このssさぁー チートがいきすぎてて、イマイチ面白みがないよなーなんかガキがつくってるって感じだよねw; 96 : エレンss大好き: 2014/09/28(日) 20:40:43 やばい!これは好みだわ〜 8: 以下、名無しにかわりましてss速報vipがお送りします 2017/10/06(金) 16:45:43.36 id:7kqmx8d50 いろは「しかもわたしって結構一途じゃないですかー」 八幡「気に入った男子にはとりあえず手を出すとか聞いた思い出があるんですけど」 八幡「こうして、俺の奉仕部員としての戦いが始まったのである。続くかは知らん!」 7 : わおん 2016/03/22(火) 03:10:19.05 ID:kmLyvREV0 需要がなければこのままさよならでノシ 10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 03:39:00.56 ID:VQOySBjDO 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のシリーズものです、原作10.5巻の続きのイメージでいろはの八幡攻略を書いていきます。 作者(視聴者)目線でクロス先のキャラに何らかの落ち度があると感じた場合(二次設定も含む)、そうしたキャラに対してSEKKYOU、DANZAIなどのハラスメント行為に及び、暴力で屈服させる、弱み(捏造)を握るなどして、やはり信者に貶める。 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のシリーズものです、原作10.5巻の続きのイメージでいろはの八幡攻略を書いていきます。キャラ視点ではなく、イベント毎の客観的な会話で物語を進めて … 暖かい目で見守ってください。 比企谷八幡が、加速世界の住人だったらというifのss。 八幡はレベル9の一人、無色の王という設定。 はるのん相変わらずこぇぇよぉぉ。 作品リンク. (残念ながら、特に渋のクロスSSの9割はHACHIMAN厨の作品であるが) 他にも, キャラクターとしてのHACHIMANとは別に、下記に記したような行為を主に行う作者・読者をHACHIMAN厨と呼称する場合もある。, 本当に俺ガイルという「作品」が好きでHACHIMANものを書いている人や、上記の特徴を含まない真っ当なクロスSSを書いている人もいるので、そういった人に対して安易にHACHIMAN厨と決めつけて攻撃するべきではない。 メアリー・スーにはよくある事だが、主にpixivやハーメルンなどの「ユーザー間の交流に重点を置いたSS投稿サイト」に現れる傾向がある。 八幡「いけー!とつか(マリルリ)!こまち(ニャオニクス)に毒を浴びせた汚物をぶち殺せ!!たきのぼりだ!!」, 留美「翌日私はある程度人がいる道を歩き、髪型とメガネで見た目を変えた八幡はステルスヒッキーを使って、もし私が襲われてもすぐ来れる所に隠れていた。, お母さんは八幡から連絡いったら、警察に通報して、ある場所に警察に来るようにしておいた。, 八幡「だから警察にも犯人は公園にいる子供達の誰かを狙っていたと思わせ、ルミルミが狙われていたと思わせないようにしたわけだ」, 雪乃「そうよ…比企谷くんが躊躇するのもわかるわ…あの人ならどんな状況でも楽しんでわざと場をかき乱す事もしかぬないわ…」, 最高のルミルミss それにしてもルミルミには3人も子供いるのに、未だに独身の平塚先生ェ…, ※メールの打ち間違いにお気をつけください。 hachimanがイラスト付きでわかる! hachimanとは、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の主人公、比企谷八幡に原作と大きく離れた設定やチートじみた能力を付与したメアリー・スーの一種である。 概要 端的に言えば、古くから続く「u-1>u-1(ss用語)」や「スパシン」の系譜。 