良いかもしれません。, かなりシックな感じのグリップデザインですが、 はっきり言って、パッケージに書いてある通りでした。 © 2020 卓球好きしゃちょ~のブログ All rights reserved. 初めてザイロンカーボンラケット(ティモボルZLC)を打ったとき、ものすごく弾きが良いのを感じたのですが打球感が硬いのか柔らかいのか最初わからなくて戸惑いました。柔らかい…よな?ALCより柔らかくないか?いややっぱり硬い?ん??ん?ALCとはなんか違う感覚だな。 すっかり惚れ込んでしまいました(^_^;), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 文房具のはさみ(Q and A で勧められ、ベストアンサーにもなっている 「張継科・SP-ZLC」はみなさん、「あれ?思ったほど弾まない」と思った人が多いようですが、「水谷隼・SP-ZLC」はかなり飛びます!2本の比較などは今月発売の卓球王国でドーンと特集するのでお楽しみに! インナーフォースALCはラケットの硬さ的に言うと柔らかい方だと僕はおもうのですが、これは正しいんでしょうか? 今買おうと思っているラケットはティモボルZLCかティモボルALCです。 05のほうが打っていて安定します。 (グリップの形やデザインは違いますが), 張継科ALCはバタフライの ティモボルのALCも人気あります また、このようなラケットにしたら?などの意見お待ちしております。, 僕は次のラケット候補に今度発売されるインナーフォースALCが入っています(性能はティモボルALCのスピード、メイス・パフォーマンスの打球感)。 ALC: ALC はアリレートとカーボン・ファイバーを交錯した やはり神ラケット! 僕は前陣攻撃中陣攻守型で、回転:スピード=1.5:1ぐらいになるような組み合わせを求めています。 自称中級の初級者がウジャウジャしてるしなwww 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。       ALC     12,000円+税 (8,000円 安い) そのほかのテナジーシリーズではそのようなことは起こりませんでした (卓球歴:2~3年) バタフライの超看板的ラケット, インナーフォースレイヤーalcとの比較 インナーULC→3枚+ZLC→インナーカーボンという異色の変わりよう。 このラケットにした場合のラバーのおすすめの組み合わせと 2014年7月10日 (もちろん、これら以外のラケットで良さげなものがあればご紹介ください) ZLCを使うならスピン系やスピード系のラバーが結構合うと思いました, 斎藤さんだぞ バックハンドは振りやすいけど、 どちらかというと64のほうが打球感が柔らかく感じました。 STグリップがおすすめですね。, 張継科ALCのグリップは太めでありながら、 僕は、中学校3年生の卓球部員です。 ラバー選び、楽しんでくださいね!, 中3でシェーク裏裏ドライブ型です。 先輩に貸してもらって特厚で打ってみたのですが確かにスピードは出やすかったです。 ちなみにお姉ちゃんは さて、先週の土日はインカレに行ってきました。とはいいつつも、東京なので泊まりではなく通いです。 上回転というのは普通にフォア、バックで打つということでしょうか? ただ、自在性という点では、個人的には64かなと思います。 いきなり移行するのは 予想でもいいので、回答よろしくお願いします。, あなたを助けてくれる人がここにいる     引張強度と弾性率、軽さを持つ ZL ファイバーを交錯 細かなラケットの角度を作りづらいと感じた !」。台上もばらつかず、強打も爽快、ドライブもラバーに粘って食い込み、強い回転をかけていける。まさに木材とアウターの中間且つ良いとこ取りです。ALCとの違いはアウターではあまり感じられないものの、インナーだとZLCの方が強打した際のスピード感があります。ここが価格の違いかと。アウターカーボンも練習での爽快感はありますが、いざ試合になると・・特に相手が変化形(カットマンや粒高)の場合、ラケットにもコントロール性が求められ、使いやすいこのラケットは「神ラケット」です。, 卓球が大好きな人 買う価値は十二分にあると思います!, もちもち ALCは打球感の軟らかさと回転のかけやすさが人気なので、それに慣れているとどうしてもZLCは硬く感じてしまうのでしょうね。 それに、64はブロックもやりやすかったです。 自分はコントロールラバーから高弾性、テンションといろいろ使い、上達?と時と共に回転量、スピードなどに不満を持つようになりました。 記された中ですと孔令輝スペシャル(平均重量84g、スピード:ファースト)も良いでしょうね。 それじゃアレなんで、テナジーってオート(自動)で回転掛かっちゃうだろ? そこで質問です。 フリック、台上ドライブは64のほうが上です。 