55歳で早期退職をするとしても 完全リタイアしたいなら早いうちからの早期退職のための貯蓄・資産運用はかかせません。 年間100万円生活に抑えることができれば、生活費1000万 + 臨時支出代1000万 = 2000万円でも55歳からの完全リタイアが可能です。 今年も11月に突入ということで、年末調整の時期ですね~。派遣会社から書類一式が送られて来ましたよ。でも、転職の影響で、2社から給料をもらう形となった一昨年・昨年… Copyright ©  ★早期退職・同時進行ドキュメント★ 54歳早期リタイア計画 All rights reserved. 2020.11.1. 55歳でセミリタイアを目指すなら?仕事はどのくらいすればいい? セミリタイア生活をお送りたいと思うなら 55歳という年齢は、本当にラストチャンス だと思います。 仕事が生きがい! 一生現役でいたい… 55歳でセミリタイアを目指す場合 30歳から55歳までの25年間も余裕があります。 利回り4%で25年間積み立てし続けることができればいくらの貯金になるのかを見てもらえば複利の力がすごいことがわかる … セミリタイアの記録. セミリタイアとは会社員を辞めて、貯蓄と最低限のアルバイト、投資などで生活するライフスタイルのことです。本記事では、セミリタイアするには投資やアルバイトなどでどれほどの収入を得る必要があるのか、どのような方法で投資を行うかなど、実例を紹介しながら解説します。 早期リタイアは、長期的な幸せへの答えではない。 44歳でリタイアし、ブログ「EarlyRetirementNow.com」をやっているカーステン(Karsten)さんは、リタイアをしてすぐに幸福度が増したということはなかったと言う。 「もちろん、早期リタイアは自分を幸せにします! 子供も独立して生活費に余裕がでてくるのが55歳頃になるため、そうなると早期退職して悠々自適な生活を夢見ますよね。, どうせなら55歳で早期退職なら、その後は一切働かない完全リタイアを目指したいところです。, この記事では55歳で早期退職して完全リタイアするためには資金はいくら必要になるのか解説していきます。, 55歳という年齢は余裕が出てくる頃ですがそこには落とし穴もありますので、早期退職で失敗せず完全リタイアするためにこの記事を参考にしてください。, 55歳で早期退職をするなら年金受給開始年齢の65歳までの10年間、現在30代・40代なら70歳受給開始も想定して15年間の生活費が最低限必要になります。, 年間の生活費をどれだけ抑えられるかで早期退職をしてから年金受給開始年齢までに必要な資金が大きく変わってきます。, 独身でも水道光熱費などの固定費はあまり変わりませんし、外食が多くなるという点から最低生活費が高くなっていますね。, この老後の最低生活費から早期退職後から年金受給開始年齢までに必要になる資金を年間100万・200万円生活の場合と一緒に比較してみます。, 一般的に老後に必要な生活資金から計算すると3,500万~5,250万円という膨大な老後資金が必要となってしまいます。, ちなみに勤続30年以上の早期退職者の平均退職金は以下の通りとなっています(割増退職金含む), 年間100万円生活に抑えれば早期退職による退職金と貯蓄で完全リタイアが可能ですが、独身で「最低限の生活でもいいから仕事をしないで暮らしたい!」のようでないと難しいですね。, 「55歳で早期退職なら少ない資金でも完全リタイアできるんじゃないかな?」と思いがちですが、55歳で早期退職をするとしても多くの老後資金が必要となります。, 55歳からの早期退職で完全リタイアするためには、若いうちからの老後資産の準備、もしくは最低限の生活費で暮らしていく必要があります, また年間生活費を年金予定支給額より抑えられるかどうかで早期退職後に必要な資金が大きく変わりますね。, しかし年金受給額よりも生活費のほうが高いのであれば年金受給開始後の生活費の資金も確保しなければなりません。, ※55歳で早期退職のため厚生年金の加入年数が短くなり通常より年金受給額は少なくなります。