lec司法試験&予備試験 短答過去問題集(法律科目) 令和元年. //-->. 平成23年新司法試験の結果について . トップページ > 試験・資格・採用 > 司法試験 > 司法試験予備試験 > 司法試験予備試験の結果について > 平成23年司法試験予備試験の結果について > 平成23年司法試験予備試験問題 行政法は、詳細な誘導があるのが特徴である。 これに従えば、ほぼそのまま答案構成になる。 今年度の場合、以下のようになる。 第1.設問1 平成23年司法試験公法系第1問(憲法) (配点:100) インターネット上で地図を提供している複数の会社は,公道から当該地域の風景を撮影した画像をインターネットで見ることができる機能に基づくサービスを提供している。 google_ad_height = 90; 1.甲が乙を1回殴打し、3回蹴った行為について、甲の傷害罪(刑法(以下、省略)204条)の成否, ⑴ 「人の身体を傷害した」には、「暴行」(208条)により傷害結果を生じさせた場合が含まれる。なぜなら、208条が「傷害するに至らなかったとき」としていることから、傷害罪は暴行罪(208条)の結果的加重犯としての性質も有していると考えられるからである。「暴行」とは不法な有形力の行使をいう。そして「傷害」とは生理的機能を障害することをいう。, ⑵ 本件では、甲は乙の腹部を殴打し、顔面を3回蹴るという不法な有形力を行使しており、「暴行」したといえる。そして、これにより乙は上顎左側中切歯・側切歯歯牙破折及び顔面打撲等の生理的機能の障害を負っており、甲は乙という「人の身体を傷害した」といえる。, ⑶ また、甲のかかる暴行は甲と乙の言い合いの延長で行われているが、乙は甲に対してなんらの違法行為をしていないため、甲のかかる暴行に正当防衛(36条1項)が成立する余地はない。, 2.丙が甲に対して、両手で胸付近を押した行為について、丙に暴行罪(208条1項)の成否, ⑴ 丙が甲の胸付近を両手で強く押した行為は不法な有形力の行使であり、「暴行」にあたる。, ⑵ もっとも、丙は甲から攻撃が続けられる様子の乙を助けてやろうと思い、かかる暴行をしているから、正当防衛(36条1項)の成否が問題となる。, 「急迫不正の侵害」とは、違法な侵害行為が現在し、または切迫していることをいう。この点、本件では乙が甲に一方的にやられており、更に乙への攻撃が続けられる様子であったので、違法な侵害行為が切迫していたといえる。したがって、「急迫不正の侵害」は認められる。, 丙は、乙の身体の安全を保護するために暴行を行っており、かかる暴行は「他人の権利を防衛する」ことに向けられていたといえる。, また、36条1項が「防衛するため」としていること、防衛の意思こそが法確証の利益に資するという社会的妥当性を肯定させることになることから、正当防衛の要件として防衛の意思を要すると考える。防衛の意思とは、侵害行為を認識しこれに対応する意思をいう。この点、丙は甲の侵害行為を認識し、乙を助けてやろうとしているので、防衛の意思が認められる。, 「やむを得ずにした」とは、防衛行為の必要性・相当性をいう。必要性は、正当防衛が不正対正の関係であることから緩やかに解し、防衛行為にでることに合理性があれば足りると考える。本件では、乙はいまにも丙から攻撃されそうであったのであるから、かかる防衛行為にでたことに合理性があり、必要性はある。また、先行する甲の乙への暴行に対し、丙のかかる暴行は胸を押す程度と弱く、相当性も認められる。したがって、丙は「やむを得ずにした」といえる。, もっとも、上記のように正当防衛の根拠は法確証の利益に社会的相当性が認められるからであるため、例外的に社会的相当性を欠く態様で防衛行為がなされた場合には、正当防衛の成立を認めるべきではない。本件では、乙は甲との言い争いから暴行を受けているが、丙はそれを知らず、乙が甲から一方的に攻撃を受けていると認識していたにすぎないから、社会的相当性を欠くことはない。, 3.甲が丙に対して腹部や大腿部を2回蹴った行為につき、甲に傷害罪(204条)の成否, ⑴ 甲は丙に対して腹部や大腿部を蹴るなどの不法な有形力の行使をしており、「暴行」をしたといえる。そして、これにより丙は腹部打撲等の怪我をして生理的機能を障害されているから、甲の行為は「人の身体を傷害した」といえる。, ⑵ もっとも、甲のかかる行為は、丙の甲に対する暴行に対してなされている。