九州エネルギー館(きゅうしゅうエネルギーかん)はかつて九州電力が運営していたエネルギー学習施設。 エネ館(エネかん)という愛称で呼ばれることもあった。.  足元では新型コロナウイルス感染拡大の悪影響があったが、沖縄県のエネルギー需要は中長期的にも堅調に伸びる見通しだ。人口の増加や、県内各地で大型施設の建設計画、基地返還跡地の開発計画があることが、その見通しを支えている。 沖縄電力、22年4月完成の新社屋にエネルギーセンター併設。電気と冷水を複合ビルにも. 電気事業連合会が運営する日本の電気の総合情報サイト。原子力発電の推進と原子燃料サイクルの確立に向け、その中核となるプルサーマル計画や高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)の最終処分に関する情報等を配信。  電気と冷水の供給は、沖縄電力子会社のリライアンスエナジー沖縄(REO、浦添市、仲里武思社長)が担当。複合ビルには子会社のプログレッシブエナジー(PEC、中城村、湊好男社長)がガスも供給する。 電力館(でんりょくかん)は、かつて東京電力の子会社である東電ピーアールが運営していた企業博物館。 電気や発電、エネルギーに関する展示を行う科学館・pr施設であった。 1984年(昭和59年)11月開館。 東京都 渋谷区 神南に所在していたが、2011年(平成23年)5月31日をもって閉館した copyright (c) The Denki Shimbun all rights reserved. (adsbygoogle=window.adsbygoogle || []).push({}); 電気新聞は一般社団法人  日本電気協会新聞部が発行しています。記事・写真・図表類の無断転載を禁じます.  集積した施設への「面的」なエネルギー供給は、堅調なエネルギー需要のもとで、今後も大規模開発が続くことを見据えた一手だ。本永社長は会見で「大型の商業施設や基地返還跡地の開発で、新しいエネルギー需要が生まれれば、面的供給の事業モデルを横展開できる」と指摘した。  個々の施設がエネルギー設備を保有する場合に比べ、エネルギーセンターには大型で高効率な設備を備えられるため、省エネルギーとコスト削減の深掘りが見込める。非常用発電機も設置し、災害時の施設のBCP(事業継続計画)機能も強化した。本永社長は会見で「エネルギーセンターは、総合エネルギー事業の象徴的なモデルになる」と強調した。 電気新聞2020年10月8日.  電力・ガス小売りが全面自由化されている中で、エネルギーの需要の増加を見越し、沖縄県には本土から複数の新電力やエネルギー供給事業者が参入。競争が激しくなっている。高圧分野の新電力のシェアは年初時点で12%を上回った。  この状況に対し沖縄電力は電力の販売に加え、PECが手掛けるガス供給、REOが17年から取り組むESP(エネルギー・サービス・プロバイダー)事業を柱とする総合エネルギーサービスを推進。総合力で競争に打ち勝つ考えだ。ESP事業は顧客の初期投資ゼロで、エネルギー供給に関わる一切の業務を請け負う。競合先の攻勢は激しいが、REOはこれまで大手スーパーのサンエーなど5件の顧客施設にサービスを提供している。 尚、本項目では併設されていたあかりの館にも言及する。 Tweet!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 電力館(でんりょくかん)は、かつて東京電力の子会社である東電ピーアールが運営していた企業博物館。電気や発電、エネルギーに関する展示を行う科学館・PR施設であった。1984年(昭和59年)11月開館。東京都渋谷区神南に所在していたが、2011年(平成23年)5月31日をもって閉館した[1]。, 渋谷・ファイヤー通り沿いに特徴的なデザインの建物を構えていた。東京電力の企業博物館として、省エネ家電の紹介コーナーを設置したり、原子力発電の仕組みを解説する模型を展示するなどしていた[2]。また歴史に関する企画展なども行われていた。, 2010年(平成22年)には大規模な改装工事が行われ、同年4月1日より1階から7階の各フロアが順次閉鎖されていた。表記も「Denryoku Kan(電力館)」と改め、翌2011年の3月20日に新装開館する予定となっていた[3]。改装後は「電気を『大切につくる』『大切につなぐ』『大切につかう』」をコンセプトに、「次世代を担う子供たちなどを対象に、地球の未来について考え、コミュニケーションの広がる場」としてリニューアルオープンを予定していた[1]。, だがその直前の3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴って再開を延期[4]、翌4月時点で全館休館となった。