, あくまで平均年金受給額なので、あなたの給与額により年金受給額は前後しますので注意が必要です。, あなたの将来の年金受給額は『ねんきんネット』で試算できますので無料で登録して確認してみましょう, 年金受給額の平均16万~21万円より低く1か月の生活費を抑えられれば早期退職後の必要資金を大きく下げることができるわけです。, しかし老後に必要な最低生活資金は27万~29万円となっているため年金受給額に合わせて生活水準を落とさなければいけません。, 年金受給額だけでは生活が送れないというのなら、以下の計算式による資金がさらに必要となります。, 2人以上の世帯なら老後に必要な生活費が年間324万円、年間年金受給額が250万円なので毎年74万円不足します。, この例で65歳から必要になる資金と55歳で早期退職してからの合計の必要資金を見てみましょう。, 年金受給額以内に生活費が抑えられないととても多くの老後資金が必要となってしまいます。, 早期退職金の退職金だけでは賄えないため、30代・40代の若い年齢のうちからの早期退職の準備がかかせません。, もしくは早期退職後もアルバイトなどで収入を稼いでいくセミリタイア生活をするしかないですね。, 目安としては独身なら年間190万円以下、夫婦なら年間250万円以下の生活費に抑えれば臨時支出代も含めて2,900万~3,500万円の早期退職資金で完全リタイアが見えてきます。, 年金受給額より生活費の方が高い場合は、自分が何歳まで生きるかを想定して資金を用意すれば良いか分からないといったデメリットがあります。, 老後破産を防ぐためにも100歳まで生きることを前提に早期退職のための資金を確保したいですね。, 長生きしたときのリスクを考えて資金を用意しておかなければ老後破産となってしまう恐れがあるため注意が必要です。, もしそうであっても100歳まで生きる前提で資金を用意しておけば、医療費や介護費などの臨時支出が想定していた以上にかかってしまった場合にも対応できるようになります。, 100歳まで長生きしたリスクを考慮した資金のシミュレーションが大切というわけです。, 早期リタイア後の生活費のシミュレーションをするなら『逃げ切り計算機』という無料ツールがおすすめです。, 逃げ切り計算機を使用すれば、早期退職後にあなたの貯金で何歳まで生きられるかを簡単に計算ができます。, あなたの早期退職時の条件に合わせてさまざまなシミュレーションができるので是非利用したい無料ツールです。, 例えば独身で55歳で早期退職して年金受給額以内に生活費を抑えた場合をシミュレーションしてみます。, 年金受給開始後は年金だけで生活できますし、年金受給開始年齢までの資金だけ確保すればこのような結果になりますよね。, このようにシステムはとてもシンプルですが早期退職をするために必要なシミュレーションができるわけです。, 早期退職をする年齢を前後させようとすると年金受給額も変わってきますので、『ねんきんネット』での年金受給額の試算と併用すればさまざまな条件にあわせてシミュレーションが可能になります。, 逃げ切り計算機で100歳以上生きられて、かつ医療費や介護費などの臨時支出に対応する1000万円を確保できれば55歳で早期退職が見えてきますね。, 年間インフレ率も含めた逃げ切り計算機のもっと詳しい使い方や、ねんきんネットでの年金受給額の調べ方については『逃げ切り計算機を使用したセミリタイアシミュレーションの方法を解説』をご参考にしてください。, 老後には日常の生活費のほかにもさまざまな臨時支出が発生しますので、生活費とは別に予備費として1000万円程の資金を確保したいです。, 老後に必要になりえる臨時支出に対応するお金を用意しておかないと老後破産となってしまいます。, 医療費は医療保険に加入しているようであればその金額を普段の生活費の中に入れて計算しておけば大丈夫ですね。, もし医療保険に加入していなくても収入が少なくなった早期退職後なら『高額療養費制度』により医療費の自己負担額は少なくすみます。