「1進化」を飛ばして、「たね」ポケモンから「2進化」ポケモンに一気に進化できるカードです。, 勝利の星、《ビクティニV》が切り札となっているデッキです。 どのようにスターターデッキVを改造すれば良いのか分からないという人は、ぜひ参考にしてみてください。, また、スタンダードレギュレーションでのデッキ改造となっています。あらかじめご了承ください。, カプ・コケコVのワザ「サンダーボルト」で、相手の準備が整う前に倒しきる速攻タイプのデッキ, 3エネルギーで200ダメージというコスパの良さを活かして、後攻1ターン目や先攻2ターン目から攻撃していけるような構築としています。, 次の番には「サンダーボルト」を使用できないというデメリットがありますが、一度でもバトル場から離れると再度使用できるようになります。, カプ・コケコVの逃げるに必要なエネルギーは0なので、この強みを存分に発揮させて戦っていきますよ。, 以下では、ポケカのスターターセットVの雷デッキ改造レシピに採用した各カードを詳しく解説していきます。, 他のスターターセットに収録されているVポケモンの中でも、特に優秀なポケモンカードですね。, さらに、逃げるためにエネルギーが必要ないということで、ワザとの相性も非常に良いです。, これにより、高い確率で先攻1ターン目や後攻2ターン目から、「カプ・コケコV」が暴れまわることを可能としています。, カプ・コケコ(プリズムスター)は、トラッシュに雷エネルギーがあることが条件ですが、「クイックボール」や「デデンネGX」、「博士の研究」等、手札をトラッシュに送るカードを多めに採用しているので、容易にトラッシュに雷エネルギーを送ることができると思います。, 元々のスターターセットVの雷デッキには、「カプ・コケコV」は1枚しか収録されていません。, 「カプ・コケコV」を活躍させるというコンセプトの改造デッキとなっているので、カプ・コケコVは3枚デッキに採用したいところですね。, さらに、スタジアム「サンダーマウンテン(プリズムスター)」があれば、エネルギーなしでワザを使うことも可能です。, 最大HPの低い進化前のたねポケモン相手に「カプ・コケコV」のサンダーボルトを使うのはもったいないという場合に使用していきましょう。, 相手のバトル場にタッグチームやVポケモンがいた場合、「カプ・コケコV」の200ダメージでは一撃で倒しきれない場合もあります。, その場合のダメージアップとして、「エレキパワー」や「げんきのハチマキ」を採用しています。, これらのダメージアップのグッズがあるおかげで、相手バトル場のポケモンに応じてダメージ調整をしやすくしています。, 「ピカチュウ&ゼクロム」であれば、「エレキパワー」1枚と「げんきのハチマキ」1枚で一撃。, 「ミュウツー&ミュウ」であれば、「エレキパワー」2枚と「げんきのハチマキ」1枚で一撃となります。, このダメージアップのグッズのおかげで、幅広く相手のポケモンを対処していくことができるようになっています。, 相手のダメージ計算を狂わせることもできるので、本改造デッキではぜひ採用したいカードです。, その他、相手ベンチポケモンをバトル場に引きずり出す「カスタムキャッチャー」や「グレートキャッチャー」も多めに採用しています。, これにより、相手のベンチにいるエネルギーの付いているポケモンやダメカンの乗ったポケモンを攻撃していくことも可能です。, 相手の戦略を崩したり、終盤に無理やりサイドを取り切るといった動きをしやすくなっています。, この雷デッキ改造レシピは、さまざまなカードを組み合わせて戦っていく必要があります。, そのため、必要なカードが手札にきていないと、「カプ・コケコV」のワザの準備に時間がかかってしまいます。, そういった事故を少なくするために、「デデンネGX」や「オドリドリGX」といったサポート以外のドロー系カードも多く採用しています。, その他にも、サポートには「博士の研究」や「マリィ」も採用していますので、ドロー系カードは結構充実していると思います。, 現在の環境では、「ズガドーンGX」や「ズガドーン」を採用したデッキも大頭してきています。, 本来は3エネルギーで100ダメージの「ネイチャーウェーブ」ですが、相手の場に「ウルトラビースト」がいれば無色エネルギー1個で使うことができます。