新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー, ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)の欠点(デメリット)は3点あった!, ダイハツ タフトのインテリアコーディネートは雰囲気作りが完璧!ただしシート性能には課題あり【新型車インプレッション2/4】, ダイハツ タフトの収納スペース(荷室)は「ここにあって欲しい」と思う位置にレイアウトされていた!【新型車インプレッション3/4】, 新型タフトは「軽」だからこそ光る存在だ!タフトの魅力に迫る!【新型車インプレッション1/4】, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介. 青空SUVダイハツタフトのCMのロケ地(青空山)の場所やCM曲について調べてみました。, 写真を取ろうとして、ボタンを押そうとしても撮れないので、自慢のクチバシで連打することに!, これには、慌てて中川大志さんが駆け寄りますが、その姿が可愛く撮影されることになります!, 人が出て駐車場も満車な横手山。 pic.twitter.com/lKznGza8VL, 中川大志くんがあまりにも面白すぎたwww pic.twitter.com/UNvloFUPu0, イケメンの中川大志さんですが、最近ではNHKのライフでの活躍に目覚ましいものがあります。, 一皮向けた演技をされており、先日は、ムロツヨシさんのキャラクターを正式に譲り受けられています。, 今LIFE見終わり… ダイハツ タフト. 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 目次1 ダイハツ ブーン(BOON) 20192 ブーン・スタイルが新登場 20 ... 目次1 ダイハツ 新型 アルズ 2019の最新情報2 スペック2.1 ラインアッ ... 目次1 ダイハツ 新型タント 20182 フルモデルチェンジの主な内容2.0.1 ... 目次1 ダイハツ 新型アトレーワゴン 20182 マイナーチェンジの主な内容2. トヨタ アルファードハイブリッドの9つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDグレードはこれだ!! 今回は、新型ダイハツ タフト(LA900S/LA910S型)の長所について紹介します。ダイハツから新型の軽SUVとして2020年6月10日に発売されたタフト。2020年1月にコンセプトモデルが発表されて以来、高い注目を集め続け市販化が望まれていた一台です。タフトはTough & Almighty Fun Toolの頭文字を由来とする車名で、SUVらしい道具感やオフローダー的なタフなイメージ、高いユーティリティなどを特徴にもつ軽自動車。その特徴が長所として活きることで、クルマとしての魅力がより高まっています。そんな新型タフトのもつ長所をさまざまな角度から掘り下げ、その魅力を詳しく紹介していきます。文・PBKK, 新型タフトの大きな長所のひとつとしてあげられるのは、個性的なスクエアボディです。直線基調でつくられたエクステリア(外装)は男性的で力強いイメージをもち、アウトドアを強く意識したデザインになっています。また、自然の中だけでなく街の中でも映えるという外観上の特徴をもつため、どんな風景にも違和感なくなじみます。フェンダーまわりの樹脂パーツも、外観上におけるアクセントになっています。あえて無塗装の状態を剥き出しにすることで、さまざまなシーンで使えるタフギアというイメージが強調されています。またスクエアなボディフォルムは、ユーザーにどっしりとした印象や実際よりも大きなイメージを与えています。エクステリアがもつこれらの特徴が、ユーザーに「タフトを所有する喜び」をもたらしているのです。さらに全9色の豊富なカラーバリエーションが、個性あふれる自分だけのタフトを実現させます。, 新型タフトのインテリア(内装)は、人がバックパックを背負っているバックパックスタイルというコンセプトのもとに開発。新型タフトは、フロントスペースとリアスペースでは使い方に関する考え方が180度異なっているほか、インテリアカラーもフロントとリアで異なります。フロントスペースは乗員の快適性を重視しており、疲れにくいシート構造や高いヒップポイントによる見通しが快適で運転しやすい空間を実現しています。一方リアスペースはフレキシブルスペースという思想で設計されており、リアシート(後部座席)としての使い勝手とラゲッジスペース(荷室)としての使いやすさを両立させるという考えが反映されています。, 新型タフトには、ダイハツ最新のDNGAプラットフォームが採用されています。DNGAプラットフォームは軽自動車に加え、1Lクラスや1.5Lクラスの乗用車まで幅広く使用することを想定して開発されました。