Crystal Kay (クリスタルケイ)とは、LDH所属の女性シンガーソングライターである。幼少期から歌や芝居の仕事をしており、13歳(1999年)に1stシングル「Eternal Memories」でメジャーデビューを果たすと、2001年の映画「サトラレ」の主題歌「LOST CHILD」で一躍話... 倖田來未(コウダクミ)はエイベックス事務所所属の女性ソロアーティスト。2000年に「TAKE BUCK」でデビュー後、2004年にキューティーハニーの主題歌「LOVE&HONEY」で大ブレイク。2005年より12週連続シングルリリースし、日本レコード大賞、日本有線大賞等の数々の最優秀賞を受賞してきた... 坂本冬美は、和歌山県出身の演歌歌手。舞台やテレビ出演などでも活躍している。歌唱力に定評がある。代表曲は「また君に恋してる」「夜桜お七」など。. 鈴木みのり(通称:みのりんご)とは、愛知出身、e-stone music所属の声優である。小学生のときから声優に憧れをもち、高校生のころには東京の声優養成学校に通っていたという。2015年に開催された人気アニメシリーズ「マクロス」の新作「マクロスΔ」の歌姫オーディションで、おおよそ8,000人の中か... ずっと真夜中でいいのに。(通称:ずとまよ)は、ボーカルがACAねであるということ以外、その他の正式メンバーがいるのかさえ明かされていない謎多き音楽ユニットである。活動初期は動画投稿サイトYouTubeを中心に音楽活動をしており、2018年6月に有名ボカロプロデューサーのぬゆりが編曲・一部作曲した1s... 仙名彩世は宝塚歌劇団花組のトップ娘役で明日海りおの相手役。2008年3月に、月組公演「ME AND MYGIRL」で初舞台を踏んだ。偶然にも、相手役の明日海りおはこの公演の新人公演で主演を務めている。トップスターに就任する前の新人公演では、その実力の高さから「ファントム」のカルロッタ、「エリザベート... 高橋真梨子(タカハシマリコ)は、ユニオン音楽事務所所属の女性歌手・作詞家。ジャズプレイヤーの父親の影響を受けて自らもジャズボーカルの勉強を始め、16歳で上京後、ジャズピアニスト柴田泰に師事。 1972年、ペドロ&カプリシャスのペドロ梅村の誘いを受けて2代目ヴォーカリストとしてデビューし「ジョニィへの... 茅原実里(チハラミノリ)とは、栃木出身、ホリプロインターナショナル所属の声優である。2004年に公開されたアニメ「天上天下」のヒロインの棗亜夜に抜擢され声優デビューを果たすと、2006年には人気シリーズ「涼宮ハルヒの憂鬱」の主要キャラである長門有希を演じたことで一躍人気に。これまでには2007年に「... 東山奈央(トウヤマナオ)は、東京都出身の声優・歌手。2010年10月、テレビ東京系で放送されたアニメ「神のみぞ知るセカイ」の中川かのん役とTBS系で放送されたアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」のスガタメ・タイガー役で声優デビュー。アニメのキャラクターである中川かのん名義でシングル、アルバ... 夏川りみは、沖縄県石垣市出身の歌手。歌手を目指し幼少期より父親と特訓を重ねる。小学二年生の時に石垣島で行われたのど自慢大会で優勝、その後も沖縄ののど自慢大会などで数々の賞を獲得する。1989年、「星美里」の名で演歌歌手としてデビュー。3枚シングルをリリースし沖縄へ帰郷。1999年「夏川りみ」の名でポ... 七海ひろきは、宝塚歌劇団の元星組男役。2019年3月24日に『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS(エストレージャス) 〜星たち〜』で宝塚を退団した。同期に現役のトップスターの明日海りおや望海風斗らを持つ、スター揃いの89期生のうちのひとりである。2003年に入団し、2009年に『薔薇に降る雨』... 花總まり(ハナフサマリ)は、宝塚歌劇団雪組・宙組の元トップ娘役の女優。「100年に1人の娘役トップ」と呼ばれるほどの人気で、12年という異例の在任期間を誇る。2015年には大ヒットミュージカル「エリザベート」の主演に抜擢された。なお、宝塚現役時代にもエリザベート役を演じている。代表作は「レディ・ベス... 