実際にどちらが費用を負担するかは、健康診断書の提出を求められた際に確認しておくと良いでしょう。, 転職活動中において、会社から健康診断の受診や健康診断書の提出を求められる理由は2つあります。1つは、雇入れ時の健康診断が労働安全衛生法上義務付けられているため。もう1つは採用選考にあたり、応募者の適性能力を判断するためです。, 企業は、雇用している労働者に対し、原則として、年1回、医師による健康診断を受けさせることが法律で義務付けられています。これを定期健康診断といいます。定期健康診断は、企業が雇用関係にある労働者の健康状態を把握し、必要があれば労働時間や作業環境を改善するなどの措置を取ることで、健康の悪化を防ぐことを目的としています。 第3章 身体障害者障害程度等級表解説 5 第4章 診断書の記載要領 8 第5章 身体障害者障害程度の再認定 11 第6章 疑義解釈 14 第2篇 個別事項 第1章 視覚障害 22 第2章 聴覚・平衡機能障害 34 第3章 音声・言語・そしゃく機能障害 42 第4章 肢体不自由 60 就活中には企業から健康診断書の提出を求められることがあります。なぜ健康診断書の提出を求められるのか?どのような健康診断書を用意すればいいのか?指定された健康診断書が提出期限までに準備できない場合はどうすればいいのか?についてご紹介します。 今回は、医師に聞けない医療事務のための診断書の書き方とコツというタイトルで記事を作成してみました。, ここでいう診断書とは、患者さんが任意で入っている医療保険から支払い受け取るために必要な書類を指します。, 私は病院やら診療所やらで勤務してきた一介の医師ですが、一応十数年は診断書を作成してきましたので経験は豊富です。, 診断書については医療事務の方が代行して作成してくれる施設もありますが、現在の私は現役バリバリで診断書作成をしています。, 以前は診断書作成を事務が代行してくれる施設にいたのですが、その時は確認と署名で概ねOKだったので、とても楽で、代行してくれたスタッフに心から感謝していたものでした。, 臨床業務など日々の業務が終了したと思ったら、作成依頼の診断書がたんまりあるなんてことは珍しくないですが、すでに疲れた頭と身体で診断書作成を行っていくのは、正直テンションの上がる仕事ではありません。, 診断書を何枚作成しようが、そのためにどれほど時間が削られようが、手当てなどが出ることもないですしね。, とはいえ、疲れたから余裕ができたら書こうなどと考えていると、患者さんから早く書いてくれなど言われてしまうことがあるので油断できません。, 患者さんは診断書がないと保険会社からお金をもらえませんから、早く診断書が欲しいわけですね。, まぁお国もそこのところは考えているようで、厚生労働省は「医師の働き方改革に関する検討会」を設置していろいろ考えてくれているみたいですね。, 医師の業務負担軽減のため、他職種へのタスク・シフティング(業務の移管)を推進することがあり、その業務の一つとして診断書等の代行入力が挙げられています。, 診断書をスタッフが書いてくれるといいなぁというだけなのですが、ついつい前置きが長くなってしまいました。, さて、ここからは医師の立場から見て、これならOKといえる診断書の書き方をポイントごとに簡単にみていきます。, 前述の通り、私は診断書を代行してくれる医療機関にいたことがあり、スタッフが記載してくれた診断書の最終確認を行っていたので、そのときの自分の頭の中を整理しました。, あくまで私の考えをもとにということで、全ての医師に通じるわけでもないでしょうが、ひとつの基本として参考にしてみてください。, とはいえ、病名は間違いにくい箇所ですので、ここに修正をお願いしたことはほぼありません。, この記事で対象としている診断書は、概ね患者さんが手術を受けたり入院したときに発生するものですから、病名(疑い病名)の記載は慣れればそう難しくはないでしょう。, ただ無症状で検査のために入院となると、何をつけたらいいのやら?となってしまうこともあるかもしれません。, 検査入院を指示した日とその数回前までカルテを見てもわからない場合は、過去に同じ検査をしていないかを確認しましょう。, 例えば、前回の検査で大腸ポリープを切除していたとなると、今回はフォローの検査かなと予測がつきます。, もしもカルテにほとんど記載がなく前回の検査歴もない場合には、他院からの紹介状などがないか調べましょう。, 他院からの紹介状に今までの経過と検査依頼目的などが記載してあったとしたら、それを見た検査依頼医は、紹介状と同じことをカルテに記載していないかもしれません。