, 高額療養費制度については『セミリタイア後に保険は不要?高額療養費制度を活用しましょう』をご参考にしてください。, 在宅介護をしていけば介護費用を抑えることができますが、肉体的・精神的負担がとても大きなものとなります。, ただし両親の介護の場合、両親の年金・貯金を取り崩して賄えれるようなら負担は少なくなりますね。, それが不可能な場合や自分や奥さんの介護の場合は、安定した収入がなくなる早期退職後には介護はとても大きなリスクとなるわけです。, あなたの家庭に長期間の介護の必要が発生するかもしれませんし、反対に全く必要ないかもしれません。, しかし介護問題により老後破産となるケースがとてもおおいため、介護に対する備えは必ずしておきたいです。, 早期退職後の介護問題については『在宅介護の問題点とは?セミリタイア生活のメリットを活かしましょう』をご参考にしてください。, そのため医療費・介護費、その他の臨時支出に老後破産せずに対応していくためにも1000万円は最低用意しておきたいですね。, 安泰な老後生活を送るためには臨時支出代も用意しておかないといけないため、早期退職に必要な資金が思っている以上に多くなるわけです。, 子供が大学に行っていると学費だけで年間平均100万円かかり、一人暮らしの仕送りまでするともっと必要になります。, 男性の平均結婚年齢が31歳となっていますから子供が大学を卒業するのが53歳頃、子供が2人なら54~55歳になります。, 55歳に早期退職をしようとすると、子供が大学を卒業してから老後資金を貯めようと思っても遅いわけです。, 子供の大学費用や仕送りに年間200万円使用していたら大学卒業後はその分だけ浮きますが、その時にすでに53歳なら55歳の早期退職までの2年間で400万円しか貯蓄できませんからね。, 子供が大学に通っているときは奥さんもパートをして家計を支える場合が多いと思います。 しかし子供が独立して生計が楽になったからとパートを辞めてしまうと逆に生計が厳しくなり貯蓄ができないとなってしまうため注意が必要です。, 「55歳での早期退職後は完全リタイアしてある程度の贅沢もしていきたい!」というのなら、遅くても40代のうちから準備をしなくてはいけませんね。, また退職金で住宅ローンの残債を返済するつもりで住宅ローンの返済計画を立てていませんか?, 住宅ローンは35年で組む場合が多いので、住宅ローンの繰上返済を早いうちから行っていかなければ早期退職による退職金が全て住宅ローンの返済で消えてなくなったしまう恐れがあります。, 早期退職を考えているなら住宅ローンの繰り上げ返済を早いうちから行っていく必要がありますね。, 早期退職で完全リタイアするためには遅くても40代からの資産形成をしていくことが重要です。, 早期退職後にそれまでの生活水準をいきなり落とすのはかなり厳しいですから、早いうちからの準備が肝心となります。, しかしそうすると年収がいくら上がっても貯蓄は貯まりませんし、一度上げてしまった生活水準を下げることは難しいです。, そのため収入が上がっても生活水準を上げない、段階を経て少しずつ下げていくということが大切なんです。, そうすれば早期退職をするころには毎月の生活費も少なくなっていて、貯蓄も貯まっているはずです。, なお、生活水準を下げるためのテクニックについては『生活水準を下げるための6つの節約術を公開!人生を豊かにするために』で詳しく紹介していますので是非ご参照ください。, 早期退職後の老後資産を形成するためには若い年齢のうちからのインデックス投資での資産形成がおすすめです。, 銀行にお金を預けておけば勝手に増える時代は終わって、将来の年金や社会保障もどうなるかわかりません。, 55歳で早期退職して完全リタイアするなら、厚生年金の加入期間が短くなるため年金受給額も減るし、割増退職金が貰えるからといっても生涯年収自体は大幅に減ります。, 節約しての貯蓄だけでは限界がありますから資産運用でお金を増やして完全リタイアを目指したいですね。