猫が落ちてもケガをしない高さは、2階ほどの高さといわれていて、約6m~7mほどの高さです。それ以上の3階、約8m~10mほどの高さになると、ケガをする確率がとても高くなります。骨折はもちろん、死亡してしまうこともあります。, 7階以上からの落下になると、逆に死亡する確率が少なくなるというデータがあります。これは、空気抵抗が起こることによって、猫がうまく着地をするための体制を整える時間があるためだと推測されています。, ですが、7階以上からの高さから落下すれば、重症の骨折は避けられません。また、2階からの高さから落下する場合でも、着地する場所がコンクリートや不安定な場所だと骨折してしまいます。, 猫が高い所からの落下や交通事故に遭ってしまった場合、骨折以外にも内臓損傷が起こっている可能性が高いです。こうなると猫は気を失ってしまい、口や鼻から血を流すといった重篤な症状を見せることがあります。頭骨や脊髄が折れると、猫は足の麻痺が出たり、意識障害が起こる場合があります。, 放し飼いは猫を危険にさらすだけです。猫を飼うのは完全室内飼いにし、しっかりと脱走対策等をするようにしましょう。, 帰宅時、家のドアを開けた時に足元からスルリと猫が外に脱走したことはありませんか?元野良の猫ちゃんが外に出たがり夜な夜な大声で泣き続ける、という話もよく耳にします。 外に出たがる猫にはどのように接すればよいのでしょうか。, 猫は軽い骨折ならあまり症状を見せないため、飼い主さんでも猫が骨折していることに気づかないことが多いようです。少しでも猫の体に異変を感じたら動物病院で獣医師さんに診てもらいましょう。, 猫は前足2本、後足2本の4足歩行の動物ですが、1本以上の足を完全に骨折してしまうと、その足を地面に着けることができなくなるので動けなくなってしまいます。, 重症な骨折は血がでたり、骨が飛び出たりしてしまいます。折れた骨が筋肉や皮膚を突き破って体の外に出てしまうことを「開放骨折」といいます。開放骨折になると出血がひどくなり、猫がショック症状になることがあります。, 大腿骨を不完全に骨折した場合は、周りの筋肉が骨折した部分を保護してくれる場合もあり、軽度の骨折ならば猫は足を守るように不自然に歩いたり、走れないという運動障害を起こすことがあります。時間が経つと自然治癒する場合もあるようです。, しかし、飼い主さんの知らないうちに骨折が治るというのは実はとても危険です。骨折が治る時に骨が変形してしまい、歩きにくくなる、関節に痛みが出ることがあるからです。, 猫の年齢が若い時は何も症状が現れなくても、年齢をとるとともに症状が出てくる場合が多いです。老猫になってから、あまり歩かなくなった、足を引きずるようになるなどの症状が出てきたとしても、治療をすることができない場合があります。, 骨折しているかどうかを確認するには、猫の体をすみずみまで触ってみて、痛がるところがないかチェックすることです。普段から体を触ると怒る猫の場合は日頃の健康チェックが難しくなるので、できるだけ体に触られることに慣れさせておきましょう。, 歩いている姿もかわいらしい猫ですが、その歩き方に違和感を覚えたとき、どんな原因でそのような歩き方になっているのか不安になってしまいますよね。 もし愛猫の歩き方に異変を感じた場合、考えることのできる原因としてどんなことが挙げられるのでしょうか?, 猫が骨折したとわかった時は動物病院で獣医師さんに診てもらうのが基本です。猫を動物病院に連れていくまでに、骨折した部分の応急処置をしてあげましょう。, 人が骨折した場合は、添え木をして包帯や布で固定するという応急処置をします。添え木で固定することによって、骨折部分を安静に保つことができるからです。 夫と高校生の息子二人家族。 猫のしっぽが途中で折れ曲がっていたり、短く丸まっているしっぽを「かぎしっぽ」と呼びます。かぎしっぽの猫は幸運を招くとして愛され、長崎地方に特に多く見られます。猫がかぎしっぽになる理由や特徴についてご紹介します。 ・アイペット損害保険株式会社 ƒAƒNƒTƒ_ƒCƒŒƒNƒg‚̃yƒbƒg•ÛŒ¯ŒöŽ®ƒEƒFƒuƒTƒCƒg. 猫の場合も、骨折の状況や病院に連れて行くまでの時間によってそういった応急処置が必要になる場合もあります。, 骨折をしたら骨折した猫を数時間以内に動物病院に行くことができるのであれば、添え木をする必要はありません。できるだけ、動かさないように安静にして動物病院へ行きましょう。, 添え木をする場合は、あまり強くしないように気をつけてください。きつく縛りつけると血流を妨げる原因になります。痛がっているようであれば、無理に添え木をするのは避けたほうがいいでしょう。嫌がって猫が暴れてしまい、悪化してしまう恐れがあります。, 骨が傷口から出ている時は、ガーゼなどを当てて圧迫して止血します。骨折している足全体にタオルや布を巻き、添え木をして包帯で固定します。新聞紙を丸めて添え木にすることもできます。, 応急処置をしたら、速やかに安静にしながら動物病院で獣医師さんに診てもらいましょう。, 粘着力があり、包帯止めやテープもいらず、とっても便利。ケガをしてしまった時や、キズをなめないように巻くペット用包帯を準備しておくと安心。, ネコちゃんのオーナーさんがキャリーバッグを使用するのは、通院が一番多いというお客様の声から生まれました。病院でどうしても暴れてしまうネコちゃんのための通院ネットです。, 猫の骨折の状態を把握するために、動物病院では一般的に2方向からⅩ線撮影をします。どんな骨折をしているか状態を診ながら、猫の年齢、持病はあるか、猫の品種や性別、猫の性格なども考えながら治療方法を計画していきます。, 骨折の状態や症状によって、治療方法は異なり、症状に合わせていろいろな治療方法があります。, 猫の足の骨に亀裂が入っている、骨盤が骨折してしまった時は、状態により外科的手術は行わない場合があり、約3週間~4週間ほどゲージに入れて安静にします。そこで内科療法を行います。, 猫が骨折している状態ならば、基本的には患部の固定をします。代表的な治療法は、包帯やギブスを骨折している部分の外側から装着する『外固定法』を行います。 2020年9月19日更新 二世帯同居でうまくいかずせっかく新築しても子世帯が出て行ってしまうなんて話もよく聞きますよね。 二世帯住宅を始める時は親も子も不安。 私は夫の両親との二世帯同居が14年目とな ... このまま家族のためだけに生きる人生でいいのかな?子供が大きくなって時間に余裕が出てきたからそろそろ自分のために何か始めたいな。でも何をしたらいいんだろう?   このように思い始めるのが40代 ... 2020年9月13日更新 猫の避妊・去勢手術って心配ですよね。 病院の事、費用の事、退院後の回復の様子をメス猫の飼育経験2度目の私が、マロンの避妊手術を振り返りながら、避妊・去勢手術についてお伝えしま ... マロニーです。 シロアリが住宅を食い荒らす害虫ってことはみなさんご存じですよね。 でも本当のシロアリって見たことありますか?   我が家数年前にシロアリが出て、駆除をしたんですけど、シロアリ ... 猫を飼っているマロニーです。 先日購入したキャットタワーのレビュー記事を書きます。 結果、木製キャットタワーはとっても良かったです。 マロンちゃんもなかなかの食いつきですよ(o^^o)   ... 非正規労働歴17年。