, ここまで見てもわからない場合は時間ももったいないので、他のスタッフや医師に確認した方がいいでしょう。, 例えば、腹痛でA月B日に来院となり、そのまま入院となった場合は診断日と初診日は同じで問題ありませんね。, 患者さんが定期的に通院している方であっても、今回の腹痛のエピソードと関係なければそれは診断日・初診日に影響はありません。, 例えば、A月B日に来院され大腸内視鏡検査予定となり、C月D日に入院、E月F日に大腸内視鏡を行ったところ大腸ポリープが認められた場合は診断日・初診日はどうなるでしょうか。, 来院という意味での初診はA月B日ですが、医師が大腸ポリープと初めて診断したのはE月F日ですね。, 思いますというのは、私が現在記載している範囲ではA月B日でもE月F日でも、保険会社や患者さんから何かを言われたことはありません。, まぁ保険会社も大腸ポリープ入院の診断書くらいであれば、初診日がA月B日だろうがE月F日だろうが、あまりにもおかしな日付でなければ正直どうでもいいのではないでしょうか。, 記載に困るパターンの一つに、細胞検査をしたけど結果がまだ出ていないなどがあるかもしれませんね。, 一つは医師がある特定の疾患を疑っているものの、確定(もしくは除外)の意味をこめて細胞検査をしているパターンです(パターン1)。, 胃潰瘍は良性と悪性があり鑑別が必要なので、内視鏡画像で良性もしくは悪性と考えても診断を確定するため(もしくは除外するため)に細胞検査をすることがあります。, 検査したところ異常所見があるけどその原因がよくわからないときや、見た目は問題ないけど細胞レベルで異常がないか検査したいときなどですね。, まぁ、どのパターンであろうが細胞検査をしていたら検査結果を確認してから診断書を記載するのがいいでしょう。, 診断日ですが、パターン1の場合は細胞検査を提出した日でも問題ありませんが、パターン2の場合は細胞検査結果が確定した日とするのがいいでしょう。, まぁ、このパターン1だとかパターン2だとかによる診断日などはほぼ医師対策でして、保険会社側はどうでもいいと思っているのではないかと私は考えています。, 医療保険では治療終了後に5年が経過していれば完治とみなす流れもあるようですが、主病名に直接つながる既往でなければ記載しなくていいでしょう。, 記載するのが正しいですが、肺炎との関連はかなり薄いので今回は記載していなくても、おそらくお咎めないでしょう。(記載しなくてもよいとは言えませんが), そこに細かく、2年前に膝の手術、3年前に大腸ポリープ切除など書いてあっても見づらいだけです。, 一方、肺炎で入院であれば呼吸に関わる疾患の既往(喘息入院など)はもちろん記載ですよ。, また高血圧、脂質異常症、糖尿病など、いわゆる持病というやつは現病歴なので、既往歴に書く必要はありませんね。, 最近はここの記載が必要ない診断書もありますが、いまだに書かされるやつがあるのも事実です。, 書かされる場合はだいたいが症状発現から初診までの流れと初診時の状態、初診後からの経過を聞いてきます。, 経過についてはできるだけ詳細にと記載がされていますが、細かくあーだこーだ書いてあるよりも、AだからB、BだからCとわかりやすく書いてある方がいいですね。, 他、患者さんに保険請求能力があるかとか、告知はいつ誰にどんな病名を、など聞いてくる診断書もあります。, 告知って、がん以外でも必要なのかはっきりしませんが、基本的には医師が患者に説明を行った日でよいでしょう。, それで記載しておいて、万が一医師からチェックが入ったら修正するスタンスでいいと思います。, ですから、ちょっと違うことが記載してあっても優しく「修正お願い」って感じで済むとは思いますが、なかには厳しい医師もいるかもしれませんね。, また、あまりにもトンチンカンなことが書いてあると、カルテをしっかりチェックしているのかな?と疑問に思ってしまいます。, AだからB、BだからCという順を追って理解ができる内容になっているかを確認しましょう。. このページでは、採用選考で健康診断の受診や健康診断書の提出を義務付ける行為は採用差別(就職差別)ならないのか、また実際に健康診断を求められた場合の対処法などについて解説しています。 診断書をスタッフが書いてくれるといいなぁというだけなのですが、ついつい前置きが長くなってしまいました。 さて、ここからは医師の立場から見て、これならokといえる診断書の書き方をポイントごとに簡単にみていきます。 