パミールの問題とは? パミールは、ニチハという企業によって開発され、化粧スレート系の無石綿屋根材として1996年~2009年に発売されていました。 パミールは、アスベストを使用していない屋根として当時注目されていました。 スレート屋根はアスベストを繊維状に組み込むことで踏み割れしない構造になっていたのですが、このアスベストに発がん性物質が入っているため、代わりの新しい屋根材になるようにと誕生しました。, しかし、アスベストの代わりにパルプ繊維を使用したことで吸水性が高くなり、雨などで劣化が早くなるというデメリットが発生しました。 横浜市戸塚区の屋根点検ですパミールですので、補修は屋根葺き替えか屋根カバー工法となります。風災によって破損した場合には対応が変わります。鑑定士の立ち合いの下、火災保険等による補修が可能かを判断するケースもあります。 10年の保証期間は過ぎてからの異常が起こるわけですから、メーカーとしては対処できないのも当たり前, あなたの家はパミールの不具合発生しているのか?専門的な職人が無料診断してくれるケアフルリフォーム, http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11167760751, http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10165446645, アーバニーグラッサの屋根材をリフォームする時の注意点!ケース別の工事方法やかかる費用, リシェルSIのリフォーム見積もり費用相場&7つの工事した人から口コミが良い便利機能, リクシルのキッチン「アレスタ」が口コミで人気な6つの特徴&リフォーム費用の総額相場!. ニチハの屋根材「パミール」の【剥がれや不具合の正しい対応】について詳しく解説しています。後で失敗したと後悔しない為の3つの対処法も掲載していますので、パミールのリコールで悩まれている方は … Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved. 築15年たったある日屋根の破片がみつかる。調査の結果屋根材がニチハのパミールとわかる。パミールは10年でボロボロになるノンアスベスト屋根材。補修が効かず葺き替えと聞きショックを受けるご主人だが、リーズナブルな屋根カバー工法でなんとか屋根を一新することができた。 どのお客様も撮影したパミールの画像を見せると、唖然とされます。ちょうど、表面が剥がれはじめており、脱落している屋根材の実物を見せると言葉を失ってしまうお客様も多くいらっしゃいます。金属屋根でのカバー工法を行うことで『提案どおり、金属屋根にして正解だった』とおっしゃっていただけるお客様が実に多くいらっしゃいます。, ● 街の屋根やさんのコメント パミールは、アスベストを使用していない屋根として当時注目されていました。 屋根材が何層にも渡って剥離し、ミルフィーユのようになってしまい、最終的には剥がれて崩れ落ちていく… 千葉のリフォームで失敗しない為の情報サイト「ちばリフォ」 , これまでの屋根の上に新しい屋根を被せるのが屋根カバー工法です。お客様はIG工業のスーパーガルテクト、シェイドブルーをお選びになられました。スーパーガルテクトはこれまでのガルバリウム鋼板よりも優れたものです。めっき成分にマグネシウムが配合されたことにより、より錆に強くなりました。, 屋根カバー工法が完了しました。今回、使用したスーパーガルテクトは表には遮熱塗料、裏面に断熱材があるタイプで、1年を通して、快適を実現します。屋根が二重になったので、遮音性も高まり、より快適な生活ができること間違いありません。, 「屋根塗装を検討している」とお客様様よりご相談をお受けしました。点検にお伺いしたところ、屋根材はなんとパミール、既に剥離が始まっており、塗装できない状態です。お客様様には屋根塗装に代わるメンテナンスとして屋根カバー工法をご提案しました。, お客様のお家はスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根でした。現在、最も普及している屋根材で、屋根塗装によるメンテナンスが一般的ですが、中にはそれができないものもあります。ニチハ株式会社のパミールという屋根材です。上の2つの画像、実は同じ屋根なのです。塗装できそうに思える画像と表面が崩れており、これは無理という画像2つがあります。