, さらに、カプ・レヒレは水タイプのポケモンなので、「ズガドーン」相手に弱点で200ダメージ。, 相手のデッキにウルトラビーストがなければ一切活躍できないので、1枚だけの採用としています。, 環境が変わって、「ひのたまサーカス」のデッキが少なくなれば、この枠は他のカードに入れ替えても良いでしょう。, 最後に、ポケカのスターターセットV雷デッキを改造するにあたって、入れ替えたカードを一覧にしてまとめています。. 特殊エネルギーは「ポケモン」や「トレーナーズ」と同様、1種類につきデッキに4枚まで入れることが出来るエネルギーカードです。, 今回お勧めする《スピード雷エネルギー》は、雷タイプのポケモンにつけた場合、山札からカードを2枚引くことが出来ます。, ポケモンを引くことで《ピカチュウV》の『エレキサークル』でより早く大ダメージを出すことが出来るようになるので、非常に相性が良いです。, 《ピカチュウV》だけでなく、他の「ポケモンV・VMAX」を入れることでより強力なデッキが完成します。, 《カプ・コケコV》は、逃げるためのエネルギーを必要としないポケモンです。 ポケモンカードソード・シールド雷スタートデッキの特徴パルスワン・カプ・コケコvが目玉!スターターデッキ5種類の看板カードでは最強候補の「カプ・コケコv」を中心にした雷デッキ。その他vポケモン以外にもパルスワン、モルペコなど強力なカードが多い ・スターターセットV「草」 元々のスターターセットvの雷デッキには、「カプ・コケコv」は1枚しか収録されていません。 「カプ・コケコv」を活躍させるというコンセプトの改造デッキとなっているので、 カプ・コケコvは3枚デッキに採用したい ところですね。 カプ・コケコvのシングル購入はこちら この《パルスワン》もまた、にげるためのエネルギーが「0」なので、『サンダーボルト』→『エレキダッシュ』→『サンダーボルト』…といった感じで交互にワザを使えると、デメリットを気にせず戦うことが出来ます。, 《デンジ》は雷エネルギーと、「グッズ」を手札に加えるため、安定してエネルギーを付けることが出来ます。, 《エレキパワー》は雷ポケモンが使うワザのダメージを「30」上げてくれる「グッズ」です。 特性『ボルテージビート』を持つ《ゴリランダー》は、1ターンに1度、山札から「草エネルギー」を2枚まで自分のポケモン1匹につけることが出来ます。, 《ゴリランダー》を早く場に出すために、《ふしぎなアメ》も入れてみましょう。 これから始める方の参考になれば幸いです。, 《ピカチュウV》は少ないエネルギーでワザを使うことが出来、特に『エレキサークル』は2エネルギーで最大「150」ダメージを出すことが出来ます。 《デンジ》の効果によって手札に加えることが出来るので、相手のポケモンを倒すのに少しダメージが足りないとなった時は、迷わず使っていきましょう。, 「レジ」系の1体、《レジロックV》が切り札です。 ワザ『サンダーボルト』は、次の番に攻撃が出来なくなってしまうものの、「200」ダメージを与えることが出来る強力なワザを持っています。, 《パルスワンV》は場の雷エネルギーの数だけダメージが上昇する『ライトニングストーム』が強力です。 Copyright © 2020 かの人の庭園 All Rights Reserved. スターターセットV「炎」とスターターセットV「雷」は扱いやすく改造のし甲斐もあるので、特にオススメしたいです。. 「炎タイプ」と「雷タイプ」を補助するカードは、強力なものが多いです。, デッキとしてしたいこと(例えば、早く攻撃するとか、高いダメージを出すなど)を強力にバックアップしてくれるカードが多いことは、最終的なデッキ全体の強さを引き上げてくれることになります。, このデッキとしてしたいことをバックアップするカードが多いのが「炎タイプ」と「雷タイプ」です。, 今回は、スターターセットVについて、紹介とオススメを書いていきました。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 例えば、《ビクティニV》にエネルギーが2個、相手のバトルポケモンにエネルギーが3個ついていれば、150ダメージです。, 《ヒバニー》の最終進化である《エースバーン》は、炎エネルギー2個で160ダメージを出せる強力なワザ『バーニングキック』を持っています。