法律面の解決とともに、心理面の負担も減らすべく、「話を聴くこと」を大切にしながら、企業の労務にかかわり、就業規則・諸規程の作成、労務相談対応、上場支援のための労務監査業務等を行う。, 健康診断書を提出する際に気になる取得方法や検査項目、費用の負担について解説します。, 新たに健康診断を受ける場合、自宅周辺の病院やかかりつけの病院など、ご自身の都合のよいところで受診することができます。なぜなら、健康診断は、健康診断を実施している病院や機関ならどこでも受けることができるからです。 採用に関する情報を銀行のように貯めて、だれもが引き出せるようにとの想いで採用バンクが誕生。特別編集長として求職者側に寄り添ったアドバイスを得意とする。 転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2020/11/13 UPDATE 毎週水・金曜更新!, (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. 診断書ポイント1 病名. 初めての転職の場合、「どのように健康診断書を取得すればいいのだろう?」「健康診断書は合否に影響するのか?」など、不安になってしまうことがあるかもしれません。 さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!, -就活・面接対策 診断書を書いてもらうのは、病気や怪我による休職が大半です。 医師から診断書を貰い、上司に渡すことで医師が指定した期間、仕事を休むことが出来ます。 しかし、その期間を知りたくても診断書には封がされていて、内容を確認することが出来ませんよね。 なお、異常が発覚しても改善の見込みがある場合、業務に支障をきたす可能性がない場合などは、合否への影響はないので安心してください。, 持病や健康状態は、厚生労働省の方針によって、選考には影響しません。あくまでも企業側があなたを仲間として受け入れることになった場合に備えて、把握しておきたいという思いがあるからです。健康診断書の提出を求められた場合は、速やかに提出しましょう。, また、古いものだと健康状態が変わっている可能性もあるため、3か月以内の健康診断結果を提出するように努めましょう。, 健康診断と診断書の発行には、お金と時間を要します。提出を求められた場合に備えて、病院を調べるなど、事前にできることは対応しておきましょう。できれば、予約しやすい時期や時間があるタイミングで、健康診断を受けておくことをおすすめします。, 選考に影響がないからと気を抜かず、ひとつひとつの対応を見られていることを意識して、丁寧にスピーディに対応しましょう。, まだ20代だし、ただのフリーターだし…と仕事を諦めていたら、さっさと辞めた友人に先を越された話, 【既卒向け就活サイトまとめ】頼れるエージェント5選、失敗した転職サイト4選ぶっちゃけました. そもそも診断書は、医師法に基づき発行される証明書で、医師がその患者の状態を保証し、その責任を負う、という文書です。 歯科医が発行する場合は歯科医師法、獣医が発行する場合は獣医師法がそれぞれ適用されます。 また、私たちに馴染みのある診断書の他に、死亡診断書というものもあります。 (参考:診断書 - Wikipedia) 「健康状態は選考に影響するの?」 選考が進んでいく中で、健康診断書の提出を求められ、どうしたらいいか分からずに困った、という経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。, 「そもそも健康診断書って何?」 応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分一人では気づかない最適な求人に出会える可能性が高まります。, 従業員の健康状態を把握しておく必要性を感じている会社の場合、健康診断書の提出を求められることがあります。その場合に、何をどうやって準備すればよいのか、確認していきましょう。, まず、健康診断書とは何かというと、現在の健康状況の診断書で、健康診断を受けた後に発行される書類です。健康診断書とは似たようなもので、健康診断証明書という書類もあります。, 健康診断証明書は、定期健康診断で得られた所見を元に、保健管理センターが発行する証明書のことを指します。対応方法が異なるため、提出を求められた場合は、念のためどちらの書類なのかを確認しましょう。