そのため、正当防衛(36条1項)の成否が問題となる。, この点、上記のように丙の甲に対する暴行は違法性が阻却されるから、「不正の侵害」にあたらない。したがって、正当防衛は成立しない。, 平成23年度新司法試験 刑事系 第1問 再現答案その1 | 新司法試験合格への道 ~そして、これからー司法修習編ー~, の結果的加重犯としての性質も有していると考えられるからである。「暴行」とは不法な有形力の行使をいう。そして「傷害」とは生理的機能を障害することをいう。, ⑶ また、甲のかかる暴行は甲と乙の言い合いの延長で行われているが、乙は甲に対してなんらの違法行為をしていないため、甲のかかる暴行に正当防衛, ⑵ もっとも、丙は甲から攻撃が続けられる様子の乙を助けてやろうと思い、かかる暴行をしているから、正当防衛, 項が「防衛するため」としていること、防衛の意思こそが法確証の利益に資するという社会的妥当性を肯定させることになることから、正当防衛の要件として防衛の意思を要すると考える。防衛の意思とは、侵害行為を認識しこれに対応する意思をいう。この点、丙は甲の侵害行為を認識し、乙を助けてやろうとしているので、防衛の意思が認められる。, ⑵ もっとも、甲のかかる行為は、丙の甲に対する暴行に対してなされている。そのため、正当防衛. google_ad_client = "pub-3677592297516854"; TAC2019年版 司法試験・予備試験 論文合格答案集 スタンダード100. 加藤喬. lec司法試験&予備試験 令和元年 論文過去問 再現答案から出題趣旨を読み解く。 86; 0; 2019.10.01 司法試験再現答案. 平成23年度新司法試験 刑事系 第1問 再現答案その1 | 新司法試験合格への道 ~そして、これからー司法修習編ー~ ホーム ピグ アメブロ. 例年どおり、会社法からの出題である。 一見して多論点問題かな、という印象を受ける。 とりわけ、決議の手続についての問題点が色々と目に付く。 司法試験再現答案. 平成23年司法試験 憲法 系別4750位 . 98; 0; 2019.10.01 司法試験再 … 問題は、こちら。 奇妙な問題. 令和元年司法試験 憲法 b評価 系別231~258位. google_ad_width = 728; Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 平成23年新司法試験論文式 民事系第2問の感想と参考答案. 新司法試験合格への道 ~そして、これからー司法修習編ー~ 新司法試験合格を目指す法科大学院修了生が綴った日記。 平成23年度新司法試験に合格しました。 現在司法修習中。 トップページ > 試験・資格・採用 > 司法試験 > 司法試験 > 司法試験の結果について > 平成23年新司法試験の結果について > 平成23年新司法試験論文式試験出題の趣旨 ャルメディア公式アカウント, 国を当事者とする訴訟などの統一的・一元的処理, 第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス), 新型コロナウイルス感染症関連情報, パンフレット・リーフレット・ポスター, 平成23年新司法試験論文式試験刑事系科目第2問について. 司法試験再現答案. りくすけ. 平成23年新司法試験論文式 公法系第2問の感想と参考答案. 平成23年新司法試験論文式 民事系第2問の感想と参考答案. ‚é‚à‚Ì‚Å‚Í‚È‚¢B, @‘O‹L‘æ‚Q‚Ì‚Pi‚Pj‚Ì‚Æ‚¨‚èA–{ŒŽ©ŒÈŠ”Ž®ˆ•ª‚ÉŒW‚銔Žå‘‰ïŒˆ‹c‚ɂ‚¢‚āA‚b‚É‚Íà–¾‹`–±‚ð‘Ó‚Á‚½ˆá–@‚ª‚ ‚èA‚±‚ê‚Í‚S‚Q‚Rð‚P€‚Ì”C–±œæ‘Ó‚É“–‚½‚é‚à‚̂́Aã‹Là–¾‹`–±œæ‘Ó‚É‚æ‚èbŽÐ‚É”­¶‚µ‚½‚Æ”F‚ß‚ç‚ê‚é‹ï‘Ì“I‚È‘¹ŠQ‚Í‚È‚¢‚©‚çA‚b‚Í“¯ð‚̐ӔC‚𕉂í‚È‚¢B‚È‚¨Aˆ•ª‰¿Šz‚ª“K³‰¿Ši‚ð‰º‰ñ‚邱‚Æ‚É‚æ‚鑹ŠQ‚́AŠù‘¶Š”Ž®‚ÌŒoÏ“I‰¿’l‚̒ቺ‚É‚æ‚Á‚ÄŠù‘¶Š”Žå‚ª”í‚é‚à‚Ì‚Å‚ ‚Á‚āAbŽÐ‚ª”í‚鑹ŠQ‚Æ‚Í‚¢‚¦‚È‚¢B, google_ad_height = 90; google_ad_width = 728; 2011-06-08 15:25:20 | 平成23年度新司法試験論文再現 2011年5月11日から15日にかけて行われた第6回新司法試験の再現答案を載せました。 