, ちなみにカポタストに慣れておくと、弾き語りの時に、声域に合わせて簡単にキーを変えられるという利点も。, 同じフレットを押さえても同じ音は出ませんが、少し変えれば同じ音は出せてしまうのです。, とはいっても、ウクレレには4本しか弦がありません。どの音をどの弦で弾くかで、聴こえ方の印象はかなり変わります。, 曲を通してどの押さえ方をどんな順番で弾くかが、アレンジの妙であり、センスの見せ所でしょう。, 【ウクレレ初心者】4つの簡単なコードさえ覚えれば、58曲弾けるようになるって本当?, 「【ウクレレ初心者】4つの簡単なコードさえ覚えれば、58曲弾けるようになるって本当?」, 下の画像は、ギターとウクレレの指板上の各フレットを押さえた時の音程を表したものです。, ギター用のTAB譜であっても、1〜4弦の5フレット以降のフレーズが頻繁に登場するアレンジなら、そのままウクレレに利用できてしまう, 大人にこそおすすめ。最強のウクレレ教本「古川先生の初心者向けウクレレ講座」をレビュー. いまこそあえてのJ-Pop&J-Rock, プリンターで印刷して使えるタブ譜とギターコード表を無料でダウンロードできます。練習のおともに!, プリンターで印刷して作れる、即席CD・DVD紙ジャケットを配布しています。ウッド君のイラスト付き!, タブストックの楽譜やコンテンツは、下記転載以外は、基本的にご自由にお使い頂けます。演奏を動画サイトにアップして頂いても、発表会にお使い頂いてもOKです。アップする際には、タブストックにリンクを飛ばして頂ければ嬉しいです(必須ではありません)。, 類似サイトやまとめサイトなど、他サイト等へのタブストックの楽譜・コンテンツ等の転載はお断りしています。発見し次第、顧問弁護士を通じて情報開示請求を行い、知財損害で提訴します。その他、損害、機会損失、弁護士費用等、一切の費用を請求します。更に、掲載サイトのサーバーや広告会社(ASP)への通報、盗作者情報交換サイトへの報告等、しかるべき措置を徹底的に講じます。, タブストックでは、クラシックギターやフォークギターなどのアコースティックギターで楽しめるような「ソロギター」にアレンジした楽譜と、エレキギターでクラシック音楽を弾けるようにアレンジした楽譜、ベースの練習に適した楽譜、そしてソロウクレレ用のアレンジ楽譜を、初心者の方はもちろん、多くのプレーヤーに楽しんでもらえるようにタブ譜で掲載しています。, また、クラシックギター・ソロギターの楽譜は人気別・難易度別に分類しています。分類は、あくまで管理人の主観的なものですので、参考程度のものとお考えください。, ソロギターのもっとも基本的なものは、メロディにルート音などの伴奏がついたものになります。音楽的には、ちょうどピアノの右手と左手を弾くような感じです。異なる扱いの音を同時に奏でなくてはいけないので、クラシックギターまたはソロギターでは、ほとんどの場合はフィンガーピッキングになります。, タブストックに掲載のタブ譜は、管理人が独自に編曲していることもあり、運指やアレンジは絶対的なものではありません。あまりタブ譜にこだわることなく、弾きやすいよう、聴きごたえのあるよう、ご自由にアレンジしてもOKかと思います。, タブストック(www.tab-stock.net)では、著作権等の知的財産権が失効し、パブリックドメインとなった音楽に基づき、ソロギター・クラシックギター向け、エレキギター向けに作成した楽譜(タブ譜)を無料で公開しています。, また、当方(当サイト管理人)が作成したオリジナルの編曲楽譜に係る一切の権利の所有につきましては、当方に帰属しますが、個人でお使い頂く場合に限り、無償でご提供致しております。演奏会等の発表にもお使い頂けますので、どうぞ皆様のギターの練習にお役立てください。, ウクレレを構えた状態で、上から、4弦、3弦、2弦、1弦と呼びますが 、いちばん低い音が出るのは3弦で、開放弦はC(ド)の音です。, これにより、上から弾いても下から弾いても高い音から入ることになり、これがウクレレ独特の軽快なサウンドを生み出しているわけです。, このチューニングがウクレレ本来のチューニングで、レギュラーチューニング、スタンダードチューニングなどと呼びますが、High-G(ハイジー)チューニングという言い方も一般的なので、ここではHigh-Gで統一します。, High-Gに対し、4弦のG(ソ)を1オクターブ下げたチューニングをLow-G(ロージー)チューニングと呼び、4弦には専用の弦を使用します。, Low-Gでは、High-Gよりも低い音を出すことができるため、メロディーを弾くときに音域が広がり、コードを弾くときは音に厚みが出ます。, どちらを選ぶかは好みだと思いますが、個人的にはまずはHigh-Gをおすすめします。