ちょうどこの時代は、小さな車にも個性や上質さが求められる風潮があり、輸入プレミアムブランドの日本導入が始まったり、日産がティーダというプレミアムコンパクトを登場させます。 現在実際に車を購入しようと考えている私が本気でおすすめしたい車を3種類ご紹介します。毎日2時間、「20代後半独身男性の自分にとって、どの車が良い車なのか?」と完璧主義で失敗は絶対にしたくない私が徹底的にインターネットで調べつくした結果です。 ・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン 一方でコンパクトカーは、価格を抑えるために内外装は高級車と比べると、見劣りする部分もありますね。 特選車 > 気軽に乗れるコンパクトカーを買おうと思っているけれど、内外装の質感にも妥協したくない。 ・ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(アルファード専用色) ベリーサのプレミアム性を高めている、大きな要素が静粛性。一般的なコンパクトカーに使われているものより分厚いガラスを使い、ドアシールを二重にすることで外からの音の侵入を減らしています。 内装の質が高いコンパクトカーを低予算で手に入れたい。それなら総額50万円で走行距離5万km以下の個体が狙えるマツダ ベリーサはいかが?, タグ: モデル別で比較!ジムニー中古車の特徴と、お買い得条件を徹底解説; 今「お買い得」な中古車9選!予算別おすすめ車種と購入のポイント; 中古車値引きの極意!確実に値引きしてもらうための4つのポイント; 中古車の納車期間は平均1週間~2週間! ハッチバック マツダは、プラットフォームを一新した2代目デミオをベースにプレミアムコンパクトを開発。それがベリーサです。 紳士的だけれども攻撃的にもなれる、外国産高級車ならではの雰囲気は男性の憧れですが機能性やデザイン性など車種ごとにその特色は様々です。 今回は外国産高級車(外車)の選び方7つ、人気ランキングtop25を紹介します。 特選車 > マツダ 日刊カーセンサー > 2012年式まであれば、ほとんど総額50万円で買うことができますが、走行5万km以下のものが欲しいなら、総額60万から70万円ほど見ておく必要があります。 ・ダークレッドマイカメタリック オプションのレザーパッケージは、ハーフレザーシートやレザーの大型アームレスト、ウッド調&レザー調のステアリングなどが備わります。, 助手席前にあるアッパーボックスに、大型のメイクアップミラーが付いているなど、エスコートする女性への心配りもしっかりしています。 もしそう思っているなら、マツダが2015年まで製造していた、プレミアムコンパクトのベリーサに注目してみましょう。 / ベリーサ ・ブラック / 流通量は少なめですが、2013年式以降だと走行5万km以下のものが多くなります。この年式だと、総額80万から90万円ほどの予算を見ておくといいでしょう。, 求人誌編集部、カーセンサー編集部を経てエディター/ライターとして1999年に独立。独立後は自動車の他、音楽、アウトドアなどをテーマに執筆。得意としているのは人物インタビュー。著名人から一般の方まで、心の中に深く潜り込んでその人自身も気づいていなかった本音を引き出すことを心がけている。愛車はフィアット500C by DIESEL, SUV全盛期だからこそ、美しい英仏ステーションワゴンで差をつけるのがEDGEな選択!, 西川淳の「SUV嫌いに効くクスリをください」 ランドローバー 新型ディフェンダーの巻, 【2020年10月】カーセンサーnetでよくチェックされた中古車トップ10はコレだ!, 初代だけじゃない! 俊足ワゴンとしてお馴染みの日産 ステージアは2代目も速かった!, ▲内外装ともに上質さにこだわったベリーサ。静粛性にもこだわっています(写真は2013年7月に登場した特別仕様車“ミスティック レザーセレクション”), ▲ベリーサはマイナーチェンジでも大きくデザインを変えなかったので、デビュー時のものでも古さを感じずに乗れそうです, ▲継ぎ目がなく上質なインテリアパネル。