本来もう少し早く載せるつもりでしたが,作成自体が5月31日にやっと完了し,さらにその後1週間ネット環境がなかったので,本日載せることになりました。 google_ad_slot = "5835782645"; 問題は、こちら。 全体について. Ameba新規登録(無料) ログイン. 弁護士としては、A大臣がX社に対して行った特定地図検索システムの提供の中止命令の取消訴訟(行政事件訴訟法3条2項)を提起すべきである。なぜなら、かかる中止命令は「処分」(同項)であるところ、X社はこの効力を排除してシステムの提供を継続することを望んでいると考えられるからである。, ⑴ X社が特定地図検索システムの提供をする自由、又はユーザーがその提供を受ける自由が、表現の自由又は知る自由として21条1項で保障されていると考えることは困難である。なぜなら、21条1項は内心における思想等を外部へ表明する自由を保障しているところ、特定地図検索システムの提供は公道から網羅的に撮影した画像をインターネットにより公開するものであり、その過程になんらの内心作用を伴うものではないからである。, もっとも、ユーザーが提供を受ける自由は、13条後段により保障される。すなわち、13条後段は人権のインフレ化を防止するため個人の人格的生存に不可欠な権利に限って包括的に保障するものであるところ、ユーザーのかかる自由は、ユーザー自身がそこを実際に歩いている感覚で画像を見ることができる点で実質的に人の行動の自由を拡張する重要なものであるし、十分な移動手段をもたないユーザーにとっては特に人格的生存に不可欠といえるからである。, ⑵ 中止命令(法8条3項)がなされると、システム提供者は事実上その提供自体を止めざるをえず、それによりインターネットによる公開がなされないことになり、ユーザーがその提供を受けることができなくなる。そのため、中止命令はユーザーの提供を受ける自由を制約する。, ⑶ ユーザーの提供を受ける自由は、上記のように人格的生存に不可欠なもので重要なものであるから、その制約が正当化されるのはやむを得ない場合に限られるべきである。また、中止命令という規制は特定地図検索システムの提供を全面的に禁止するという強力な規制であるから、そのような強力な態様の規制が正当化されるかは特に厳格に判断すべきである。, そこで、規制目的が必要不可欠で、手段が目的を達成するために必要最小限度の者である場合に限って、制約が正当化されると考えるべきである。, 本件では、法8条3項の目的は、個人に関する情報が公にされることによる被害から国民を保護するため(法1条)に提供を制限することにあるが、かかる情報は公道から見ることのできる部分を撮影したものにすぎず、公道ではプライバシーの保障の程度が弱いことに照らせば、かかる目的は上記ユーザーの提供を受ける自由を制約してでも達成されるべき必要不可欠なものとはいえない。, また、手段についても、被害の申立てがあった部分のみの修正等の措置命令により国民のプライバシーの権利は十分に保護されるのであるから、システムの提供自体の中止命令は過度な規制であり、必要最小限度とはいえない。, ⑷ したがって、制約は正当化されず、法8条3項は13条後段に反して違憲無効であり、それに基づいてなされた中止命令も無効である。, 3.A大臣のX社に対する特定地図検索システムの提供の中止命令の13条後段違反について(適用上の違憲の主張), ⑴ 中止命令は、「特に必要があると認めるとき」に限って行うことができるとされている(法8条3項)。中止命令の規制の強力さ、制約されるユーザーの権利の上記のような重要性に照らせば、ここにいう「特に必要」は、法の違反を繰り返しているなど、事後の措置命令によっては国民のプライバシーを保護するのに著しく不十分であると認められるような限定的な場合に限られると解すべきである。, ⑵ 本件では、X社の提供するシステムについての被害の申立ては数件しかなされておらず、X社が特に違反を繰り返していたなどの事情もないから、措置命令によって国民のプライバシーの保護は十分に図ることができたといえる。そのため、「特に必要」との要件を満たさず、A大臣は中止命令を行うことができない。, ⑶ よって、本件中止命令は要件を満たさない違法なものであり、それによりユーザーの提供を受ける自由が侵害されているため、13条後段に反して違憲無効である。