アオダイショウは成蛇になるとかなり大きくなりますし 戦争は、しないほうが「お互いのため」です。, 最初はしっぽの部分を見て「とかげ?」と思いましたが セミは28度以上になってから鳴き始めるそうですが、蜂は30度程度になると一時的に休むようです。 たばこの吸い殻を集めた事があります(^^;) が気象庁発表の気温は学校にあるような百葉箱で観測(地上1m50cm程度のところ)した時の気温と地べたの気温には誤差が生じるものです。基本的に地べたを這いずり回るマムシさんは地表温度がある程度高いとお元気なようでして…当然気温が10度を下回っても日当たりが良い林や温泉が沸いているようなところではマムシさんはなかなか冬眠しないようです。 だったらせめて、出てこないようにしたいのです。 蛇は目があまりよくありません、嗅覚と振動に敏感なため尻尾付近に落ちると驚いて前進したのではないでしょうか。 http://home2.highway.ne.jp/mizuhiki/yagai/hebi_yobou.html そしたら逃げるどころかこっちに寄ってきて、その時は慌てて家の中に入りましたが…。 また、ご存じかとは思いますが、庭に池等がある場合や家の傍に川が流れている場合、水を飲みに遣って来ます。 「霜が降りてもマムシはまだ起きてる」 見届けてないので怖いです。 その吸い殻だけを別にして持って帰り、 マムシの冬眠時期について教えてください。  毒蛇も、人間が知らずに異常に接近してくるので、危害を加えられると思い、やむなく攻撃します。 主人の実家にも蛇がすんでいて主人は「家の守り神だよ」と言っていましたが 大体活動を開始するのは朝の8時頃からでした。 夏は活動が活発になる時期ですか? できれば出会いを避けたいのですが何時ごろが一番出会わないのでしょう?。 いやに大きいなぁ・・とよく見ると 出会うと足に巻きつくなんて悪い想像をしてしまいます。 身近に潜む危険な生き物から、世界各地の珍しい危険な生き物まで...。人にとって危険となりうる生き物たちを紹介するサイトです。, 今回は、マムシの特徴と噛まれた時の対処法や予防法についてご紹介させていただきます。, マムシの見た目に関しては、全長は45cmから80cmほどになり、蛇の中では小型な方ですね。, 濃い褐色~赤茶色で、銭形模様といわれる独特の模様があり、なおかつ柄の真ん中に色の濃い斑点があります。, 水辺に姿を見せる事もあれば、土手、山の中、森林など広い範囲に生息しているヘビです。, したがって、もしもマムシに咬まれてしまうと激痛に襲われた後、内出血が広がっていきます。, 出血が起こるために患部は膨れ上がって、症状が重い時には循環障害のために筋肉細胞が壊死してしまう事すらあります。, 手当が間に合わない時や、咬まれた箇所や注入された毒の量によっては循環器全体や腎臓にも障害が起こり、最悪は死んでしまいます。, また、マムシは夜行性ですが、妊娠中のメスは昼夜問わず獲物を探して徘徊したり、代謝をあげるため日光を浴びたりするので、人間との接触が多くなる時期なのです。, でも、近づかない方がいいとは言ってもどうしても、山の中や水辺に行きたい時もありますね。, また、いくら注意しても蛇はどこにでもいるので、全てを防ぐ事など現実的には難しいです。, お子さんがいる家庭は、特に注意して欲しいのは子供が蛇を見て、好奇心で捕まえようとすることですね。, ズボンに関しても、デニムや作業服といった厚手の物で、タイトなズボンよりもゆったりめの長ズボンがいいでしょう。, ここで、マムシが生息していそうな場所を歩く際に気をつけるべき行動をまとめてみます。, ・岩陰や石垣の隙間、倒木の下、穴の中、などに確認せずに手を入れない(マムシが隠れる場所), ・死んでいるように見えるヘビにも触らない(気絶しているだけや、頭の筋肉がまだ生きており咬まれることもある), また、山や草むらを歩く時などは、これから自分が歩く所の、地面や草むらめがけてガサガサを音を立てて、棒を振り下ろすといった方法もあります。, 棒でたたく事により、臆病なマムシは人間の気配を察知して逃げていくという狙いですね。