トタンには大きく4つの種類があり、それぞれ使われる場所や見た目の印象が違います。 ここではトタンの種類や見た目の違いを紹介するので、自分の家にはどんなトタンが似合うのか、参考にしてくださ … 最初#80で磨きましたが、ちょっと粗いので#180で磨きました。  ホームセンターにごく普通に売っているトタン屋根用の油性ペンキはどのくらいの耐用年数でしょうか?もう少し高価でも長持ちする塗料があれば(塗る手間は同じと思いますがちがいますか?)教えていただきたいのです。よろしくお願い致します。, トタン屋根のペンキが剥がれる 原因と対処は? その際、元々油性ペンキが塗ってあった上に水性ペンキを塗ったためでしょうか、塗ったペンキがはじかれてしまいました。(強引に重ね塗りして完了させましたが) 特に問題はありません。ホームセンターで売られている塗料は水性塗料がほとんどです。確かに油性塗料に比べれば性能は落ちるかもしれませんが、安全面等から言うと水性塗料の方が一般人向けかと思います。 現在の屋根は数百メートル先からでも魚のウロコみたいに剥げて光り輝いています。  2)内側は,防音と断熱のためかスポンジのような樹脂が貼り付いています. ゆずの木の下は小さいものは数ミリ、大きいもので2,3cmで、数はかなりあります。 安全面の理由は分かりました。 4.トタン屋根のメンテナンス方法 4-1.カバー工法. 上出来です。出来るだけ旧塗膜を落とすことは大切ですが、あまり擦り過ぎると鉄板自体を痛めてしまい、ひどい場合は穴が開くなど逆効果だとおもいます。 3.また、はがれたところをワイヤブラシで磨いても~~~ 今度は私と父でペンキ塗りをしたいと思いますが、 >安全面等から言うと水性塗料の方が」 よろしくお願いします。, セキスイ屋根塗料についてお願いします。 父は梅ノ木の下は良くないと言っていますが、詳しくは聞いていません。, NO1様の回答を見て後から気付いたのですが、亜鉛系の鉄板なんですね。 上塗りペイントは,「油性」と「水性」どちらが適しているでしょうか? 2.はがれたところは表面だけのサビか、黒くなった程度で、ブラシでは大丈夫です。 それとも油性ペンキにすべきでしょうか? 3,4年まえに物置のトタン屋根の塗装をしましたが、先日屋根に上ったら、部分的に何箇所もの塗装ハガレがありました。 亜鉛系処理では仕方がないのですね。 (3)現在の塗料は高圧洗浄だけで大丈夫でしょうか?また剥げそうな気もしますが施工業者は手抜きしそうで心配です。, カラートタン屋根塗り替えをDIYでするつもりです。築20年くらいの家でわりと鉄自体はやや厚みのあるトタン桟葺きです。塗り替えはそれほどまめにはやっていない様ですが、穴明きや深いサビは無いようです。 今後の参考にさせて頂きます。, 自宅の車庫の屋根の塗装がはげて来たので,DIYで塗り替えをしようと ・面積に対するペンキの量と値段 ハガレは地肌からきれいにはがれています。 尚、ハガレの箇所は多数ありますが、1つ1つの大きさはそんなに大きくはありません。 破損が見つかった場合でも、破損部位が狭い場合は、新しい材料を使って補修を行います。, 錆びの発生は、トタンなどの金属屋根に必ず見られる症状です。 合成塗料とか、ウレタンとかいろいろあるんですが。, 私の家は三角の波型のトタン屋根です。よく工場や倉庫に使われているギザギザ屋根です。私の幼い頃今の屋根に張り替えました。 まだ買ってないのですが、油性の方が性能は良いとのことで、油性にしたいと思います。 3年前、トタン屋根に自分でペンキを塗りました。 トタン屋根の修理を行う場合、あらかじめ修理方法や費用を知っておけば、快適なリフォームを行うことができます。トタン屋根の特徴、修理方法や費用、穴が開いた場合の応急処置の方法や修理を依頼する際に最適なリフォーム会社の選び方について紹介します。, 亜鉛めっき鋼板のうち、主に建築資材として使われているものをトタンと呼びます。トタンの特徴は、薄く軽いことで、施工も容易で低コストであることから、戦後の高度経済成長期に建築資材として多く用いられました。, トタンは、平板にすると強度が極端に落ちるため、波板にして薄い材料でも強度が保てるよう加工されています。, 鋼板は雨に弱く錆びやすいので、錆びや劣化の防止策として、表面に亜鉛メッキを施すことによって、防水性を高めています。, トタンは薄い材料であるため、錆び始めると劣化しやすく、穴が開いてしまうケースも見られます。このような性質を持つトタンが、建築資材として普及した理由としては「犠牲防食」作用が挙げられます。