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". デメリットとしてエネルギーをすべてトラッシュしますが、《ビクティニV》の『ひろがるほのお』でリカバリーしていきましょう。, 手札にある炎エネルギーを2枚まで付けることが出来るので、すぐに《ビクティニV》や《エースバーン》が攻撃できるようになります。 両者が持つ特性『うらこうさく』は、手札から進化させたとき、「トレーナーズ」を山札から手札に加えることが出来ます。 相手のバトルポケモンが「ポケモンV・GX」ならば「180」ダメージを与えることが出来ます。 ・友達と「ポケモンカード」で遊びたい!, 各デッキの紹介だけでなく,軽く改造案なども書いていきますので、最後までご覧いただき、是非「ポケモンカード」の世界へ足を踏み入れましょう!, 結論だけいうならば、スターターセットV「炎」かスターターセットV「雷」がオススメです!. です。, 時を超える、《セレビィV》が切り札のデッキです。 ・スターターセットV「雷」 こんにちは。 今回も2020年7月10日に発売された、vスタートデッキの解説記事を書いていきます。 デッキの収録内容や、簡単な改造案についても紹介していきますので、是非ご覧ください! これから始め … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2020年1月12日時点で発売されている「ポケモンカードゲーム ソード&シールド」の「スターターデッキ」は以下の5種類です。, 左上から、 《ディアンシー♢》と《格闘道場》を組み合わせることによって、最大「60」ダメージも火力を高めることが出来ます。, また、立ち上がりがやや遅いので、《ランドロス》を採用して序盤を支えていくのも良いと思います。, 《ビクティニV》は《溶接工》を組み合わせれば、後攻1ターン目から最大90ダメージを出すことが可能です。 2進化ポケモンなのでHPも比較的高く、2体目のアタッカーとして優秀な働きをしてくれます。, 《パルスワン》はワザ『とうしのキバ』が特徴的です。 デッキの収録内容や、簡単な改造案についても紹介していきますので、是非ご覧ください! © 2020 ポケカデッキレシピ情報館 All rights reserved. ポケカのスターターセットvの炎デッキ改造レシピ です。 ポケカ初心者向けにスターターセットvの炎デッキ強化構築例を掲載しています。 また各ポケモンカードの採用理由等も詳しく解説していきますよ。 《クイックボール》はたねポケモンならば、どのポケモンでも手札に加えることが出来るため、ベンチポケモンを増やすには最適のカードです。 今回は、「ポケモンカード ソード&シールド」からポケモンカードを始めよう!と思った方に向けて、買ってすぐに正式なレギュレーションで遊べる「スターターセット」を紹介していこうと思います!, ・「ポケモンカード」を「ソード&シールド」から始めたい! 【ポケカ】スターターセットv草をレビュー。vスタート雷とも対戦してみました。 7月10日に発売したvスタートデッキ。ここからポケカ をはじめった人は多いはず。 こんにちは。 今回は、ポケモンカードのパック購入について、箱買いをするならこれだよーといった「オ ... https://kanohito-teien.com/pokeka-hakogai, 2020年3月13日デッキ, ポケモンカード, 初心者向けおすすめ, スターター, ポケカ, 剣盾. ワザ『エネバースト』は、お互いのバトルポケモンについているエネルギーの分だけダメージが上がる効果を持っています。 特性『ひょうせつのまい』によって、手札の水エネルギーを何枚でも、自分のベンチにいる水タイプポケモンに付けることが出来ます。 ・スターターセットV「炎」 ※レギュレーション「C」「D」のカードのみで構築しております。, 今回は《カプ・コケコV》と《パルスワンV》を1枚ずつ新たな「ポケモンV」としてデッキに追加してみました。 《ケルディオV》は高いHPと、序盤から攻めに行けるワザ『スプラッシュ』が特徴的です。 《カプ・コケコV》は非常にスペックが高く、序盤に使いやすい『スパイクドロー』、200ダメージという高火力を出せる『サンダーボルト』をワザに持っています。 