, しかし、意図せずマムシの頭を叩いてしまって反撃されたり、ハチの巣を叩いてしまったり、といった可能性もあるので注意しましょう。, マムシに咬まれると、その直後は針で突かれたような痛みしかありませんが、次第にじんじんと痛み出します。, 咬まれた時の対処法としては、まず、咬まれた箇所よりも心臓側の10cmの位置で、タオルや紐などを使い結んで圧迫します。 ですが、毒が回らないようにとあまりにも強く締めすぎて、血行が止まるとかえって良くないので、目安として指1本程度は入るくらいのゆとりを持って縛りましょう。, それから、できる事なら毒蛇に咬まれた時に、その毒を吸いだせるアウトドアグッズも所持していると便利です。, 可能であれば、確認のためにスマホで咬まれたヘビの写真を撮っておき、聞かれたら医師に見せるといいでしょう。, マムシに咬まれて人生を終えてしまう人もいますが、その人達の多くは何かしらの理由により病院に行かなかった人です。, 死なないまでにしても、後遺症が残ってしまう例もあるので、病院へは必ず行くようにして下さい。, しかしこの方法は、口の中に傷があった場合、体内に毒が回ってしまう可能性があるのでおススメしません!, 虫歯、口内炎、歯周病など自分でも気付いていない傷があるかもしれないので、止めた方が良いでしょう。, アウトドアに出かける際は、できる事なら、毒を吸いだせる専用器具を持っていきましょう。, ポイズンリムーバーという毒を絞り出す道具があるので、念のため準備しておくのも良いでしょう。, 【ポイント5倍】 NEW エクストラクター ポイズンリムーバー 強力型 品質2年間保証【楽天ランキング1位】 虫刺され にはコレ! rsl 林先生 今でしょ講座 紹介 価格:1900円(税込、送料無料) (2020/2/13時点), マムシ(和名:ニホンマムシ)はクサリヘビ科マムシ属のヘビで、出血毒を持つ毒蛇です。, 河原の草むらや山に入るときは、厚手の長そで長ズボンを着用し、万一噛まれた際はすぐ病院へ行くようにしましょう。, 田舎で暮らしている人は、マムシの怖さを小さい時から人の話を聞いて、学習していきます。, 例えば、近所のおばあちゃんがマムシにやられて足がパンパンに膨れ上がったとか、犬を散歩していたら犬が咬まれて顔がブクブクに膨れたなど。, マムシは私たちの身近にいる危険生物ですから、いつあなたが咬まれても不思議はないのです。. まだまだ暑い日が続きますので、こまめな草刈りは欠かさずに頑張ってください。, 初めまして。 でも、襲われない限りは、使わないでください。 義父が言うには、蛇は煙草に含まれているニコチンの臭いが嫌いなのだそうです。 日本にも毒蛇っているんですね。 過去の質問を見てみたら、タバコが良いとか。 たしかに、吸い殻を置いてからは、 地べたが暖まる要因は日光の力によるものがほとんどで、今年の関東地方のように雨が少ない晩秋~冬だとよく暖まります。暖まった地温は冷えにくくマムシにしてみれば「まだまだイケル」となるわけです。 隠れていそうな場所へ、行かないようにしましょう。 ・タバコはすうのではなく1個 タール量の多いピース・ハイライトやセブンスター (マイルドxx、ライトxxは駄目)そのまま一本づつとりだして、結界のようにおきます。 ただ、少なくても臭いが感じられる間は効果が持続するとのことでした。 庭いじりが趣味の義父が、大の蛇嫌いでした。 「冬眠するのは、マムシが最後」 特定動物にあたる毒蛇であるマムシは、全長約45~80cmに成長するといわれていますが、まれに1m近くにまで成長する個体もいるといわれています。マムシの生態は?特に、北海道産の個体は大型化するといわれており、平均約60cmといわれています。 蛇がニコチンの臭いを嫌って近づかなくなったと言う因果関係は立証出来ませんが、ご近所の「見ちゃった情報」があった時でも、このニコチンの臭いがする忌避剤のお陰か、それともたまたま蛇が寄り付かなかったのか…我が家では一度もヤツの姿を目撃したことはありません。 