また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。. 渡辺さんはトヨタの元社長でトヨタを世界一の自動車メーカーに引き上げた功労者の一人である。しかも社長在任中のの08年には連結ベースで過去最高益を更新した。その功績が評価され、2年前に経団連の副会長に推挙された。 60 関係。 コミュニケーション . ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。, すべての情報は、ウィキペディアから抽出し、それがクリエイティブクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスで利用することができます。, Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。. 10代:渡辺捷昭(2005年6月~2009年6月) ... 1937年にトヨタ自動車工業設立。初代社長に就任したのは佐吉の娘婿で喜一郎の義兄である豊田利三郎であるが、実質的な創業者は喜一郎とされる ... トヨタ自動車株式会社第5代社長(工販合併前から数えると第10代)。 10代:渡辺捷昭(2005年6月~2009年6月) ... 1937年にトヨタ自動車工業設立。初代社長に就任したのは佐吉の娘婿で喜一郎の義兄である豊田利三郎であるが、実質的な創業者は喜一郎とされる ... トヨタ自動車株式会社第5代社長(工販合併前から数えると第10代)。 渡辺 捷昭(わたなべ かつあき、1942年2月13日 - )は、日本の実業家。首都高速道路株式会社取締役会長、一般財団法人道路新産業開発機構会長、一般財団法人道路システム高度化推進機構理事長、一般社団法人次世代放送推進フォーラム名誉会長、公益財団法人長寿科学振興財団会長 。 ユニオンペディアは百科事典や辞書のように組織化概念地図や意味ネットワークです。これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。, これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。 6月(ろくがつ)はグレゴリオ暦で年の第6の月に当たり、30日ある。 梅雨の季節である。. 1984年 トヨタ自動車入社 2000年 トヨタ自動車取締役 2002年 トヨタ自動車常務 2003年 トヨタ自動車専務 2005年 トヨタ自動車副社長 2009年 トヨタ自動車社長 父:豊田章一郎 母:三井博子(三井物産取締役 三井高長の三女) 2月13日(にがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から44日目にあたり、年末まであと321日(閏年では322日)ある。. 論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。 それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。 表参道ヒルズのオフィスを拠点に執筆活動を行う作家 佐藤正明のオフィシャルサイトです/代表作「ホンダ神話」「映像メディアの世紀」「ザ・ハウス・オブ・トヨタ」など, トヨタの内情を知っている私は、それほど驚かなかったが、財界とりわけ日本経団連の幹部は怒りを隠そうとしなかった。渡辺捷昭副会長の人事である。新聞報道によると、渡辺さんは6月の株主総会で、取締役副会長を離れ相談役に退くという。渡辺さんはトヨタの元社長でトヨタを世界一の自動車メーカーに引き上げた功労者の一人である。しかも社長在任中のの08年には連結ベースで過去最高益を更新した。その功績が評価され、2年前に経団連の副会長に推挙された。さらに2月上旬に早々と留任が決まった。さらに政府の「社会保障改革に関する集中会議」のメンバーに経済界の代表にも選ばれた。, トヨタはその渡辺さんを経営スリム化の一環として取締役から外すという。常識的にいえば、渡辺さんと同じように社長を務め経団連副会長を務めた年長者で体調も万全でない張会長が相談役に退き、渡辺さんが会長になるべきであろう。張さんはかねて辞意を漏らしていただけになおさらである。社内では豊田章男社長と渡辺さんが反りが合わないから、スリム化の名目で渡辺さんを外したと見ている。これでは豊田社長が私情を人事に持ち込んだといわれても致し方ない。, 財界が激怒しているのは、渡辺さんが現役の経団連の副会長である点だ。5月に現会長の米倉さんは2年目に入るが、副会長を大幅に入れ替えた。新体制のメンバーはほぼ全員、自社の会長もしくは社長である。副会長どころか取締役を外れた渡辺さんは異色である。トヨタと言えば、豊田章一郎さんと奥田碩さんを会長に送り出した財界の名門企業である。財界の重みは分かっているはずである。ポスト米倉の本命は今のところ見当たらない。渡辺さんが取締役として残っておれば、後継会長として浮上することは十分あり得る。その前提は渡辺さんが取締役を続けることである。, 三河の田舎大名と言われたトヨタが財界活動に乗り出したのは、豊田英二さんが会長の時代である。それから二十数年間、会長、副会長会社として経団連をリードしてきた。渡辺さんの任期はあと2年。そのあとトヨタは、副会長として送り出せる人材は見当たらない。トヨタの人材が払底したのは、創業家の御曹司を社長にするため、年上の有能な人材を社外に出したためだ。, 来年5月に自動車の業界団体の日本自動車工業会の会長にトヨタの章男社長が就くという。現役の社長が自工会の会長に就くのは96年の豊田達郎さん以来である。会長は名誉職ではなく激職である。達郎さんが病気で倒れて以来、各社とも会長には社長ではなく会長やCOOを送り込んでいる。本来であれば章男社長が自分から手を上げるのではなく、渡辺さんに頼むのが筋である。