今回も2020年7月10日に発売された、Vスタートデッキの解説記事を書いていきます。 《ケルディオV》がよりダメージを出しやすくなるのでオススメの1枚です。, メレメレの守り神、《カプ・コケコV》が切り札です。 今最強デッキの候補である【ピカチュウ&ゼクロムGX】デッキにもほとんど採用されているカードでもあり、そのパワーの高さが伺えます。, 切り札となっている「ポケモンV」や、ホイルカードである《エースバーン》《パルスワン》等も使いやすいですが、他のポケモンも癖が強くないのが初心者の方にはうれしいポイントです。, 《クイタラン》や《ライチュウ》等は、HPとワザのダメージのバランスが非常によく使いやすいと思います。, ここでは改造を行うにあたっての話にはなりますが、 7月10日に発売したvスタートデッキ。 ここからポケカ をはじめった人は多いはず。 →【ポケカ】ブーム再来?vスタートデッキが50万個売れたそうです。 今回はあえて1つ前の「スターターセットv」の草を使用することになりましたので紹介。 「ポケモンV」を一撃で瀕死に追い込める火力を持っているので、相手の「ポケモンV」がバトル場にいるならば、積極的に狙っていきたいですね。, 《クイックボール》や《スーパーボール》といった、ポケモンを山札から手札に加える効果を持ったカードは、ポケモンで戦っていくというルール上重要な役割を果たします。, ポケモンが場からいなくなってしまうと、その時点で敗北してしまいます。 《デンリュウ》や《パルスワン》など、扱いやすいポケモンが多く収録されている点も特徴で、序盤から終盤まで、素早い動きで相手ポケモンを攻撃していくことが得意なデッキとなっています。, 《ピカチュウV》のワザ『エレキサークル』はベンチのポケモンの数だけワザのダメージが上昇します。, よって、まずはベンチのポケモンを増やしていきましょう。 更に、HPが200と優秀かつ、にげるためのエネルギーが「0」と、攻守ともに全くスキのないポケモンです。, イヌヌワンこと《ワンパチ》から進化する《パルスワン》も、ワザ『エレキダッシュ』が強力です。 ポケモンカードゲーム SM8a 014/052 カプ・コケコ◇ 雷 (PR プリズムスターレア) サン&ムーン 強化拡張パック ダークオーダー, ポケモンカードゲーム SM7a 強化拡張パック 迅雷スパーク サンダーマウンテン プリズムスター PR | ポケカ スタジアム トレーナーズ, ポケモンカードゲーム剣盾 s1W ソード ビート U ポケカ ソード&シールド サポート, ポケモンカードゲーム S1H 052/060 クイックボール グッズ (U アンコモン) 拡張パック シールド, ポケモンカードゲーム SM8a 003/052 サンダー 雷 (R レア) サン&ムーン 強化拡張パック ダークオーダー, ポケモンカードゲーム SM7a 強化拡張パック 迅雷スパーク エレキパワー U | ポケカ グッズ トレーナーズ, ポケモンカードゲーム S1H 056/060 げんきのハチマキ グッズ (U アンコモン) 拡張パック シールド, ポケモンカードゲーム SM7a 強化拡張パック 迅雷スパーク カスタムキャッチャー C | ポケカ グッズ トレーナーズ. また、終盤に掛かればエネルギーを大量に持った相手のポケモンがいる場面もあるので、200ダメージを超えるダメージも出しにいけます。, 《カプ・コケコV》は全方位にスキのない、本当に強力なポケモンです。 【ポケカ】「スターターセット」でポケモンカードを始めよう!【オススメ】 | ポケカアンテナ-ポケカまとめサイトのまとめ-. 【ポケカ】《ピカチュウVMAX》を解説!驚異の「270」ダメージ!【カード解説8枚目】. ・「ポケモンカード」を布教したい! Copyright © 2020 かの人の庭園 All Rights Reserved. ・スターターセットV「闘」 特にスピードの面では他のタイプに勝っており、素早い攻撃で相手ポケモンを倒していくことが得意です。, 2020年8月20日デッキ, ポケモンカード, 初心者向けVスタートデッキ, ピカチュウ, 雷タイプ. 《セレビィV》のワザ『ラインフォース』は、自分のベンチポケモンの数だけダメージが増加します。