浜崎 あゆみ(1978年10月2日)は、日本を代表する女性シンガー。愛称はあゆ、ayu等。福岡県福岡市出身。エイベックス・マネジメント所属。 お支払方法 プライバシーポリシー| 男性歌手(1910年代以前誕生) 女性歌手; 女性歌手(1990年代誕生) 女性歌手(1980年代誕生) 女性歌手(1970年代誕生) 女性歌手(1960年代誕生) 女性歌手(1950年代誕生) 女性歌手(1940年代誕生) 女性歌手(1930年代誕生) 女性歌手(1920年代誕生) 鬼束ちひろは、宮崎県出身の女性シンガーソングライター。2000年2月に1st シングル「シャイン」でデビュー。同年リリースした「月光」がロングヒットを飛ばし、一躍有名に。1st アルバムはオリコンチャート初登場第1位でミリオンセールスを記録。2001年にリリースしたシングル「眩暈」では、第43回日本... 柏木由紀(カシワギユキ)は、女性アイドルグループAKB48のチームBおよびNGT48チームN3のメンバー。愛称は「ゆきりん」。マイペースだが、メンバーからは「真のアイドル」と言われている。握手会では一人一人きちんと目を合わせ、しっかり手を握る為、「握手会の女王」と呼ばれている。2009年情報番組「ひ... 梶浦由記(カジウラユキ)は作詞・作曲・編曲家、音楽プロデューサーである。現在はアニメやゲームのサウンドクリエイターとして、CM、映画など幅広い分野でも活躍している。1995年公開の映画「東京兄妹」で作詞・作曲を中心とした活動を開始し、「EAT-MAN」「ダブルキャスト」を足がかりにアニメ・ゲーム音楽... 加藤ミリヤ(カトウミリヤ)は、YARD所属の女性シンガーソングライター。ミリヤという名前は、自身の本名と家族の名前の頭文字をつなげて命名したのだそう。作詞・作曲の際にはMiliyah名義も使用。2004年、高校1年生にして「Never let go/夜空」でメジャーデビュー。以来、飾らない等身大の気... カネコアヤノは神奈川県生まれ、弾き語りとバンド形態でのライブ活動を行うシンガーソングライターである。ライブ活動時の現メンバーは、踊ってばかりの国所属でギターの林宏敏、ゆうらん船所属でベースの本村拓磨、HAPPY所属でドラムのBobらを加えた4名。高校時代からすでに作曲活動を行っており、大学在学時に制... 岸谷香は、元プリンセスプリンセスのボーカルで、現在はソロとして活動中のシンガーソングライター。夫は俳優の岸谷五朗。代表曲は「ハッピーマン」「Hello. 伊藤美来(イトウミク)(通称:みく)とは、東京都出身、スタイルキューブ所属の声優、歌手である。2012年に開催された「第1回 スタイルキューブ声優オーディション」に合格したのをきっかけに、2013年にゲーム「アイドルマスターミリオンライブ」の七尾百合子役でデビューを果たすと、2014年にはアニメ「普... 伊藤蘭(通称:ランちゃん)とは、東京都出身、トライサム所属の歌手、女優である。1972年に放送された歌番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールに起用されると、1973年に「キャンディーズ」として田中好子(通称:スーちゃん)と藤村美樹(通称:ミキちゃん)らとともにレコード「あなたに夢中」でデビュー... 井上苑子は、兵庫県出身の女性シンガーソングライター。 11歳から大阪・心斎橋で路上ライブを開始。2011年13歳で、SHINSAIBASHI CLUB QUATTROにて史上最年少ワンマンライブを開催。15歳でインディーズデビュー、17歳でメジャーデビューを果たし、これからの活躍が楽しみなアーティス... 今井美樹(イマイミキ)は、モデルとして1983年にデビュー後、1986年には歌手デビューを果たす。その後ドラマ・映画に多く出演し、現在は家族とともにイギリス・ロンドンで生活を続ける。自身最大のヒット曲は、1996年リリースの「PRIDE」。切ないながら強い決意を表現した歌詞に滑らかで透き通るような歌... イルカは、イルカオフィス所属のシンガーソングライター兼、絵本作家、エッセイスト、ラジオパーソナリティー、女子美術大学客員教授、和の世界プロデューサー。着物デザイン・手描き・染めなども手掛ける。