ステアリングやシフトパネルまわりにも同色の加飾が用いられている, ▲ドレスアップパッケージは、サイドシルやエグゾーストパイプフィニッシャーがメッキタイプになります, <<新車時の半値以下ということで超お買い得に見える先代BMW 3シリーズの後期型って、実際どうなんだ?, エッジなモデルを発見!! 2016年9月16日 国産高級車といえば、どの車を想像しますか? 中高年の方だとトヨタ高級車といえば「センチュリー」、日産高級車といえば「プレジデント」を思い浮かべる方も多いはず。 トヨタ「センチュリー」(現行車の画像)・・・ 高橋満, 取り回しの良さ、燃費性能の良さなどから、多くの人が選んでいるコンパクトカー。都市部の駐車場事情にも適しているので、メーカー各社も様々なタイプを発売しています。 / 現在ベリーサは、ほぼすべての中古車が総額100万円以下で買うことが可能。総額50万円以下で中古車を見つけることもできるお得なプレミアムカーです。, ベリーサは2004年6月にデビュー。その車名はイタリア語の“Verita(真実)”と英語の“Satisfaction(満足)”を組み合わせた造語で、こだわりをもつ人と、それに応えるモノとの理想的な関係を表しています。 内装の綺麗さもベリーサのプレミアム感を味わううえで重要なポイントともいえます。 走行距離5万km未満の個体であれば、比較的劣化も少ないことが多いので、内装の綺麗さを重視する人は、低走行の物件を選ぶとよいでしょう。 昔は本革シートを採用した車は高級車の証でした。日本での高級車ブランドの代名詞であるメルセデス・ベンツやbmw、アウディなど、主に欧州車が日本車にはないプレミアム感を演出する役割を担っていたと感じます。それから時は過ぎ、現在では車の価格高騰に 高級ミニバンを世に知らしめた存在は間違いなくトヨタ・アルファードだろう。先にライバルである日産エルグランドが存在してはいたものの、ブームといえるほどの人気を不動のものにしたのは間違いなくアルファードの功績である。そんなアルファードも現行モデルは3代目だ。魅力をお伝えしよう。, 初代アルファードは、高級感、豪華さを全面に押し出した大型ミニバンとして登場した。ライバルのエルグランドがFR車であったのに対し、アルファードはパッケージングで有利なFFレイアウトを採用。重量級の大型車でありながら、フロントはストラット、リヤはトーションビームというサスペンション形式となっている。パワーユニットは3リッターV6、2.4リッター直4、さらに2003年には、2.4リッター直4エンジンとTHS-Cというシステムを組み合わせた、アルファードハイブリッドも登場した。2008年に2代目へとバトンタッチ。, 初代のイメージを踏襲し、豪華さを前面に押し出したコンセプトも継続された。パワーユニットは2.4リッター直4と、上級車種は3.5リッターV6へと排気量がアップされている。登場当初はハイブリッドモデルはラインアップされていなかったが、2011年のマイナーチェンジ時に追加。現在数多くのモデルに採用されているシステム、THS-IIと2.4リッター直4を組み合わせたユニットを搭載している。また、2代目では販売店と見た目が異なる姉妹車、ヴェルファイアがラインアップされたこともトピックスだ。2015年に生産を終了している。, さらに高級感を磨き上げ、ショーファードリブン=セダンという常識を覆すように、VIPの送迎などにも積極的に使用されるようになった。2代目では攻撃的な見た目のヴェルファイアの人気が高かったが、3代目アルファードは巨大なメッキグリルを採用し、ヴェルファイアの迫力に近づく押しの強いフロントフェイスが衝撃を与えた。2018年でのビッグマイナーチェンジではさらにフロントフェイスのメッキ割合を増やし、販売台数ではついにヴェルファイアを逆転している。パワーユニットは2.5リッター直4、3.5リッターV6、2.5リッター直4+THS-IIの3種。, さらに豪華さが増した3代目のアルファード。新型の開発に際してのキーワードは「大空間高級サルーン」に設定された。また、ヴェルファイアが「大胆・不敵」をテーマとしているのに対し、アルファードは「豪華・勇壮」である。, 構成としては、まずエントリーグレードとなる2.5リッター直4ガソリンエンジン車はレギュラー仕様。8人乗りと7人乗りをラインアップし、2WDと4WDを揃える。もっともパワフルなのは3.5リッターV6ガソリンエンジン車で、コチラはハイオク指定。