© Copyright 2020 ONS回路設計コンサルティング. まずはLEDの説明から。LEDはLight-Emitted Diodeの略で日本語では発光ダイオードです。 ここで発光ダイオードの特性を抵抗と比べてみましょう。抵抗は電圧と電流が比例します。そうです。皆さんご存知のオームの法則です。一方で,発光ダイオードは徐々に電圧を加えていくと,ある程度まではほとんど電流が流れず,あるところ(このLEDの場合3V弱)から急激に流れ始めます。 [http://akizukidenshi.com/download/ds/lg/LEBWL34A06AA00.pdf] から秋月電子で販売されているLED … 並列ダイオード: 電流を共有するために、スイッチング電源ではダイオードが頻繁に並列に接続されます。 ... 少なくともいくつかの直列の小さな抵抗は、ダイオードの並列接続で便利です。 ... 14. ¢£LED¥Æ¡¼¥×¤ÎÁªÄê. これがわかると「オームの法則ってどういうときに使うの?」も分かってくるので、結構大事です。, とても簡単な話で、LEDというのは抵抗と違って電圧をかけていくと電流がガバッと流れる性質だからです。, つまり、順方向電圧よりちょっとでも大きい電圧をかけると大電流が流れてしまうので、それを防ぐために抵抗を入れるわけです。, http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-11655/, 単純な式ですが、本当の初心者だとこの式をどういうときに使うのかイメージつかないんじゃないでしょうか?, I=V/R=(5-1.8)[V]/150[Ω]=3.2[V]/150[Ω]=21.33[mA], 制限抵抗があるとLEDの順方向電圧が変わっても、電流値は少ししか変化しなくなるわけです。, もし、「LEDの順方向電圧が2.0Vだから2.0Vの電源を作って直結しよう」なんて考えていたら、LEDの順方向電圧が少し変動しただけで大電流が流れてLEDが壊れてしまいます。. ます。この直線の傾きにより並列抵抗 Rshが表され、後述 する熱雑音電流源になっています。データシートでは-10 mV印加時の暗電流を用いて並列抵抗を求めています。 図2-4 フォトダイオードの動作回路 (a) 負荷抵抗を接続した場合 ダイオードのn個の直列接続ならばn個分の電圧降下が起きて、並列接続ならば1個分の電圧降下が起こる。 この抵抗に()ボルトがかかっているとわかればすぐにオームの法則で電流を求めます。 Solution; ¢£LED¥Æ¡¼¥×¤Î¼«ºî (14.4-(2.0+2.0+2.0))÷0.02=420 420Ωと計算が出ましたが、この値の抵抗は一般に流通していませんので、 一つ上の値で430Ωがあるのでそちらを選びましょう。 この際、420Ω以下の抵抗を選びますと、14.4vの時にLEDに20mA以上の電流が流れる事となりますので、 ¢£FluxLED¤È¤Ï ダイオードを並列に配置したり、直列に配置したりすると、どのような影響があるのだろうか。(電流能力、電圧能力など)ダイオードのデータシートがあるとしましょう。どのような特性が変化しますか?私の推定では、並列化すると現在の機能が向上しますが、逆漏れに悪影響を与える可能性があります。私が正しいかどうか、またはそれをテストする方法がわからないので、並列または直列のダイオードに関する情報は素晴らしいでしょう。, ダイオードを直列に接続AK-AK --|<--|<--すると()、得られるダイオードの順方向電圧が増加します。, ダイオードを直列に接続AK-KA --|<-->|--すると()、ピーク逆電圧(最小ダイオード)が結果の合計に適用されるまで、開回路が発生します。, ダイオードを並列に接続すると(AK/AK --|<-- + --|<--)、ダイオードの電流容量が増加します。以下の「現在の共有」ドキュメントを参照してください。, ダイオードを並列接続(AK/KA --|<-- + -->|--)しても、結果として両側にダイオードが導通することはありません。, 電流を共有するために、スイッチング電源ではダイオードが頻繁に並列に接続されます。「並列ダイオードの電流共有」に関するドキュメントがあります。, 熱暴走は、実際にダイオードパッケージとそれらが取り付けられているヒートシンク(消費)に依存します。私の現在のダイオードの最大Tjは150 Cです(Vishay STPS30L60CW-N3)。設計で十分な消費電力が得られると、設計は「並列ダイオード」でより高い電流を供給できます。, ダイオードを直列に配置すると、ダイオードのドロップが加算されます。この構成では、逆リーク(および静電容量)を減らす必要があります。, 並行して、ドロップは同じままになります(逆方向の漏れと容量が追加されます)が、熱暴走の可能性があるため、電流能力はそれほど高くない場合があります(ダイオードが熱くなるとVfが低下するため、より多くの電流が流れます)残りと比較して現在、まだ熱くなるなど)。これを回避するには、ダイオードを熱的に接触させるか、ダイオードを直列に小さな抵抗を使用します。, あなたの言うことは部分的には正しいですが、2つの600vダイオードを直列に配置しても、各ダイオードに電流バランス抵抗を配置しない限り、効果的な1200vは動作しません。, 同じ極性の直列ダイオードは、それぞれ単一のダイオードと同じように動作します。各ダイオードの電圧降下と電流能力は同じままです。ダイオードの直列結合の全体的な電圧降下は、すべてのダイオード電圧降下の合計に等しくなります。ダイオードの電流能力は変化しません。, 同じ極性の並列ダイオードは、それぞれ単一のダイオードと同じように動作します。ただし、分流器の規則により各ダイオードへの電流が低いという事実により、各ダイオードには流れる電流が少なくなるため、これはダイオードの特性であるため、その電圧降下は低くなります。