このうち、塗装できそうに思える屋根に塗装しても無駄であることは明白です。そのうち、表面が崩れており、これは無理という画像と同じようになるからです。, 屋根カバー工法の場合、これまでの屋根を解体しませんが、除去しなければならない部分もあります。棟板金や屋根の出っ張り部分です。棟板金は取り除き、雪止めはサンダーなどでカットし、取り除きます。, 屋根から棟板金や雪止めなどを取り除いたら、防水紙を敷設します。防水紙を敷設したら、その上に屋根材を設置していきます。お客様がお選びになったのは横暖ルーフきわみです。表面の塗装は遮熱が標準となっており、夏でもお部屋が暑くなりづらい金属屋根材です。この横暖ルーフきわみの裏面には断熱材が備えられており、一年を通してお部屋の快適温度を保ちます。, 横暖ルーフきわみの設置が終わりましたら、棟板金の取り付けに移ります。取り付けたら、棟板金同士の隙間にシーリング材を充填させて工事完了となります。屋根カバー工法は工期が短く、数日程度で終了してしまうのも特徴です。普段と同じように生活できるので、ご自身やご家族のストレスも最小限に抑えられます。, 2階の屋根と1階の屋根、すべての屋根への屋根カバー工法が終わりました。黒い屋根から緑の屋根に代わって、お家のイメージも刷新されました。これで数十年間、屋根を心配する必要はなくなりました。, 太陽光発電による売電の買い取り価格が高かった頃、このようなご相談を多く受けました。割と築が浅いお家がほとんどで、太陽光発電のことから売電のこと、そして屋根材のことまでかなり勉強されているお客様が多かったです。, 今まで屋根材について特に拘りはなかったけど、パミールの件で『スレートだけは絶対に選ばない』と決めてしまったお客様も多数おられました。『屋根に重量物を載せるから、軽い屋根材にしたい』というお客様も多く、軽量な金属屋根材をご提案させていただくことも多々あります。, ● 街の屋根やさんのコメント したがって、剥がれは屋根材の不具合ではなく、釘の問題であると主張しているため、10年経過する前に剥がれても屋根材に関してはリコールを認めていません。, もしもパミール問題に直面してしまった場合、メーカーであるニチハにこれらの問題があったことを報告しても、メーカー側から補償してもらうことは難しいのが現実です。 その時のメンテナンスでは屋根塗装か屋根カバー工法か屋根葺き替えの選択になります。費用対効果を考えれば、屋根葺き替えよりも屋根カバー工法ということになるのですが、パミールはここで屋根葺き替えも意外とリーズナブルになるのです。 パミールのメンテナンスは一般的なスレートと分けて考えなくてはなりません。, 画像をご覧くだされば分かるように、屋根がこのようにボロボロになってしまえば、雨水はその下へも染みていきます。このまま放置してしまえば、間違いなく雨漏りに繋がります。また、「剥がれて、崩れてしまう」パミールには屋根塗装しても無駄ということがご理解できると思います。, ご自宅の屋根にスレートRTが使われていることをご存知でも、その製造・販売メーカーまでは分からないという方も多いのではないでしょうか。 2015.05.13 剰余金の配当に関するお知らせ; 2015.04.06 新商品情報>に[2015年 4月]の新商品を掲載しました。 2015.03.20 人事異動のお知らせ; 2015.03.18 「Fu-ge第2弾新商品発売記念 ニチハで家づくり プレゼントキャンペーン」を掲載しました。 塗り替えを行っても、塗膜ではなく屋根材自体が剥離してきますので、メンテナンスにはならないのです。, 1996 年頃、屋根をパミールで新築した方で約20年、2008 年頃の販売終了間際にお家を建てた方でも約10 年経過しました。ちょうど、屋根のメンテナンス時期に来ています。このような問題を抱えている屋根材は今後、どのようなメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか。 パミールはお手入れして寿命を延ばすことができないので、選択肢は必然的に屋根カバー工法か屋根葺き替えになります。, パミール以外のスレート屋根の場合、屋根塗装を行った場合、次のメンテナンス時期は約10 年後です。 最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。. ニチハのパミールは、劣化しやすいと噂されているスレート屋根です。