このDNGAプラットフォームはボディ剛性の高さを誇り、ダイレクト感のある操作性や上質な乗り心地を実現させています。タフトのボディを動かすのは、2種類の658cc直列3気筒エンジン。38kW(52PS)/6,900rpmの自然吸気エンジンと47kW(64PS)/6,400rpmのターボエンジンが、グレードにより使い分けられています。組み合わさるトランスミッションは、ダイハツオリジナルのD-CVTです。通常のCVTはベルトで動力が伝達されるのに対して、D-CVTの動力伝達はベルトに加えギアも使用されるという大きな違いがあります。ギアがしっかりとかみ合うことでエンジンパワーが確実に伝わるので、特に発進時のなめらかでスムーズな加速が可能になっています。, 新型タフト最大の長所といえる点が、スカイフィールトップといわれるガラスサンルーフです。屋根の前半分のほとんどをこのルーフが覆い尽くしているので、特にフロントシートの乗員に対してガラスルーフならではの高い開放感をもたらします。ガラスサンルーフは全車に標準装備されるため、どのグレードを選んでもこの開放感を味わうことも新型タフトの強み。また、スカイフィールトップにはスーパーUV&IRカット機能があるので、上からの日差しの強さにあわせより快適にドライブを楽しむことができるのです。, 新型タフトは快適性や走行性能だけでなく、安全面でも高い性能を誇ります。もしもの事故を防ぎいつもの安心をサポートするという考えのもとにダイハツ車に採用されている技術がスマートアシストです。スマートアシストはダイハツ車の予防安全機能の総称で、大きく分けて衝突回避支援機能・認識支援機能・運転負荷軽減機能・駐車支援機能の4分野があります。グレードにより実際の装備は異なりますが、新型タフトではこの4つの機能が全て備わっています。衝突回避支援機能は、衝突危険性を事前に察知してドライバーに注意喚起する安全機能です。新型タフトには衝突回避支援機能として、ふらつき警報・路側逸脱警報機能・車線逸脱警報機能・車線逸脱抑制機能・ブレーキ制御付誤発進抑制機能・衝突回避支援ブレーキ・衝突警報機能が搭載されています。危険性が高くなった際は、衝突の回避や衝突時の被害軽減につながる緊急ブレーキが自動で作動。ブレーキ制御付誤発進抑制機能は、ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えてもクルマが誤発進するのを防ぎます。認識支援機能としては、標識認識と先行車発進お知らせ機能を搭載。標識認識はGとGターボ標準の機能で、進入禁止や最高速度、一時停止などの標識をステレオカメラが認識すると、その旨ディスプレイに表示されることでドライバーに注意を促します。, 4分野の中の一つである運転負荷軽減機能。その運転負荷軽減機能からは、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープコントロール(LKC)があり、Gターボに標準装備され、Gではメーカーオプションで用意されています。アクセルやステアリングの操作をサポートすることで、特に高速道路での安全運転を支援しています。最後の駐車支援機能は、パノラマモニターや駐車支援システムがそれに当たります。これらはメーカーオプションで設定されており、ドライバーの視界確保や駐車時の操作サポートにより、駐車時や後退時において安全確認に集中することができる機能です。4分野の安全装備のほかにも急ブレーキ時の車輪ロックを防ぐABSや、衝突時に乗員の被害を軽減するSRSエアバッグ、コーナリング時の安全性を確保する横滑り防止措置など、現代のクルマに必須の安全装備は全グレードに標準で用意されています。ここまで見てきた予防安全に関する機能や装備に加え、新型タフトでは衝突してしまった場合の安全性能も万全。TAF(Total Advanced Function)ボディは高い衝突安全性能を確保しているため、事故発生時における歩行者の傷害を軽減します。, 新型タフトのオプション装備には、新車注文時のみ選択できるメーカーオプションと、後日改めて装着・購入できるディーラーオプションがあり、自分の使い方に応じたものを選べます。新型タフトに用意されるメーカーオプションのひとつにディスプレイオーディオがあります。ディスプレイオーディオはスマートフォンと連携できるという特徴があり、対応するスマホアプリを使用することで、タフトをより便利に使えるようになります。対応するアプリは、SmartDeviceLinkに加えてApple CarPlayやAndroid Autoがあり、さまざまなスマホと連携されることが可能。もちろん、Bluetooth接続することで音楽鑑賞やハンズフリー通話などにも対応します。スマートパノラマパーキングアシストやパノラマモニター・バックモニターも、ディスプレイオーディオの大画面で表示できます。