クロスオーバーの要素を含むHACHIMANものSSの場合、女性キャラを根こそぎ略奪し、世界観を蹂躙し、クロス先の主人公に成り変わってハーレムを築いては、すぐに打ち切って他の作品に寄生するかのように新しい連載を始めるという事例が起こりやすい。, ※特に作品数が多いものを編集者視点で列挙した。(下の2つの作品は別人物より) やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡メイン②) ※【R-18】注意 longfreeze 作(pixiv) 3回の転生で伴侶を見つけられなかった八幡が、満を持して4回目の転生に挑む。 優しい?世界 全26話 執筆 … いろは好きの方に気に入っていただけると幸いです。, いろは「3月のことはもう終わってますけど、入学式の準備とかいろいろあるんですよー」, いろは「ですからいろいろやってますってー、今日だって入学式の式辞とかやってたんですからー」, いろは「はい、入学式の時に学校の紹介とかやろうと思ってるんですけど、新入生が早く学校に馴染めるようにいろいろ先生とか、校内の紹介とかどうかなーと思っててー」, いろは「はい、私新入生の知り合いいないですし、先輩の妹さんならいろいろ相談できるかなーって思いまして」, いろは「いえ、わざわざ制服に着替えて出てくるのも大変だと思うので、今日これから先輩の家にお邪魔してもいいですか?」, いろは「最近の中学生はどんな生活してるかとかどんな雑誌読んでるかとかも見せてもらいたいですしー、」, 八幡「なんか新入生向けに説明会をするのにいろいろ知りたそうなこととか聞きたいんだと」, 小町(ピキーン ほうほうそういうことなら、家で待ってるからお兄ちゃん連れてきたげて), いろは「なんですかその手・・・あっ・・・はい、カバンお願いします・・・やっぱり先輩あざといですねー」, いろは「まあそういうことにしておいてあげます、ところで先輩の家、結衣先輩とか行ったことあるんですかー?」, 八幡「そういうもんか?まあ豹は家では飼えないからな、家では猫を飼ってるんだが、あっお前猫大丈夫か?アレルギーとか」, いろは「そんな人もいるんですねーどうでもいいですけど、えっでも結衣先輩の犬預かったんですよね?猫大丈夫だったんですか?」, 八幡「いやあいつは来たことないな、あいつは猫大好きだからな、家のカマクラ・・・あっ猫の名前な、そのカマクラを学校に連れていったときにカマクラ相手にニャーニャーいってたわ、あんだけあからさまな猫好きなのに隠そうとしているのがよくわからんが」, いろは「先輩も一緒にきいてくださいよ、そうしないと今後やりにくいじゃないですか?」, いろは「入学式の時に学校とか先生とかの紹介をしようと思うんだけど、どんなことが知りたいかやっぱり新入生に聞いた方がいいかなと思って」, 小町「なるほどーそうですねー、みんな入試の前からどんな学校かはいろいろ調べていると思うんで、ホームページとかにのっていないような内容になりますよね」, 小町「例えば、お昼どうしてるとか、頼りになる先生とか、ホームページとかに行事は載ってますけどその中であった面白い話とか」, いろは「でも紹介しておけば、イベントやるときに手伝ってくれる生徒も増えるかもしれないですね」, 小町「あとは、中学と何が違うかーとか、生徒目線で何か高校らしく感じたこととかみたいなのもいいかもしれません」, 八幡「いやぼっちなのはそれだけじゃないとおもうけどな、まっ高校で感じたのはやっぱり中学のときよりは自主性っつうの?先生があんまり細かいことまで面倒見なくなってる感じがしたな、放任なのかも知れんけど、あっ平塚先生は別な」, 小町「部活とかの紹介するにしても全国大会とか出てるやつだけでなく、こんな部活もあるのかっていうようなのを取り上げたりとか、奉仕部とかってきっと他の高校にはないですよねー」, 八幡「奉仕部が正式な部活なのか俺は信じられんが、3人しかいないし、部員募集してないしな」, 小町「そういった興味がでそうな内容をいくつかピックアップしていったらどうでしょう」, いろは「あとは、最近の中学で流行っていることとか、小町ちゃんが読んでる雑誌とか教えてほしいんだけど」, 小町「ほんとごみいちゃんだな、もう暗くなってるからいろはさんを駅まで送ってあげて」, いろは「先輩、今日はありがとうございました。