クローム(限定品)です VMAX1700には元からシフトインジゲーターが装備されていますが、タンクパネル部で見づらいのでシュアシフトで見やすく。 インジゲーター シフトライトとしても使えるんです!!   (エンジンインパルス), 決して古いわけではありません!! 「【CB400SF】 カフェレーサー化への道 その⑩ 【メーター小型化 モトガジェット モトスコーププロ】」amoso@MR-Sのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! お買い求め、取り付けは【G.F.Products】まで, 【motogadget】motoscope light マグネットの直径は5mmですので、若干大きい13/64インチ(5.1mm)のドリルなんかがお薦めです。無ければ5mmのドリルでも構いませんが、ギリギリの大きさですので、入れるのに苦労するかと思います。 他のモデル・お値段はG.F.Productsホームページで!!, はい。写真は前に掲載したのを使い回しです(笑) 7月に取り付けたmotogadget(モトガジェット)、m-Blaze Ice ← LEDウインカーですが、突如点灯も点滅もしなくなってしまいました。 取り付けて2ヶ月ちょっとしか経ってないのに~ 壊れるにはちょっと早すぎますよね・・・ ■ エンジン・回転数測定のトランスミッション比率要素 : 0.25/ 0.5/ 0.75/ 1/ 1.5/ 2 - 9 詳しくは【G.F.Products】HPで!!, 当工場で取り扱っている、ドイツ製高性能メーター・モトガジェット・モトスコープミニの作動動画です! お買い求め、取り付けは【G.F.Products】まで, 高品質でおなじみのモトガジェット製m-Unitです。 寸法は直径33mm 高さ14.5mm 機能等は【G.F.Products】HPへ!!, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry//, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/163/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/123/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/120/, ◎ VMAX1700 モトスコープミニ&シュアシフト&モトサインミニ&m-スイッチ, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/95/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/93/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/92/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/33/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/61/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/58/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/57/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/55/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/54/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/50/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/46/, http://gfproductsnews.blog.shinobi.jp/Entry/42/. どうぞご相談下さい。, m-スイッチです。 今回、モトスコープミニ×2とモトサインミニとシュアシフトとm-スイッチ、計5つのモトガジェット製品が増えますが、既にナビやらH.I.D.他、電装パーツにスペースを奪われてしまい、新たにコネクターや配線分のスペースを確保するのに苦労しました…。 ■ 消費電力 : およそ200mA エンジン回転数が上がり任意に決めた回転数まで到達すると、≪注意≫として反転文字に切り替わります。 G.F.Productsでは様々な車種や要望に合わせて取り付けさせていただきます!, 【モトガジェット】モトスコープクラシック(ポリッシュ14K)です!! トリップ 機能は勿論、そのデザインのきめ細かさにも感動です!写真では伝えきれないのが残念です…。 学習は実際に車両を各ギヤで走らせて行います。5速、6速になってきますとそれなりの速度が出ますので、クローズドコースで行って下さい。 親指サイズでどこに取り付けてもキマリます!! マグネットは土台より若干飛び出す程度がいいでしょう。逆に、土台より奥に入ってしまうと、センサーが読み取らなくなってしまいますので注意して下さい。 7月に取り付けたmotogadget(モトガジェット)、m-Blaze Ice ← LEDウインカーですが、突如点灯も点滅もしなくなってしまいました。 