, マスコミはトヨタの業績は急回復しているというが、前にこのブログで指摘したように、利益ではまだ最盛期の3分の1にも満たない。連結では金融益で覆い隠されているが、トヨタ本体では今3月期は4000億円の赤字が見込まれている。章男社長の仕事は社業に専念して、本体の業績を黒字化させることである。, 経団連のある副会長は私に電話で嘆いた。「今回の渡辺さんに対する仕打ちを見て、「トヨタは経団連銘柄から外れた。渡辺さんの次の自動車業界から出る副会長はホンダか日産になるでしょう。トヨタが経団連銘柄から外れるということは、財界の地盤沈下に拍車をかけるということです。まだ新聞辞令ですが、渡辺さんを会長をしろとは言いませんが、せめて取締役副会長として留任させることは出来ないのでしょうか」。この電話を受けて私「トヨタは財界どころか自動車業界の盟主の座から落ちた」と思った。, トヨタは9日に長期ビジョンを発表するという。問題はその中味である。抽象的なものでは、株式市場は納得しないだろう。私も数字を盛り込まないビジョンであれば、しょせん「絵に描いた餅」と見ている。果たしてどんなビジョンが出てくるか。. 400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。. これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。 Proudly powered by WordPress and Carrington. 続きを見る ». 元系列社長に、合理化着手 仕事人秘録 河西工業社長 渡辺邦幸氏(15) 仕事人秘録 2020/1/21付 情報元 日本経済新聞 電子版 渡辺 捷昭(わたなべ かつあき、1942年2月13日 - )は、日本の実業家。首都高速道路株式会社取締役会長、一般財団法人道路新産業開発機構会長、一般財団法人道路システム高度化推進機構理事長、一般社団法人次世代放送推進フォーラム名誉会長、公益財団法人長寿科学振興財団会長[1]。, トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(第5代、工販分離前から数えると第10代[2])、トヨタファイナンシャルサービス監査役、一般社団法人日本経済団体連合会副会長を歴任した。, 1964年4月にトヨタ自動車工業株式会社(現在のトヨタ自動車)に入社。1992年に取締役、1997年に常務、1999年に専務、2001年に副社長を経て、2005年に社長、2009年に副会長に昇格し、2011年に相談役に退いた。2010年の役員報酬は1億1400万円[3]。その後は顧問を務めていたが、2018年、日本企業の相談役制度の廃止などが進む中、相談役を退いた奥田碩らとともに、顧問退任[4][5]。2018年秋の叙勲で旭日大綬章を受章。, また、財団法人道路新産業開発機構の会長など、自動車や道路整備等に関連する諸団体の役員等にも多数就任している。, 慶應義塾大学在学中は慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団に所属した。大学卒業後、トヨタ自動車工業株式会社(現在のトヨタ自動車)に入社。部品購入を担当する調達部門、経営企画の分野を担当後、1992年に取締役に就任した。その後、主力工場の一つである元町工場の工場長、米国、および欧州の現地事業体の取締役などを担当して、2001年に副社長に就任した。2000年から強力な原価低減活動を推進して、3年間で主要部品のコストを約30%削減したと言われている(CCC21)。, 2005年6月に代表取締役社長に就任し、2009年6月より副会長に就任した。社長の任期中は奥田碩社長時代以降の海外販路拡大路線を継承し、2007年 のトヨタグループ累計の年間販売台数は過去最高の936万6,418台を達成し (僅差で世界2位)、2008年3月期の連結営業利益を2兆2703億円として史上最高益を達成した。翌2008年 の世界販売台数はリーマン・ショックにより落ち込むもののGMを抜き、初めて世界一を達成した。しかし、行き過ぎたコスト削減と、利益追求で品質低下を招いた。こうした2009年から2010年 にかけて発生した大規模リコール問題の責任を取り、会長に就任することなく2011年に相談役に退くことになった。この人事には、創業一族で実子の豊田章男新社長への権力移譲を急ぎたい豊田章一郎名誉会長の意向が働いたと報道されている。, この間2010年から長寿科学振興財団会長[6]。2011年から道路交通情報通信システムセンター理事長[7]。また2009年から日本経済団体連合会副会長を務め、2012年から首都高速株式会社取締役会長を務めた。また、九州フィナンシャルグループの社外取締役を務める。, 「明るく、楽しく、元気よく」「愚直に、地道に、徹底的に」が信条。趣味は音楽鑑賞(すべてのジャンル)やラグビー・野球・サッカー・ゴルフなどの観戦。, 世界で最も影響力のある人物トップ100 (100 Most Influential People of 2005), 「日産自動車社長兼CEO カルロス・ゴーン -年収10億円。「恥じることはない」」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=渡辺捷昭&oldid=78323469. トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(第5代、工販分離前から数えると第10代)、トヨタファイナンシャルサービス監査役、一般社団法人日本経済団体連合会副会長を歴任した。. 学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。 1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.