それにしても小町ちゃんってしっかりしてますよねー」, いろは「私兄弟いないんで、なんか妹っていいなーって感じがしました、小町ちゃんみたいな妹ほしいです、話合いますしー、一緒に料理したりしたら楽しそう」, いろは「やっぱり兄妹っていいですね、それじゃカバンありがとうございました・・・先輩、また先輩の家遊びにいっていいですか?」, いろは「先輩と小町ちゃんがいるじゃないですか、小町ちゃんと組めば先輩に負けないと思うんですよねー」, いろは「先輩の家ゲームとかあるじゃないですか?ウノとかトランプとかでもいいですけどー、2人ではなかなか遊べないことも3人いれば結構いろいろ遊べるとおもいますけどー」, 小町「うん小町もああはいったけど、お兄ちゃんきっと食べてこないだろうなーって思ってた、ご飯準備できてるよー」, 小町「ねえお兄ちゃん、高校の生徒会っていろいろやるみたいだね、中学とは大分違うみたい」, 八幡「そうだな、去年はあんまりしらないが、一色が会長になってからはいろいろやってるな、フリーペーパーとかも作ったしな」, 八幡「ああ、会長なりたての頃は副会長とかも上級生だし、慣れないこともあって全然だったんだけどな、今は立派に生徒会長してる」, 小町「次もいろはさん生徒会やるのかな、やるんだったら小町いろはさんと一緒にやってみたい」, 八幡「どうだろうな、楽しんでやってるみたいだからまたやるかもな、ま、立候補したらほぼ決まりだから、やる気だけの問題だけど」, いろは「そっかー、でもいろはさん小町と話しが合うし、可愛いし、いろはさんみたいなお姉ちゃんほしいなー」, 八幡「大丈夫じゃねえの、どんな内容にするかはある程度まとめてたみたいだったしな、俺としては最近あまり手がかからなくなってきてホッとしてる」, 八幡「そんなことはないっ、おっ俺は副会長のやつがいろいろコキ使われて大変だなあと思ってるだけだ」, 雪乃「そうよ、由比ヶ浜さん、私はこの出してしまった砂糖をどうしようかと思っているだけよ」, 八幡「・・・そういえば小町がな、生徒会やりたいといいだしてな、まだ気が早いとはいったんだが、」, 雪乃「さすがに早すぎるわね、でも立候補するなら上級生に顔を覚えてもらうのもいいかもしれないわ」. 作者がダブルパロディをクロスオーバーと誤認していて、八幡が青春ライトノベルの高校生男子に過ぎないにも関わらずパロディ先で大活躍している場合十中八九HACHIMANである。 返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。, 元スレ:八幡「小町がんばれー!超がんばれ!」雪乃「突然なにいっているのかしら?この男は」, SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441518352, 雪乃「ふざけないで!同じ人物なんて一匹で充分でしょ!他にもつけるべき名前あるでしょ」, 雪乃「わかったらさっさと猫ポケモンに私の名前を入れなさい!いますぐよ!無能谷くん!」, いろは「せんぱーいちょっとやばいんですぅ!助けてくださーい!ってなにやってるんですか?」, 結衣「ヒッキーたらひどいんだよ!ユキメノコにゆきのんの名前入れて、アタシにはミルタンクなんだよ!」, 八幡「いや弱味なんて握ってないから…そもそもする気もする度胸ない。そんなことするわけねーだろ!あとロリコンじゃない!」, 雪乃「なにコソコソとやっているのかしら? セクハラくんさっきの言い訳で一瞬信じそうになったけど、さっきからのあなたたちの態度見て、どうみても普通の関係に見えないのだけど」イライラ, 留美「余計なお世話…それに私は八幡の側にいたくているの。