ギア比が変で、とにかく運転しにくかったです。 要するにノーマルの修正用のギアだったのでしょう。 © Copyright 2018 wonder2 Inc., all rights reserved. ミッションとデフが壊れるな。, ただ、ターボ化は無理ではないが、エンジンだけが負荷に耐える事ができても、他の部分がどうやら怪しいですね。, どうやらこのミッションはアイシンの6速ミッションで、かの有名なアルテッツァにも搭載していた強度的に残念なミッションです。, 要するに、ターボ化した250馬力(あくまで仮の数値)オーバーのパワーに耐え切れない、耐久性が弱いミッションなのです。, アルテッツァはNAなので、どんだけいじってもターボ車の様に大きなパワーを得るのは難しく、強化ミッションを組む必要は無いですが、それでもミッションが弱いと言うのは有名な話。, 駆動系はSUBARUの水平対向4気筒にアイシン製6MTの組合せとのことですが、エンジンはともかくアイシン製6MTと言えばアルテッツァと同じあのミッションなのかな?, これでもしまたあの13kg近くもあるフライホイールを採用するとしたらFT-86にはもはや期待するものは何もないですね。アルテッツァの教訓が何も生かされていないFT-86、というかトヨタのクルマ作りには疑問を感じます。5MTにするだけであんなに良いクルマになるのに。, アルテッツァの6速ミッションはギア比がクロスしていない、というか1-2, 2-3が離れていて 3-4がクロスしているという状態。そのため1, 3速を変更して全体的にクロスさせるためのクロスミッションがTRDから発売されていました。, またWPC加工のファイナルギアもラインナップされています。ただしやはりここでもデフの容量不足が問題のようで、デフオイルクーラーキットも発売されていました。, ■サーキット走行時の油温上昇およびオイル噴出を防止し、L.S.D.の性能を安定的に引き出します。 ae86 6速ミッションをお探しの方はこちら。旧車の製造廃止純正部品、アフターマーケット補修部品、カスタムパーツなど旧車稀少パーツを取り扱っておりますファインオートサービスです。旧車の稀少パーツをお探しの方はぜひ御覧ください。 1902201・86 zn6 トヨタ 86 brz 50775km【オートマミッション at6速】 su003-03654 (79895889) 検査済み 即決 55,000円 ウォッチ ■WPCファイナルギヤセット(ギヤ比 4.556)を装着し、ローギヤード化されたアルテッツァでサーキット走行をする際の、性能安定と破損防止のための必需品。, 乗ってみましたが、一気に冷めました。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 車重の割りにパワーもありませんし、幼稚な演出の内装で「スポーツ」を表現しているだけでした。 アルテッツァの6速ミッションはギア比がクロスしていない、というか1-2, 2-3が離れていて 3-4がクロスしているという状態。そのため1, 3速を変更して全体的にクロスさせるためのクロスミッションがtrdから発売されていました。 若い人には物足りない性能で、大人には子供臭いデザインでした。, 評判が悪かったのは、発売前にメディアを使ってあおりすぎたのが大きいでしょう。 »239 好きなものは空と緑とS2000とガンダムとラジコン・ミニ四駆、Perfume(かしゆか)。ときどき子育てとキャンプ。, FT-86への期待が高まる一方、不安視する声も上がってきています。この期待感と不安感は10年以上前アルテッツァがデビューしたときによく似ています。そこで今回はアルテッツァについて何があったのか、おさらいしましょう。, 【Amazon】WALD(ヴァルド) アルテッツァ[GXE/SXE10] トヨタ フロントグリル GXE10/SXE10 H10/10-H17/8, 2リッター3S-GEエンジンを搭載、NAで210馬力を発揮。これに6速マニュアルを組み合わせた RS200がスポーツモデルとして登場。MR-2(SW20)と同じ3Sエンジンながらもターボは装着されず。そのためパワーを求める声に応じてボルトオンターボモデルがトムスから、各社から各種パワーアップパーツが発売されました。, ディーラー販売モデルとしてトムスによるボルトオンターボ仕様車280Tやモデリスタによるクオリタート(Qualitat)などが存在していたが、これはトヨタ系のディーラー及びメーカーによるカスタマイズ販売としては先駆けとなった車である。, パワー向上のため、直列6気筒の1JZ-GTE型エンジンや2JZ-GTE型エンジンへのスワップ[3]、さらに大幅な改造を施してRB26DETT型エンジンを搭載した例もある。また日本国外では、セルシオ (LS430) などが搭載するV型8気筒エンジンに換装された個体も存在する[4]。, 私も浅間台スポーツランドで走っていたアルテッツァ280T(ターボ付き)が目の前でデフブローしたのを見たことがあります。