また10度というのも平均気温ではなく最高気温なようですね。初冬でも最高気温が10度を上回る時はマムシは半冬眠状態でうろついているようで、南東北くらいまでは12月くらいだと「まだまだイケル」マムシさんがひょこり「こんにちは、噛みます♪」と現れるようです。天気予報で最高気温が10度を下回るようになったらマムシの冬眠の目安です。  丸飲みできるネズミや蛙などは襲いますが、人間は襲いません。豚を丸飲みする大蛇なら別ですが。 最近は、温暖化の影響からか、12月に入ってもけっこう暖かかったりしますので心配です・・・・。, どうも、マムシに噛まれても釣りを続ける釣りバカです(実話)。 ただ、少なくても臭いが感じられる間は効果が持続するとのことでした。 頭が▼おにぎりのようなマムシなら2m(1m)射程距離に近づくと太ももあたりをめがけて飛んでくることがあるそうですが、居眠りしてきずかす、追い詰められたときだそうです。4mぐらい離れたところで立ち止まり足ふみだけの振動で逃げるなどときいたことがあります? 人家の近くに来るのは餌探しが大半だと言われていますが、 蛇はゆっくりしか動かないのでしょうか? 使用するといいようです。 フマキラーなどの粉末タイプの毛虫などを防御するむしが嫌がる粉末も効くかもしれません。 もしくは良い捕獲方法を至急教えてください!!  またモグラでも掘って通りすぎたあとにでてきたミミズは見逃すのではないでしょうか。モグラのほとんどすべては肉食、しかも昆虫食で植物を食べることは絶対にありませんが、地中を掘る習性のためにto_yuさんのお庭の植物がダメージを受けるかもしれません。 確実な回避策でしたら、薬を購入される方が良いかと思います。 自信はありませんが・・・(^^;), 我が家(周りに家はありません)の後ろから、今年も3回「やまかがし」が出てきて、庭を横切っていきました。蛇は大嫌いで大変恐怖です。そこで、蛇は臭いに敏感とききましたので、家の後ろの空き地(自分所有できれいに草刈はかかしません)に、木材の防腐剤である「クレオソート」を散布したらどうでしょうか。7月下旬には、木酢を散布しましたが、その後も出てきました。どうぞよろしくお願いします。, 初めまして。 蛇を捕まえ隣の空き地に移動させたり、 地中にももぐるのでジモグリかと思っていたのですが ナイロン刃 ナイロンカツターキワガリくん こんにちは。 マムシの冬眠時期について教えてください。 マムシが冬眠するのは・・・生物学で調べると11月には冬眠する・・・ようなのですが・・・ ところが、猟師をしている知人 … ヘビが来なくなったそうですよ。 クレオソートの散布の効果は存じませんが、ご参考になればと思い、書き込ませて戴きます。 (忌避材の様な製品はまだ発売されていなかったと思います), 実家の母から緊急SOSです。 洗濯物を干さなくてはいけなかったので、安易に石を投げてしまったんです(汗)。 http://home2.highway.ne.jp/mizuhiki/yagai/hebi...続きを読む, 教えてほしいんです。 朝は活発に活動しますか?それとも昼? 活動時間は私の子供の頃の経験則なので余り当てにはならないかもしれませんが、 彼らは、ちょっとした環境の変化でも、「ストレスがたまる」たいへんナーバスな奴らです。 庭いじりが趣味の義父が、大の蛇嫌いでした。 ・蛇対策(蛇を見たら) 蛇は目があまりよくありません、嗅覚と振動に敏感なため尻尾付近に落ちると驚いて前進したのではないでしょうか。 地べたが暖まる要因は...続きを読む, こんにちは。 鳥の餌台があり、すずめ等は沢山きます。 では、マムシが完全に冬眠したといえるのは、だいたいどういう時期でしょうか? 頭が▼おにぎりのようなマムシなら2m(1m)射程距離に近づくと太ももあたりをめがけて飛んでくることがあるそうですが、居眠りしてきずかす、追い詰められたときだそうです。4mぐらい離れたところで立ち止まり足ふみだけの振動で逃げるなどときいたことがあります? 種類も何もわからないんですが。。。 忌避剤はホームセンターで千円前後で販売されています。 