, ⑴ 被告としては、ユーザーの権利の制約について第三者の立場にあるX社が主張することは許されないと反論することが考えられる。, 私見としては、原則として第三者の権利制約の主張は許されないと考える。なぜなら、抽象的違憲審査制のもとでは、自己の権利の回復を訴える中で自己の権利侵害のみを主張できると解すべきだからである。もっとも、人権保障の観点から、①制限される人権の性質、②第三者と主張者の関係、③第三者の権利侵害の主張の機会の有無、④第三者の権利侵害を主張することによる利益の有無を考慮して相当と認められるときには、第三者の権利制約の主張も許されると考える。, 本件では、制限されるユーザーの権利は原告側の主張するように重要なものと認められ(①)、また、X社とユーザーは提供をする側と受ける側という表裏一体の関係にあるところ(②)、ユーザーはその権利侵害を主張する機会を特に有しない(③)。そして、ユーザーの権利制約を主張することでX社は中止命令を免れうるという利益を受ける(④)。そうすると、X社に主張をさせることが相当であるといえる。, ⑵ 次に、被告としては、公道からとはいえ家や人の状態をも撮影してインターネット上に提供する行為自体、不可避的にプライバシーの侵害を伴うおそれがあるため、規制の必要性が強く、制約が正当化されるか否かは緩やかな基準で判断されるべきであると反論することが考えられる。, 私見としては、確かに、不可避的なプライバシー侵害を伴うおそれがあるが、公道から見える範囲で撮影されたものでありプライバシーの保障の程度は小さいことに照らすと、それのみをもって基準を緩やかにすべきということは困難である。しかし、インターネット上に公開するという行為は、だれもがいつでもどこでも見ることができるようにする点で、プライバシー侵害と程度が強力である。また、実際に第三者による二次的利用が見られるなど、犯罪に用いられるなど思いもよらない転々利用がなされる危険も内包する。そうすると、その規制の必要性から、基準をやや緩やかにし、目的が重要で、手段が目的と実質的関連性を有する場合に限って制約が正当化されると考えるべきである。, 本件の目的は、X社の主張の通りであり、これはプライバシーの保護の必要性から重要なものといえる。, 手段については、上記のような転々利用がなされうるおそれがあることからすると、事後的な規制では権利の回復が著しく困難となり得る場合も考えられ、事前にシステムの提供自体を中止させることにも実質的関連性があるといえる。, ⑴ 被告としては、上記のようなシステムの提供が及ぼすプライバシー侵害のおそれからすれば、システム全体の中止命令ができる場合もできる限り拡張すべきであるから、「特に必要」とは、必ずしも違反を繰り返す場合だけでなく、違反を繰り返すことの蓋然性が認められる場合も含むと解すべきであると反論することが考えられる。, ⑵ 私見としては、事前規制によるプライバシーの保護が必要であるとしても、ユーザーの権利の重要性、システム全体の中止命令が一切の提供を不可能とする重大な侵害であることに照らして、やはり中止命令は原告側のいうような限定的な場合に限って認められるべきであると考える。そして、原告側の主張するように、本件では数件の申立てしかなかったのであるし、Ⅹ社は160センチメートルの高さ規制は遵守しており特にプライバシー侵害が大きい撮影がなされたとも考えられないから、「特に必要」とは認められない。, ⑶ したがって、A大臣のX社に対する中止命令は、要件を欠き違法であり、13条後段に反して違憲無効である。, 90%くらいだと思う。細かな文章の表現を除き、ナンバリング、構成はほぼ完ぺきに再現できていると思う。, 表現の自由の保護領域か否かが問われていると思った。構成段階では、原告の主張で21条1項と13条後段、私見で21条1項の保護領域ではないとして13条後段で処理というように考えていたが、委員会の使い方など構成に手間取り時間を使ってしまったため、時間切れの途中答案を恐れて21条1項部分を原告の主張であっさり排斥して処理してしまった。この点がとても悔やまれる。いかに分量を書くことができるか、そのためにいかに構成を素早くできるかが特に重要であると感じた。, また、Ⅹ社の提供を表現の自由で保障する論理も考えられるのであるから、自分の考えに拘らず、答案の書きやすい方を見抜く現場での冷静さも必要であると感じた。