, やはりそういったことからデフ、そしてミッションについて不安視する声が少しづつ上がってます。, もしメーカーがやらなくても、どこかのショップさんでターボ化やってくれるだろうけどね。, 239 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2011/09/26(月) 14:34:54.26 ID:KhDfPPYM0 86brzのミッションを搭載すると、純正のクロスミッションが出来上がるイメージですね。 86brzの6速ギア(0.767)で時速100キロは約3000回転、ae86の5速ギア(0.861)では約3500回転 (ファイナルギアはae86純正4.3にて比較) 中身をドグミッションに交換する為. 化への変更を推奨します。, 機械式スピードメータードリブンギヤセット新品. トヨタらしく、著名なドライバーや数々の雑誌の記事で、まるで理想のスポーツセダンかのように持ち上げました。 早々に分解 . まず、あれほど宣伝していたミッション(6MT)がひどすぎました。 エンジニア気まぐれ不定期ブログ第6弾!!86ミッションオーバーホール&ミッション強化!!. 86の新品ミッション. このFTも199万仕様買って、エンジンEJ20に載せ換えればいい, 245 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2011/09/26(月) 15:38:41.36 ID:z0qH30fD0 WALD(ヴァルド) アルテッツァ[GXE/SXE10] トヨタ フロントグリル GXE10/SXE10 H10/10-H17/8, 【みんカラ】 FT-86、買うべきクルマになりうるか!?|Heartbeat Owner's|ブログ|carisma-GT - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費), 【みんカラ】 FT-86 IIコンセプト|幸せレスポンス|ブログ|altezza_g - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費), ハチロクに似ていない FT-86は本当に売れるの? パフォーマンスと商品性とターゲットユーザーと。. 実物を知れば誰でもがっくり来ますね。, ノーマルで乗るとギア比が気になりクロスミッションが欲しくなり、パワーアップするとデフブロー。これではターボ版がメーカーからでなかったのも頷けます。, FT-86でアルテッツァのミッション、デフを流用するというのが本当であればこれは由々しき事態です。せっかくドライビングやチューンナップを楽しもうと思っても、壊れないための改造、もはや「チューンアップ」ではない単なる予防措置、「耐久品質」の領域に。, ではなぜこんなことが起きてしまうのか? それはトヨタに根差す「過剰品質」への思想から。, ところが、持続的技術による進歩、すなわち「持続的イノベーション」は時として市場が必要とする以上に性能を高めてしまうことがある。, このような「性能の供給過剰」が発生する前後では、企業の取るべき施策は異なってくる。要するに、図の交点Aの左側の場合は着実に品質改良していけば消費者の期待を満たし最善の戦略となるが、交点Aの右側になると、いくら改良しても消費者は「もう十分」と感じる。, そこでさらなる性能の向上や新機能を追加しても、消費者はそれに対価を払おうとはしない。この場合、品質や新機能をアピールしてもナンセンスで、新しい市場を創造していくようなやり方をしていく必要がある。, この考え方を当てはめれば、トヨタの収益性悪化の背景には、とくに日本を筆頭とした先進国市場において、カイゼンという持続的イノベーションによって過剰品質に陥り、収益性が上がらなくなっているという要素も潜んでいる。, ソースは不明なので真偽は分かりませんが、この過剰品質に対して当時の奥田社長が株主総会でこんな発言をした、とされています。, 「車は5年保てば十分なんです。それ以上の過剰品質は見直し、コストの適正化に努めます」, 「例えばクラウンのオーナーなんて大概5年で買い替えるんですよ。ならば5年持てば十分でしょう。過剰品質については徹底的に見直し、コストの適正化に務めます」, と発言して過剰なコストダウンで利益を増やして配当についても増額を目指すとした。これによって卜ヨ夕自動車の株の配当額は奥田が来る前の約40倍に跳ね上がった。, もし過剰品質を抑制し、コストを適正化(トヨタの利益を最大化)するのであれば、200馬力 NAエンジンにあう「ギリギリ」のキャパシティのデフが装着しているのも、アルテッツァの6速ミッションを流用するのも理にかなっています。, しかしながらハチロクといえば走りのクルマ。チューンアップ前提のベース車としてその「過剰品質」がかつてのトヨタの売りであり、ユーザーが求めていること。多少のことでは「壊れない」、交換パーツが豊富で価格がリーズナブルというのがチューンの前提条件。