乗車定員は7人のみとなり、駆動方式は2WDと4WDが選択可能だ。, 燃費に優れたハイブリッド車は当然レギュラーガソリン仕様。駆動方式はリヤにもモーターを積むE-Fourという名称の4WDのみ。また、2代目まで採用していたリヤサスペンションのトーションビーム形式を、ダブルウイッシュボーンに変更している。, なんといっても顔の特徴は縦に大きいメッキのフロントグリルだ。現在人気となっている「オラオラ系」などと呼ばれるアクの強さは、迫力を求める層に人気。この巨大なメッキグリルは下部のロアグリルと一体化し、さらに大胆さを高めている。エクステリアは標準車とエアロボディを用意。標準車はロアグリルをハの字型の形状とすることで、背の高いミニバンでありながらワイドで安定感のある見た目が演出された。, 一方のエアロボディは、グリル全体をロの字型とし、左右のフォグランプにメッキガーニッシュを採用してスポーティな見た目としている。ヘッドライトまわり、及びフォグランプ(全車オプション)はすべてLEDとなる。, 立体的な構成でリヤにも迫力を確保。アンダーボディはコーナーのエッジを際立たせ、さらにハの字のバンパーが安定感を演出している。ルーフ後端に位置するLEDハイマウントストップランプ付リヤスポイラーは全車標準装備となる。エアロボディはクロムメッキのリヤライセンスガーニッシュとなるほか、バンパー両端のリフレクターが、標準ボディの横長形状に対し縦長となる。さらにバンパー角部分がスポイラー化されるなど、見た目と空力を意識したデザインを採用している。, フロントサイドウインドウ下部からセンターピラー、リヤサイドウインドウにメッキモールを繋げるZ形状のラインが特徴。アンダーボディに厚さを持たせることで、重厚感のあるデザインとしている。エアロボディはスポイラー形状のサイドマッドガードがまるで車高を落としたようなイメージを抱かせ、スポーティな雰囲気をもたらす。, タイヤサイズは全部で3種類、組み合わせるアルミホイールは5種類をラインアップ。215/65R16、215/60R17にホイールが2種類、215/50R18にホイールが2種類という構成だ。18インチに関してはガソリン車のみで選択可能となっている。, ・ホワイトパールクリスタルシャイン 超レアなレクサス最高級ミニバン「LM」のプレミアム度はアル/ヴェル以上だった>>, 1万円で買ったフォルクスワーゲン ゴルフ2 はたして8年間でいくらかかったか?【永久保存版レポート】, 【独自調査】あなたの憧れは入っている? 50~60代に聞いた「いつかは乗りたい車ランキング」, ベリーサ 1.5 C ドレスアップパッケージ 純正フルセグナビ ETC 点検記録簿付, ベリーサ 1.5 C ドレスアップパッケージ 純正ナビ Bluetooth 禁煙 スマートキー, 【2019年版】人気の輸入車SUV10選|イケパパ&オシャレ男子に送るお得に買える中古車はコレだ!, ノート e-POWERを買ってから1年半。約2万km乗ったリアルオーナーが今買おうとしている人に伝えたいこと, 【2020年版】子育て世代にオススメ。100万円&150万円以下でお得に狙えるスライド付き軽自動車10選, リモコンキーでドアが開かない! 電池切れかも? そんなときの「電池交換」「ドア開錠」「エンジン始動」方法, 自宅に充電設備なしで電気自動車 リーフを購入→半年乗ったから正直な感想をシェアする, 【功労車のボヤき】全然納得できないし信じられないけど……安いの……泣! プジョー 406クーペ. 流通量が多いのは、エクステリアにメッキパーツを施したCドレスアップパッケージ。また、スタイリッシュV(2007年)やクラッシースタイル(2011年)などの特別仕様車も見つかります。 また、このタイミングでステアリングにオーディオ操作スイッチが取り付けられました。 走行距離が多い個体は、シートにヘタリが見受けられることが多い傾向にあります。内装の綺麗さもベリーサのプレミアム感を味わううえで重要なポイントともいえます。 ・スティールブロンドメタリック そして、2010年7月の一部改良でLにオートライトシステムやレインセンサーワイパーが採用されています。 2012年6月にはCのシート色がテーラードブラックに変更されています。