実際、ニチハのパミールではどのような症状が起こるのでしょうか?また、リコールできるのかなど、補修方法とともにこの記事では詳しく解説します! 2020 All Rights Reserved. このような問題を抱えている屋根材は今後、どのようなメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか。スレートは現在、最も普及している屋根材で、パミール以外の一般的ものはだいたい20 ~ 25 年以上の耐久性があると言われています。 パミールの屋根が欠陥とウワサされる理由や、実際のリコール内容&割れや剥離の改修リフォームの際に失敗しない対処法を掲載しています。ニチハの屋根材パミールは欠陥じゃないのか不安な方へ ご自宅の屋根材が不明だったり、心配だという方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。パミールなのか、違うものなのかを正確にご報告いたします。, 普通のスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の場合、屋根塗装によるメンテナンスで寿命を延ばすことができます。しかし、パミールの場合は不可能です。 ニチハのパミール屋根問題に対する解決金は? ニチハで起きたパミール問題とは? パミールとはニチハで販売されていた屋根材で、当時屋根材にアスベストを取り入れてはいけないという法律から生まれた … パミールは、ニチハという企業によって開発され、化粧スレート系の無石綿屋根材として1996年~2009年に発売されていました。 現在、ニチハはスレートを生産していませんから、他のメーカーのものでしたら、安心できると思います。ただ、中には図面や仕上げ表の記載がいい加減ということもありますので、気をつけなくてはいけません。, 単に「スレート葺き」としか書かれていなかったり、スレートではあるけど違うメーカーの違う製品だったりすることもあるのです。 ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介. パミールはニチハのスレート系屋根材で不具合報告が相次いだ屋根材です。パミール屋根の不具合の代替え措置として、アスファルトシングル屋根を提案されますが、ガルバリウム鋼板に葺き替えるのが一般的です。パミール屋根の対処方法について解説しました。 劣化によって先端から浮き上がってしまい、中に雨水が入り込んで雨漏りしたり、台風などの強風で剥がれたりするというトラブルも明るみになったのです。, パミール屋根メーカーのニチハは、これらの問題に対してどのような主張をしているのでしょうか? そのため、パミール屋根の不具合は「屋根リフォームの時期」と割り切って早期に解決することが重要です。, お待たせしないスピード感であなたのお家を守ります!屋根の雨漏り修理や屋根の葺き替え工事などの屋根リフォームは屋根修理プラスにお任せください!, 千葉県船橋市の外装リフォーム専門会社プラスグループが運営するブログです。リフォームで失敗しないリフォームのノウハウを初心者の方にも分かりやすくお伝えします。. 人的被害を及ぼす可能性があるパミール用釘腐食による屋根材のズレや落下の問題。パミールの雨漏りや強風による屋根材飛散など屋根本体の結露による劣化問題など、【ニチハ】パミール屋根の症状別対処法をお伝えします。 風で剥がれた, 他の屋根屋さんに横葺きを勧められた, 日本屋根業者サポート協会とは. 下に挙げたものは、2010年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。 ニチハのパミールは、製品の問題で層状にはがれるため、塗装ができない屋根材です。劣化症状、見た目での見分け方やメーカーの見解も解説。放置するのは大変危険です。カバー工法か葺き替え工事になりますので、費用の負担感を減らすコツも紹介します。 パミール屋根は1996年〜2008年まで販売されていた、建材メーカー大手のニチハの屋根材です。, ノンアスベストの屋根材として新築住宅で広く流通した屋根材ですが、施工後10年〜15年ほどで「層間剥離」や、「ヒビ割れ」が発生するのが特徴です。, 屋根塗装の際に自宅の屋根材がパミールだったと気がつくケースも多く、施工後10年程度で屋根の葺き替えを迫られる施主様も少なくありません。