, それは、ウクレレの基本であるコードストロークの際にウクレレらしい響きが出ることと、ウクレレの基本的なコードの押さえ方はHigh-Gを前提としているからです。, 基本的にHigh-GもLow-Gもコードの押さえ方は一緒ですが、Low-Gの場合は4弦の音がとても重要になります。そのため、一般的なコードの押さえ方とは違う押さえ方の方がLow-Gには合ってる場合があるんです。, もちろんHigh-Gと同じ押さえ方でも悪くはないのですが、よりLow-Gの良さを出そうとすると、コードが難しくなるということです。なので最初はHigh-Gをおすすめしますが、あくまで私個人の考えなので、お好みで選んでくださいね。, ウクレレはチューニングが狂いやすい楽器です。家でチューニングして、別の場所に持っていくと、もうずれています。なので、必ず演奏する直前にチューニングしましょう。, チューニングにはチューナーを使いますが、しっかり音も聞きましょう。チューニングが少しでもずれている状態でウクレレを弾いたときに「あれ?チューニング、ずれてるかな?」とすぐに気付くことが大切です。そのためには、チューナーだけに頼らず、耳を鍛えることも重要です。, チューニングは基本中の基本。High-GでもLow-Gでも、きちんとできるようにしましょう。, 自由すぎるウクレレアンサンブル集団『The Ukulele Orchestra of Great Britain』. カノン(エレキ) ウクレレの一般的なチューニングは4弦からg-c-e-aとなります。一般的な弦楽器と違い4弦が1オクターブ高い音になります。 この独特な音の並びを4弦から順に弾くと「はなこさ~ん」と聞こえます。 ウクレレコードの押え方を絵柄付きでリスト化したページです。C(メジャー)Cm(マイナー)CM7(メジャーセブンス)C6(シックス)C7-5(セブンスフラット5)Caug(オーギュメント)に加え、転回形も最大4つ表示(セブンスの場合)。その他の C♯/Db D Eb/D♯ E … © 2018- ‎64000曲以上のギター、ウクレレ、ピアノコード、楽譜が見放題!ベース、パワーコードにも対応! 初心者にやさしい押さえ方TAB譜付きでギターを買ったその日から弾けちゃいます。 「初心者でも正しくチューニングする方法はある?」, ウクレレは弦楽器のため、演奏する際には必ずチューニングする必要があります。チューニングが正しく行われていなければ曲を演奏できたとしても心地よいメロディーとして奏でることはできません。, 非常に重要な部分でありながらも、ウクレレを始めたみなさんにとって難しいと感じるチューニングについて解説するとともに、初心者が正しい音合わせを最短で身につけられる方法をご紹介します!, 本ページによって、「ウクレレの演奏を上達させたい!」と考えるみなさんの悩みが1日も早く解決することを祈っています。, ウクレレのチューニングを実践する前に、大事な基礎知識を頭に入れておきましょう。ウクレレには「High-G」と「Low-G」の2種類のチューニングが存在します。, ウクレレのチューニングの基本は「High-G」です。「High-G」のチューニングがなされているウクレレは、みなさんが思い描く「コロンコロン」といった陽気な音色を奏でられる特徴があります。, お店で販売されているウクレレはほとんどが「High-G」のチューニングでセッティングされているため、始めたばかりのみなさんの手元にあるウクレレも「High-G」のはずです。, 楽譜も「High-G」と「Low-G」のチューニング別で販売されているため、購入する際にはその点にも注意しましょう。, 一方「Low-G」は低音を出すことができ、同じ弦楽器のギターに近い音へと変わります。, コードを覚え、楽曲のメロディーを弾いていると初心者でもウクレレの音域に違和感を感じることがあるかと思います。, そもそも、ウクレレという楽器はあまり音域が広くないため、「High-G」だけで演奏していると楽曲によってはどうしても音域が足りない、合わない事態に陥るのです。, では、足りない音域を出すにはどうすれば良いの?と疑問が生じますが、それを解決するのがこの「Low-G」チューニングなのです。, ウクレレを「Low-G」チューニングの仕様に変更するには弦を張り替えなければなりません。「Low-G」は通常よりも太い弦を使用します。そのため、「High-G」で使用している弦とは異なることも知識として覚えておきましょう。, 「High-G」と「Low-G」・・・どちらのチューニングが良い?どちらのチューニングにセットすれば良いのか疑問に思う人もいるでしょう。好みの問題もありますが、初心者であれば購入時にセッティングされている「High-G」チューニングのままで良いでしょう。, 「Low-G」チューニングで曲が弾きたいと言っても、弦を張り替えなければなりませんし、楽曲の中には「High-G」で弾くものもあれば「Low-G」で弾くものもあります。