, ベリーサを中古車で探す場合、まずは本革シートと布シートどちらが欲しいかを考え、次にカーセンサーnetに掲載される写真を見て、気に入った内装色を探してみましょう。 誰もが憧れる高級車。人によって高級車の定義は多少異なるものの、少なくとも1,000万円を超える車に乗れるような方は世の中の一握りの割合に過ぎないことは確かです。 走行距離5万km未満の個体であれば、比較的劣化も少ないことが多いので、内装の綺麗さを重視する人は、低走行の物件を選ぶとよいでしょう。もちろん実車での確認もお忘れなく。 中古車トップ > 人気の高級suvに関するまとめ。ここ数年で、車と言えばsuvといえるほどに浸透した大人気のsuv。そんな数あるsuvの中から、外車、国産の高級suvを一挙にご紹介!インテリア、内装が豪華な、まさに紳士のための高級suvも厳選ピックアップしました。 2009年5月には、Cの内装色に薄紫がかったグレーを採用。2010年7月には、Cの内装色にコーラルブラウンを、Lにはクールブラックの本革シートが採用されました。 ・グラファイトメタリック, 何が違う? ドレがいい? トヨタの小型SUV「ライズ」「ヤリスクロス」「アクアクロスオーバー」の悩ましき同門対決, 女性ならクルマもファッションの一部と捉えるべし! 7つの服の系統別オススメの小型国産車14台, なぜか「成功例」が見当たらない! 軒並み1代限りで消えている「観音開きドア」のクルマ4選, 市場を切り開いた偉大なクルマが敗北! 「後出しじゃんけん」でバカ売れしたクルマ4選, 新車販売で各ジャンル不動の首位アルヴェルにN-BOX! なぜ誰も牙城を崩せないのか?. トヨタ・アルファードといえば、高級ミニバンというジャンルを知らしめ、そして定着させたクルマである。ライバルの日産エルグランドのほうがデビューは先だが、3代目アルファードでは、もはや敵なし、ライバル不在というほど市場を独占している。そんなアルファードの魅力を探りたい。 搭載エンジンは1.5L直4で、最高出力は83kW(113ps)、最大トルクは140N・m(14.3kg-m)。燃料はもちろんレギュラーガソリンになります。, 2004年から2015年まで11年にわたり製造されたベリーサですが、生産終了までにマイナーチェンジは1回のみ。あとは細かい仕様変更を行うことで商品力を高めていました。 ボディサイズは、全長3975mm×全幅1695mm×全高1530mmとコンパクトカーとしては標準的ですが、厚みのあるフロントマスクにより重厚感を強調しています。ヘッドライトは内部が4灯式になっていて、内部にアルミ蒸着加工を施すことで、高級感が高められました。, ボディサイドは、キャラクターラインで表情をつけるのではなく、肉厚な面構成でシンプルながら陰影を感じるデザインにしています。これは、現在のカーデザインの流行に通じるものがある部分です。 2006年8月のマイナーチェンジでは、インテリアの素材変更などが行われました。, 上級グレードのLは、ブラック&ブラウンのツートーン本革を採用。ベースグレードのCは、ダークレッドとオリーブという、2色の内装色が設定されました。インパネまわりもメッキ加飾で質感を高めています。 インテリアもエクステリアと同じように、シンプルながら上品な雰囲気に仕立てられていて、さながら高級マンションのモデルルームのような雰囲気です。インパネ中央のセンターパネルは、チタン調の素材が使われ、継ぎ目をなくすことで上質な雰囲気に仕立てられました。, シートは、背もたれと座面に厚みをもたせ、体を包み込むデザインに。その作り込みは、ソファのようなシート作りを得意とするフランス車のような雰囲気です。シート座面のフレームは、マツダの上級モデルであるアテンザと同じものを使っているため、コンパクトカーでもゆったり座ることができるのです。 クルマの話題をゆるくわかりやすく伝えるカーライフマガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、クルマにまつわるさまざまなニュースやトレンドなどを車が好きな方だけでなく、ライトユーザーに向けても分かりやすく、楽しく、毎日発信しています!, 誰もが憧れる高級車。人によって高級車の定義は多少異なるものの、少なくとも1,000万円を超える車に乗れるような方は世の中の一握りの割合に過ぎないことは確かです。