, 資産運用していくにはどうしてもリスクがありますから、そのリスクを減らして老後資産形成するためにもこれらの3つのポイントを守って運用をしましょう。, 無理がない余剰資金で毎月積立をしていき、20~30年以上の長期運用をすればプラス収益となりやすく、平均利回り4%~7%も狙えます。, 通常は目先の資金が欲しくて投資をするためそこまでの長期運用ができずハイリスク・ハイリターンとなってしまいます。, しかし早期退職で老後資産のためという目的なら20年以上の長期運用も可能なため、リスクを抑えながら資産形成がしやすいというわけです。, あくまで長期運用ができないと資産形成は難しいですから、暴落があってもパニック売りしてしまわないような余剰資金でコツコツ長期積立していくことが大切です。, 早期退職後に一括現金化してしまうのではなく、必要な生活費分だけ売却していけば30年~40年と長期運用していけるためおすすめです。, インデックス投資を始めてみたい!という場合は『インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明』で詳しく解説していますので是非ご参照ください。, 55歳で早期退職をするとしても完全リタイアしたいなら早いうちからの早期退職のための貯蓄・資産運用はかかせません。, 年間100万円生活に抑えることができれば、生活費1000万 + 臨時支出代1000万 = 2000万円でも55歳からの完全リタイアが可能です。, 毎月27万円程度の一般的な生活で100歳まで生きる想定をするのなら約6000万円の資金が必要となります。, これらの早期退職の準備を早いうちから始めれば55歳での完全リタイアも見えてきます。, それが難しいようなら、早期退職した後もアルバイトなどで収入を稼いでいくセミリタイア生活という選択肢を取りましょう。, 住宅ローンの返済や子供の教育費などがあると貯蓄も難しいですが、早期退職して悠々自適な生活を手に入れるためにも早いうちからの準備をしていきましょう。, なお具体的な早期退職のための準備については『早期退職したい!今からやらなければならない10の行動リストを公開』をご参考にしてください。, ブログ運営収入(目指せ月10万円)とインデックスファンド(eMAXIS Slim S&P500)に長期積立し(1800万円)40代で早期退職します。. つまり、セミリタイア後の年金を払わずとも年金受給ができるという制度です。 実際に計算してみたのですが、仮に50代でセミリタイアした後も納付を続け、満額納付した場合、損をしなくなるのは90歳まで生き延びた場合です。 昨晩のNYダウは、一時3万ドル寸前まで上昇したものの、結局そこから800ドル近く下げて終わりました。まあ、それでも十分とんでもない上昇ですが。それを受けての東証株価も、オープン直後は29年ぶり(?)の25,300円まで一気に上昇したものの、終わってみればプラス65円でした。「行って来い」と言ってもいいような上下動でしたね。ふつふつと沸き上がる上昇エネルギーと、利益確定売…, 株価の上昇が止まりませんね。トランプの抵抗もここまでということなのか。「コロナの拡大止まってないやん」と思ったら、『ファイザー製薬の新型コロナワクチンが90%以…, 実感として、非常によく分かります。なかなか再就職先が見つからなかったとき、ここに書かれていることに”かなり近い”経験をしましたから。私自身は『定年前の地位や収入…, まあ、私ひとりが縁を切ったぐらいで何の影響もないことはもちろん分かってるんですが、私の性格上こういう暴挙は許せないんですよねぇ・・他にコスト削減…, 日米株価の異常なほど力強い「上げ」を見て、さらにリスク資産を圧縮しました。具体的には、利益の出ている『ひふみプラス』を半分ほど売却して、10万円強の利益を確定さ…, きょうの日経平均終値は・・なんと24,105円! コロナ禍の紆余曲折を乗り越えて、24,000円台に復帰です。でも、個人的には全く実感が沸きません。私の持ってい…, アメリカ大統領選挙は、予想以上の大接戦。