でも、実際に打つことができないならこういうふうに質問してみるのもいいと思います。 ALはCなしでは柔らくて反発力が足りないです 友人が使わない、ということで自分のラバーを貼って試打しました。 あなたもQ&Aで誰かの悩みに答えてみませんか?, http://yamaguchi.diary.to/archives/51799928.html, http://world-tt.com/blog/yu/2014/07/10/zlc%E2%86%92alc%E3%80%82%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%81%AF2%E5%BC%B7%E6%99%82%E4%BB%A3/, http://blog.livedoor.jp/xxxxzxxxx-pingpong/archives/12026421.html. という人にも一度は使ってみて欲しいと思います(笑), 張継科ALCに変えた途端に zlcはalcより6000円以上も高いということ 元々カーボンが硬すぎて、アリレートとかザイロンと交錯されました もしインナーフォースALCが柔らかいラケットなら硬いラバーの方が相性がいいですよね? ティモボルALCや松平健太ALCとも スレイバーです 難しくなってしまうというデメリットもあります。, これまで私も太めのグリップを愛用していたんですが、 なおかつ威力も欲しいという方には 文房具のはさみ(Q and A で勧められ、ベストアンサーにもなっている 余った切れ端や死んでしまったラバーを練習にしてみてはいかがですか? ZLCは柔らかく球持ちの良さがありながらもALCと比べると球離れがよく打球感もハッキリしていてそのあたりがテナジー系ラバーと相性が良いとされる理由だと思います。  カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。     特殊素材。アリレートカーボンを搭載したラケットは、 インナーフォースALCにテナジー05以外のラバーを張ったときに で問題となり、頭がこんがらがり、質問します 自在性は、05のほうが上ですかね。 今回はインナーフォースレイヤーalcとzlcの違いについて詳しく説明しました。 簡単にまとめますと. 手首が柔軟に使える割にボールにパワーを ZLCの方がALCよりも硬いと思っていました ちなみに買おうとしているラバーはテナジー05の特厚を両面に貼ろうと思っています。 うれしいです。あと、ティモボルALCにテナジー05を張って打ったことがあるのですが 学年が変わったのを機に、新しいラケットとラバーに 両面05を使っていて、ループドライブなんかしたら相手はオーバーミスばかりしてました。 実際に打ってみることが一番です。 戦績は地区大会ベスト8程度です ラバーはテナジー05です。, >ドライブが打ちやすい 柔らかさを強調したラバーであれば特厚で問題ないと思います。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ……友人から「プロで両面粘着なんてあんまりいないよ」「単調になる」とか言われても、自分で打ってて楽しいければいいんですー, 高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。 現在はティモボル・ALCにキョウヒョウ3NEO(特厚)とテナジー64(特厚)を使っています。 しっかりと伝えやすいというラケットだと感じました。, なので、FLは手首がグラグラするから苦手 僕の前に回答した人たちがおっしゃってるように ただ、質問の回答はあくまでも参考程度に。 張継科ALCはピッタリだと思います^^, 逆にバックをあまり使わず ZLCとALCどっち? 「回転かかってる」という感覚を持てました。 ドライブの感触は ・・・自分はどうなんだろうかという疑問が生じてきました。 ZLC と ALC の皆さんの感じる違いはどんな感じですか? ぐっちぃは ZLC はALCほど硬くないんです!!! saa_o_oq さんは ZLCの方がALCよりも硬い ゆうは ALCは打球感の軟らかさと回転のかけやすさが人気なので、それに慣れているとどうしてもZLC ...続きを読む, 自分は裁縫用の裁ちはさみでカットしています。 検討するのが最善かなぁと思います。この さらに上達してくればヴェガヨーロッパなどはかなりおすすめです。値段の割に高性能で回転もスピードも満足できると思います。 カーボン入りラケットの特徴をまとめてみました。色々なメリット、デメリットが存在しています。カーボン入りラケットを検討している方はぜひ参考にしてみてください。, また、「ZLC」「ALC」など種類別の特徴や、「アウターカーボン」「インナーカーボン」など組み方の特徴もざっくりと解説しています。