, 国産自動車メーカーの高級車といえば、トヨタのセンチュリーやホンダのNSXなどが思い浮かぶ方も多いと思いますが、実は世界にはまだまだ高額な自動車が数多く存在します。, また、高級車といえばVIPをもてなすセダンやフェラーリのようなスーパーカーを連想する方も多いですが、SUVやオープンカーのジャンルにおいても多数の高級車があります。, そこで今回は、世界のあらゆるジャンルの車種の中から高級車のランキングを一覧でご紹介します。1,000万円超えは当たり前、なかには億単位の超高級車も存在します。ぜひ最後までお読みください。, まずは高級車の王道、セダンのランキング一覧をご紹介します。国産車のトップに君臨するのは、やはりトヨタ センチュリー。皇族や政府要人、国内外のVIP御用達の車ということもあり、圧倒的な存在感があります。, 海外の外車を含めたランキングでは、ロールスロイスがトップ1,2を独占。やはりイギリス伝統のエンブレムが光る超高級車ブランドは健在といえます。, ランキングのなかでも特徴的なのが、ベントレー ミュルザンヌスピードや、ポルシェ パナメーラ ターボSEハイブリッド エグゼクティブのようなスポーティーな車種も存在している点です。, ロールスロイスやセンチュリーのような伝統的で格式ある高級車も良いですが、自ら運転する楽しみも味わえるスポーティーなセダンのニーズも高いことが分かります。, おすすめポイント:ラグジュアリーとスポーティーを兼ね備えたベントレーのフラッグシップ, 次に4シータークーペのランキングをご紹介しましょう。セダンから雰囲気が一気に変わり、スポーティーさを全面に押し出したモデルが多いです。やはりここでもロールスロイスがトップを獲得。しかし、フェラーリやアストンマーティンといったスポーツカーを得意とするメーカーもランキングに台頭してきています。, 国産車は2017年から発売が開始されたばかりのレクサス LC500が最高値となっていますが、他にもGT-RやフェアレディZなどもこのクラスに入る車種です。, やはりスポーツタイプの車種ということもあり、セダンに比べて圧倒的に車体重量が軽く、パワーやトルクも大幅に向上していることが分かります。なかでもフェラーリやアストンマーティンといったスポーツカー専門のメーカーがつくった車種は軽量な車体によってエンジンのパワーを極限まで活かしていることが特徴として挙げられます。, 国産のオープンカーといえばライトウエイトのスポーツカーがおなじみですが、ランキングとしては意外にも重厚感のあるロールスロイスがトップとなりました。ロールスロイスにオープンカーというイメージはない方も多いと思いますが、外観のスタイリングこそ存在感のあるエンブレムとロールスロイスの顔が前面に主張しているものの、内装を見渡すとスポーティーなオープンカーそのもの。外装・内装ともに上質で艶のある漆黒のカラーで統一されているのですが、内装にはオレンジをワンポイントのアクセントとして使用しており、ロールスロイスのイメージを良い意味で裏切ってくれます。, ちなみに、国産オープンカーとして取り上げた即位用の特注センチュリーについてはこの後のステップで詳しくご紹介します。, 2019年5月の新天皇即位にともない、パレードで使用する車種がトヨタ センチュリーに決定しました。もちろん、センチュリーにはオープンカーのモデルは存在しないため、特注としてトヨタが開発することになります。開発予算は実に8,000万円。いくつかの自動車メーカーへ打診を行い、日産、ホンダといった国産メーカーだけではなく、ロールスロイスやメルセデスベンツなども候補に上がっていたようです。, 長年にわたって皇室の御料車としても活躍し、天皇陛下の公務を支えてきたトヨタ センチュリー。新たな時代の節目となる2019年の春においても、歴史に名を刻むことになりそうです。, SUVという車種の特性から、高級車のイメージが沸かない方も多いのではないでしょうか。しかし、実はSUVも多くの高級車メーカーが名を連ねるジャンルでもあります。, SUVにおいてもやはり、ロールスロイスがもっとも高額なSUVとしてランクイン。しかし、それ以上に驚くのがランボルギーニ ウルスの存在ではないでしょうか。