その度庭を捜索するんですが見つけられず、 先日出会った蛇は何かを飲み込んだあとのようで体自体うねうねしていました(想像しただけでもぞわっとする・・・)。  くれぐれも、毒蛇にはご注意を。, こんにちは。 煙草の吸殻にどれだけの期間効果があるのかは申し訳ないのですが分かりません。 ところが、猟師をしている知人によると 9月?10月?になるとマムシかハブか危険なヘビがでるからその時期までには草刈りを終わらせるといつも草刈りを頼んでいた業者の方が言っていましたが、何月だったか思い出せません。そういった ・蛇対策(蛇を見たら) ヤニが出ます。嫌いです。 出てくる前の対策を教えてほしいんです! 何月ごろから出会わなくなりますか?(もちろん冬は冬眠しますよね、秋はどうですか?) q マムシの冬眠時期. どなたか、できれば触らずに追い出す方法、 煙草の吸殻にどれだけの期間効果があるのかは申し訳ないのですが分かりません。  鎌首をもたげて攻撃態勢に入ったとしても、とどく範囲は知れたもの。マムシなどは、二股の枝木があれば簡単に捕まえられます。 配達は何時でもいいので出会わない時間をめがけて出発したいのですがそれはいつか・・・・。 吸殻を水につけて数日しますと、たばこのニコチンがでますので、 なんか暑い昼間は出ないと思い今日は昼に配達したのですが出会ってしまいました・・・。 正直、固まってしまいました。 そこで 蛇が嫌いな・・・ ちなみに庭の地表は硬めの土で、水はけは悪くまばらに雑草が生えています。, モグラだと穴の周辺にモグラ塚と呼ばれる特徴的な盛り上がりがあり、芸術的といえるほどきれいな穴を作ります。しょっちゅう地上にはでませんが、一般に人が思うほど地中だけで生活するものでもないようです。それは種類にもよりますが。 それと、スプレーは直接かけないとダメです。 確かに、ニコチンの臭いがしていましたね。 水をかけたとき、どこに逃げ込んだかまでは 他に適当なカテが見つかりませんのでこちらに質問させていただきます。 棒でつつくのも無理そうです。 ベランダに干している洗濯物にカメムシがつくことがありますね。いつから発生し、どこから飛んでくるのかなど、カメムシの生態を解... 天井裏やベランダなどに大量のフンをまき散らすコウモリは、どんな環境でも順応し繁殖する厄介な存在です。しかもフンは悪臭の原因... コウモリの住処は洞窟と思っていませんか?家の軒下やベランダなどにも生息しています。さらに、コウモリのふんは、人体に病気を引... ムカデは家の中にも侵入し、人にも噛みついてくる害虫です。ムカデの毒は非常に強く、激しい痛みや炎症を起こします。ムカデの被害... 暖かくなり始めると、羽アリが飛んでいるのを目にすることが多くなるでしょう。そんな羽アリが家の中に大量発生してしまったときに... モグラは日本の広い地域に住んでいて種類が多いです。自宅の庭や畑にすみかを作って、家庭菜園で育てた作物や土を荒らす場合があり... 暑い夏に虫除けとして必須な網戸ですが、網戸をしていても室内に虫が入ってくることがあります。それは室内や家の周りに虫を寄せ付... ハクビシンは山林に住んでいて昼間は寝て、夜になると食料を探して動き出す夜行性の哺乳類です。郊外で農作物を荒らすので駆除の対... じゃがいもがかかりやすいことで有名な「そうか病」とはどんな病気なのでしょうか。大切に育てた作物がもしそうか病になってしまっ... うどんこ病は植物好きなら知っている人も多い病気です。葉に白い粉がふいて植物の元気がなくなります。放置すると枯れてしまうこと... 灰色カビ病がどのような病気かご存じですか?経験した人以外は、よくわからないという方が多いかもしれません。今回は、灰色カビ病... うどん粉病はいろいろな植物がかかる病気ですが、その原因は何なのでしょうか?植物を育てたことがある方ならば何度か泣かされたこ... レモンや月桂樹などの木に、黒いススのようなものが付いているのを見たことはありませんか?もしかすると、それは「すす病」かもし... 麦角菌という菌をご存じですか。