); ョートカットメニューより[テキストの追加]をクリックします。, カーソルが表示されるので、文字を入力します。, 図形の中に文字を入れることができました。, 図形や SmartArt を挿入する、書式設定する. function() { 図形の修正1.図形の塗りつぶし; 3.2. moodleに課題をアップロードする方法, WORDのウインドウ左上「ファイル」メニュー→「オプション」で設定画面を開きます。, 「図形の塗りつぶし」で図形の内部に色を塗れます。一覧の中から好きな色を選べます。「その他の色」や「グラデーション」を選択すると、半透明やグラデーションなど、さまざまな色を塗れます。, 「図形の枠線」で図形の輪郭線を設定できます。「太さ」や「実線/点線」を選択すると、様々な種類の輪郭線を設定できます。, 図形の内部には文字を記入できます。図形を「右クリック」→「テキストの追加」を選択すると、入力できます。, 図形の周囲にある丸い点にマウスカーソルを合わせてドラッグすると、図形のサイズを変えられます。Shiftキーを押しっぱなしでドラッグすると、縦横比を保ったまま拡大縮小できます。, 「挿入」タブ →「ワードアート」をクリックすると、ワードアートの様々なデザインが表示されます。その中から好きなデザインを選択します。, キーボードで好きな文字を入力します。入力した文字に従ってデザインされたロゴが出力されます。, 文字の書体や大きさなどを変えたい場合は、入力したワードアート文字を選択し、通常の文字と同じように、「ホーム」タブの「フォント」コーナーなどで変更できます。, 図形と同様に、ワードアートをクリックした時に現れる「書式」タブ →「ワードアートのスタイル」コーナーで、色や輪郭線などを変更できます。, 「挿入」タブ →「テキストボックス」→「シンプル テキストボックス」をクリックします。, 図形などと同様に、テキストボックスをクリックした時に現れる「書式」タブで、ボックスの色や輪郭線などを変更できます。, 行間を調整したい範囲の文字列をドラッグして選択し、「ホーム」タブ →「段落」グループの右下にある「段落の設定」ボタンをクリックします。, 「1ページの行数を指定時に文字列を行グリッド線に合わせる」チェックをOFFにします。, 「挿入」タブ→「画像」→「オンライン画像」をクリックします。(または「挿入」タブ →「オンライン画像」), 検索欄が出現するので、たとえば「犬」「学校」「ビジネス」など好きなキーワードを入力して検索すると、キーワードにちなんだ画像が検索されます。, 良い画像を見つけたら「挿入」ボタンで文章上に配置できます。また、複数の画像をまとめて選択し「挿入」することもできます。, 「書式」→「修整」や「色」や「アート効果」を選択することで白黒、セピア調、色を薄く、濃くするなど、さまざまな調整ができます。, 二重の枠が表示される場合は、内側の枠にキャラクターの全身が入るようにドラッグして調整します, もし必要な部分まで削除されてしまう場合は「(+)保持する領域としてマーク」を選択し、消したくない部分をなぞって調整します。, もし背景が削除されず残っている場合は「(-)削除する領域としてマーク」を選択し、削除したい背景部分をなぞって調整します。, マウスを「右クリック」し「順序(R)」→「最前面に移動」または「最背面に移動」を選択します。, 図形の上でマウスを「右クリック」→「グループ化」を選択すると、選択した複数の図形を一つにまとめられます。, 「サイズ」を「はがき」に設定します。(用紙サイズを手動で設定する場合は、100mm x 148mm に設定しましょう), 「余白」をクリックし「狭い」に設定します。(初期設定では余白が大きすぎて、内容を記入する場所が足りません), 「印刷の向き」をクリック→「縦」または「横」ではがき用紙の向きを決められます。向きは好みで変更してください。, 重要なキーワードは大きな文字で、細かな情報は小さな文字で書くとメリハリがあって良いでしょう。. 図形の修正3.図形に影などの効果を付ける; 3.4. Word 2013で図形の中に文字を入れるには、文字を入れたい図形を右クリックし、ショートカットメニューより[テキストの追加]をクリックします。すると、図形の中にカーソルが表示されて文字入力できるようになります。 簡単な操作で立体感のある見た目の良いデザインを作れます。, オンライン画像や挿入した画像については、色の濃さを変えたり、タッチを加えたりして、様々な特殊効果を加えられます。, たとえば文章の背景に写真を置く時は、色を少し薄く調整し、文字が読みやすいようにすると良いでしょう。, 写真の背景が邪魔な場合は、背景を削除すると背後の画像などと自然な重なりを表現できます。, もし期待通りの効果が得られなかった場合は「元に戻す(Ctrl+Z)」を使って以前の状態に戻し、やりなおしましょう。