, パミール屋根に発生する不具合や劣化症状や、パミール屋根だった場合の対処方法など、パミール屋根による損害を可能な限り回避できるメンテナンス方法について具体的に解説します。, 1996年から2000年までの12年間、流通した屋根材ですが、施工後10年〜15年の間に「層間剥離」や、「ヒビ割れ」などの劣化や不具合が発生することが多く、不具合報告や劣化報告が消費者から相次ぎました。, パミール屋根はアスベストが含有されていない、ノンアスベストの製品です。パミールが発売された1996年は屋根にアスベストの使用が禁止されていた時期で、このアスベストの規制に伴いパミールが発売されました。, ノンアスベスとのスレート系の屋根材はパミールの他にも「クボタ(現ケイミュー)」や「松下」といった大手建材メーカーからも販売されていましたが、「層間剥離」や、「ヒビ割れ」などの不具合が顕著に現れたのがニチハのパミールです。, このような不具合が多発するニチハのパミールですが、メーカー側は製造責任を否定しています。屋根本体の「不具合は経年劣化によるもの」というスタンスを崩しません。, スレート系屋根材のメーカー保証は5年程度です。パミール屋根は屋根塗装やソーラーパネルの設置などの屋根のメンテナスやリフォームの際に発覚するのが一般的です。, そのため、メーカーの保証対象外である5年を経過していることが多く、泣き寝入りする施主様が圧倒的に多いのが現状です。, パミール屋根に発生する不具合や劣化症状は「層間剥離」「釘の腐食」の2つです。それぞれ、具体的に解説します。, パミールは基材(セメント)と塗装の二層構造になっていますが、雨などの水分がパミールの基材(本体)に吸収され、乾燥後に硬化した結果、基材と塗装が分離され、剥がれたり、浮き上がった状態になります。, パミール屋根の層間剥離はミルフィーユ現象とも呼ばれており、本物のミルフィーユのように手でひっかくだけで簡単に剥がれが生じます。, 通常のスレート瓦ではこのように層間剥離が発生して、屋根材がミルフィーユ状になることはほとんどありません。, 屋根を施工後、10年〜20年程度でこのような状態になった場合は、間違いなくパミールの屋根の可能性が高いので代表的な劣化症状として理解しておきましょう。, パミール屋根はラスパート釘と呼ばれるパミール専用の釘で屋根材を固定しています。このラスパート釘の頭が腐食して無くなり、パミール屋根がズレたり、落下する不具合が発生します。, ラスパート釘の腐食はパミール屋根本体の層間剥離と併発しているため、パミール屋根を点検をする際に、ラスパート釘の腐食も確認することが重要です。, ニチハのパミールは消費者や建築業界では不良品という認識をしている人も多いですが、メーカーはあくまでも経年劣化が原因による不具合という姿勢を崩しません。そのため、パミール屋根本体の不具合は有償でのメンテナンスが必要になります。, 一方で、ラスパート釘の不具合に関してはニチハが問題を認めており、お客様相談窓口を設置しています。しかし、明確な保証内容が確立されている訳ではなく、お客様相談窓口に問い合わせても「ハウスメーカーに相談してください」とたらい回しにされてしまったケースも存在します。, このようにパミール屋根は不具合に関して対策や対処方法が確立されていないため、「どうすれば良いの?」と途方に暮れてしまう人も少なくありません。, 10年〜15年と一般的なスレート瓦よりも早期に重度な劣化症状が発生するニチハのパミールですが、早期に劣化したパミール屋根の代替え措置としてアスファルトシングル材「アルマ」への葺き替え(カバー工法)を提案されます。, アスファルトシングルとは日本ではあまり普及していない屋根材ですが、アメリカでは主流となっている屋根材です。, 施工単価が安く、メンテナンス性が高く、ルーフィングシート(防水シート)素材でなため非常に軽量です。そのため、パミール屋根に負担をかけないため、ニチハからパミール屋根のリフォーム工法としてアスファルトシングルによるカバー工法を提案されます。, しかし、アスファルトシングルは耐用年数(耐久性)が低く、葺き替え後20年〜30年ほどで再度、屋根リフォームが必要になります。, そのため、アスファルトシングルによる屋根リフォームはリフォーム費用はもちろん、将来的なメンテナンスプランも含めて他の屋根材と比較をしながら決めることが重要です。