, 平成23年度新司法試験 公法系 第1問 再現答案 | 新司法試験合格への道 ~そして、これからー司法修習編ー~, 弁護士としては、A大臣がX社に対して行った特定地図検索システムの提供の中止命令の取消訴訟, であるところ、X社はこの効力を排除してシステムの提供を継続することを望んでいると考えられるからである。, ⑴ X社が特定地図検索システムの提供をする自由、又はユーザーがその提供を受ける自由が、表現の自由又は知る自由として, 項は内心における思想等を外部へ表明する自由を保障しているところ、特定地図検索システムの提供は公道から網羅的に撮影した画像をインターネットにより公開するものであり、その過程になんらの内心作用を伴うものではないからである。, 条後段は人権のインフレ化を防止するため個人の人格的生存に不可欠な権利に限って包括的に保障するものであるところ、ユーザーのかかる自由は、ユーザー自身がそこを実際に歩いている感覚で画像を見ることができる点で実質的に人の行動の自由を拡張する重要なものであるし、十分な移動手段をもたないユーザーにとっては特に人格的生存に不可欠といえるからである。, がなされると、システム提供者は事実上その提供自体を止めざるをえず、それによりインターネットによる公開がなされないことになり、ユーザーがその提供を受けることができなくなる。そのため、中止命令はユーザーの提供を受ける自由を制約する。, に提供を制限することにあるが、かかる情報は公道から見ることのできる部分を撮影したものにすぎず、公道ではプライバシーの保障の程度が弱いことに照らせば、かかる目的は上記ユーザーの提供を受ける自由を制約してでも達成されるべき必要不可欠なものとはいえない。, ⑴ 中止命令は、「特に必要があると認めるとき」に限って行うことができるとされている, 。中止命令の規制の強力さ、制約されるユーザーの権利の上記のような重要性に照らせば、ここにいう「特に必要」は、法の違反を繰り返しているなど、事後の措置命令によっては国民のプライバシーを保護するのに著しく不十分であると認められるような限定的な場合に限られると解すべきである。, ⑶ よって、本件中止命令は要件を満たさない違法なものであり、それによりユーザーの提供を受ける自由が侵害されているため、, 。そして、ユーザーの権利制約を主張することでX社は中止命令を免れうるという利益を受ける, %くらいだと思う。細かな文章の表現を除き、ナンバリング、構成はほぼ完ぺきに再現できていると思う。, 条後段で処理というように考えていたが、委員会の使い方など構成に手間取り時間を使ってしまったため、時間切れの途中答案を恐れて, 項部分を原告の主張であっさり排斥して処理してしまった。この点がとても悔やまれる。いかに分量を書くことができるか、そのためにいかに構成を素早くできるかが特に重要であると感じた。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 芸能人ブログ 人気ブログ. var kauli_yad_count = typeof(kauli_yad_count) == 'undefined' ? /* 728x90, ì¬Ï‚Ý 08/07/25 */ ャルメディア公式アカウント, 国を当事者とする訴訟などの統一的・一元的処理, 第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス), 新型コロナウイルス感染症関連情報, パンフレット・リーフレット・ポスター, 司法試験予備試験の結果について, 平成23年司法試験予備試験の結果について, 法律実務基礎科目(民事・刑事). /* 728x90, ì¬Ï‚Ý 08/07/25 */ google_ad_slot = "5835782645"; 平成24年司法試験 憲法 系別4000位. 加藤喬. <' + '/span>'); var s = d.createElement('script'); var h = d.getElementsByTagName('head')[0]; s.defer = 'defer'; s.async = 'async'; s.src = 'http://js.kau.li/yad.js'; h.insertBefore(s, h.firstChild);})(document). 芸能人ブログ 人気ブログ.