八幡にはいろいろ助けてもらったりしてむしろ感謝している。, 八幡「それに。なんですか!急に私をあだ名で呼ぶなんて? もしかしてオレとおまえは特別な存在だと遠まわしに伝えているんですか? ごめんなさい無理です!っていうつもりだろう」, 雪乃「それでそのドープというの人結局どうなったのかしら? 怖じ気づいたのかしら?」ワクワク, 八幡「いまさらだがルミルミ、なんで今日ここに来たんだ? 小町は今日から学校の行事で2~3日くらいいないぞ」, 八幡「でもな小町もいないし、ルミルミのお母さんもいない時は会わないと決めていただろ?」, 八幡(んっ、こいつの胸成長してないか? 前に抱きつかれた時より当たる感触が…前から思っていたが絶対雪ノ下よりあるぞ), 結衣「いま小町ちゃんにヒッキーと留美ちゃんが特別な関係だと小町ちゃん知ってる? と、メールしたら, 八幡(怖っ!いろはす怖!なんでそんな笑顔で…そんな声出んの? こんなの絶対おかしいよ!), 留美「別にいい。むしろバッチコイ。でも八幡は誠実だから少なくとも16歳になるまではダメだって…」, いろは「それでこいつはきっとロリコンだ!と、どんどん多くのプレイヤーが言いだして、ついには公式まで認めました。, 留美「何を言ってもめったに怒らない八幡の優しさをいいことに言いたい放題しているんじゃないの!」, 八幡「…オレは留美を連れてそこを離れた。すぐ人どおりの多い道に行き、つけられている可能性も考えてすぐに家に向かわず, 八幡「あらかじめ服装も報告してあるから駆けつけた警官たちによって犯人は逮捕されたということ」, 留美「八幡は私の命だけでなくその後の生活や人生を守ってくれたの!私がこうして幸せにいられるのも八幡のおかげ!」ギュ, 雪乃「それにしても…なぜあんなに警察の捜査をうまくかわしていた犯人が比企谷くんの策にひかかったのかしら?」, 雪乃(姉さんなら…『比企谷くんは雪乃ちゃんのモノだから、この子(留美)がいると邪魔だな~, 雪乃(最愛の娘があんな危ない事件に巻き込まれていたら、そう思うのも無理はないかもしれないわね…), 雪乃(この子も私には持っていないものを…強さを持っているのね………私には無理だわ), いろは「そんな怖い目にあっていたんですね…ごめんなさいそうとも知らずいろいろ聞こうとして…」, 雪乃(今のお願いを聞いてしまえば私達はもう比企谷くんに好意を伝えることができなくなってしまう…), 雪乃(いまここで…私や由比ヶ浜さんが比企谷くんに告白しても心に深い傷を負った小学生から大事な人を奪おうとする泥棒猫か人の幸せを壊す悪女…, 雪乃「…………わかったわ…ようするに比企谷くんとあなたの不利益にならないようにサポートすればいいのね」, 結衣(中途半端なレベルだね…ていうか自分の名前をつけたポケモンより留美ちゃんをレベル100に育てるなんて…), いろは「はい、でもそんな心配するようなことじゃありませんよ。副会長がちょっと今の生徒会に不満があるみたいなこといっていただけですから」. 【悲報】俺ガイルの比企谷八幡さん、pixivのSS界隈で大暴れしてしまう 1: 名無しさん 2020/09/06(日) 03:41:04.41 ID:qIr0vrcd0 1 八幡×ダンまち なんで私がクチートなんですか!?」 八幡「だって、おまえあざといだろ。あざむきポケモンのクチートにおまえの名前。ナイスネーニングだろオレ」ドヤ 結衣「ヒッキーなんで得意気な顔してんの。キモ!まじキモいから」 いろは「あざとくないです!少しはかわいいですけど、もっとか なお、設定改変がなかった場合でも、原作と比べて明らかにキャラがズレすぎていたり、何故か目が腐っていなかったりすれば対象となる。 また、その過程で他キャラクターの踏み台化、キャラ改変、それに伴う原作で行っていない悪事の捏造などを行う。 キャラ視点ではなく、イベント毎の客観的な会話で物語を進めていきます。シリーズ8作目は「いろは比企谷家に行く」です。, いろはがはじめて比企谷家に行く話です。 