メーカーオプションは個々のパーツ販売ではなく、複数の装備がパックとして組み合わされ提供されています。オーディオ関係や走行性能を高める装備のほかエクステリアを個性的に彩るパックも用意されており、ドアミラーやアウターハンドル、ホイールなどが3つの異なるスタイルで提供されます。エクステリアのオプションパーツは、ディーラーオプションから選ぶこともできます。ガーニッシュやルーフキャリアなどそれぞれのパーツでも購入できますが、統一したイメージでドレスアップできるおすすめパッケージも設定されています。またディーラーオプションでは、インテリアのパーツや使い勝手を向上させるものも豊富に用意。リモコンエンジンスターターや盗難警報アラームといった新車購入と同時に装着したいオプションや、ラゲージネットやラゲージBOXなどラゲッジスペースをより使いやすくするもの、ちょっとした便利グッズに至るまで、そのラインアップは多岐にわたります。, 新型車であるタフトならではの特徴としてあげられるのは、クルマとスマートフォンをつなぐダイハツコネクトサービスが利用できる点です。クルマとスマートフォンがつながることで、ドライバーやその家族にもしもの時の安心を提供します。つないでサポートでは、事故や故障などの際に事故・故障センターと自動的につながり、迅速な対応をサポートすることで安心・安全をつないでいます。見えるドライブの機能は、出発や帰宅・事故や故障などの車両情報に加え、見守り対象のクルマの現在地を遠隔地から確認することができます。さらに定期点検の案内やリコールのお知らせなどの機能でドライバーと販売店をつなぐつないでケアや、駐車位置や燃料残などの車両情報がわかる見えるマイカーなどの機能ももち、快適・便利にクルマを使うことができます。ダイハツコネクトのサービスは、メーカーオプションのディスプレイオーディオだけでなく、ディーラーオプションの対応ナビゲーションシステムでも幅広く利用できます。, ここまで、新型軽SUVのダイハツ タフトの長所にはどのようなものがあるのかを紹介してきました。新型タフトのもつ長所は、デザインや走行性能・装備に至るまでさまざまなところがあります。そのいずれも、ダイハツがこれまで培ってきた高い開発能力や哲学が繁栄されています。長所に視点をおいたクルマ選びをすることで車を買うときの楽しみが増えるとともに、新型タフトならではの長所をしっかりと理解して購入すれば、手に入れた後の所有する喜びや満足度もより高くなるでしょう。, タフトはハスラーキラーになるか?ダイハツ タフトを徹底解説!次回の土屋圭市さん&竹岡圭さんの告知もありますよ〜!, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 車のコーティング剤おすすめ27選【効果別での比較や選び方、カー用品店のおすすめ品をご紹介!Amazon、楽天の売れ筋ランキングも!】, ダイハツ 新型タフトは支払い総額194万3373円!?実際に見積もりを取ってみた!. 新型「タフト」に乗って、ジブンオープンした中川さんが相棒のタフトンと向かったのは壮大な山々が望める大高原!開放感ある頂上でのシーンは印象的です。 カージャパン・インフォ , ダイハツの軽クロスオーバー「タフト」のtvcm第2弾が公開!「飛び立て!可能性の空へ!」という声とともに中川大志さん演じる主人公の前に降り立つ、幸せの青い鳥タフトン。タフトンに導かれ、青い空と白い大地が印象的に広がる可能性の世界へ、中川さんがタフトとともに走り出します。 ですが、 軽自動車・低燃費車・減税免税対象車の購入なら、安全性や環境性能を追求したダイハツへ。自分好みのクルマをカスタマイズしたら、いつでもどこでもサクッと確認できる、オンライン見積りをご覧いた … ダイハツ タフト(Taft) 2021 情報更新日:2020年6月10日: 【X 2WD】1,353,000 円 【X 4WD】1,479,500 円 【G 2WD】1,485,000 円 軽自動車・低燃費車・減税免税対象車の購入なら、安全性や環境性能を追求したダイハツへ。自分好みのクルマをカスタマイズしたら、いつでもどこでもサクッと確認できる、オンライン見積りをご覧いた … TVコマーシャルを見ていて、その姿形からかつての『ハマー』を連想していた。これ、ハマーのチッチャイ版じゃん?と。ところがいざホンモノと対峙してみると、実はそれほどワイルドなイメージではないのである。, ボクシーなデザインのスタイルは、最大のライバルとなるであろうスズキ『ハスラー』ほど個性の際立つものではなく、意外と誰にでも受け入れられそうで、正直な話キャラは控えめなのでは?と思えるほどだった。勿論それがネガな要素というのではなく、実は万人受けしてこいつ、売れそうだな…と言うのが実際の感想である。, ダイハツ タフト実はこの手のスタイリングにすることで、画一性を排除できる。