, 犠牲防食とは、亜鉛めっき層を突き抜けるような傷やピンホールが生じた場合でも、メッキとして施された亜鉛が鋼板よりも先に溶け出すことによって、鋼板自体の錆の進行を遅らせることができる特性を指します。, トタン屋根の耐用年数は10~20年とされ、セメント系瓦で30~40年、日本瓦では50~100年とされる耐用年数に比べ、寿命は長くありません。, トタンが高い犠牲防食作用を発揮できるのは、中性雨に対してであり、酸性やアルカリ性を帯びた雨に対しては、亜鉛の腐食が速まる傾向にあります。, 1960年代から世界中で酸性雨が社会問題化し、トタンの酸性雨に対する脆弱性が指摘されることとなりました。, そのような状況で、従来の鋼板よりも耐久性などに優れた「ガルバリウム鋼板」が開発されました。この鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%から形成される、アルミ亜鉛合金めっき鋼板です。, このガルバリウム鋼板は、アルミニウムの特徴である耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性と、亜鉛の特徴である犠牲防食機能により、従来の鋼板よりも耐久性に優れ、耐用年数は20~30年とされています。, トタン同様、軽量であることから耐震性に優れ、勾配の少ない屋根材としても利用することができます。, トタン屋根を張り替える場合には、耐用年数はトタンの2倍程度と耐久性に優れ、カバー工法でリフォーム費用を抑えることができるなどのメリットがあるガルバリウム鋼板がおすすめです。, トタン屋根の修理方法は、劣化原因として挙げられる錆を防止する程度であれば、塗装が有効です。塗装の前に、ヤスリや電動工具を使い、トタン屋根の汚れや錆、古い塗膜を落とす作業を十分に行うことがポイントです。, また同時に、塗料の密着性が良くなるよう、表面を傷つける目粗し作業や高圧洗浄などでしっかりと錆を除去し、錆止め入り下塗り材を塗布することも重要です。, これらの対策をきちんと行えば、劣化の進行を遅らせることができ、トタン屋根の寿命を延ばすことが可能となります。, ただし、トタンの錆や劣化が進んだ状態では、塗装では十分な効果を期待するのは難しいため、葺き替えリフォームが必要な場合もあります。, 塗装の費用は約40~60万円程度が相場ですが、既存のトタン屋根を撤去し、新しいトタンに張り替える葺き替え工事の場合では、約80~160万円程度が相場となっています。, トタンとガルバリウムは、どちらも金属屋根で、安価で軽量という共通点があります。ガルバリウム鋼板は、トタン屋根よりも耐久性に優れ、耐用年数が長いことが特徴です。, また、ガルバリウム鋼板の場合、金属屋根に共通する弱点である防音性や断熱性について、特殊加工や施工方法の工夫によって改善することが可能です。, トタン屋根からガルバリウム鋼板へ葺き替える方法には、主に簡易なカバー工法、通常のカバー工法及び葺き替えの3種類があります。, 既存のトタンをそのまま残し、上から防水シートや調湿シートを張り、さらにその上に、ガルバリウム鋼板を張る方法があります。費用は、1平方メートル当たり約5千円程度からと、低コストで施工することができます。, カバー工法は、簡易なカバー工法と同様、既存のトタンはそのまま残し、コンクリーパネルや防水シートを上に張って、耐久性のある下地を施した上に、ガルバリウム鋼板を張る方法です。, 費用は、1平方メートル当たり約1万5千円程度からと、葺き替えに比べ、低コストで施工することができます。, 既存のトタンを全て撤去し、新たに防水シートを張り、最後にガルバリウム鋼板を張ります。既存の屋根を解体して撤去するため、カバー工法による費用に比べ、解体と撤去にかかる費用や処分費用などが嵩みます。, スレートは、主にセメント素材の薄くて平らな屋根材です。一般的には、化粧スレートと表現されますが、コロニアルやカラーベストなどの商品名で呼ばれることもあります。, スレート屋根は、野路板と呼ばれる下地材の上に防水シートを張り、その上にスレートを敷きつめ、ステンレスの釘を使用して固定します。カバー工法によるリフォームも可能です。, スレート屋根は、トタン屋根に比べ、耐熱性や遮音性、塩害に対する耐久性に優れています。カラーバリエーションも多いため、デザイン性にも優れています。, スレート以外に使用する材料が少なく、加工もしやすいことなどから、工事費を含めた費用は1平方メートル当たり約6千円程度からと、低コストでリフォームを行うことが可能です。.