, 「文字列の折り返し」とは、図形とその周囲の文字や他の図形との重なり方を調整する機能です。, 図形の背後に文字が隠れてしまわないよう調整したり、図形の形に添って文章を記入したりできます。, 設定を調整するには、図形をクリックし「書式」タブ →「文字列の折り返し」で行います。その他、図形を選択した時に右上に現れる「レイアウトオプション 」ボタンでも設定が行えます。, 「文字列の折り返し」は、主に文字と図形の重なり方を調整するための機能でしたが、もう一つの効果があります。 }, (function( timeout ) { timeout ※本記事は『OS:Windows10』画像は『Wordのバージョン:2016』を使用しています。, ↑セルに文字を入力したいのに、クリックしてもカーソルが表示されず作業が進められない。という状態から始めます。, ↑まずはルーラーを使って表の文字位置を調整する方法から解説します。ルーラーの表示方法はこちら≫「ルーラーの使い方!」をご参考ください。, ↑ルーラーを見てみると左のインデントマーカー(赤枠)が、白いままのセルの幅を越えています。, 文字を左寄せに設定している場合、左側のインデントマーカーが入力の開始位置になりますので文字が入っていないのではなく、セル幅を越えている分だけセルの後ろに隠れてしまっている事になります。, ↑左インデントの下部の小さな▢の部分をルーラーのグレーと白の境界線に移動させましょう。, ワードの表に文字が入らない、途中から入力されるといった時はインデントという機能を思い出してみてください。, ところで、ひとつのセルに文字を入力していたら文字数が多くなって1行に収まらなくなったけど、この場合も良い方法があるの?, ※この方法は文字数が多すぎると読みづらくなるので、少しだけオーバーした時に活用するのがオススメです。, ↑「表のプロパティ」が開くので、『セル』という項目の『オプション』をクリックします。, ↑『セルのオプション』が開くので、「文字列をセル幅に均等に振り付ける」にチェックを入れ『OK』ボタンで閉じます。, ↑表の文字間隔が狭くなり1行に収める事ができました。目印として青い下線が引かれますが印刷時などには反映されないのでご心配なく。, ワードでは表の文字間隔をより細かく変更できます。こちら≫「文字間隔を調整しよう!」をお読みいただくと分かりやすく手順を身に付けられます。, 表の罫線にマウスを持っていくと、ポインタ―が変化しドラッグ操作できるというイメージがあるかもしれませんが微調整が難しいと思いますので、今回は「表ツール」からミリ単位で変更する方法を紹介します。, ↑サイズを変えたいセルの中にカーソルを置きましょう。今回は横幅から変えていきます。, ↑まずは「幅」から変えていきます。上下の▲▼を押すたびに1ミリずつ変わりますので▲をクリックして横幅を広げます。数値を直接入力することも出来ます。, ↑カーソルの位置は動かさず、赤枠の「高さ」に対応する▲▼をクリックして変更します。, ↑表の高さと幅を見やすく整えられました。同時に左右のセルも高さが少なくなっています。, 今回はワードの表に文字が入らない時のよくある原因や対処方法をいくつか紹介しましたが、次のポイントを抑えておくと素早く解決できるでしょう。, そのほか、表については「うまく移動できない」という疑問を持たれるかたも多いようです。, こちら≫「表を自由に移動しよう!」では表を好きな所に、自由に動かせるオススメ技を紹介していますので試してみてください。, しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。, さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。, そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。, ワードの使い方について 初心者から上級者までわかりやすく解説しています。 ワードについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントからご質問ください。. もりのセルの高さを揃えて、統一感を出したいなぁ。 やまのセルの高さは、自動でも手 ... 「スタイルから見出しを作ったけど、デザインがいまいちなんだよね。」 「それなら、 ... 「マクロとかは開発タブってのを使うみたいだけど、開発タブなんてないよ?」 「開発 ... 「いま履歴書を書いてて、性別を丸で囲みたいんだけど……」 「文字を丸で囲む方法で ... 「よし、データを入れたから、フィルターかけて合計出して、見やすいように色も付けな ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 「文章以外で自由に動かせる文字って書けないの?」