, 素早くポケモンをベンチに並べるために、《クイックボール》や《スーパーボール》を使って、ポケモンを手札に加えましょう!, 《サルノリ》の最終進化である《ゴリランダー》は、多くのエネルギーを必要としますが、その分強力なワザを持っています。 「トレーナーズ」であるので、手札に持ってこれるカードの種類が多く、強力です。, 《モスノウ》は《ユキハミ》から進化するポケモンです。 もう一つのワザ『がんせきタックル』も、自分も30ダメージというデメリットはあるものの、高いダメージを出すことが出来ます。, 《イシヘンジン》も自傷のデメリットはあるものの、ダメージの高いワザ『ワイルドタックル』を持っています。, 受けてしまったダメージは、『レイジングハンマー』のダメージ源にしたり、《ポケモンセンターのお姉さん》で回復したりして、粘り強く戦っていきましょう。, 《ディアンシー♢》や《格闘道場》を入れて、もともと高い火力を更に増強させていきましょう。 更に、3枚山札を引く効果も付いてきます。, 聖剣士の弟子《ケルディオV》が切り札のデッキです。 雷タイプの特徴である素早い展開力を更に伸ばすことが出来るので是非入れてみてください。, 雷タイプのポケモンは扱いやすくも強力なカードが多く揃っています。 ・スターターセットV「水」 《ピカチュウV》も含めて状況に合わせて3種類の「ポケモンV」を繰り出して戦っていきましょう。, エネルギーに関しては《スピード雷エネルギー》を新しく追加しております。 《スーパーボール》は山札の上から7枚分しか見ることが出来ないので不安定ではありますが、進化ポケモンでも手札に加えることが可能でdす。, ベンチポケモンが十分に並んだら、《ピカチュウV》で早速攻撃を開始していきましょう。, 『エレキサークル』の最大ダメージは「150」と、大抵の「非ポケモンV・GX」を一撃で倒すことが出来るダメージ量があります。 スターターセットv「雷」の小改造案 【雷タイプデッキ】を強化するカードです。 《デンジ》は雷エネルギーと、「グッズ」を手札に加えるため、安定してエネルギーを付けることが出来ます。 序盤から「150」ダメージを連打することが出来れば、勝利が近づくこと間違いなしです。, 《ピカチュウV》が戦った後は、《デンリュウ》や《パルスワン》といった進化ポケモンで勝負を決めに行きましょう。, 《デンリュウ》は少ないエネルギーで「130」ダメージや混乱状態を与えることが出来ます。 中盤以降は『しんぴのつるぎ』で大ダメージも狙うことが可能で、バランスの取れた性能をしています。, 《メッソン》の最終進化系、《インテレオン》は片方は「相手の手札を捨てさせる」ワザ、もう片方は「エネルギーを手札に戻す」ワザと妨害に長けた性能をしています。, 他にも、《エール団のしたっぱ》や《クラッシュハンマー》、《ラプラス》など、相手のエネルギーを戻す効果を持つカードが多いです。, 《ジメレオン》《インテレオン》を、拡張パック「ソード」に収録されているものに入れ替えてみましょう。 HP220という高いHPと、ダメカンが乗れば乗るほどダメージが上がるワザ『レイジングハンマー』が特徴です。 HPも「190」と高いので、うまく育てていきたいですね。, 《ゴリランダー》を、拡張パック「ソード」に収録されている方に入れ変えてみましょう。 ワザのダメージこそ不安定なものの、「200」を越えるダメージを出すことが可能なので、「ポケモンV」を一撃で仕留めることも出来ます。, 「ポケモンVMAX」に関しては、2020年9月18日発売の拡張パック「仰天のボルテッカー」にて、《ピカチュウVMAX》が収録されます。, 今回のデッキの切り札である《ピカチュウV》から進化することが可能で、無条件で「120」ダメージか、条件付きで「270」ダメージを与えることが出来るワザ『キョダイボルテッカー』を所持しています。, 小回りの利く強力なポケモンなので、是非この機会にパックを購入してみるのも良いですね!, Vスタートデッキ「雷」を簡単に改造したレシピです。 そうならない為にもボール系カードの枚数を増やして、しっかりポケモンを場に出せるようにしておきましょう。, 「ボール」と名前には入っていませんが、《しんかのおこう》や《ポケモン通信》といった似た役割を果たせるカードもあるので要チェックです。, エネルギーには、基本エネルギーの他に特殊な効果を持った、特殊エネルギーというカードが存在します。