日本ではあまり馴染みがありませんがライ麦などを介して摂取すると中毒症状をおこし、過去には死者... カビ菌が原因で葉っぱが白くなってしまううどんこ病。できれば無農薬で防除したいですよね。そこで今回は無農薬での予防のポイント... 植物を育てていると「最近、元気がない」と気が付く時があります。そんな時は「根腐れ」を疑ってみます。根腐れは特別な病気ではな... すす病は果樹や庭木、野菜などさまざまな植物に感染し、植物を黒いすす状の斑点が覆う特徴的な症状の病気です。すす病菌というカビ... カビは、パンやおにぎりなどの食品にも付着します。付着直後はカビは気づきにくいため、誤って食べてしまうことも多いです。カビを... 植物を育てていると、病気を避けて通ることはできません。この記事では、多くの植物がかかる病気「さび病」についてまとめました。... うどんこ病はガーデニングや家庭菜園をしていれば必ず聞く病気ですし、発生しやすいと聞くと怖いですが、早くに発見し重曹などでき... ふさふさの穂が特徴的なエノコログサをご存知ですか?ねこじゃらしと聞いてピンとくる方も多いことでしょう。この記事では、雑草と... 家に住みついているクモは家蜘蛛と呼ばれます。大きいクモから小さいクモ、跳ねたり走ったりいろいろな種類の家蜘蛛がいますが、何... ハエトリグモは、家の中でよく見かけられる虫です。クモと聞くと、気持ち悪いと思う方も多いでしょう。しかし、よく見るとハエトリ... 春先に家の周りでアシナガバチをみかけると、家のどこかに蜂の巣が作られてないか不安になる方もいるのではないでしょうか。しかし... 夏は様々な虫が現れる時期ですが、そのなかでもカメムシは厄介な害虫です。洗濯物についたり家の中に侵入したり、被害に悩まされて... 家庭菜園の作物の周りに小さい白い虫が飛び回っていませんか?葉の裏が黒くなっていればコナジラミの可能性が高いです。コナジラミ... 花壇や家庭菜園など、どこにでも生えるスギナ。何度抜いても生えてきてしまうため、無農薬では駆除するのが難しい雑草というイメー... ヤブガラシ(藪枯)という何やらものすごいパワーワードですが、その名のとおり藪をも枯らす勢いのある植物の名称です。今回は数あ... クチナシに寄生するオオスカシバの幼虫は、栽培者にとっては害虫ですが、動きのユニークさと見た目のかわいさから飼育する人も増え... アリが屋内に発生すると退治するのがとても厄介で、殺虫剤でもなかなか駆除できません。かといって強い殺虫剤を使うのは抵抗がある... 部屋の中でアシガカグモを見かけたとき、退治すべきか迷ったことはありませんか。とても大きく一見すると恐ろしいアシダカグモです... 強力な効果で虫を寄せつけないという赤い虫除け線香「パワー森林香」をご存知でしょうか。野外での活動の際、害虫たちによる虫刺さ... ボウフラは高温多湿の時期になると大量発生する蚊の幼虫です。ボウフラの段階では人への害はありませんが、早めに駆除しないと蚊の... 作物を育てていてアオムシの対処に困ったという方は多いのではないでしょうか。せっかく育てた野菜が被害を受けると、どう対処すれ... 園芸やガーデニング好きな人にとっては、油虫(アブラムシ)の存在は嫌なものではありませんか?今回はアブラムシの生態や種類、苦... みなさんはイラガの幼虫に刺されたことはありますか?イラガの幼虫は毒がある毛虫として有名です。今回はイラガの幼虫に刺されてし... ガーデニングファンにとって、ヨトウムシ(夜盗虫)は恐ろしい害虫です。大量発生し、大切に育てている植物を徹底的に食い荒らして... タマムシ(玉虫)の特徴や生息地をご紹介!珍しい虫?人や作物に害はない?のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。, https://www.honda.co.jp/outdoor/knowledge/adventure/picture-book/yamatotamamushi/. 蛇と言いましても、しまへび・山かかし・まむしなど色々でした。 