「テキストボックスなら、画像の上でも自由に書けま ... https://sakusaku-office.com/word/post-1878/, 下の方にある「吹き出し」から、好きな吹き出しをクリックして選んでください。今回は「吹き出し:円形」を選んでみます。, ちなみに、吹き出しとテキストボックス以外の図形では、クリックしても文字を入れられません。, すでに書いた文字を再び編集したいときは、文字の部分をクリックすればOKです。文字を入力したときと同じように、文字の編集ができるようになります。, 吹き出しの色が青いのはちょっと微妙な感じなので、こちらも色を変えてみたいと思います。先ほどのように塗りつぶしや罫線から変更してもいいですが、今回は2ステップで手っ取り早くスタイルを変更してみましょう。, スタイルを変えたい図形をクリックして、「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルの「その他」をクリックします。アルファベットのVのようなマークですね。, スタイルの一覧が表示されるので、好きなスタイルをクリックして選択してください。今回は、一番左上の「枠線のみ-黒、濃色1」を選んでみます。, 消したい図形をクリックして、デリートキーを押してください。これで図形が削除できます。, 吹き出しや文字を入れた図形は、文字の部分ではなく、外側をクリックする必要があります。具体的に言うと、マウスポインタの形が「I」ではなく「+」の時にクリックしてください。, 図形はいろんな使い方ができるので、ぜひいろいろと試してみてください!それでは、お疲れさまでした!. 「図形を使えば簡単にできますよ。」... 「この文献の一部を引用したいときって、どうすればいいの?」 「文書を作ってるけど、もっとデザインを何とかしたいなぁ。」「テーマを変えてみるといいですよ。」ワ ... https://sakusaku-office.com/word/post-4106/, 図形を縁取っている枠線の色を変えたり、消したりもできます。スマイルの周りには枠線が引いてありますね。これを2ステップで消してみましょう。, 枠線を消したい図形をクリックして、「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルのところにある「図形の枠線」をクリックしてください。, ここで色をクリックすると枠線の色を変えられますが、今回は枠線自体を消したいので、ここでは「枠線なし」をクリックしてください。, 図形には色や枠線のほかに、特殊な効果を付けられます。付けられる効果は以下の6つです。, 効果を付けたい図形をクリックして、「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルのところにある「図形の効果」をクリックしてください。, 今回は影を付けたいので、「影」をクリックしてください。ポインタを当てるだけでも大丈夫です。, すると、どんな影を付けたいか聞かれますので、お好きなものをクリックして選んでください。, 図形をテキストボックスのようにして、中に文字を入力できます。吹き出しの図形を使って、4ステップでスマイルがしゃべってる風の図形を作ってみましょう。. それは上にも書きましたが、「図形を自由に配置できるようになる」というものです。, WORDの初期設定では、図形などを作成した際、「文字列の折り返し」が「行内」設定になっていますが、そのままでは周囲の文字が干渉し、図形を自由な位置に配置できません。そのような場合は「文字列の折り返し」設定を「前面」「四角」「外周」のいずれかに変えれば、自由に配置できるようになります。, 例えば下の動画は図を配置した状態の例です。通常はドラッグなどで図を動かす際に制限がありますが、「文字列の折り返し」を「前面」にすると自由に動かせるようになっている様子がわかります。また「四角」に設定すると、文章が図に重ならないように配置される様子が分かります。, 「文字列の折り返し」は、WORDで図形を自由な位置に配置するための基本テクニックです。ぜひ活用してください。, 図形同士はそれぞれ作成した順番に重なり合いますが、重なり方を後から変更することもできます。, 「最前面に移動」の場合、指定した図形は一番手前に重なります。逆に「最背面に移動」の場合、指定した図形は一番奥に重なります。, たとえ「最背面に移動」を行っても、図形は通常の文字よりは手前に表示されますが、「順序」を「テキストの背面」または「書式」→「文字列の折り返し」→「背面」に設定すると、通常の文字よりさらに奥に図形を配置させられます。背景写真を設置する際などに便利です。, 図形の数が多い場合、マウスでの移動が面倒になったり、位置がズレやすくなったりしますが、「グループ化」を設定すると複数の図形を1つにまとめられます。