公開日: 2014/10/09 : 最終更新日:2016/10/01 ミニ知識, ... 白熱電球からLEDに交換するときの目安 . 日経ホームビルダーは、コラム「突撃!ゲンバ検証隊」で、LED電球、白熱電球、蛍光ランプの比較実験を行った。最終となる今回は、発熱した電球の温度を測定した。測定個所は電球と直下の照射面などだ。, 結果はどうだろう。LED電球と蛍光ランプは10分間で緩やかに温度が上昇。これに対して白熱電球は、測定開始2分後でサーモグラフィの測定限界値を超えた。, 熱伝対式温度計での測定ではその後も温度が上昇し、5分を経過した辺りで、「焦げ臭いにおいがする」と隊員が発した。確認すると熱伝対を張り付けた粘着テープが焼けて溶けかけていた。 LED電球は10分以降も計測を続けたが、15分後でも金属の胴体部分(上図のJ)がさらに3℃上昇するに留まった。, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25. 白熱電球が熱いのは、電力の10%を発光し、90%を発熱にまわしているからなのだそうです。ですので、これほどの高温になります。発熱量が多いということは、電気代がかさばる要因となります。白熱電球からLED電球に交換すると電気代を大幅に削減できるということになります。, 今回、白熱電球とLED電球の違いに注目して検証を行いました。検証した上で一番驚いたのは、白熱電球の”熱さ”でした。検証は、小部屋で行ったのですが、白熱電球のセットのスイッチを入れた瞬間から電球の周辺が熱くなりました。それだけ熱を放出しているということは、る程あ度の時間、白熱電球を点灯していた場合、夏場はより熱さを感じやすくなるのではないかと思いました。 とはいえ、LEDが電気代の節約になると聞いても「今よりいくら安くなるのか」がわからなければ、なかなか切り替えるきっかけもないでしょう。, そこで今回はLEDにすることで変わる「お金」について、詳しくご紹介してきたいと思います。, 「LEDを使うと電気が安くなる」「LEDはエコである」よく聞く言葉ですが、なぜLEDを使うと電気代が安く済むのか、まずはその理由をご説明しましょう。, しかし電気を通したところでそれが全て光に変換されるかというと、実はそうではないのです。, どれだけ性能の良いLEDを使用したとしても、光に変換できる電力は70%だとされています。, 電気を通し光を発する物には、LED以外にも白熱電球や蛍光灯などがありますが、白熱電球の場合は電力の10%を発光、90%を発熱に回すとされています。, 一般的なLEDは30%~50%を変換できますので、その性能の差がお分かり頂けるでしょう。, この「通された電力を光に変換する性能が良い」というのが、LED最大の特徴であり、電気代を安く済ませることのできる要因なのです。, ここでは一般的なご家庭で使われていることの多い、白熱電球と蛍光灯を比較対象とします。, しかしLEDを1日8時間365日使ったとしても、白熱電球の電気代の2か月分にしかならないのです。, しかし1Kwh当たりの電気代27円は日本の平均的な数値ですが、各ご家庭で変わるでしょう。, これにつきましては、ご自宅に届く請求書に必ず記載されていますし、それぞれの電球の消費電力は販売されている箱に記載されています。, お店で各電球を見たことがある方はわかるかと思いますが、LEDの電球は他の2つに比べ比較的お高いことが多いですよね。, 「いくら電気代が安くても購入費がかさむのはちょっと…」とお思いの方は、下記のデータを見てみましょう。, この金額に、それぞれの電球の平均寿命を当てはめつつ、10年間使用した場合の購入コストを計算してみます。, 購入コストは同じでも、電気代はLEDの方が安く済みますし、交換する手間もかかりませんので、この比較項目でも、やはりLEDが1番優れていることがわかりますね。, 上記で交換回数を記載したので、3つの電球の順番はもうおわかりかと思いますが、それぞれの電球の平均寿命をもう少し詳しく見てみましょう。, ちなみにこれを1日10時間使用したとして、日数にするとどれくらい持つのかを計算してみました。, 白熱電球は1年間のあいだ間に4回から2回交換せねばならないのに対し、蛍光灯は4年弱は持ちます。, しかしLEDに関しては、2,000円の電球ひとつで11年間も交換することなく、安い電気代で使い続けることができるのです。, LEDは基本的に発熱しにくい性質はもっていますが、その分熱に弱いという性質もあります。, これがうまくいかない環境でのLEDの使用は、寿命を極端に短くさせる行為になります。, そのため本来であれば10年以上持つはずのLEDも、使い方次第では5年~7年程度に短くなってしまうこともあるのです。, こうなると購入コストがかかることになりますので、せっかくのメリットも薄れてしまいますね。, 今回わかったことは、電気代・購入コスト・寿命、どれをとってもLEDが1番優れているということです。, しかし手間やコスパの面で考えると、目先の金額に惑わされることなく長い目で判断すれば、どれが1番お得な電球なのかはもうおわかり頂けたでしょう。, ECサイト(楽天、Yahoo、Amazonなど)からのご注文についてのお問い合わせは、 どちらが見やすいかと聞かれると、白熱電球の方でしょうか。 こんな感じで、白熱電球を使用しているご家庭はまだまだたくさんあると思います。お風呂場、脱衣所、玄関…かつては色々なところで白熱電球が使われてきました。 私の実家の玄関灯も白熱電球を使用していました。しかしながら、かつて主流だった白熱電球は、今では非常にエネルギー効率の悪い電球なのです。 点灯している白熱電球を触ったことがある方は分かると思いますが、点灯中は非常に熱くなっています。 つまり、 … パナソニック LED電球 全方向タイプ LDA5LDGE17SZ4 電球色 一般電球40W形相当/E17口金, パナソニック Panasonic LED電球プレミア (電球色相当)E17口金 LDA4LGE17Z40ESW2.