外壁塗装業者を選ぶポイントは何でしょうか? 塗料にはシリコンやウレタン、断熱、遮熱など非常に多くの種類があるのでどれにどんな効果があるのか整理できず混乱してしまいますが、どのような塗料にも「水性塗料」と「油性塗料(溶剤系塗料)」の違いがあることを覚えておきましょう。 A.豊富な実績があるか・見積書の内容は明確か・費用は適正か・保証やアフターフォローが充実しているかなどをチェックしてください。, 水性塗料と油性塗料それぞれの特徴や違いについて詳しくご紹介しました。外壁塗装に使用する塗料を水性にするか油性にするかは、さまざまな状況から判断されることもあります。業者の判断にゆだねるという考え方もありますが、自分自身でも塗料の特徴についてしっかり理解しておきましょう。. A.まったくしないわけではありません。塗料特有の臭いが多少はあります。, Q.水性塗料を使った外壁塗装なら、自分でもできるでしょうか? 中立的な立場でご回答させていただいております。, 業者から営業電話がかかってくることは一切ございませんが、女性担当相談員より詳しい価格相場をご案内させて頂いておりますので、正しいお電話番号をご入力下さい。, 今ほどもお伝えした様に、塗膜の強さ(耐久性)の違いはほとんど無くなりましたので、大きな違いといえば水性塗料は水で希釈(薄める)のに対し、油性塗料はシンナーで希釈するという違いです。, 次に大きな違いは、油性塗料よりも水性塗料の方が、一般的には「透湿性(通気性)」が高い事です。. ・自宅のリフォームでは、水性塗料と油性塗料どちらを選ぶべきか?, 先に結論からお伝えすると、 シックハウス症候群の原因にもなる「ホルムアルデヒド」をまったく含まないため、安全・低刺激を求める人にオススメです。, もうひとつの「2大塗料メーカー」、関西ペイントが製造する水性フッソ樹脂塗料。 nurikae Copyright(c)2015 Speee, Inc.All rights reserved. A.アルミやステンレスなどの金属部分には密着しにくい性質があります。, Q.水性塗料はまったく臭いがしないのでしょうか? 次に、油性塗料の特徴をご紹介しましょう。 3-1.安定した耐久力がある. 耐用年数が約15年と、屋根用の塗料としては長めなため優秀です。, 「日進産業」という、本品だけを扱うメーカーが製造販売する水性シリコン塗料。 塗装後、塗料中の溶媒は時間とともに蒸発し、乾いた塗膜には残りません。, 溶媒にシンナーなどの有機溶剤を使用していれば、その塗料は「溶剤系(油性)」、 この溶剤が水かシンナーかによって、水性塗料と油性塗料は分けられるのです。 水性か油性かによって、刷毛の洗浄や塗料の希釈に使われるものが変わってきます。水性は水で良いですが、油性はペイント薄め液が必要になるので注意が必要です。 同効果により、建材の熱劣化をおさえ、夏冬の空調効率アップ=電気代の節約も期待できます。, 汎用シリコン塗料と同等価格ながら、上のグレードであるフッ素塗料に近い耐用年数があることで人気の「ラジカル制御型塗料」のひとつです。 屋根だけでなく、外壁にも使うことができます。, 長い耐久年数に加えて、「遮熱」「断熱」の効果をもっています。 一般的に6,7年前までは水性塗料よりも油性塗料の方が塗膜としては強いと言われていましたが、最近では「水性」「油性」と考え無くても良い程に塗料が進化してきました。※同種類の一液型水性塗料と一液型油性塗料を比較又は、二液型水性塗料と二液型油性塗料を比較した場合。 水を使用していれば「水系(水性)」となります。, そして水を溶媒に使用しているため、上記の表にも合った通りにおいがきつくなく、扱いやすい塗料です。, 製品次第にはなりますが、耐久力がないということもなく、扱いやすい塗料ということで、広く使用されるようになっています。, 前述の通り、水性塗料の耐久性が向上した近年では、臭気の少ない水性塗料が数多く選ばれるようになりました。, 水性塗料のデメリットに、「塗装できる素材の少なさ」がありましたが、 A.高所での作業も必要になるため、おすすめできません。また、ムラになるなど満足のいく仕上がりにならない可能性も高いでしょう。, Q.水性塗料と油性塗料の価格の違いはどのくらいですか? 本記事は、塗料のなかでも「水性塗料」の知識を公開いたします。, ・水性塗料のメリット、デメリット 「2大塗料メーカー」に数えられる、日本ペイントが製造販売を行っています。 