, 移動したりコピーしたりする際も、グループ化したものは一つのオブジェクトして扱えるので、位置がずれたり、操作ミスをしたりしにくくなり、扱いやすくなります。, なおグループ化済みの図形を再びバラバラにするには、「右クリック」→「グループ解除(U)」をクリックします。, 以上の機能を参考にしながら、はがきサイズの広告チラシを作成してみましょう。これが今回の課題です。, WORDは標準設定でA4用紙に印刷する設定になっていますが、今回は「はがき」サイズになるよう用紙設定しましょう。, もしA4サイズ以外の用紙に印刷したくなった場合は、上記のような設定項目で用紙のサイズを調整できます。, ページ全体の背景色を設定したい場合は、「デザイン」タブ→「ページの色」で好きな色を選べば設定できます。, 部分的に色を変えたい場合は、大きな四角形を作成して色を塗り、「最背面に移動」などで後方に配置する方法もあります。, 「ページの色」で背景色を設定しても、印刷時には背景色が反映されず、背景が真っ白になる場合があります。その際は「ファイル」→「オプション」でWORDの設定画面を開き、「表示」→「背景の色とイメージを印刷する」チェックをONにする必要があります。, 自由なデザインで広告チラシを作成してください。以下のような内容を、はがき1枚に収まるように配置しましょう。, 商品やセールの概要を紹介する文言を記入しましょう。ワードアートを使うなどして、大きく書くと効果的です。, 実在しそうな架空の店舗名を記載し、顧客からの問い合わせに応じられるようにしましょう。細かな情報はテキストボックスを使って書くのがおすすめです。, 営業時間を書き記さないと、いつまでお店が開いているのか分からず、顧客は困ってしまいます。書きましょう。, セールなどを行うチラシの場合は、セール期間を書いておかないとトラブルの元です。書きましょう。, 画面の拡大率は、WORDのウインドウ右下にある拡大率ゲージを操作して調整できます。, あるいは、Ctrlキーを押しながらマウスのホイールを転がしても画面を拡大縮小できます。, これらの情報を全て記入の上、ハガキ1枚に収まるようにレイアウトし、学習支援システム moodle を使って提出してください。 【Word・ワード】図形を編集する. })(120000); 詳細は後述する文字列の折り返しの項目を参照してください。, 図形などさまざまなオブジェクトを描く機能は、WORDウインドウ上部の「挿入」タブに多くが集まっています。 Word/Excel/PowerPointにて作成した図形内に、文字が入力できないようにみえることがあります。キー入力してもスペースが空くだけで文字が表示されないということがあるのです。, よくある原因としては「テキストボックス内の文字色が『白/自動』になっている」というものが挙げられます。「自動」は必ずしも「黒」というわけではなく、「白」で処理される場合があります。確実に黒文字とするならば事前に指定しておきましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 認証コード * 図形の修正4.そのほかの図形の効果; 4. 図形とは、太陽や矢印、星といった簡単な図を簡単に挿入できる機能です。画像と違って簡単な線で書かれたもので、組み合わせることで簡単な地図なんかも書けちゃいます。, 入れたい図形をクリックしてください。今回は基本図形のスマイルを選んでみます。ニコニコした人の顔の図形です。, 色や枠線を変更したり、立体的にしたり影を付けたりといった、いろいろな効果を付けられます。, まずは色を変えたい図形をクリックします。すると、タブの一番右に「描画ツール 書式」タブが現れました!, 「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルのところにある「図形の塗りつぶし」をクリックしてください。, どの色にするか選ぶメニューが出ますので、お好きな色をクリックしてみてください。今回はオレンジを選んでみます。, 多くの人は、図形を挿入すると青色で塗りつぶされているかと思います。しかし中には、青以外の色で塗りつぶされている方もいるかもしれません。, 実は挿入した図形の色は、文書の「テーマ」、正確には「テーマの配色」によって変わるのです。, ためしに図形を挿入して、「デザインタブ」→「テーマ」から、何でもいいので別のテーマに変更してみてください。, すると、テーマに合わせて図形の塗りつぶしの色が変わりますよね?図形の色が青なのは、ワードを起動したときに設定されているテーマ「Office」の配色が青だからだったんです。, ちなみにテーマを変えなくても、配色を変えるだけで図形の塗りつぶしの色は変わります。