やはり俺の加速世界は間違っている. 端的に言えば、古くから続く「U-1」や「スパシン」の系譜。 クロス先のヒロインは原作において恋人がいようと関係なくHACHIMANに惚れさせられ、絶対服従する信者に仕立て上げられる。 特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わって いる作品を、需要があると言われて新たに書き続 けているものです。 投下しても1件2件しかコメントが付かないので は、その「需要」があるのか否かさえ曖昧 … とうらぶヘイト創作問題 刀剣乱舞棲み分け問題, HACHIMANとは、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の主人公、比企谷八幡に原作と大きく離れた設定やチートじみた能力を付与したメアリー・スーの一種である。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ, 抜群の運動神経、明晰な頭脳、優れた顔立ち、悲惨な過去、俺ガイル以外の作品に出てくる能力などを付加, 「クロス先のキャラが原作で身につけた技や能力はHACHIMANの劣化。HACHIMANはそれ以上の事ができる」と設定し、HACHIMANより劣っているとみなす, クロス先のキャラが原作で見出した結論をそのままコピペし、さも自分が先に思いついたかのように指摘する, クロス先のキャラに作者の私見を代弁させ、敵対者として設定したキャラを過度に攻撃する, 人格・能力など、俺ガイル側のキャラがクロス先のキャラと比べて全体的に劣っているかのように扱う(HACHIMANと作者が贔屓にしているキャラを除く), HACHIMAN厨が葉山を憎む理由は大半は捏造によるものだが、HACHIMAN厨はそれを原作設定だと信じ込んでおり、葉山が原作でそのような行動を取ったかのように語り、貶める事に余念がない。深読みの仕方を間違えている。, 中でも由比ヶ浜については葉山と同レベルで憎悪の対象としているようで、キャラそのものを全く別人にする、特定の台詞のみを抽出して貶めるなどかなり手が込んでいる。, 平塚も暴力表現のみに焦点を当てられ、誤った印象を与えるよう仕向けたうえで断罪の対象としている。, 仮に原作を読んでいたとしても、八幡の心情を一切理解していなかったり、都合よく歪曲させHACHIMANに仕立て上げる。, キャプションやタグで「駄文」「原作未読(アニメは見た)」「原作知識なし」などとことさらにアピールするが、内心ではそれを恥とも思っていない。. 創作物の棲み分け用タグとしても用いられるが、元ネタと同様、どちらかと言えば稚拙な創作物を揶揄する言葉としての用法が主である。いざこざの原因となるので、作者以外の人が勝手にこのタグを付ける事はあまりお勧めしない。 メアリー・スー(二次創作用語) U-1(SS用語) スパシン オリ主 冬木ちゃんねる 冬ちゃん派生作品 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の比企谷八幡をベースとしながらも、容姿や性格、過去といった設定を大きく改変し、抜群の運動神経、明晰な頭脳、優れた顔立ち、悲惨な過去、俺ガイル以外の作品に出てくる能力などを付加した魔改造キャラクターがHACHIMANである。 そのため、書いている作者がそうした配慮をしないのも、明らかに不適切である。, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 比企谷八幡 ヘイト創作 読者側はマイナス検索、作者側はクロス作品のタイトルやキャラ名のタグを付けないようにしたりマイピク限定公開にするなどで自衛を行い、互いの目に触れないように努める事が大切なのだ。 「(不快な思いをするのが)嫌なら読むな」「(批判されるのが)嫌なら書くな、載せるな」という言葉は正論だが、一方的に指示するのはコミュニケーションとして不適切である。