決着(どちらかが敗北を認める)に相当な時間を要しそうな雰囲気です。それなのに、NYは今夜も爆上げなんですよね~。これはい…, 決着とは、もちろんアメリカ大統領選挙のことです。どっちが勝っても、最終的にはコロナ後を見据えて株価は上がっていくと思うのですが、問題は選挙直後の動きです。…, 世知辛い世の中ですよね~。昨日から各方面で結構な騒ぎになっていますが、三井住友銀行がコンビニなどATM手数料の大幅値上げを発表しました。ヘタをすれば、自分の口座…, 大阪シティ信用金庫の定期預金『夢ジャンボ』。かつては、年間3回のジャンボ宝くじ券つきで、しかもなかなかの高利率ということで、当ブログでも紹介しました。しかし、残…, 技術系サラリーマンを31年やってました。54歳で会社を早期退職してから2年が経過。ただいま人生セカンドステージの構築中です! 後につづく人の参考になるよう、同時ドキュメンタリー風に毎日ブログを綴っていきます。貧乏性のサラリーマンは、高等遊民に変身できるでしょうか?. ブログを報告する, だったら「仕事」やめちゃえばぁ…!? インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!... 完全リタイアしたいなら早いうちからの早期退職のための貯蓄・資産運用はかかせません。, 毎月27万円程度の一般的な生活で100歳まで生きる想定をするのなら約6000万円の資金が必要, 早期退職した後もアルバイトなどで収入を稼いでいくセミリタイア生活という選択肢を取りましょう。. 僕は今46歳ですが、最初は50歳でセミリタイア、と考え始めたのが3年前。 そのきっかけはあまりにも理不尽極まりない人事異動でした。 50まで何とか耐えよう、という目標がどんどん前倒しされて、 結局今年の夏に辞めることになりそうです。 「将来のために貯蓄したいけど全くできない・・・」 「転職や定年退職で収入が下がってしまうが今のままでは毎月... 早期退職で老後資産のためという目的なら20年以上の長期運用も可能なため、リスクを抑えながら資産形成がしやすい, 暴落があってもパニック売りしてしまわないような余剰資金でコツコツ長期積立していくことが大切. 「老後にどのくらいの貯金があれば一生暮らせるか分からない」 「退職後にどの程度の収入を稼いでいけば良いんだ... 収入が少なくなった早期退職後なら『高額療養費制度』により医療費の自己負担額は少なくすみます。. 今年の年末調整. | (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 年金受給開始が70歳も想定されている現在の30代・40代の人は、早期退職制度の退職金頼みで完全リタイアは無理そうですね。, 早期退職でも1000万~2000万円程度の退職金しか貰えないから難しそうですね…。, 年間生活費を年金予定支給額より抑えられるかどうかで早期退職後に必要な資金が大きく変わりますね。, 老後に必要な最低生活資金は27万~29万円となっているため年金受給額に合わせて生活水準を落とさなければいけません。. 46歳で会社を辞めてセミリタイアして生きていく15のコト ひとり言 仕事のこと 仕事のこと-働き方 仕事のこと-応援 仕事のこと-退職してから どうも、マスクド・ニシオカです。 高額療養費制度って知っていますか?この制度を活用すれば、民間の医療保険費を毎月支払い続けるのは勿体ないと思うはずです。高額療養費制度を知ることで公的医療保険の元を取っていきましょう。... セミリタイア後のシミュレーションで考えないといけないのは、各種税金類、家の修繕費など様々な要素がありますが、両親の介護問題もかか... 医療費・介護費、その他の臨時支出に老後破産せずに対応していくためにも1000万円は最低用意しておきたいですね。, 住宅ローンの繰上返済を早いうちから行っていかなければ早期退職による退職金が全て住宅ローンの返済で消えてなくなったしまう恐れ. : みんな知らないたった1つの本当の人生のつくり方.