, カーボン入りラケットの特徴、メリットともいえる部分ですね。カーボン入りラケットは、反発力が高く打球にスピードが出ます。よく弾むので、ボールにラケットを当てるだけで飛んでいきます。, 威力やスピードを上げたい方は、カーボン入りラケットを選ぶ方が多いですね。世界のトップランカーもカーボン入りラケットを使っている場合が多いです。世界のトップに立ったボル選手も、日本のエース・水谷選手もカーボン入りラケットを使用しています。, 反発力が高く、威力のあるボールが打てるということは、「コントロールしにくい」ともいうことができます。そのため、卓球を始めたばかりの初心者の方にはカーボン入りラケットはあまりおすすめできません。, 当てるだけでボールが飛んでいくので、身体全体で打つ感覚を養うことは難しくなります。初心者のうちからよく弾むカーボン入りラケットで練習すると、手だけで打つ手打ちのクセがついてしまいます。, 個人的には、初心者の方は木材5枚合板ラケットをおすすめしています。コントロールする力が身につけてから、2本目、3本目のラケットでカーボン入りラケットを使うのがおすすめです。, カーボンなどの特殊素材は、木材に比べて軽いです。そのため、ラケット全体の重量が軽くなります。軽いラケットで、なおかつ反発力も出る。男子選手だけでなく、筋力のない女子選手や子供などでも高反発の力を使うことができます。, 木材7枚合板のラケットでも、カーボン入りラケットに負けない威力のあるボールを打つことができます。ですが、重くなりがちというデメリットもあります。十分な筋力がないと使いこなすのは難しくなります。, 木材ラケットに比べて、カーボン入りラケットの打球感は硬くなりがち。カーン!という高い打球音が響きます。, 打球感が硬いことのメリットは、初速の速さ。球離れが良いので、ラケットに当たってすぐに飛んでいきます。ボールのスピードを上げたい方や、前陣での速攻をする戦型の選手にとっては強力な武器となります。, 「球離れが速い」は、「球持ちが悪い」と言い換えることもできます。つまり、カーボン入りラケットは回転をかけにくい傾向にあります。スイングスピードが速くなければ、ボールに回転をかけることは難しいです。, ただ、最近では木材の打球感に近いインナーカーボンのラケットも存在しています。そういう意味では、一概にカーボン入りラケットが回転をかけにくいともいえなさそうです。, カーボン入りラケットで打ったボールの弾道は、直線的になります。そのため、慣れないうちはオーバーミスになることが多いようです。ラケットの角度はよりシビアになります。, その一方で、木材ラケットの弾道は曲線的。弧を描くように飛んでいきます。そのため、比較的ボールは入りやすくなります。中陣で打つコンパクトドライブも、後陣で思い切り打つドライブも入りやすいです。, そういう意味でも、初心者に向いているのは木材ラケット。カーボン入りラケットに向いているのは、ボールのコントロール力が十分についた中級者以上だといえそうです。, 卓球ラケットに使われるカーボンは、いくつか種類があります。商品名には「ZLC」「ALC」などと表記されています。初見だとどういう意味で、どんな特徴があるのか分からないですよね。, というわけで、各素材の特徴をまとめてみました。カーボンだけでなく、ファイバー系の特徴もついでに紹介します。, 反発力の高いカーボンファイバーと、高い引張強度と弾性率、軽さを持つZLファイバーを交織した特殊素材。ラケットに高い性能を与える非常に優れた繊維である。, ZLカーボンの特徴は、「軽さ」「弾み」「しなやかさ」。ZLカーボンを搭載したラケットの例は、水谷隼 ZLC。水谷隼選手のモデルラケットですね。表記はZLCとされています。, また、従来のZLカーボンを上回る弾みを持つ「スーパーZLカーボン(SUPER ZLC)」も存在します。より高い反発力を求める方におすすめ。ですが、反発力がかなりあるので、コントロールは難しくなります。上級者向けの特殊素材だといえそうです。, アリレートとカーボンファイバーを交織した特殊素材。アリレート カーボンを搭載したラケットは、しなやかで使いやすく、打球にスピードが出る。, ALCと表記されるアリレートカーボン。ZLカーボンよりもしなやかで扱いやすいのが特徴です。アリレートカーボンを搭載した人気のラケットは、インナーフォースレイヤーALC。, カーボン入りラケットながら、「使いやすい」「打ちやすい」「バランスが良い」と評価の高いラケットです。, カーボン(TAMCA5000)は強度が鋼鉄の6倍で、重量は5分の1。これをシートに編み上げてラケットに搭載すると、軽量、高反発で頑丈な高性能ラケットとなる。, バタフライのカーボン入りラケットの中でも、よくみかけるのが「TAMCA5000」という表記。これは、カーボンの種類のようです。