外壁塗装をするにあたって「水性塗料と油性塗料の違いが分からない」という人は多いでしょう。外壁塗装に使用される塗料にはいくつか種類があり、それぞれ水性と油性に分かれています。どちらの塗料が適しているかは業者との相談も必要になりますが、特徴やメリット・デメリットを把握しておくとよいでしょう。, この記事では、水性塗料と油性塗料、それぞれの種類や選択する際の判断基準などをまとめてご紹介します。, この記事を読むことで、水性塗料と油性塗料の違いや、どちらがすぐれているのかなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。, 外壁塗装に使用される塗料には主に以下の6つがあり、下に挙げたものほど高機能で高価格、耐久年数も長くなります。現在主流になっているのがシリコン系塗料で、耐用年数は10~15年前後です。, 上記でご紹介した6種類の塗料は、それぞれ水性塗料と油性塗料に分かれます。そもそも塗料には、顔料・樹脂・硬化剤・添加物が入っており、この4つを溶かしているものが「溶剤」です。この溶剤が水の場合は水性塗料、シンナーなどの有機溶剤の場合は油性塗料という分類になります。, 水性塗料と油性塗料は、さらに1液型と2液型に分類されます。1液型とは、塗料の缶を開封してそのまま使えるもののことで、2液型は主剤と硬化剤を混ぜて使用するものです。2液剤は混ぜ合わせるのに高い技術が必要になるため、扱っている業者は限られています。, 水性塗料の最大のメリットは、臭いが少ないという点です。主成分が水でできているため、ペンキ特有のシンナー臭がありません。臭いで気分が悪くなる心配もなく、ご近所に迷惑をかけることもまずないでしょう。また、揮発性有機化合物の排出も少ないため、環境にやさしい塗料といえます。, 有機溶剤が含まれていない分、価格が安い点もメリットでしょう。できるだけ費用を抑えて外壁塗装をしたい人は水性塗料を選ぶのがおすすめです。, デメリットとしては、油性塗料に比べて寿命が短い点が挙げられます。しかし、最近は水性塗料の品質が向上してきており、耐久性にすぐれたものも数多く登場しているのが現状です。グレードによっては油性塗料より寿命が長い水性塗料もあります。, しっかり乾燥して塗膜が硬化していれば問題ありませんが、完全に乾燥する前に湿気や雨の影響を受けると仕上がりにムラが出てしまう可能性があります。そのため、天気のよい日を選んで施工する必要があるでしょう。, 油性塗料は水性塗料に比べて、安定した耐久力があります。有機溶剤が含まれているため、強い塗膜を作ることができるのです。密着性が高く、はがれにくいのもメリットでしょう。, 雨や湿気の影響を受けにくいため、比較的天気が悪い日でも施工可能です。また、有機溶剤は蒸発するのが早いので塗布後の乾燥時間が短く済むというメリットもあります。, 最大のデメリットは、臭いが強いという点でしょう。窓を閉めていても室内に臭いが入ってくるため、頭痛や気分が悪くなる原因になることもあります。ご近所への影響も気になる人が多いでしょう。, 有機溶剤が含まれているため、扱いや保管が難しいというデメリットもあります。特に2液型の油性塗料は、混ぜ合わせた分について余っても保存ができないので1回で使い切らなければなりません。業者にとっても扱いにくい塗料といえるでしょう。, 機能性を重視して選ぶのであれば、油性塗料がおすすめです。どちらを使ったとしても、耐用年数に大差はありません。しかし、もともとツヤが出やすい油性塗料のほうが、汚れにくさでは上をいくことになるでしょう。, 一方で、環境や人体への影響を考えて選ぶのであれば、水性塗料にすべきです。油性塗料だと、外壁塗装工事が終わるまで臭いに耐えなければなりません。特に、妊娠中の女性や小さな子供がいる家庭では、臭いや揮発性有機化合物の影響を受けにくい水性塗料を使用するのがおすすめです。, 上記のことからも、水性塗料と油性塗料ではどちらがすぐれていると一概にはいえません。外壁の劣化状況などを見て総合的に判断する必要があるため、自分で判断するのは難しいでしょう。外壁塗装業者の意見を参考にした上で、一緒に決めていく形が最適です。, 「水性塗料と油性塗料の違いについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。, Q.水性塗料はどんな外壁にも使用できるのでしょうか?