良ければ、いろいろ試してみてください。. setTimeout( この質問は Windows /Windows 10 /個人設定と簡単操作 のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断しこちらのカテゴリに移動いたしました。 © One Leaf Studio since 2019 All rights reserved. 4 wiondows10のワードです。ワードの文章中図形があり、その図形内の文章(文字)を修正したり加筆したりしたいのだが、ポイントが入らない。図形そのものはクリックすると全体がポイントされるが、図形内の文字にはポイントが入らない。どうしてなのでしょうか? ワードの表に文字が入らない時のよくある原因や対処法を紹介しています。今回はルーラーを表示して「インデント」を確認する、セル内の文字間隔を狭くして文字を1行に収める、表ツールを使ってセルの幅や高さを変更して文字を収めるといった方法の手順を解説しています。 「画像を重ねたいんだけど、ほかの画像に隠れてうまくできないんだ。」「表示する順番を変えてあげる必 ... https://sakusaku-office.com/word/post-5186/. if ( notice ) var notice = document.getElementById("cptch_time_limit_notice_75"); Copyright © 2020 もりのくまのサクサクOffice All Rights Reserved. Please reload CAPTCHA. 「WordやExcelの画像って、挿入するだけじゃダメなの?」「代替テキストってのを書くと親切なの。」目 ... https://sakusaku-office.com/office/post-1400/. }. 「それ... 色やスタイルを変えるには、画像をクリック→「描画ツール 書式」の図形のスタイルから. 提出するWORD書類のファイル名は、「学生番号 氏名 図形.docx」とします。(例) 123456 山田太郎 図形.docx, 学習支援システム moodle 【Word・ワード】図形の中に文字を入れるには. notice.style.display = "block"; ワード2013基本講座 » 図・図形・クリップアート » 図形の中に文字を入力する. **モデレーター注** WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". https://cclms.kyoto-su.ac.jp/, moodleへの課題提出方法が分からない場合は、こちらに詳しい説明がありますので参照してください。 Word/Excel/PowerPointにて作成した図形内に、文字が入力できないようにみえることがあります。キー入力してもスペースが空くだけで文字が表示されないということがあるのです。よくある原因としては「テキストボックス内の文字色が『白 Word2010からは図形を選択した状態で、そのままキーボードから文字を入力することができるようになりました。 文章を作成する際、ビジネス文章などであれば文字だけで完成する場合もありますが、図などを使って分かりやすく仕上げたい場合もあるでしょう。, ビジネス文章の定形文の作り方を授業で扱っても良いのですが、そういったものは各社で独自のローカルルールがあったりして、実際には「これさえできればどこでも通用する」ような文章の書き方は存在しません。, でも安心してください! いきなり無から礼儀正しいビジネス文章を作らされることはほぼありません。そういう作業を任される時は、必ずお手本を見せてもらえます。あなたはその文面やデザインを真似すれば良いのです。実は簡単な作業なのです。, というわけでこの授業では、図などを使った分かりやすい文章の作り方にスポットを当てることにします。, ここではWORD上でさまざまな図形を扱う操作を演習します。そして図形を組み合わせた課題を制作し、提出します。, 教科書がある場合は第3章19「画像や図形を活用した文章の作成」(P.77)も合わせて参照してください。, WORD上には文章以外にも、図形や画像などをページ上に配置できます。ここではそういった文字以外の物を総称して「オブジェクト」と呼びます。, オブジェクトには図形、画像、SmartArt、グラフ、ワードアートなど、様々な種類があり、これらのオブジェクトを利用して、WORDの文章をさまざまに飾れます。, WORDの初期設定では、オブジェクトを自由な位置に配置できないことがあります。配置したときに周囲の文字に干渉するからです。, その場合は以下の設定を行うと、オブジェクトをドラッグして自由に移動できるようになります。, この設定は、オブジェクトをクリックし「書式」タブ →「文字列の折り返し」でさらに細かく調整することもできます。