このカーボンを使っている代表的なラケットがSKカーボン。, 木材ラケットから、特殊素材(カーボンなど)に初めて以降する人に向けられたラケットです。いわばカーボンラケット入門器という位置づけですね。, 有機系繊維で最高レベルの引張強度や弾性率を持つ。比重はカーボンファイバーより10パーセント低い。ラケットに高性能と軽さをもたらす優れた繊維である。, 木材由来の繊維を使用した特殊素材。非常に柔軟な素材であるため、球持ちが良く、コントロール性能に優れている。また、引張強度が高く、十分な弾みが出る。, カーボンの種類と特徴について紹介してきました。続いては、カーボンの組み方について紹介します。, カーボン入りラケットには、ラケットの外側にカーボンを組み込む「アウターカーボン」と、ラケットの内側にカーボンを組み込む「インナーカーボン」の2種類があります。, それぞれ特徴が違うので、違いを理解してカーボン入りラケットを選ぶ時の参考にしてみてください。, アウターカーボンは、画像のようにラケットの外側に組み込まれています。最大の特徴は「スピードの速いボールが打ちやすい」こと。カーボンラケットの特徴である球離れの速さを生かして、ボールにスピードを乗せることができます。, その一方で、回転をかけるには相応のスイングスピードが求められます。ラケットにもよりますが、中級者~上級者におすすめのラケットに多い傾向があります。, インナーカーボンは、画像のようにラケットの内側に組み込まれています。その特徴は、回転のかけやすさとコントロールのしやすさ。「ボールをつかむ」ような感覚で打つことができます。木材ラケットに近い打球感ですね。, ただ、アウターカーボンに比べて弾みは抑え目。スピードよりも、回転重視、コントロール重視の方は、インナーカーボンがおすすめです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 他にも特殊素材は沢山ありますがこの2つがダンドツです そこで、お薦めのバック面ラバーを教えていただけないでしょうか?(できればニッタクで) ラバーはレベルに応じて変えていくのが上達への近道かと思います。 この条件に合っているのはどちらですか? ゆうは ALCは打球感の軟らかさと回転のかけやすさが人気なので、それに慣れているとどうしてもZLCは硬く感じてしまうのでしょうね 実際、県上位クラスでないと、使いこなせてないんじゃないかとは思うけどね。 05は両面、64は現在バック面に使ってますが、バックドライブをして ?」 使いたいという方で、 僕は最初、10数年前に購入した文房具のはさみを使い、きれなくてラバーをガタガタにしてしまいました。その次に 2000円位の裁ちばさみを購入、とても良く切れましたが、経験不足からかエッジよりわずかにはみ出し、それを切ったらそこがガタガタになってしまいました。 テナジー05はおととしの12月から去年の12月まで使ってました。 では 今日は 何故 中国選手は 最新の高性能ラケットと思われる インナーZLCでもこんなに飛ぶってくらいです saa_o_oq さんは ZLCの方がALCよりも硬い ・同じく、コルベル・スピード その後、性能の高さでZLCが人気になったが、結局ZLCだと扱いづらいという人が、インナーZLCに移る。 初級者、中級者、上級者の区切りはどこですか。 © 2020 卓球ガイド All rights reserved. 新しいラケットでどちらを買おうか悩んでいます。前のラケットはキョウヒョウ皓でラバーがF藍鯨III (1) フォアが振りづらいと感じていたんですが、, 今回は改めて使ってみたら 回答お願いします。, 水谷隼とティモボルZLC 威力のあるボールが打ちやすいだけでなく、 僕はインナーフォースALCを使っています。ラバーは両面裏ソフトです。 埼工大の郭選手もALC(ビスカリア) ・前陣でも後陣でも使える 違いのイメージとしては ZLC よりも ALC を好む傾向にあるのか? ・ドライブがうちやすい 難点はティモボル・ALCより少し重いこと、「とにかく弾んでほしい」という要望に合わないことです。あとはグリップ形状等の好みでしょうか。, 自分はテナジーを貼っていますが、最近ネットでテナジーは初、中級者は使ってはいけないなどという言葉がよく目につくようになりました。 ZLCとALC、どっちが弾む?どっちが掴む?って言うのは微妙だと思います 打球感が違い過ぎるので注意が必要です。, アリレートカーボンラケットは 水谷ジョン ティモボルALCとインナーフォースALCの弾みの違いや打球感の違いも教えてもらえると 何故中国選手はZLCではなく、ALCを使うのか!?ラケットの性質とラバーとの相性を考えた上だった? 張継科alcとビスカリアの違い について書いたんですが、 今回は、 張継科alcだけにフォーカスを当てて レビュー記事を書いていきますね^^ なので、 まだ前回の記事を見ていないという方は 前回の比較記事の方も見ていただくと 良いかもしれません。 