1975年「なごり雪」の大ヒットで一躍有名に。代表曲は「なごり雪」「雨の物語」「サラダの国から来た娘」「海岸... 宇野実彩子(ウノミサコ)は、男女6人組のパフォーマンスグループAAA(トリプルエー)のメンバーで女性リードボーカル。愛称は「宇野ちゃん、みーちゃん」。デビュー前、中学生でロンドンに短期留学をし、本場で「キャッツ」を見たことからミュージカル女優に憧れていた。2006年ハリウッド映画「呪怨 パンデミック... Uru(ウル)とは、本名、年齢、出身などのプロフィールが一切不明の、謎多き女性シンガーソングライターである。2013年からYouTubeに数々の名曲カバー動画を投稿しだすと、視聴者を包み込むような優しい歌声で徐々に注目を集め、チャンネル総再生回数は1.4億回以上の人気の配信者に。2016年6月に1s... 大黒摩季は、札幌出身のシンガーソングライター。1992年「STOP MOTION」でデビュー。2010年病気治療のためアーティスト活動を休業するが、2016年8月アーティスト活動を再開。代表曲の「DA・KA・RA」「あなただけ見つめてる」「ら・ら・ら」などはミリオンヒットとなった。. 宮城 梓(みやぎ ... の家族に乾杯 「高橋みゆき 沖縄県読谷村」(後編)』(nhk総合テレビジョン)2011年9月5日放送 ... 日本の女性歌手; ³ï¼ˆã¿ï¼‰å¹´, 誕生日:1988年(昭和63年)1月3日(日曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)3月24日(木曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)6月14日(火曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)6月21日(火曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)8月24日(水曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)9月18日(日曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)10月4日(火曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)10月7日(金曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)11月1日(火曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)11月10日(木曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1988年(昭和63年)12月6日(火曜日) 辰(たつ)年, 誕生日:1987年(昭和62年)3月26日(木曜日) 卯(う)年, 誕生日:1987年(昭和62年)9月6日(日曜日) 卯(う)年, アナウンサー・タレント・モデル, 誕生日:1987年(昭和62年)11月7日(土曜日) 卯(う)年, 誕生日:1986年(昭和61年)1月25日(土曜日) 寅(とら)年, 誕生日:1986年(昭和61年)2月19日(水曜日) 寅(とら)年, 誕生日:1986年(昭和61年)7月21日(月曜日) 寅(とら)年, 誕生日:1986年(昭和61年)8月30日(土曜日) 寅(とら)年, 誕生日:1986年(昭和61年)9月28日(日曜日) 寅(とら)年, 誕生日:1985年(昭和60年)1月24日(木曜日) 丑(うし)年, 誕生日:1985年(昭和60年)6月21日(金曜日) 丑(うし)年, 誕生日:1984年(昭和59年)3月25日(日曜日) 子(ね)年, 誕生日:1983年(昭和58年)1月25日(火曜日) 亥(い)年. 電子クーポン・チケ流スタンプ利用規約| 姿月あさとは、元宝塚歌劇団・初代宙組トップスター。1987年に入団し、同期には女優の天海祐希、絵麻緒ゆう、青山雪菜などがいる。トップスターに就任後は相手役に花總まりを迎え、数々の名作で主演を務めあげた。