ハスラーにも共通するが、今の軽自動車、どれをとってもハイト系、あるいはスーパーハイト系はデザインが極めて近いものになって、何となくデザインで選べない風潮があった。, そこへ行くとこのボクシーなデザインは、なりは小さいが軽自動車が持つ特有の画一性から逃れられているという印象を受けるのである。アプローチは全然違うけれど、同じダイハツがかつて作り出した『ネイキッド』というモデルを連想した。あのデザインも画一性から逃れた素敵なものだったという印象が強い。, ただ、タフトと言えばオジサン世代は70年代に誕生したまるでトヨタ『ランドクルーザー』の小型版のようなジープ型モデルを思い起こしてしまい、ライバルは『ジムニー』と思いがちだが、ここでもそんなワイルドさは微塵もなく、表現は正しくないかもしれないが、むしろスポーティーな姿に見えてしまう不思議さを感じたものである。, ダイハツ タフト真横から見ると見事なまでにホイールを四隅に追いやったデザインであることが良く分かるのだが、これでもホイールベースは『タント』と同じ。視覚によるマジックである。そして室内に乗り込んで、ルーフのシェードを開けるとスカイフィールトップと名付けられた大型のガラスルーフがそこにある。これ、全車標準だというからずいぶん頑張った。何しろその解放感は素晴らしいし、広さ感も演出してくれる。, そんな広々とした空間を独り占めしながらいざ試乗スタート。着座位置は何故か車体の中央にいるような感覚にさせるものだ。とにかく着座位置からフロントウィンドーが遠い。視界を遮るものが無いから、遠くに感じるのだろうか。, 最初の加速でムムッ!速い…と思った。NAである。それもそのはずで今回のタフトは軽い。単純にタントの一番軽いモデルと比較しても大人一人分ともいえる60kgの差がある。だから、スタートの加速もパーシャルからの加速も実にスムーズだし流れに乗ってスイスイなのだ。, ただ、相変わらずというかCVTのヒュイーンという唸り音は気になるところである。これが後に乗った異なるCVTを装備するターボモデルでは全くで出ないのだから、こちらにもターボと同じCVTを装備して欲しいものだ。, ステアフィールはキャスター角を小さめに取っているのだろうか、あまりどしっとした直進安定性が感じられない。勿論ふらつくレベルではないが、比較的頻繁に微舵を当てる必要性がある。今回はワインディングも走っていないのでコーナリングのフィーリングについては言及しない。, 燃費を稼ぐためだろうか、フリクションを極力減じるためにキャスターアクションが小さめで、四つ角を曲がった時などハンドルから手を離しても直進状態までは戻らず、少しアシストしてステアリングを戻す必要がある。こちらも前述のキャスター角によるものと思う。, 今回は高速道路での試乗が行えなかったが、バイパス風の流れの速い一般道ではやはり直進安定性に少し不満があった。もっともそれはあくまでも後に乗ったターボ車との比較であって。NA車単独で試乗を終えるまでそんな不満はなかったのだ。, そのスタイリングからユーザー層は限られると思っていたが、現車を見る限りかなり広い層から受け入れられ、年齢層的にも幅広い世代を十分にカバーできると感じる。, ■5つ星評価パッケージング:★★★★★インテリア居住性:★★★★★パワーソース:★★★★フットワーク:★★★★おすすめ度:★★★★★, 中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来42年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。また、現在は企業向け運転講習の会社、ショーファーデプト代表取締役も務める。, 【三菱 eKクロススペース 新型試乗】価格も納得の「全部載せ」軽スーパーハイト…岡本幸一郎, 【三菱 eKスペース 新型試乗】“何気なく”しっかりした走り、「ルークス」との違いは…島崎七生人, 【スズキ ハスラー 新型試乗】新開発NAエンジンの「ハイブリッドX」は数値では測れない…中村孝仁, 軽自動車販売は N-BOX が11か月連続トップ…タフト が5位に急浮上 10月車名別, 【ダイハツ タフト 新型試乗】ファーストカーに選んでもいいと思える軽SUV…丸山誠, 【TRD コペン GRスポーツ 試乗】低速域でも機能するエアロ&パフォーマンスダンパーの恩恵, ダイハツの世界販売、4年連続プラス…3.5%増の40万9791台 2019年度上半期, メルセデスAMG GT、ニュルで最速のラグジュアリー車に…ポルシェ パナメーラ の記録更新[動画], 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】古い世代のユーザーと決別する1.5Lエンジン…中村孝仁, わずか10mm、されど10mmの余裕!既存オーナーも必見、トヨタ RAV4の「オフロードパッケージ」を試す.