東京電力では震災に伴う福島第一原子力発電所事故なども発生したことから事業の見直しが行われ、同年5月31日をもってそのまま閉館した[1]。また、東京電力の広報子会社であり運営者であった東電ピーアール株式会社も清算されることとなった。, 閉館後は建物・土地の売却などが検討されていたが、建物の地下に渋谷地区一帯の電力供給を担う変電所がある上、東京電力渋谷支社が併設されていることから売却を断念。土地と建物は継続して東京電力が保有したまま、建物は解体せずシダックスに貸し出し、カラオケボックス「渋谷シダックスホール」として使用され[5]、2013年4月には「シダックスカルチャービレッジ」に店名を変更[6]。カルチャースクールとフィットネスおよび貸し会議室・ホールが運営されている[7]。, なお、廃止された電力館および隣接する東京電力渋谷支社がある場所には、渋谷区成立の4年後である1936年(昭和11年)から1965年(昭和40年)まで渋谷区役所庁舎があった[8]。, この節の出典は、2011年2月10日の東京電力プレスリリース別紙1「電力館 リニューアルの概要」による。, 2011年2月10日の東京電力プレスリリース別紙2「東京電力PR施設の概要」を参照。, 猪苗代第一発電所 - 神流川発電所 - 新高瀬川発電所 - 玉原発電所 - 塩原発電所 - 今市発電所 - 葛野川発電所 - 安曇発電所 - 早川第一発電所 - 田代川第一発電所 - 田代川第二発電所, 千住火力発電所(廃止) - 新東京火力発電所(廃止) - 鶴見火力発電所(廃止) - 潮田火力発電所(廃止), 福島第一原子力発電所(廃炉) - 福島第二原子力発電所(廃炉) - 柏崎刈羽原子力発電所 - 東通原子力発電所(建設中), 東京電力フュエル&パワー(燃料・火力発電事業) - 東京電力リニューアブルパワー(再生可能エネルギー発電事業)- 東京電力パワーグリッド(送配電事業) - 東京電力エナジーパートナー(小売電気事業), テプコシステムズ - 東電不動産 - 東京パワーテクノロジー - 東電設計 - 東京エネシス - 東電物流 - 東電タウンプランニング - 東電ハミングワーク - 東京電設サービス - 東京発電 - 日本原子力発電 - 東電パートナーズ - 東設土木コンサルタント - 新日本ヘリコプター - 日本原子力防護システム - TLC - 東京レコードマネジメント - 君津共同火力 - 鹿島共同火力 - 相馬共同火力発電 - 常磐共同火力 - 扇島都市ガス供給 - 関電工 - 東京計器工業 - 東光高岳 - アット東京 - ファミリーネット・ジャパン - テプコカスタマーサービス - TEPCO光ネットワークエンジニアリング - 東電用地 - ハウスプラス住宅保証 - 当間高原リゾート(ベルナティオ) - TEPCOコールアドバンス - 日本ファシリティ・ソリューション - 日本自然エネルギー - JERA - テプコ・リソーシズ社 - テプコ・オーストラリア社 - TEPCOトレーディング - リサイクル燃料貯蔵 - 東電フュエル - 日本原燃 - 石炭資源開発 - セルト - 東京都市サービス - 川崎スチームネット - 東京臨海リサイクルパワー - ユーラスエナジーホールディングス, キャリアライズ - フュージョン・コミュニケーションズ - ドリーム・トレイン・インターネット - スポーツプレックス・ジャパン - 川越ケーブルビジョン - ジャパンケーブルネット - ジャパン・イーマーケット - 日本デジタル配信 - パワードコム - スピードネット - アステル東京 - 東京テレメッセージ(初代) - マイエナジー - アルファプライム・ジャパン - 東新ビルディング - 関東天然瓦斯開発 - 東電ピーアール - 東電ライフサポート - 東京リビングサービス - 東電ユークエスト - 東京熱エネルギー - リビタ - 環境美化センター - グッドサーブ - テプコケーブルテレビ - 東電工業 - 東電環境エンジニアリング - 尾瀬林業 - 東電ホームサービス - 東電広告 - 東電リース, 東京電力女子サッカー部マリーゼ - Jヴィレッジ - TEPCOインターカレッジデザイン選手権, 東京電力原発トラブル隠し事件 - 福島第一原子力発電所事故 - 東京電力賠償金詐取事件 - 東電OL殺人事件 - 東京電力思想差別事件, 散策マップ No.1 『渋谷駅から渋谷のルーツをたずねて』渋谷区歴史散歩の会 平成13年10月発行, プレスリリース「DENRYOKU KAN(電力館)」のリニューアルについて -低炭素化について、お客さまと共に考え、コミュニケーションが広がる場の創出-、平成23年2月10日、東京電力株式会社, 東電、渋谷の電力館売却を断念 地下に変電施設あり困難 2011.12.15 産経新聞, ニトリ渋谷公園通り店、2017年6月30日開店-丸井・シダックス跡に「都心初」単独旗艦店, 東京電力プレスリリース「『DENRYOKUKAN(電力館)』のリニューアルについて〜低炭素化について、お客さまと共に考え、コミュニケーションが広がる場の創出〜」2011年2月10日、2019年7月24日閲覧。