, 1本のウクレレの弦をその都度交換することはとても手間であり、音色も不安定になるため、おすすめしません。, もしも、どちらともをやりたいと考えている人は、ウクレレを2本所有し、1本は「High-G」、1本は「Low-G」のチューニングにして楽曲ごとに使い分けると良いでしょう。, チューナーはウクレレから出る音を判断し、デジタル画面や色で表示してくれる装置です。チューナーを使うことで合わせたい音に対して正確な設定が可能となります。, チューナーは、ウクレレのヘッド部分に挟んで使用する”クリップタイプ”と、マイクが内蔵されている”カードタイプ(メーター型)”が主となっています。, どちらも正しく音を判断してくれますが、マイク内蔵の”カードタイプ(メーター型)”は、ウクレレの音以外の周りの雑音や騒音なども拾ってしまうため、なるべく静かな場所でチューニングする必要があります。, ”クリップタイプ”は弦の近くにセットでき、雑音なども入りづらくチューニングしやすいため、初心者の場合は”クリップタイプ”を選択すると良いでしょう。, 価格は千円前後の商品が多く、高くありませんが、信頼できる商品とそうでない商品があるため、見極めて購入する必要があります。編集部おすすめのチューナー(クリップタイプ)をご紹介していますので、まだ持っていないという人はこちらから入手してくださいね。, ヘルツの数値は国によっても、演奏の形態によっても値が変わるため、分かりずらいのですが「440」ヘルツが基本と定められています。, ウクレレチューナーの電源を入れると「440」ヘルツに設定されています。チューニングする際はこの設定のまま使いましょう。, これまでにギターの経験がある人や、家族の中でギターをたしなんでいる人がいる場合、ギターのチューナーなら家にあると言う人もいるでしょう。, ギターのチューナーがすでにあるよという人はウクレレのチューニングも行うことが可能です。チューナーによっては1つ持っておけば弦楽器(ギター、ベース、ウクレレ)に対応できる商品も発売されています。, ウクレレには4つの弦が張られていますが、4弦⇒ソ(G)、3弦⇒ド(C)、2弦⇒ミ(E)、1弦⇒ラ(A)となっています。チューニングによって正しい音に設定していきましょう。, 今回ご紹介する方法は、初心者もあつかう「High-G」のチューニングです。クリップタイプチューナー(デジタル画面付き)でチューニングすることを想定しています。, 4弦をG音に合わせたら、次に音程の調節を行います。メーターの中央に書かれた「0」に針を合わせるよう、セッティングしていきましょう。メーターの針が左に傾けば音が低いことを意味し、右に傾けば音が高いことを意味します。左に傾いた場合はペグを巻きましょう。音程が高い場合は、ペグを緩め、いったん針を左に傾かせてから、締め直すようにしてください。, 4弦をG音に合わせたときと同じように、3弦はC音、2弦はE音、1弦はA音に合わせてチューニングしましょう。4弦すべて合わせたらチューニングは終了です。, これまでチューナーで音を合わせる方法を解説してきましたが、ウクレレはチューナー以外の方法でもチューニング可能です。, チューニングアプリは無料で使えるものが多いため便利ですが、スマートフォンのマイク機能を使って音を集めるため、雑音などを拾ってしまう可能性があります。使用する場合は静かな場所でチューニングしましょう。, チューニングできるアプリをいくつかご紹介します。チューナーを忘れてしまった場合など、いざと言う時のためにダウンロードしておくことをおすすめします。, 音叉(おんさ)とは金属製のチューニング道具です。音叉を振動させた音とウクレレの音を自分の耳で確かめながらチューニングしていきます。正しく音が合わせづらいことや、アナログな方法であるため、初心者にはおすすめしません。, 慣れてこれば、聞いただけで音を合わせることも可能ですが、楽器をこれまでに全くやってこなかった初心者には難易度が高い方法と言えるでしょう。, チューニングはチューナーやアプリ、ピアノなどさまざまな方法が存在します。どれも独学で行える方法ですが、チューニングが間違っていればどれだけ練習しても、曲を正しく奏でることはできません。, チューニングはウクレレ演奏の重要な部分であるため、自分でセッティングする独学ではなく、教室に通って習得することをおすすめします。, チューニングを正しく習得するには教室に通うことが一番です!しかし、メリットばかりではなく、デメリットも存在するため、その点をしっかり押さえておく必要があります。, チューニングを学ぶ際、適当な教室や講師を選んでしまうと値段のことや相性などのデメリットに悩まされる可能性があります。, チューニングの習得はプロの講師によるレッスンをおすすめしますが、メリットのみ受けられる良質なウクレレ教室を選ぶことが求められます。