, 住宅を建てたハウスメーカーに相談を勧められることがあります。このような場合、通常のリフォーム工事と同じような提案がされるのが一般的です。, このようなハウスメーカーのリフォーム工事は下請け、孫請けと複数の下請け会社が間に入るために、リフォーム費用が高額になります。, 本来であれば必要の無い屋根リフォームなので、損害を最小限に食い止めるためにも、高額すぎるハウスメーカーでの施工はあまりオススメできません。, パミール屋根は住宅産業から撤退してしまった、三井ハウスや野村ホームの住宅にも使用されていました。そのため、現在ではサポートが終了しているため、ハウスメーカーに相談できない施主の方も多いです。, このような場合、自分で屋根リフォーム会社を探す方もいらっしゃいますが、パミール屋根の不具合を低価格で解消するベストな選択と言えます。, パミール屋根はスポンジのように雨水を吸収して、屋根の内部構造であるルーフィング(防水シート)や野地板にダメージを与えます。, このような状態のまま屋根を放置すると、雨漏りの原因となり屋根だけではなく、建物全体をダメにしてしまう恐れがあります。, そのため、ニチハのサポートを期待せずに、屋根リフォームのタイミングとして割り切って適正価格で屋根リフォームができる業者を探すことが重要です。, パミール屋根はカバー工法か葺き替えによって屋根材を新しく張り替えるのが基本です。パミール屋根は層間剥離が発生するために、屋根塗装によるメンテナスはNGです。, パミール屋根の劣化が軽度である場合はカバー工法でメンテナンスをすることができます。, カバー工法とは既存のパミール屋根の上に新しい屋根を被せる工法ですが、屋根材の劣化が軽度な場合、カバー工法の下地として利用できます。, 一方で、パミール屋根の劣化が進行して、層間剥離が激しい場合は、新しい屋根材を乗せる土台として利用できないために葺き替えが必要になります。, パミール屋根の劣化が激しい場合は、カバー工法が施工できないため、パミール屋根を撤去して新しい屋根材に張り替える「葺き替え」による屋根リフォームが必要になります。, 既存の屋根材を撤去しないカバー工法と比べて施工費用が割高ですが、屋根を新しくするのでパミールの不具合の問題を根本解決することができます。, また、耐用年数が40年〜50年と長く、メンテナンスフリーのガルバリウム鋼板に葺き替えることで、屋根塗装の必要が無くなり、メンテナンス費用も節約することができます。, パミール屋根は通常のスレート瓦よりも早く不具合が発生します。屋根塗装によるメンテナスが行えずに、カバー工法か葺き替えによる屋根のリフォームが必要になります。, そのため、製造メーカーやハウスメーカーの「保証」や「無償修理」を期待してしまいますが、経年劣化による不具合として取り合ってもらえません。, 「メーカーが無償で修理をするまで待つ」という方もいらっしゃいましたが、屋根の不具合は雨漏りの原因となり、屋根だけではなく建物全体をダメにしてしまう恐れがあります。 怪我の功名と言ってよいのか分かりませんが、パミールはノンアスベストの屋根材です。同じスレート屋根でもアスベスト入りの屋根材では高くなってしまう解体・処理費ですが、パミールではそこまでかからないのです。, 屋根カバー工法を選択した場合、今後数十年は安心です。屋根葺き替えを選択した場合、その安心して過ごせる期間はさらに長くなります。ご自分やご家族のライフプランを考えて最適な選択をしてください。, 特に太陽光が設置されている、または設置する予定があるという方には屋根葺き替えがお勧めです。それ以外の方には屋根カバー工法がお勧めです。屋根カバー工法を行った屋根に太陽光を載せるのは難しく、現実的ではないからです。屋根カバー工法はこれまでの屋根を解体しないため、解体費や廃材処理費がかからないのが大きなメリットです。, 築16年で剥がれた屋根材の一部がお庭に落下してきたというお客様。「屋根葺き替えを含めて、どんなメンテナンスが最適なのか一度、点検してほしい」ということでお伺いしました。今回は屋根葺き替えではなくて、屋根カバー工法によるメンテナンスを選択なされました。, お客様のお家の屋根には典型的な病状が出ていました。屋根材の下端の小口の変色の他、そこから剥離がはじまり。崩れてきている状態です。, お庭の芝生の上に剥がれた屋根材の一部が落下していました。