Copyright © Business Journal All Rights Reserved. 第2話(2019年10月27日放送)視聴率. 木村拓哉が天才シェフ役を務めるドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の第4話が11月10日に放送され、シリーズ最高となる視聴率13.3%をマークした。これで初回から4週連続での二桁となり、一部のメディアでは「好調!」と持ち上げているようだ。ところが、この数字に当のTBSは青ざめているというのである。, 「キムタクの主演作で第4話までの平均視聴率は、17年1月期の『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)が13.8%、そして18年1月期の『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)が14.4%となっていました。それに対して『グランメゾン東京』では12.7%にとどまり、物足りない数字であることは明らか。しかも前2作では視聴率が12%以下だった回がなかったのに対し、『グランメゾン東京』では初回が12.4%、第3話は11.8%と低迷。この数字にTBSでは頭を抱えているに違いありません」(テレビ誌ライター), ちなみに13年10月期の『安堂ロイド』(TBS系)では10%台に落ち込む回もあったが、同作は木村が未来から来たアンドロイドを演じるという実験的な作品。それゆえ《この内容で平均視聴率12.8%はむしろスゴい》と評価されていたものだ。それに対して本作は料理人ものという王道ドラマゆえに、想定外の低迷ともいえるだろう。, 「ここで問題となってくるのが、過大な制作費です。フランスロケまで敢行した本作では1話あたりの制作費が1億円を超えていると言われており、NHK大河ドラマ並みのコスト。全10話なら10億円超えとなり、ちょっとした大作映画並みです。これだけの巨大コストを回収するには、最低でも『A LIFE』の平均視聴率14.5%がノルマになることでしょう。そのためには残りの6話で平均15.8%という数字が必要になりますが、これはなかなかキツいハードル。TBSとしてはどうテコ入れすればいいのか、必死に知恵を絞っているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター), なお第4話では、キムタク演じる主人公の尾花夏樹シェフが「ウチらがどれだけ努力したかどうかなんて、お客様にはまったく関係ないから」と語っていた。そのセリフ、制作陣にはどう響いていたのだろうか。, 田代まさしは670mg/DLで収監ストップ!? 13.3%. 以後、13.2%(第2話)、11.8%(第3話)、13.3%(第4話)と安定して10%台をキープし、昨今のドラマでは高視聴率といっても過言ではない。 12.6%. 主演する多くのテレビドラマを高視聴率に導き、度々「視聴率男」と形容される。90年代から2000年代にかけて主演するドラマは軒並み25%を超える視聴率。 『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』・『GOOD LUCK! 10月20日に放送された木村拓哉主演のドラマ「グランメゾン東京」(tbs系)第1話の視聴率が12.4%だったことがわかった。今回の数字に制作側は満足していない可…(2019年10月23日 13時0分33秒) 〒135-8721 東京都江東区越中島 2-1-30 11.8%. 第1話(2019年10月20日放送)視聴率. 13.2% 第3話(2019年11月3日放送)視聴率. キムタク『グランメゾン東京』高視聴率のワケ…TBS“日曜劇場”枠の王道ノウハウの結晶, 『グランメゾン東京』が圧倒的に面白い…木村拓哉のSMAP解散騒動からの復活と重なる, 『グランメゾン東京』悪条件下で驚異的高視聴率…20%超え&『ドクターX』超えの勢い, SMAPイジリがいやで中居が出演NG?『27時間テレビ』爆笑・太田に関係者が戦々恐々, 嵐・二宮、ファンより“Aさん”との結婚を優先した代償…2週間前、Aさん側が示したサイン, JRAエリザベス女王杯、“究極の馬券投資法”…破壊力抜群の「馬主関係者の一点勝負」情報. ただここ最近はドラマの視聴率そのものが下がっているので、『グランメゾン東京』がとりわけ悪いということでもありません。 ただ今回は久々の日曜劇場でのキムタク主演で期待や話題も大きかっただけに、TBSとしてはちょっとガッカリという部分もあるようですね。 !』は社会現象を巻き起こし、このドラマを見て美容師やパイロットになりたいと思った視聴者が大勢いたのを覚えています。, 近年は視聴者のテレビ離れが激しくなってきているのですが、それでも安定した結果を常に出し続けています。