2000年の退団公演ではチケット競争率・ファン動員数が当時の史上最高を記録。退団後は歌手活動や舞台... 島谷ひとみとは、広島県出身の歌手、女優である。1999年に若干18歳ながら演歌歌手としてデビューを果たすと、透明感のある歌声と定評のある歌唱力でポップスやジャズ、R&Bやロック、レゲエやボサノバなど様々なジャンルを歌いこなし、「亜麻色の髪の乙女」「ふたりでいいじゃない」「Perseus-ペルセウス-... 島津亜矢は、熊本出身の演歌歌手。幼いころからさまざまなコンテストでグランプリを獲得し、演歌の申し子と呼ばれる。14歳の時に歌手を目指して親元を離れ、作詞家の星野哲郎に弟子入りする。1986年に当時15歳という若さで、シングル「袴をはいた渡り鳥」でデビュー。同年10月には読売ホールで自身初となるリサイ... 清水ミチコは、岐阜県高山市出身の女性タレント。ラジオ番組の構成作家として活動を始めその後、ラジオやCM、バラエティー番組への出演など活動の幅を広げ、マルチに活躍している。松任谷由実や桃井かおりのものまねが有名。. ご注文に関する注意事項, 転売目的で購入したチケットの掲載及び、転売目的でのご注文は固くお断りさせて頂きます。各種法令の内容をご理解のうえ、適切にご利用ください。. 宮城 まり子 (みやぎ まりこ、 1927年 3月21日 - 2020年 3月21日)は、 日本 の 歌手 ・ 女優 ・ 映画監督 ・福祉事業家。 勲等 は 瑞宝小綬章 。 本名 は 本目 眞理子 (ほんめ まりこ) 。 最新の国内女性アーティストのライブ・コンサートチケット情報。チケット流通センターはチケットを売りたいと買いたいをつなぐ【国内実績No.1】チケットリセールサービスです。チケットが届かない場合は全額返金で安心安全。諦めていたチケットもチケット流通センターなら見つかります。 AI(アイ)はユニバーサルミュージック所属の日本のソングライター。12歳の時のロスでのゴスペル聖歌隊体験に感動し歌手を目指す。日本でのデビュー前に、ジャネット・ジャクソンのミュージックビデオへの出演歴があり、アメリカでのグループデビューも決まっていたが、日本のレコード会社にオファーを受けたことから日... あいみょんは1995年生まれの女性シンガーソングライターである。出身地は兵庫県西宮市。中学生の頃から作詞作曲を始め、高校卒業後に友人に製作してもらってYouTubeにアップした動画がレコード会社の目に留まる。2005年2月にはジャニーズWESTの3rdシングル「ズンドコ パラダイス」収録曲「Time... 安寿ミラは、元宝塚歌劇団花組トップスターで現在振付師のANJUとして活動している。1991年に大浦みずきの後任として花組トップスターに就任し、そのダンスの実力で「ダンスの花組」というイメージを確立した張本人である。当時2番手の真矢みきとの男役コンビは「ヤンミキ」と呼ばれ、ファンから圧倒的な人気を集め... 安藤裕子(アンドウユウコ)は、神奈川県出身のシンガーソングライター。学生時代には映像関連への興味が強くテレビドラマへのエキストラ出演などもしていたが、舞台オーディションの課題で唄を歌った際にその才能をオリコンの小池聰行に評価され、以降音楽活動も開始する事となる。2003年にミニアルバム「サリー」でC... 石川さゆりは、日本を代表する女性演歌歌手。数々の音楽賞受賞歴があり、現在の日本歌謡界を牽引している。また、歌い手だけにとどまらず、ドラマやバラエティーへの出演など、多方面でも活躍している。代表曲は「津軽海峡・冬景色」「天城越え」など。. 宮城県仙台第一高等学校卒業。彩書家) 寺島拓篤(石川県 宝達志水町出身。声優。妻で声優の佐藤聡美が宮城県出身。) 外山雄三(東京都出身。作曲家・指揮者。元仙台フィルハーモニー管弦楽団音楽監督。) 永峯良(福島県会津若松市出身。 会社概要| Hello.」「ICE AGE〜氷河期の子供たち〜」「Singing」「DREAM」など。. お取引の流れ| 宮城 まり子(みやぎ まりこ、1927年3月21日 - 2020年3月21日)は、日本の歌手・女優・映画監督・福祉事業家。勲等は瑞宝小綬章。本名は本目 眞理子(ほんめ まりこ)[1]。, 社会福祉法人ねむの木福祉会理事長、学校法人ねむの木学園理事長、ねむの木養護学校校長、特別支援学校ねむの木校長などを歴任した。