10代、 地域や使用状況により、電気代は増減します。ご了承ください。, 熱帯魚用の水槽用ヒーターは、1ヶ月間の通常使用で、電気代は約1000円(ワット数によります)かかります。, 電気代としては、なかなかです。寒い冬などは、私たちも暖房機器を使用するため、無視できない金額です。なんとか抑えることはできないものか…。, 水槽用ヒーターの電気代を抑えるポピュラーな方法として、水槽自体を保温する方法があります。, 断熱シートや発泡スチロールを水槽(外部フィルターの場合は外部フィルター本体にも)に巻きつけることで水槽を保温し、水槽用ヒーターの稼働を減らします。シンプルながら、とてつもなく寒い季節には、かなり有効な方法です。, 水槽と、ろ過フィルターを繋ぐホースに断熱材を巻き付けるのも効果大です。ホース部分も冷たい空気に晒されやすいので、保温しておきたいポイントです。, フタの気密性で、水槽内の水温はかなり変わります。蓋をすることで+2℃程度の効果はあります。水は蒸発すると温度を奪ってしまうので、保温が目的なら極力、水は蒸発しないようにすると良いです。, 水槽の見た目は少々、野暮ったくはなりますが、かなりの効果を見込めます。 !即OK テトラ 26℃セットヒーターJ 150w 【日本製】SHJ150, 在庫有り! アクアリウム, 維持管理コスト, 水槽・飼育器具類, クーラー・ヒーター, 水槽用ヒーターは、春・夏・秋・冬と一年を通して温度が変化する日本での熱帯魚飼育や水草育成には必須のアイテムです。しかし、ヒーターにも多種多様な種類があり、どの水槽用ヒーターが良いのか悩まれる方も多いです。, 水槽用ヒーターの種類や特徴から、サーモスタット、消費電力、おすすめの商品、設置の仕方、注意点までをご紹介します。 ※なぜガラス水槽かというと、着色性の薬(メチレンブルーなど)にも強いからです。, それに、雨や雪などが電源を直撃したらショートは避けられないです!他にも強風や直射日光など、水槽用ヒーターに負担をかける原因がたくさんあります。, 実は、水槽の運用費用の中でも突出して料金が高いのが、保温機材です。 そこで、ガラス面と石・装飾品に分けて紹介します!, もしコケのたまり具合がひどい時には、汚れが魚にとってストレスになってしまうこともあるので、バケツなどに移してあげるのも手です!, コーナー・ガラス・パイプと場所ごとに分けて、コケを取ることができます。気持ち良いくらいにコケを除去することができるので、ぜひ普段のお手入れに試してみてください。さっと潜らせれば取れますので。, 魚類に影響がない薬品です。コケが栄養とするアンモニアを減らすので、コケが大量に発生するのを抑制してくれます。, ガラス面のコケに最初に気づくのではないでしょうか? バケツに移してから、掃除をしているなんて方は多いのでは?, お魚にとって、掃除の度に移し替えられるのはストレスになります! 食べ残しとなったエサは水を吸って沈み、砂利の中など水槽の底に沈んでいます。, また、魚の体液なんかも原因ですよ! 水槽用ヒーターに関する情報をご確認いただき、ご自宅の水槽にぴったりの水槽用ヒーターを見つけていただけたら幸いです。, 水槽用ヒーターとは、水槽の飼育水を加熱し、水温の低下を防ぎ、飼育環境を一定に保つための装置です。, また朝晩の温度差も、水温に敏感な熱帯魚や水草には大きな負担です。場合によっては命の危険すらあります。それを防ぐため、たくさんのアクアリウムメーカーが保温器具を開発・販売しています。, 熱帯魚や水草の適水温は20℃以上が望ましく、26~28℃ぐらいまでの温度に設定しておきたいところですが、日本でその水温を維持するためには、やはり保温機材が必要です。, 水槽用ヒーターは、発熱する都合上、水槽内への科学物質の流出を懸念される方もいますが、近年は環境ホルモンを発生させない素材のキスゴムを使用している商品もあります。, さらに、表面温度が400℃以下のもの(400℃は紙が燃えない温度です)や、カバーが難燃性素材(V-0グレード適合樹脂)のものが登場するなど、安全性は飛躍的に向上しています。, 水槽用ヒーターには細かく水温を調節・指定できるものと、コードを電源に挿すだけで一定の水温に昇温してくれる手軽に使えるもの、などの種類があります。, GEX NEW セーフカバー ヒートナビ80 関東当日便 40代、 50代以上, 0 水槽の苔や器具の汚れはどれくらいの頻度で掃除すべきでしょうか?5L水槽でベタを1匹飼っています。入れているのはヒーター、タコツボ、底砂は粒の小さなガラス砂のみです。濾過器はなしです。PHは6.8~7.0付近です。餌は1日に3~5粒、ひかりベタ、乾燥アカムシなど。ヒレの調子が悪く先 … しかし、残った1つに過剰な負荷をかけているわけですから、故障した際はすぐに新しいものを装着しましょう。, 濾過フィルターやLEDライト、エアレーション…あれもこれもと繋げていくうちに、つい既定の容量をオーバーしてしまうことがあります。きちんと電気の容量を計算したうえで機材を選定されることを推奨します。, 『魚が火傷しないように…』と、水槽用ヒーターには樹脂製のカバーが必須、と思われる方が多いと思います。, それどころか、小さな魚や稚魚、エビなどがヒーターのカバーの隙間に挟まり、死んでしまうこともあります。小さな生体を飼育されている方は、カバーは付けないほうが良いです。, それは、ヒレの長い生体(ベタや金魚など)を飼育する場合です。ヒレが触れて火傷してしまうのを防ぎます。, ベタの場合は、狭いところが好きという性質があるため、入れてしまうような隙間のできるキスゴムのついたヒーターはおすすめできません。また、小さな水槽で単独飼育することがほとんどですから、小型水槽用の、引っかかりどころのないヒーターを使用されることをお薦めします。, プレコはベタよりも大きくなりますから、それなりの大きさの水槽で飼育します。そうなると小型の水槽用ヒーターではパワー不足です。その場合は適合サイズでカバー付きの水槽用ヒーターを使用してあげましょう。, このように、熱帯魚の個性によってカバーは必要です。必要か否かは、飼育している生体を見て決めましょう。, 水槽用ヒーターには『横置き』と『縦置き』が可能な機種が存在します。