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=電力館&oldid=79756151. 神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町4-1: 連絡先: 045-394-5900 : 開館時間: 9:30~17:30: 休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始 詳しくは3ヶ月カレンダーをご覧ください! 入館料: 大人 300円、大学生 200円、高校生~小学生 100円 ※営業状況等のお問い合わせにつきましては、各電力資料館・pr館・運営会社等にお問い合わせください。 なお、当コンテンツの掲載情報は各館に承諾戴いております。 「pr・電力館 | 会社情報」ページ。株式会社jeraは、東京電力fpおよび中部電力の燃料上流・調達から発電までのサプライチェーン全体に係る事業を担う合弁会社です。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); 沖縄電力の総合エネルギーサービスが新局面を迎える。建設中の新本館(浦添市)に2022年3月にエネルギー供給施設を併設し、電気と空調用の冷水を複数の建物にまとめて供給する計画が進んでいる。県内のエネルギー需要の増加と事業者間競争の激化を受け、沖縄電力は顧客施設に電気、ガス、熱を最適な形で供給するサービスに力を注いできた。個々の施設への供給から、複数の施設にまとめて効率よく供給する事業モデルに踏み出し、県内の大規模開発の需要を獲得していきたい考えだ。, 10月7日に本永浩之社長らが那覇市内で会見し、22年4月完成予定の新本館の隣に建てる「エネルギーセンター」の概要を発表した。受変電設備、常用・非常用発電機、ターボ冷凍機などを備えている。電気と冷水は新本館だけでなく、ゆがふホールディングス(名護市、前田裕継代表取締役CEO)が新本館の近くで22年8月に開業する複合ビルの2施設に供給する。 九州エネルギー館(きゅうしゅうエネルギーかん)はかつて九州電力が運営していたエネルギー学習施設。エネ館(エネかん)という愛称で呼ばれることもあった。, 1971年(昭和46年)に開館した電気科学館の後身として、1982年(昭和57年)に九州電力創業30年周年事業の一環として開館した。, 2013年(平成25年)には累計入館者500万人を達成したが、施設の老朽化と九州電力の経営悪化に伴い、2014年(平成26年)3月3日に閉館した。跡地は積水ハウスに売却後、同じく取得予定である隣接の福岡市九電記念体育館・メルパルク福岡跡地(日本郵便所有)を一体として、浄水ガーデンシティの名称で再開発する予定である。, 誰でも無料で自由に見学することができる。毎週日曜日14:00からは、スタッフの展示解説を聞きながら展示を見学できる「エネルギーツアー」が行われていた。, あかりの館(-やかた)は、九州エネルギー館の敷地内に併設されている博物館。光エネルギーを利用した照明具に関する博物館である。, 前身は、寄贈された灯火具コレクションを展示した電気資料館で、九州エネルギー館が開館して2年後の昭和59年に開館した。, 開館以来、1階の原始時代の松明から近代の電球まであらゆる照明具を展示する「あかりの歴史」のコーナー、2階の明治時代のランプを展示した「ランプサロン」のコーナーに分かれていたが、2003年(平成15年)の改装で、1階に画家西島伊三雄の作品やアトリエを展示した「再現・西島伊三雄の仕事」をはじめ、昔の駄菓子屋や教室を再現したコーナーが新設され、かつての1階と2階の展示は全て2階の「あかりコレクション」に統合された。, 閉館後、灯火具のコレクションは福岡市博物館に寄贈され、この内ランプが2016年(平成28年)に福岡市博物館で展示された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=九州エネルギー館&oldid=73960959, 休館日:毎週月曜日(但し祝祭日の場合はその翌日)と年末年始(12月29日~1月2日). 沖縄電力の総合エネルギーサービスが新局面を迎える。建設中の新本館(浦添市)に2022年3月にエネルギー供給施設を併設し、電気と空調用の冷水を複数の建物にまとめて供給する計画が進んでいる。県内のエネルギー需要の増加と事業者間競争の激化を受け、沖縄電力は顧客施設に電気 …