屋根でもさまざなところが崩れており、できるだけ早く、メンテナンスを行わなければならない状態です。このままでは近いうちに雨漏りがはじまってしまうでしょう。今回は屋根カバー工法にてメンテナンスを行います。, 屋根カバー工法ではまず、屋根の上の棟板金などを外します。その後、防水紙を敷設していきます。今回は勾配が急なため、遅延型粘着層ルーフィングのタディスセルフを使用しました。 パミールはニチハのスレート系屋根材で不具合報告が相次いだ屋根材です。パミール屋根の不具合の代替え措置として、アスファルトシングル屋根を提案されますが、ガルバリウム鋼板に葺き替えるのが一般的です。パミール屋根の対処方法について解説しました。 自宅の屋根問題に悩んでいるなら、まずは一般社団法人 全日本屋根パミール診断士協会 -JPC-までご連絡ください。, 弊社では、パミール問題に特化した修繕に関しての相談やアドバイス、施工などを中心に行っています。 パミール屋根の悩みをそのままにしておいても時間だけが過ぎていき、解決から程遠くなってしまうだけでしょう。. HOME > ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの..... 屋根材が何層にも渡って剥離し、ミルフィーユのようになってしまい、最終的には剥がれて崩れ落ちていく… そんな悪夢のような光景を各地で起こしているのがニチハの屋根材「パミール」です。普通のスレート屋根材よりもはるかに短い時間で屋根材としての機能を喪失してしまう「パミール」のメンテナンス方法をご紹介します。, 築7 年程度で表面が剥がれはじめ、十数年程度でボロボロに崩れだしてしまう… そのようなケースが多数、報告されているのがニチハ株式会社が製造・販売していたパミールという屋根材です。パミールは一般的にスレート(化粧スレート・カラーベスト・コロニアル)と呼ばれる屋根材で、1996 ~ 2008 年まで販売されていました。, 2018 年現在、発売当初に新築を購入した際に屋根をパミールにした方で既に20 年、販売終了間際にお家を建てた方でも10 年経過しているとことになります。 屋根材コロニアルneoの不具合について 【PickUp!】千葉で多くの方から信頼 ... 【電気工事の費用相場の目安】 分電盤交換:5~7万円前後 200Vへの変更:10 ... 船橋市内の自宅のリフォーム。どう進めて行ったら良いの? リフォームの相談をする時 ... 屋根にコケが生えたり変色する原因と除去する為の正しい方法 《目次》 屋根にコケが ... クボタ(現ケイミュー)アーバニーグラッサの特徴やリフォーム価格相場 【PickU ... クリナップ「ユアシス」で浴室リフォーム考えてるけど決めて良いのかな? 他の浴室製 ... リフォームは仮住まいが必要?引っ越しとかできればしたく無い…。 住みながらリフォ ... 部屋のドアを直すのに、どの位の値段が掛かるんだろう? 洗面所を引き戸にしたいけれ ... 外壁工事を「はる一番」と言う材料で提案されてるけど、これで良いの? 他のサイディ ... 自宅の床材を「ハピアフロア」にしようか悩んでいる・・・。これで良いのかな? 他の ... Copyright© ニチハは、販売時に専用のパミール釘を配布し、その釘の一部に不具合があったことは認めているものの、パミールそのものに関しては経年劣化として不具合ではないと主張しています。 そういった方は一度、図面や仕上げ表で「メーカーと製品名」をご確認ください。 なぜ千葉県で多くの方から支持されているのか?それは営業マンでは無く、工事担当や建築士がしっかり提案してくれるのが信頼できると評判らしいです。, パミールとはニチハが1996年から2008年まで販売していた屋根材で、現在では販売終了となっています。, 「屋根材が剥がれ地面に落下してくる」 「ふやけたように膨れている」 「屋根材の所々に欠けが見られる」 「ミルフィーユのように剥がれ落ちた」, こういう不具合は、しっかりとした商品知識を持つ専門業者でないと、万全な対応は中々難しい物です。, 下の業者は、千葉でパミーユの不具合の対応を積極的にやっています。知識が豊富な「職人」があなたの家は大丈夫かどうかを無料で診断してくれます。, 営業マンが来る訳では無く、しつこいセールスに悩まされる事も無いので、不安な方は一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。