・肩に力が入ってないか, 「肩を落として肘を軽く曲げた姿勢になっているかも気にして下さい。その姿勢だとハンドルに体重が乗ってないので、ふらつかないはずです」(田代さん) 「ロードバイクがふらつくのは体幹不足だけじゃありません」元アテネ五輪代表・田代恭崇さんにまっすぐ走る方法を聞いた!. ・時速25km巡航のスピードのほうがやりやすい(低速が難しい) ・ハンドルを握りすぎない ▲車道外側線(白線)がめやすとなる *雨の日は白線上は滑りやすいのでお休みしましょう!, ✔時速25km巡航で車道外側線(白線)に沿って走れる 先日、関越自動車道を運転しました。富岡から佐久インターまでです。そのとき、佐久インター間近にいくつものトンネルが続き、特に三キロくらいの長いのがあって、対面ではない二車線でゆとりもあるはずなのに、なんだか錯覚を起こしてし 「理由は分かりませんが、人は下を向くとバランスを取りづらいんですよね。まっすぐ走れているかチェックするときも極力顔を上げて乗りましょう」(田代さん), ▲初心者にありがちな、腕をつっぱった乗車姿勢 まっすぐ走るためには・・・腹筋しなくていいんです。ハンドルに体重が乗り過ぎないようにフォームを作っていけば腹筋も背筋などの体幹もすこしづつ強化され、安定感も増します。まず、日々のライドで白線に沿ってまっすぐ走る意識を持つこと。目線を上めに視界を広く保ち、上半身に力を入れず柔らかく保つこと。この3つでより安全なロードバイクライフを楽しめるなら、明日から早速実践!ですな。, FRAME編集長 山祥ショウコ 高速道路のトンネルが怖いと感じた時に、おすすめしたい運転方法があります。以前、タクシードライバーの叔父から教わった運転方法ですが、とても実用的なやり方です。私はこれでトンネルの怖さを克 … ✔ハンドサインを出しながら車道外側線(白線)に沿って走れる, 「チェックリストは上から下に行くにつれ、だんだん難しくなっていきます。路肩や路側帯が恐い、という人は距離感が保てない=まっすぐ走れていないからです。片手運転が出来ない人/コワイ人は無理に片手運転をしなくていいんですが、将来的にはできるようになったほうが安全です」(田代さん), その理由を「初心者だから慣れていない」「筋力が足りない」「体幹が出来てない」と考えがちですが、田代さんは首をふります。 ふらつく原因は実はこんなところにあります。, 「ハンドルは握るのではなく、手を添えていつでもブレーキを握れる程度でいいんですよ」(田代さん), ▲下を向くとふらつきやすい マガジンハウス『GINZA』を経て英国遊学から帰国後女性サイトの草分け「Cafeglobe.com」の立ち上げに参画。その後『Casa Brutus』『GQ Japan』「Variety Japan」など、雑誌やウェブのスタートアップ時の編集に携わる。自転車歴9年目。四国出身、湘南在住。, FRAMEは、「自転車からワクワクをひろげよう」をコンセプトに、自転車を楽しむさまざまなフィールドをご紹介します。. ▲赤印がポイント, ・ペダルを漕ぐ・漕がない両方の状態でまっすぐ走れているか 「低速でできることは高速でもできるので、まずは低速でまっすぐ走る練習。それから立ちこぎでまっすぐ走る練習。最後にハンドサインを出しながらまっすぐ走る練習をしましょう」, いつものライドをする時、なるべく車通りの少ない車道で、白線の上をはみ出さないように時速15kmを意識して走ってみましょう。雨の日は白線上は滑りやすいのでお休みしましょう!その際、注意するのは次の6つです。 ここで田代さんが気になる発言。 ツーリングの途中で、路面に縦溝が切られている道路に遭遇したことがある人は多いのではないでしょうか。, また、横すべりしにくいと言う特性から、ローリング(ドリフト)族の防止対策にも有効とか。, これらには、実際の検証結果でも効果があるのは間違いないのですが、一点だけ言うならば「バイクにとっては危険もある」と言うこと。, 詳しくは後述しますが、車だけで考えれば、路面の縦溝(グルービング工法)は非常に優れていると言えるでしょう。, ツーリングで山間部へ行くと縦溝が多いのは、ワインディングが多かったり、冬季には凍結する場所だからと言うわけですね。, また、あまり見る事はありませんが、空港の滑走路には、ハイドロプレーニング対策として施工されている事も多いです。