又、攻撃的に襲ってくる(?)ことはありますか? ありがとうございました。, 回答ありがとうございました。 へび忌避剤 今日はお昼ごろに人のお宅の庭先で出会ってしまいました。 姿や木に登っている姿を見ました。 中指ほどの太さで全体は見ていませんが 「においがねぇ~」 タバコの煙ですか。なんか日本むかし話でもそんな話があったような・・・。 俗にマムシは10度を下回ると冬眠に入ると言われています。 あとヘビは水が苦手だとか…でも出てきてからじゃダメなんです。 なので、ヤツの姿を見付ける度に煙草の吸殻をかき集めて、少しだけ水の入った容器へ入れ、庭のあちこちに置いていました。 ありがとうございました。, 回答ありがとうございます。 (夏休みに一度だけですが)暫らく観察した処ただサボっているように見えました。 私は、現場を見ていないので、 マムシが冬眠するのは・・・生物学で調べると11月には冬眠する・・・ようなのですが・・・  しかし、おそらくそれはヘビでもなくモグラでもなくネズミだと思います。モグラの可能性もまだありますし、もしかするとモグラと、その穴を拝借しているネズミの組み合わせかもしれませんが。 今日の天気は晴れ(配達に行った先では朝方雨が降ったようです) また雑草などはこまめに刈っておいたほうがいいです。 思わず、ホースの水を思いっきりかけました。 タマムシは、宝石のように輝く光沢が特徴的な昆虫です。中でも代表的なのがヤマトタマムシで、緑色の光沢をもち、古くから文化的な価値さえあります。今回は、タマムシの特徴や生息地、文化的価値、さらには建築材や作物への被害と対策方法を紹介します。, タマムシは見た目の美しさが特徴の昆虫です。全体的に緑色の光沢があり、見る角度によって色が変わります。日本にも数多くの種類が生息しており、その中でも代表的なのが「ヤマトタマムシ」です。宝石のような緑色の光沢をもち、その美しさから文化的な価値をもちます。しかし、タマムシはすべての種類に緑色の光沢があるわけではなく、黒色の光沢だったり、光沢がなかったりと、多種多様なタマムシが存在します。, タマムシの最大の特徴は、宝石のように輝く光沢です。光沢は全体的に緑色で、縦に2本赤色のラインがあります。日が当たると目立つため、天敵である鳥に狙われそうですが、鳥は色が変わるものを怖がる習性があるため、見る角度によって色が変わるタマムシの光沢は身を守る手段です。また、警戒心が非常に強く、人が近づくと機敏な動きで逃げます。鳥や爬虫類に狙われると動きを止め、死んだふりをすることもあります。, 見た目が美しいタマムシは、どのような生態をもつのでしょうか。ここからはタマムシの生息地や生活史、そして捕獲・飼育の方法を解説します。人に対して害のない虫なので、観賞用に飼育してみるのもおすすめです。, ヤマトタマムシの生息地は、北海道を除く日本全国で、エサとなるケヤキやエノキが生えている平地や低山地で活動しています。日中の日差しが強く暑い時間帯に活動し、夜は幹の陰に隠れています。また、種類によっては北海道に生息している種も存在するため、タマムシ科で見ると生息地は日本全国です。, タマムシの活動時期は6~9月で、最も活動が盛んなのは7月後半です。9月になると交尾が行なわれ、メスはエノキ、ケヤキ、サクラの枯れ木などに産卵します。卵からかえった幼虫は木の幹をエサとしながら成長し、サナギを経て2、3年で成虫になります。成虫の寿命は2か月程度で、長い年月をかけて育ち、儚い命を全うします。, タマムシは警戒心が非常に強く、日中は動きが機敏なため人が近づくとすぐに逃げてしまいます。そのため、捕獲する場合はタマムシの動きが鈍る夕方にしましょう。飼育する際は、昆虫用の虫かごに入れて飼育します。エサはエノキやサクラの葉っぱなので、枝ごと入れてあげましょう。ストレスに非常に弱い虫なので、むやみに触ることは厳禁です。, 出典:https://www.honda.co.jp/outdoor/knowledge/adventure/picture-book/yamatotamamushi/, タマムシはその美しさから、古くから文化的な価値をもつ珍しい昆虫です。