, 良質なウクレレ教室に通うことが決まれば、あとは練習あるのみ!ウクレレ教室では必ず”マンツーマンレッスン”を選択しましょう。, グループレッスンに通おうとしていた人は考えを改めてください。グループレッスンに通っても、講師から直接指導が受けられないことに加え、ネットや教則本で学習できる程度の低レベルな内容しか教えてくれません。, お金を無駄にしないためにも、通うのであれば”マンツーマンレッスン”一択と覚えておきましょう。, こちらの記事にもウクレレ演奏を上達させる方法が書かれています。参考にしてください!↓↓. YouTubeの公式ミュージックビデオとコード譜がリアルタイムで連動して表示されます! ウクレレ初心者でも、ウクレレを買ったその日に弾くことが出来る 超簡単 な曲を紹介します。練習する最初の一曲に最適!どの曲も、使われているコード(和音)が5つ以下の曲なので、少し練習すればスグに弾けるようになります。ウクレレ生活の第一歩にオススメです。 忙しい人の場合、レッスンの入れやすさは非常に重要です。シアーミュージックは入れたい曜日・時間に予約できるフレックス制を採用。あなたの都合に合わせて通うことができます。, 予約・キャンセルはスマートフォンやパソコンから行うことができます。急遽予定が入ってしまった場合、前日の17時までにキャンセルすれば、その日のレッスンを振替えることが可能となっています。, 【通いやすさ】 シアーミュージックでは担当の講師がヒアリングを行うことで、あなたに合ったカリキュラムを作成。, レッスンではチューニングの習得はもちろん、コードの押さえ方、コード進行などウクレレの基礎とともに、実践的なテクニックまで学ぶことが可能です。好きな楽曲を練習できる点もうれしいメリットです。, 【レッスンの入れやすさ】 This article is a sponsored article by ''. 楽器によっても違いますが、全長約50~70cmと、手に馴染みやすい小柄サイズです。, 筆者と同じように、ギターに挫折した経験がある、または楽器は初めてという人におすすめの楽器です!, 楽器を演奏するのに必須なチューニング(音程を合わせること)ですが、わざわざチューナーを買う必要はないのです!, 無料アプリで十分対応できます。ということで、最初に購入するのはウクレレ本体のみでOK!. あの曲やこの曲、たくさんの名曲が実はたった4つのコード(和音)で演奏できてしまいます。ウクレレの定番の4つの簡単なコードと、キレイな音が出る左手と右手の使い方を覚えて、レパートリーを一気に増やしましょう。 ウクレレはチューニングの狂いやすい楽器です。こまめにチューニングし直しましょう。, ウクレレの一般的なチューニングは4弦からG-C-E-Aとなります。一般的な弦楽器と違い4弦が1オクターブ高い音になります。, なぜ4弦だけ高くチューニングにするのかには「ハワイには低音用の巻弦の原料になる鉄が乏しかった」「海辺で演奏するとき波の音で低音は聞き取りにくいため」など諸説あります。そもそもウクレレはボディーが小さく低音が響きにくいので低音弦を使わないのは一理あると思います。, 実際には4弦を専用の巻弦に張り直し1オクターブ低いGに変更するチューニング方法もあります。これを特に「LOW-G(ロージー)チューニング」といいます。少しボディーの大きいコンサートウクレレやテナーウクレレでソロ演奏するときに好まれます。, ちなみにローGチューニングを4弦から弾くと「まさおく~ん」と聞こえると言われますが、さすがにこれはこじつけですね。, 音の合わせ方にはいくつかの方法がありますが、最も確実なのはデジタルチューナーを使う方法でしょう。, デジタルチューナーにもいくつか種類がありますが、ヘッドを挟んで振動を拾うタイプの「クリップチューナー」がおすすめです。, 特にウクレレ専用というものは必要ないので、1,000円~くらいの安価なもので十分実用的です。, チューナーを使わない方法としては、まず音叉で1弦Aの音を合わせ、以下の図のようにそれぞれの音を合わせます。, チューナーを使う使わないに関わらず、弦楽器のチューニングは低い音から高い音に弦を巻き上げながら合わせるのが基本です。音が高くなりすぎたら、一旦弦を緩めて低い音から合わせ直しましょう。, 参考:ウクレレチューナー各弦の音が聞けます。音叉やチューナーがない場合ご利用ください。, というのも、ウクレレのチューニングはギターの5フレットにカポタストをしたときの1~4弦の音と同じだからです。, ウクレレは大きさによって種類がありますが、バリトン以上を除くソプラノ~テナーまでは、大きさに関わらず同じチューニングです。, バリトンウクレレのチューニングは4弦からD-G-B-Eです。これはギターの1~4弦と全く同じ音ですね。.