したがって、ダイオードのVfがすべて非常に類似していると仮定すると、ダイオードの並列組み合わせの全体的な電圧降下は、単一のダイオードの場合よりも低くなります。個々のダイオードの電流能力は変化しませんが、ダイオードの並列の組み合わせは、電流分割器の規則により、全体でより多くの電流を処理できます。, ここに素晴らしいイラスト:http : //youtu.be/ZH4fs6xkWbk, 直列のダイオードは電圧降下に役立ちますが、定格降下を得るために各ダイオードに抵抗を追加することをお勧めします。そうしないと、同じ電流がすべてのダイオードに流れるため、電圧降下が異なります各ダイオードに直列の抵抗が推奨されます, 現在の能力をそれほど簡単に上げることはできないと思います。少なくともいくつかの直列の小さな抵抗は、ダイオードの並列接続で便利です。, この答えは、ポイント3で非常に誤解を招きます。ダイオードを並列に接続しても、ダイオードの通電電流は増加しません。あなたが並列にダイオードを接続したときに何が起こるかの良い説明を見つけることができる, 「ダイオードを並列接続(AK / KA-| <-+-> |-)しても、結果として両側にダイオードが導通することはありません。」電圧が十分である限り、極性に関係なく、不正なアンチパラーリングダイオードは順方向伝導を行います。一方のダイオードには逆バイアスがかかりますが、もう一方には順バイアスがかかります。, また、「電流能力を高める」ためにダイオードを並列に接続すると、熱暴走につながり、ダイオードが破壊される可能性があります。, @Bartスイッチャーでダイオードが並列に接続されているのを見ました。これらは、Antec ATX電源に並列接続されたSTPS30L60CTダイオードです。設計は出力電流を増やすことだと思います。. ¢£LED¥Æ¡¼¥×¤È¤Ï ダイオードと並列に接続した抵抗1kにかかる電圧は0.7Vから、抵抗に流れる電流は0.7mAと求まる。 全電流は (5-0.7-0.7)/1k=3.6mA より、3.6-0.7=2.9mA ハブの電子回路というサイトのこの問題の解説なので … こんなかんじです。 電源とledを直結するのではなく、直列に抵抗を入れます。 なんで制限抵抗が必要か? とても簡単な話で、ledというのは抵抗と違って電圧をかけていくと電流がガバッと流れる性質だからです。 発光ダイオードの基本回路. ×»» ¢£LED¥Ð¥ë¥Ö¤Î¼«ºî 同じことが直列のダイオードにも当てはまります。各ダイオードに高い値の抵抗を追加しない限り、電圧定格の増加に頼ることはできません。たとえば、電圧/温度範囲で最悪の逆方向漏れ電流の10倍を伝導する定格です。それ以外の場合は1つのダイオードが漏れ、およびその他がブレークダウン... @BrianDrummond-はい、良い点、あなたは正しいです-数字を正確に予測することはできません。, 同じパッケージにある2つのダイオードを並列接続するのはどうですか?それらは同じ温度と同じ特性を持っているので、電流はほぼ等しく共有されますか?私は、電源整流器で、自分が何をしているのかを表面上は知っている人によく見ます。, 世界が理想的であれば、しかし、2つのダイオードは、ヒートシンクを一緒にしても正確に同じように動作することはないため、正確に50/50を共有することはありません...つまり、2つのダイオードの組み合わせは、常に100%独身者。, どのポイントを作成しようとしているのかわかりません。あなたは「明らかに100%未満」については正しいです-しかし、私は別のことを言ったことはありません。, よく知らなかった人は、各ダイオードの負荷を減らすことで、実際には200%以上の負荷に達する可能性があると書かれている方法に基づいて推測する可能性があるため... %-190%は、それらがどれだけうまく一緒にヒートシンクされるか、およびダイオード自体の違いに依存します。「ダイオードがすべて同一であると仮定する」というのは、単なる単純な仮定ではありません。また、電圧降下は低くなりません...ダイオードは抵抗ではありません!?それは、2つの非線形関数であり、最も低いドロップを持つダイオードを優先します。, もう少し調べる必要があると思います。電圧降下は実際には低くなります。リンクしたビデオを見る。ダイオードの順方向電流が低下すると、順方向電圧も低下します(データシートにこれが示されています)。本能では、Vfがわずかに低くなるため、1つのダイオードのみが「オン」になりますが、ターンオンは決して瞬間的ではありません。漸進的であり、それがここで働いていると思います。したがって、Vfで近接していると仮定すると、複数のダイオードが一度に「オン」になる可能性があります。これは、「同一」という意味です(私が同意する不適切な単語の選択)。私は自分でこれをブレッドボードに載せました-やってみてください, これは、現在の定数を保持している場合のみです。電流を2倍にすると、電圧降下が1に戻ります。そして、それはあなたが100%より多くの電流伝導に決して到達しないだろうという私のポイントでした。, 直列ダイオードに並列ダイオードが推奨されるのはなぜですか?ポイントがあるかもしれませんが、これには明確化が必要です。このアプローチの明らかな欠点の1つは、ダイオードに逆バイアスがかかると、より多くの電流が流れることであり、これは理想的ではありません。, EE.SEへようこそ。あなたの答えは良いかもしれませんが、句読点や大文字を使用していないため、ある文がどこで終わり、別の文が始まるかを知ることは不可能です。これらのことは重要です。-1。. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 同じこと … All rights reserved.