, 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々です。, 脚本の黒岩勉さんは、2011年『謎解きはディナーのあとで』シリーズ、2012年『ストロベリーナイト』シリーズ、2016年『僕のヤバイ妻』、2018年『モンテ・クリスト伯』など主にステリー系作品を多く担当しています。, 2016年にドラマ『僕のヤバイ妻』では第3回ASIA RAINBOW TV AWARDS最優秀脚本賞・第5回市川森一脚本賞を受賞されています。, プロデューサーの伊與田英徳さんは、2013年夏ドラマ『半沢直樹』、2014年春ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』、2015年秋ドラマ『下町ロケット』、2017年秋ドラマ『陸王』と『下町ロケット2018年版』以外 池井戸潤さん原作の全ての担当をしています。, 演出の塚原あゆ子さんは、2007年『砂時計』や2018年『アンナチュラル』・2019年『THE GOOD WIFE / グッドワイフ』などTBS系作品を多く担当されてきました。, もう1人の演出家・山室大輔さんは2013年『空飛ぶ広報室』や2018年『アンナチュラル』などを担当されてきた方です。, 放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!, ※ビデオリサーチ社調べ・関東地区 10月21日、木村拓哉の主演ドラマ日曜劇場『グランメゾン東京』(tbs系)がスタートし、視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だった。 人気タレントの木村拓哉さんが出演のドラマで、2019年と2020年の予定をチェック!また、過去に主演したドラマの年表や一覧も調査。木村拓哉さんが2019年と2020年に出演予定と、過去に主演したドラマの年表や一覧や視聴率なども調べてみました。 ドラマ『グランメゾン東京』視聴率一覧. ©Copyright2020 ドラマネタバレ・感想・考察サイト DRAMAP.All Rights Reserved. 10月21日、木村拓哉の主演ドラマ日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)がスタートし、視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だった。当初、21時からの放送予定で、NHKのラグビーW杯準々決勝の日本対南アフリカ戦と時間帯が重なるため、視聴率への影響が懸念されていたものの、TBSの日本シリーズ第2戦が延長したため、21時50分開始に。ちょうど、日本対南アフリカ戦の放送が終わる時刻と同じだったため、ラグビーW杯と被ることなく、オンエアされた。, この初回12.4%発進をどう捉えるべきか。2017年以降、最近3年のTBS日曜劇場枠の初回視聴率と比べると、12本中9番目になる。これだけを挙げれば、低調に思えるかもしれない。ただ、単純に12本の初回の数字を平均化すると、13.0%になる(*ここでは、発表された12本の視聴率を簡易的に計算。小数点第2位以下を四捨五入)。, 初回の『グランメゾン東京』のほとんどが22時台に放送されたことを考慮し、今年の民放で22時台開始の連続ドラマの初回視聴率と比較してみよう。すると、27本中4番目の好成績となる。1位は1~3月期の水曜22時台の『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)と金曜22時台の『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)の12.7%だから、0.3%しか変わらない。, 周知の通り、1990年代や2000年代と比べ、テレビ全体の視聴率は落ちている。にもかかわらず、木村拓哉は『ロングバケーショーン』(フジテレビ系、1996年)や『ビューティフルライフ』(TBS系、2000年)など過去の主演大ヒット作を持ち出され、期待値も大きいため、12.4%でも「低い」と言われる場合もあるだろう。, だが、最近のドラマで12.4%発進であれば、合格点の数字と言えるのではないだろうか。実際、10月スタートの連続ドラマの初回視聴率では、20.3%の『ドクターX』(テレビ朝日系、木曜21時台)、16.7%の『相棒 season18』(テレビ朝日系、水曜21時台)、12.8%の『シャーロック』(フジテレビ系、月曜21時台)に次ぐ4位である。, 日本シリーズの延長でいつドラマが始まるかわからない状況、他局が驚異的な視聴率を記録した直後の時間帯に始まったという悪条件の中で、よく12.4%も獲ったのではないか。.