取り付けて2ヶ月ちょっとしか経ってないのに~ 壊れるにはちょっと早すぎますよね・・・ この小ささでしたら、どこにでも付けられそうです♪ シュアシフト本体を取り付ける為のブラケットを作りました。このYの字になっているのは意味があるのです! スターターリレー プッシュスイッチはモトガジェットで販売Iされているスイッチとは違いますが、IP67規格(防水・防塵)で、押した感触も「カチッ」と手ごたえがあり、そこいらのスイッチよりかははるかに信頼性があります。 です ウインカーモジュール たまに3速だか4速だか迷ってしまうので、シフトゲージを付けたいと思っていたけど、何処かでインジェクション車にしか付かないと聴いて諦めていたそうです。 モトスコープミニのブラケットは市販品でシュアシフトのブラケットはワンオフで作製致しました。 車体から外さずにでも穴は開けられますが、斜めに開いてしまったりしますので、パーツ単体に出来るようでしたら、手間を惜しまずに、外した方が綺麗に仕上がります。 LEDウインカーに交換 その2. ■ 高さ(ケース) : 14.5mm 視線を無理に下へ向けなくても自然に視界に入る様になりました♪, 【motogadget】 motoscope tiny です 小さいので、取り付ける場所を選ばないのが素敵です♪ いますよね?写真写りが良くない人(笑)モトガジェット製品ってそんな感じなのです(笑) モトガジェット装着画像. モトスコープmini. 何度見てもこのサイズとクオリティには驚きです!! 一見クラシカルなアナログメーターですが、しっかりモトガジェットしております!! ちなみに、メーター下のアルミブロックはワンオフで製作。 次にセンサーを固定する場所を決めます。 ■ 作動電圧 : 7V - 18V は定番商品となってい … LCDには速度、トリップ、オド、タコ、トリップタイム、電圧、加速度、平均走行速度、0~100kn/hへの加速時間が切り替えで表示されます! 大まかな位置を決めます。 セキュリティー機能は付いていないし、 タバコよりスリムですよ!!! ■ 動作温度 : -20℃...+80℃, 機能 モトスコープ ミニ モトスコープ ライト モトスコープ クラシック クロノ クラシック シュアシフト mo-ユニット mo-ロック. インジゲーターライトですが、機能は【ウインカー×2・ニュートラル・ハイビーム・警告】と全て表示されます!! LEDウインカーに交換 その2. 最大速度 センサーブラケットに使用する素材は容易に曲がらない(折れない)強度が必要です。走行中は微振動や絶えず地面の凹凸の衝撃が加わっています。 物理的に不可能ではない限り、取り付け出来ますので メーター上部はタコグラフになってます!電源を入れると……演出にも凝っていて機能も申し分ありません!! ★★ ストリートファイター系バイクの製作、カスタムパーツの販売、ワンオフパーツ、等々…。お問い合わせ、ご相談はメールにて!お気軽にどうぞ! ★★ ★★ 埼玉県入間郡三芳町竹間沢9-9 ★★ 049-259-2878 ★★ ★★ g_f_products@yahoo.co.jp ★★ モトスコープミニはオフセットさせての装着です!! 学習が終りましたら最後の作業です! そして車体側もモトガジェット製品を取り付ける為に配線の加工を施します。 ブレーカー機能 モトスコープ クラシック モトスコープ ミニ 取り付け方法も自由度が高く、車体に埋め込んだり、筒状の中に忍び込ませてシフトライト風にしてみたり!! スピートメーター用とタコメーター用のモトスコープミニ。 ホーンリレー このシュアシフト、ギアを表示するだけではなく、 まずは車速(回転パルス)を拾うセンサーの取り付けです。 シュアシフトに関しては設定の時のみ使用してその後は外しますので、このスイッチのままでいいでしょう。 たばこの箱や携帯電話とほぼ同じサイズなんです!! セキュリティーアラーム 設定で任意のエンジン回転数に達すると文字が反転され、更にもう一つ任意のエンジン回転数を設定すると点滅して、シフトライトとして使用する事も出来ます!! モトスコープクラシック、デザインは勿論、機能がスゴイ! スピードセンサー搭載の車両はそのセンサーからのパルスを使う事も出来ますが、作動がイマイチな場合が多いですので、モトガジェット製品に付属しているセンサーを使用する事をお薦めします。 ライザーカバーに埋め込みますので、穴をあけちゃいます。 モトスコープmini. ドイツ製の高性能・高品質のメーターでしかも2年保障!! 最初は2mmのドリルで貫通穴を開けて、次に13/64インチのドリルでマグネットの厚さ分だけ穴を掘ります。貫通穴がある事により、マグネットが斜めに入ってしまっても、裏から棒で突いて修正したり出来ます。 今回は取り付け概要を掲載しますので、ご自身で取り付けられるかの判断材料にしてもらえればと思います。 あとは説明書通りに配線を接続・加工するだけです。 おまけに、シフトライト機能も付いて、任意で設定した回転数に達すると、LED全てが点滅して教えてくれます!! メーターの切り替え&セッティング用のスイッチはm-スイッチです。 今回はボルト1本で固定していますが、車体との取り付け位置とセンサーとの距離が長くなるほど動きやすくなりますので、距離に応じてボルト2本で固定してください。 せめてもの悪あがきで写真を載せますのでご覧ください! ■ ケーブル長さ : およそ55cm