, ニチハとしては不具合の原因は屋根本体ではなく、釘によるものであると発表しています。, メーカー側としては製造責任を否定し、屋根本体の「経年劣化」によるものとの見解を示しています。, 確かに10年の保証期間は過ぎてからの異常が起こるわけですから、メーカーとしては対処できないのも当たり前かも知れませんね。, メーカー側が屋根材の劣化は「経年劣化」というスタンスのため、無償での張替えなどは難しいでしょうし、直接販売していない個人への対応は行わないと断られることもあります。, 参考例:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11167760751, では実際に建設をした会社に問合せたところで、直接メーカーと交渉してくれと言われることが多い様で、堂々巡りになってしまい大変な目に合っている方も多いみたいですね。, けれども、かといって何もせずに放置を行っていたら、当然屋根としての役目をはたしていないのですから、家自体が雨漏りや腐食して行ってしまいます。, 結局の所、ご自宅が問題の有るパミールAを使われている屋根材だった場合には、ご自身の負担で工事を行わなくてはいけないと考えた方が良いかも知れません。, では実際に、あなたの家の屋根が問題が発生している「パミール」だった場合どんな工事が必要かを考えてみましょう。, 通常、屋根のメンテナンスでは「屋根塗装」「カバー工法」「葺き替え」という工事が行われます。, 知識の乏しい業者等は塗装を勧めてくる業者もいますが、この「パミール」においては残念ながら「屋根塗装」は有効な手段ではありません。, まず、写真のように表面が剥がれている状態では「屋根塗装」に必要な「洗浄作業」ができません。, 次に、仮に屋根塗装を無理やり行ったところで、屋根材自体の剥離がおこるので、通常の保証も出来ません。, 屋根材の剥がれる圧力に比べて、塗料の方が強いと言う検証はどの塗料メーカーでも行っていないからです。, なので、こういったパミール屋根の剥離を塗装でまかなう場合には基本保証など付けられません。(付けていたら余程の勉強不足でしょう), 先にも記載した通り、パミールの欠陥に対する知識が無ければ間違った工法で工事を行ったり、必要の無い高額な工事をセールスされてしまったりします。, そういった失敗をしない為には、屋根の改修工事を依頼する事を控えたい業者のパターンをちゃんと把握しておきましょう。, 現在、「パミール」を施工されている家に訪問営業などをおこなっている業者も多数あります。, 何がまずいのか?それはあなたが契約した金額の「10~15%の中間マージン」をサイト側に取得されてしまうからです。, 普通の業者であれば、こんなに中間マージンを取られてしまっては利益は手元に残りません。, すると当然工事品質を下げたり、材料費を必要以上に削減したりと「手抜き工事」の得意な業者が多く加盟する傾向にあります。, 参考情報:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10165446645, こちらも様々なメディアで取り上げられる事が多いサービスですが、カラクリは一括見積りサイトと同様です。, ただでさえ価格競争の激しい業界なのに関わらず、多額の紹介料や加盟料をあなたの契約金額から徴収しています。, こういった様に、安かろう悪かろうな業者の工事では、パミールの不具合解消としては充分な施工を受ける事は難しいでしょう。, なので、パミールの改修を始めとした、屋根工事の知識が豊かな施工業者に工事は依頼すべきです。, 上記に記載された様な業者、サービスを安易に利用するのではなく、もう屋根の欠陥に悩まされたくないなら知識が豊富な業者に仕事は依頼されるのが間違いありません。, 千葉県内にも、パミールの不具合に対して積極的に正しい施工を提供している会社が御座います。, その中でも、地域で評判の良いリフォーム会社に依頼をして、不安の無い屋根を手に入れて気持ちの良い生活を手に入れて下さいね。, 千葉県内で年間1000件以上の方にご相談頂き、ご指示頂いているリフォーム会社です。, ・後で追加工事が入る様なリフォームパックでは無く、一軒一軒家に合った提案を行ってくれる, | 戸建て住宅 | マンション | 外壁塗装・サイディング | 雨漏り修理 | キッチン | 浴室工事 | 内装リフォーム|.