タマムシの羽は縁起がいいとされ、その美しさは死んでも保たれます。縁起のいい虫とされ、タマムシをタンスに入れておくと虫よけになる、着物が増えるといった言い伝えがあります。他にも、玉虫色という色があったり、玉虫厨子といった工芸品があります。, @mitakeyamaがシェアした投稿 - 2019年 9月月4日午前3時29分PDT, 玉虫色とは、実際の色を意味するのではなく、見る角度によって色合いが変わることです。また、見方によってどのようにも解釈できるあいまいな表現として、「玉虫色の~」という表現方法もあります。, Kouji(@kanji_1207)がシェアした投稿 - 2016年11月月22日午前3時56分PST, 奈良の法隆寺に、「玉虫厨子(たまむしのずし)」という仏教工芸品があります。これは、装飾にタマムシの羽を使用している飛鳥時代に作られた国宝です。残念ながら今ではほとんどの羽が失われ、その美しさは色あせてしまいました。しかし、生きているうちだけでなく、絶命してもなお美しさを保つタマムシに、昔の人々も特別な思いを抱いていたのです。. 最近は庭にいると頻繁です。 当時、私が勤めていたところは、  しかし...続きを読む, 7月頃からベランダに毎日アシナガバチ、スズメバチがやってきます。窓にぶつかったり網戸や塀、物干竿にとまったりとウロウロとんでいます。隣にも行くのですがまたすぐにこちらにもどってきてはウロウロします。もう恐くてベランダに出て洗濯物を干すのも泣きそうになります。最近夢にも出てきます。蚊取り線香を2つ置いて木酢液で出来たハチ避けも置いていますがやはりやってきます。なぜでしょうか?こうなったらハチが活動しない時間にだけベランダで作業をするしかないかと思います。朝と晩は休憩していると聞きますが何時から何時なのでしょう。ハチの活動する時間を教えて下さい。あとハチジェットを買ったのですが、これはまいておいたらハチがいやがって来なくなるということはありますか?, どうもはじめまして お線香を焚くと言う方法です。 おそらく日の出から3、4時間位してから活動を開始するのだと思います。 地球温暖化の影響も考えられますが、正確な因果関係というものはまだわかっていません。下記URLは森田さんのお天気情報でマムシに触れていたので載せておきました。 http://www.rakuten.co.jp/mitsuyoshi/518291/ 家が山の近くなので仕方ないといえば仕方ないのですが…。  子供の頃は、シマヘビを捕まえて遊んでいました。 色とか~臭いとか~ 味~~とか を 蛇は嫌いですし家は鳥を飼っているので家にでも入ってこられたら そのくらい嫌いです(笑)。  何かの使い、といって崇められていたりもします。そこここに、這い回るようであれば問題ですが、たまに見かけるぐらいなら、蛇も棲みたくなるような自然環境を誇るべきでしょう。 草刈機 線香をたいてください。 実際に目にしてそこまでできるかは微妙です・・・。 私の場合はこの方法で、蛇が上がってこなくなりました。 参考URLをちらっと見せてもらいましたが、なんだか思い出してしまって最後まで読めませんでした、 ヘビが進入しそうな場所に、置いて回ったそうです。 クモやムカデは殺虫剤でなんとか出来ますが、ヘビの殺虫剤なんでありませんし。 夏になりますと、蛇がよく上がって来ました。(周りが田んぼ) なおマムシの毒は産卵期を迎える秋が最も強く、冬になると最も毒が弱まるといわれています。自分から積極的に噛みに行くようなことはありません。噛まれても死ぬようなことはなく噛まれた周辺が壊死がするだけですが、子供や犬などは最悪死に至ります。いずれにせよ噛まれたら色や柄・大きさなどをよく覚えて病院で伝えてください。できることなら捕まえて病院まで持っていくのが最も確実です。マムシにも色々種類がいて血清を作るのに必要な情報だからです。 そのへんに住み着いたら嫌ですよね。 クレオソートの散布の効果は存じませんが、ご参考になればと思い、書き込ませて戴きます。