, といった中、安くて丈夫で軽快というのが良かったわけですよ。壊れて直す、もしくは予防的に壊れないようにパーツを装着するというのはお金がかかるだけで、そもそもの「安く楽しむ」といったところから乖離していきます。, アルテッツァが期待されていたのに、実際には肩すかしをくらって掌返し、バッシングされてしまった経緯をみるにつけ、同じ轍を踏まないことを祈るばかりです。, ■こちらのエントリーも合わせてどうぞ⇒ハチロクに似ていない FT-86は本当に売れるの? パフォーマンスと商品性とターゲットユーザーと。. エンジニア気まぐれ不定期ブログ第6弾!!86ミッションオーバーホール&ミッション強化!! | トヨタカローラ名古屋 GR Garage 日進竹の山のブログ 駆動系(ミッション)のことなら「みんカラ」。トヨタ 86に装着できるパーツのレビューや価格情報が満載。パーツレビュー投稿数690万件突破!トヨタ 86のパーツ情報は日本最大級のクルマ情報サイト「み … もしこのミッションに意識があるとすると 「なんで? ね~ なんで分解してるん?」 って感じでしょうか・・・ 答えは簡単 「お前がヘボすぎるから」 なんですけどね。 お待ちください実は、クラッチの交換とミッションオーバーホールは同時がオススメなんです。, クラッチの交換をする際にはミッションも脱着しますので同時に作業する事で工賃を約4万円程節約する事が可能です, どちらかの作業をやる場合は同時作業する事で浮いた4万円分さらにカスタム出来てしまうって事です, クラッチでまだまだお話したいことがたくさんありますが長くなってしまいそうなので別の機会で深くお話ししていきたいと思います, 86/BRZも発売から時間が経ち色々な箇所にガタが出ている頃かと思います。86/BRZは色々ありますが年式に問わずマニュアルトランスミッションが泣き所の1つとして挙げられると思います, 初期症状なら安く済みますが悪化させてしまうと最悪ミッションブロー(新品ミッションは約30万円)してしまいます, 私たちは年間40基以上のトランスミッションをレースから得た経験と対策術で組む事が可能です。修理書を見ながらただ単純に組んでも直ぐに壊れるミッションしか組むことは出来ません。レースでは新品のミッションをそのまま車両に載せるのではなく、正しく組み付けることによって壊れにくい物を作ることが可能です。, ここまでのブローはハードな使い方をしないとならないですが、普段使いでも少しずつギアやシンクロの摩耗は進んでいき、それがギアの入り辛さやギア鳴りの原因となっています, https://www.fujiwpc.co.jp/motor-service/wpc.html, https://www.fujiwpc.co.jp/motor-service/dlc.html, WPCを施工した上からDLCコーティングを施工することにより更に低摩耗・高潤滑が可能となります。色は黒光りが特徴となります, 4速の構成部品となっているこの部品は摩耗が激しく新品のミッションを分解しても既に汚れがついているくらいに摩耗してしまいます, この部品にWPC+DLCコーティングをすることによって4速のトラブルを減らすことができます。, ミッションケースに打ち込まれているシフトフォークシャフトのブッシュですが純正はガタがあり、これがシフトの入り辛さや早期摩耗へと繋がってしまいます, これを実際に使用するシャフトのサイズに合うものに打ち換える事でガタ付きを無くし素晴らしいフィーリングと耐久性を得ることができます。, ギヤの打ち替え作業のノウハウが86/BRZミッションのキモなので慎重かつ丁寧に打ち替えを進めていきます, ミッションオイルの種類によってもシフトフィーリング・耐久性などを上げる事が可能ですが、ここで一緒に入れていただきたい当店オススメのミッションオイルの添加剤リキテックM, 当社は86/BRZワンメイクレースでも使用しておりギアの耐久性アップ、ギアの入りや動作全体がとてもなめらかになるのをチーム全員が実感しております, GR Garage日進竹の山ではミッションの組付け油にリキテックMを混ぜる事により初期なじみ性能も上がります。, 添加剤に疑問・抵抗を持つ方とても多いと思います。GR Garage日進竹の山のスタッフも以前は添加剤はほぼオススメする事はありませんでしたが、こちらのリキテックMは誰でも体感できるレベルの物だと自信をもってオススメ出来ます, ミッション系チューニング・メンテナンスには、まさに鬼に金棒な『リキテックM』皆さんもいかがですか, ご不明な点やカスタムの相談はトヨタカローラ名古屋㈱ GR  Garage日進竹の山店までお問い合わせください。, エンジニア気まぐれ不定期ブログ第6弾!!86ミッションオーバーホール&ミッション強化!! | トヨタカローラ名古屋  GR Garage 日進竹の山のブログ. TRDからクロスミッションがすぐに発売されていましたが、実は1速と3速だけでした。