, ランボルギーニといえばフェラーリと並んでスーパースポーツのイメージが強いですが、実は2017年12月から初のSUV車「ウルス」を発売しています。登場してからわずか1年程度ということもあり、知名度は高いとはいえませんが徐々に売り上げが伸びています。, SUVのランキングの特徴としては、セダンやスーパースポーツのジャンルに比べると価格帯は低めであることが分かります。しかしながら、1位のロールスロイス カリナンは4,000万円弱のため、手が届くのはほんの一握りの富裕層であることに違いはありません。, ここで初めて、各ジャンルでトップを死守していたロールスロイスが姿を消し、キングオブスーパースポーツカーのランボルギーニがトップを獲得しました。軒並みスーパースポーツカーは3,000万円を超える価格がメインとなっており、高級車としての層の厚さを改めて実感します。, それぞれの車種を見比べてみると、車体重量とエンジン性能のバランスの高さに驚きを隠せません。ほとんどの車種が1トン前半という軽さにもかかわらず、最高出力は700ps以上。, なかでも驚きなのがフェラーリ 812スーパーファストの800psという破格のパワーではないでしょうか。スーパースポーツカーというジャンルに恥じない驚きの性能の車ばかりで、誰もが一度は憧れるブランドが名を連ねています。, また、2017年に再び登場したホンダのスーパースポーツカー、NSXにも注目したいところ。V6のツインターボエンジンから発揮される500psオーバーのパワーは国産車のなかでも随一の動力性能を有し、海外勢のスーパースポーツカーに負けない迫力があります。, ちなみに、ランボルギーニの代表車種であるアヴェンタドールをはじめとしたスーパースポーツカーも、レンタカーとして借りることが可能なことをご存知でしょうか。, 利用できるショップは限られますが、12時間単位で3万円から10万円程度でレンタカーとして貸し出しを行っているところもあります。憧れのスーパースポーツカーを存分に楽しむことができるため、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。, 今回、ご紹介した数千万円単位の高級車のほかにも、実は億単位の価格で販売されている超高級車も存在します。, このレベルの車になると、維持費だけで年間数百万円以上がかかることも。エンジンのパワーもトルクも一桁違うレベルで、私たちにとっては想像し難い世界の車といえるでしょう。, 2019年7月9日ダイハツ・タント、タントカスタムは約6年ぶりにフルモデルチェンジを果たし発売されました。   タントは初代モデル発売から2[…], 子どもの夏休み 終わりが近くなった8月のくれになって 「自由研究に手を付けてない!」 なんて事態に毎年襲われていませんか。 どうせ手伝うことになるなら[…], 燃費性能に関する虚偽申告と、過去に重ねた不祥事などもあわせて、もはや単体の力だけでは汚名を払拭することが難しくなってしまった三菱自動車。そんな三菱自動[…], [PR by Honda Cars IBARAKI] 目次 歴代フィットモデルのデザイン・性能の解説 2代目フィット(GE型) 3代目フィット(GK型[…], 多くのカーメーカーでは、自社モデルをカスタマイズ・チューニングしたりするパーツ企画・販売を行う際に、子会社化を行っていることが多いです。カーメーカー思[…], 21年ぶりのフルモデルチェンジ、新型トヨタ・センチュリー発売!レクサスLSを上回る価格で日本車のショーファーリムジンの頂点に!, いつかは所有してみたいメルセデスベンツ・Sクラスクーペ/カブリオレがマイナーチェンジ!新型エンジン搭載、AMGモデルはパナメリカーナグリル採用!, 革命児イーロンマスク率いるテスラにやってきた「影のF1界最速の男」が電気自動車の未来を変える理由, ダイハツ・タント/タントカスタムがフルモデルチェンジ!新型を軽ハイトワゴンのN-BOXやスペーシアと徹底比較!, 世界の高級車ランキング!日本で買える外車メーカーで最も値段の高いモデルをボディタイプ別に一覧化!, スピード違反の点数と反則金は高速道路と一般道でどう違う?一発免停(赤切符)となる超過速度と罰金はいくら?, トヨタのスポーツセダン マークX GRMNを振り返る ~ トヨタのスポーツセダンの将来は?.