, カーブの多い山間部などでは、横溝の道路があって、続いて縦溝があると言う場所も少なくありません。, ちなみに、溝の幅を変える細工をすることで、一定速度で通過すると音楽のように聞こえる「メロディーロード」と言う技術もあります。, 安全や騒音対策として、グルービング(溝)が施されているわけですが、バイクに乗る人にとっては、恐怖を感じる路面でもあります。, 実際に「日本乾式グルービング施工協会」によると、実証実験で効果が出ているとされています。, 車の場合、溝にタイヤが食い込むことで「グリップ性の向上」が見込めるとされています。, そのため、溝にタイヤが食い込むと、溝に沿って走行ラインやタイヤの向きが矯正されてしまいます。, その時にハンドルを取られるわけですから、転倒リスクや恐怖を感じるのは当然とも言えます。, グループピング工法にも、色々と種類があるのですが、溝の幅は6mm~9mmのケースが多く、最も普及しているのが9mm幅だそうです。, たかが9mmかもしれませんが、接地面積の少ないバイクにとって、9mmの影響は大きいと言えるでしょう。, バイクのタイヤは、路面との接地面積がわずか名刺一枚分と言われていますが、縦溝を走る時には9mm幅の分、さらに接地面が減るとも言えます。, 逆に、太いタイヤの大型車などは、ニュルニュルとした気持ち悪い感覚がするものの、それほど影響が無いと言うライダーもいます。, スピードが出すぎていると、ハンドルが取られたり、ふらつきを感じた時に対処できず転倒のリスクも増えます。, 縦溝は、カーブが始まる地点の30~50m手前の直線部分から施工するようになっています。, そのため、縦溝が見えたらすぐに減速を開始して、カーブに侵入する前に減速しておきましょう。, 少ないですが、「グル―ビング設置区間」「この先路面溝切あり」などの標識がある場合もあるので、ワインディングや峠では、路面状況や標識にも注意を払っておくことも重要です。, また、縦溝を意識しすぎて、上半身に力が入ってしまったり、視線が近くに寄りすぎてしまうと、そもそもカーブがうまく曲がれません。, しっかりと減速ができていれば危険もかなり減りますので、通常のカーブと同様に「視線を進行方向に向けて」「上半身の力を抜いて」曲がりましょう。, 縦溝を安全に走るには、十分に減速して、自分のペースで走る事が、何より重要と言えるでしょう。, 峠などの走行に慣れている人の場合には、縦溝を全く気にしない人も居るでしょう。ただ、苦手意識を持っている人も非常に多いです。, 仲間とツーリングに行く時には、必ずと言っていいほど縦溝の区間で前を行くバイクと離れてしまいます。, ただ、今は遅れてもなんとも思いません。無理して事故でもしたら、もっと迷惑を掛けるからです。, その分、安全運転をしようと思うからです。無理せず安全運転で、バイクを楽しんでください。, ※本記事は2019年9月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。. ・肘は軽く曲がっているか(腕を突っ張ってないか) ▲カーブ部分が難しい, 「コーナーでの車道外側線沿いに走行できるようになると、集団内でまっすぐ走る、につながります。カーブ、注意して意識してみてください」(田代さん), 立ちこぎでも基本は同じ。いつものライドをする時、なるべく車通りの少ない車道で、白線の上をはみ出さないようにゆっくりを意識して立ちこぎで走ってみましょう。その際、注意するのは次の5つです。, ・視界を広く保つ ロードバイクでふらつく人をクロスバイク/あるいはママチャリに乗せてみると、ふらつかないことも多いんですよね」 ふらつく原因は実はこんなところにあります。 ハンドルを握りすぎているか、ハンドル荷重過多 ぎゅっとハンドル、握ってませんか? 自分では気づかぬままふらつき、側を通ったクルマにヒヤリハット。こんな経験が重なって登りへの苦手意識が培われてしまった可能性も。ある程度の低速でもふらつかない練習をすれば、「登り=苦手(〃>Å<〃)もぅャダー」とならないかもしれません。ああ、希望の光。, というわけで、自分と周囲の安全のために、まっすぐ走る=もうふらつかない自分になるためにこれを練習すればいい!というポイントを田代さんが教えてくれました。