, 新卒の場合は、大学の年度初めに健康診断が実施されており、大学の窓口などで比較的簡単に発行することができます。費用も数百円程度なので、負担も軽いですね。提出を求められた場合は、最新のものを提出します。複数の企業から提出を求められる場合もあるので、数枚ストックを持っておくと、スムーズに対応できると思います。, 企業によっては、コピーでもOKという場合もありますが、基本的には原本を提出しましょう。健康診断書は、あなたの重要な個人情報です。そのため、原本の提出を求められることが多いです。, 新卒の人が大学の窓口で発行する場合は数百円で発行できますが、それ以外の場合は、1枚あたり500円~2,000円程度が必要になるようです。, また、有効期限が厳密に決められているわけではありませんが、一般的には3か月以内に発行されたものを有効としています。企業は、今のあなたの健康状態を把握するために提出を求めるわけですから、1年以上前のものを提出することはしないようにしましょう。, 大学の窓口などで簡単に発行できる新卒と違い、既卒や第二新卒の場合は、基本的には自ら健康診断を受ける必要があります。そのため、健康診断の予約から健康診断書の発行まで、自分で対応する必要があるので、流れと注意点を確認しておきましょう。, 検査内容については、企業側から指示があることもあります。その場合は、指示に従い、病院にも対応可能か確認し、検査依頼をしましょう。, 追加料金がかかる場合もあるので、費用面も併せて確認しておきましょう。特に指示がない場合も、念のため検査内容について確認しましょう。書類の提出後、情報が足りないと指摘を受けたら、また検査を受けなければならなくなり、二度手間になるからです。, 特に指定のない場合は、雇入時健康診断(一般的な健康診断項目)の項目に則って検査を受ければ問題ないでしょう。, 労働安全衛生規則第43条では、事業者が労働者を雇う時に、労働者に対して雇入時健康診断を行うことを義務付けています。検査項目は11種類あり、検査項目の省略は禁じられています。, なお、雇入時健康診断の目的は、入社時の適正配置、入社後の健康管理に役立てることにあります。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査(問診)です。今までに罹った疾患や業務歴(健康への影響があり得る過去の業務)の有無に併せ、現在の健康状態も調査します。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査(問診)です。自覚症状(自分自身が病気かな?と思う症状)と他覚症状(医師の所見によって確認される症状)を検査します。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査(体重・視力・聴力)です。身長については、20歳以上は医師の判断により省略可能です。定期健康診断においては、腹囲は下記の場合に限り、医師の判断により省略可能です。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満で下記に該当しない場合、医師の判断により省略可能です。肺炎や肺がんなど、胸の疾患の有無を調べます。, 雇入時・定期健康診断時に必須の検査です。動脈と心臓に関する疾患が発症するリスクを確認するために行います。高血圧は成人病のリスクが増大します。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人(35歳を除く)は、医師の判断により省略可能です。貧血の有無を調べます。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人は医師の判断により省略可能です(35歳除く)。肝機能障害を把握し、就業上の措置などを行うことを目的に実施します。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人は医師の判断により省略可能です(35歳除く)。動脈硬化の原因となる高脂血症を把握するために行います。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、40歳未満の人は医師の判断により省略可能です(35歳除く)。検査結果は、主に糖尿病の診断に用いられます。, 雇入時は必須の検査です。定期健康診断においては、35歳未満、36~39歳の人は、医師の判断により省略可能です。心臓の異常などを把握するために行います。