, 東京府東京市蒲田区(現:東京都大田区)に2人姉弟の姉として生まれ、幼くして母と死別するつらい少女時代を送った。父親の仕事の関係で、小学校3年から大阪で育つ[2]。小学校5年の時、父親が事業で失敗、母親が病死する。そのため小学校卒業と同時に、弟と共に吉本興業に入り、歌謡曲を歌うようになった[3]。戦時中の1944年10月、宮城千鶴子の芸名で17歳で大阪花月劇場(吉本興業直営)にて初舞台を踏む[4]。, その後、自らの一座を率いて九州を巡業し、終戦を迎える。戦後の1948年、父親、弟の八郎と上京、浅草の舞台に立つ。翌年、菊田一夫の推薦で日劇の舞台に主役として迎えられる。1950年2月 テイチクから「なやましブギ」でデビュー、ポリドールを経て、ビクター移籍第二弾『あんたほんとに凄いわね』が初ヒットになった。そして、1953年、レコードで歌った『毒消しゃいらんかね』が流行し一躍歌手としてその名が知れ渡った。1955年には、後のレコード大賞作詞家・宮川哲夫の手による『ガード下の靴みがき』も大ヒットした。その後も『納豆うりの唄』『てんてん娘』『夕刊小僧』などヒットを連発。弟八郎は宮城秀雄の名前で作曲家として活躍した。, NHK紅白歌合戦にも1954年の第5回から1958年の第9回までと、1960年の第11回から1962年の第13回までの計8回出場している(詳細は下記参照)。1958年、日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』で声優を務める。その後、女優業に進出し、1958年、『12月のあいつ』で芸術祭賞、1959年、『まり子自叙伝』でテアトロン賞を受賞。, 1968年に肢体不自由児の社会福祉施設「ねむの木学園」を設立。この頃より、タレント活動は事実上引退状態となる。1973年、吉川英治文化賞受賞。1974年には記録映画『ねむの木の詩』を製作・監督し、第6回国際赤十字映画祭で銀メダル賞を受賞した。1976年には、『まんが世界昔ばなし』の声優として名古屋章とともに出演。1977年には『ねむの木の詩がきこえる』を製作した。1979年、「ねむの木養護学校」を設立。1975年と1981年に実施された、近畿放送(KBS京都)テレビ番組『宮城まり子のチャリティーテレソン』を通して身体障害者の社会参加を訴えた。これらが評価され、1979年総理大臣表彰された。また、身体障害者に対する手描き友禅、合唱の指導なども行っている。なお、ねむの木学園設立時のエピソードは、1981年12月22日にテレビ朝日「ハウスこども劇場」枠において、『小さなラブレター まり子とねむの木の子供たち』としてアニメ化された。, 作家吉行淳之介と交際し、彼の死までよきパートナー関係(都内の互いの自宅で同居)であった。また、信心厚いクリスチャン(プロテスタント)でもある。また、同じく作家室生犀星にも可愛がられていた。犀星の見舞いにクリスタルカップを贈ったが、森茉莉に取られてしまった。(犀星のエッセイより), 2011年2月、宮城の口座から現金約3100万円をだまし取ったとして、ねむの木学園元職員と音楽家の朝比奈圭の2人が詐欺罪で逮捕。9月、東京地裁よりそれぞれ懲役2年、懲役4年6月の有罪判決を受けた[5]。同学園や宮城の個人口座からは計約5億円が引き出されているという[6]。2012年2月16日、東京高裁は一審判決を破棄し、朝比奈圭に懲役4年の有罪判決を言い渡した(ねむの木学園元職員は実刑確定)[7]。, 2012年、瑞宝小綬章を受章。同年11月、銀座ヤマハホールでシャンソンを歌い、歌手活動を30年ぶりに再開する[8]。, 2020年3月21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去[9]。93歳没。生没同日だった。叙従五位[10]。, http://www.at-s.com/news/detail/100100371.html, https://mainichi.jp/articles/20200323/k00/00m/040/004000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宮城まり子&oldid=78959944.