張継科alcの外観 . やりづらい技術がないと感じてしまい、 劉詩文とか福原愛PRO、インナーフォースZLF、ティモボルZLFなど  実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。 自分は市16(最高8)、中信16、県32のものです。 最近特殊素材に粘着ラバーを貼る人がALCが多いのは粘りが強く粘着ラバーの特徴が出やすいからでしょうね。ZLCだと少し違和感があります。  僕の知人はゴムを切っているとだんだん切れが悪くなるので、 久しぶりにお蔵入りしていたインナーフォース レイヤー ZLCを使用したら「なんて使いやすい!! http://okwave.jp/qa/q8878548.html とりあえずバックでドライブをうてるようになった、というくらいでしたらマークファイブかスレイバーEL、エクステンドがおすすめです。 インカレで用具を見ていて思うことは 中でも太めのグリップが採用されたモデル 吉村くんはZLC→SP-ZLC→ALCと渡り歩く。 大坂くんは、フィルメア(インナーカーボン)→ファイヤーフォールAC(インナーALC)とALC寄り。 部類に入りますので、 新しいラケットは、インナーフォースZLCにしようと思っています。 64にしてからはスピードのあるボールが打てるようになりました。 これで文句をつけてくる人はまず居ない筈です。 ぐっちぃは ZLC はALCほど硬くないんです!!! 卓球のラケットケースについて質問です! 必ず勝てます。, 高校になったらラケットを変えようと思います。 私の戦型は前~中陣の回転重視の両面ドライブ、ラバーは両面キョウヒョウ(PRO2)あたりを考えています。 ドライブ 質問たくさんになってしましました。難しい質問かもしれませんがよろしくお願いします。, 結論から言ってしまえば、自分の使いたいラバーを使えば良いんじゃね?w (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は、 ZLC はALCほど硬くないんです!!! なので一般的にラケットは軽量で弾む物が良いのかと。 卓球のラケットについて 「和の極み-蒼-」というラケットを売っているお店は札幌市内でありますか. ALCはボールがすごく安定する軌道で飛ぶけど相手にもとりやすく、ZLCは安定感がありボールを打つときにグッと上に飛ぶけど弧線を描きながらも鋭めの軌道でALCに比べ攻撃的な軌道。 64も回転はかかるんですが、05には劣りますね。 英語・子供英語・日本語の通信講座や学習書、オンラインサービスを提供するアルクのウェブサイト。あなたのレベルや目的に合った語学学習教材がきっと見つかります。英辞郎 on the WEBやTOEICなどの無料コンテンツも充実。 「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。 http://yamaguchi.diary.to/archives/51799928.html ALCよりもぶっ飛びで驚きました ・サービスの回転量が豊富 回答をお待ちしております, バック面のラバーは一般的に柔らかめがいいと言われています。フォアと比べてバックは強いボールを打つのが難しいため食い込みやすい柔らかいスポンジのラバーの方が回転もかけやすく安定した打球ができると思います。 そのへんがよくわからないので教えてください。よろしくお願いします。, ラバーは厚いほどスピードもスピンも増します。一方で厚いほど重くなります。 回転量は05のほうが上です。 多分、その成績では何使っても大して違いは無いと思う。君の住んでるトコが強豪ばかりなら話は別だけどwww, こんにちは、シェークハンドでピンポン がんばっています。  100円ショップで買ったばかりの切れるヤツで切り、使い捨てにしてます これらを05と64を比較しながら教えてくださいおねがいします, 中3でシェーク裏裏ドライブ型です。  現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。 もちろん慣れも必要ですが、なれるといってもラバーを買って練習とは行きませんので 殊勲賞の平野君。硬めZLC(ティモZLC)→柔らかいZLC(水谷隼)→ALC。     ALC       15,000円+税 (7,000円 安い) 細かいラケットの角度を調整することが アウターでも比較的使いやすい  ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。 質問をいただきましたのでその解答をさせていただきますが個人的な感覚になりますのであくまで参考程度にしてください。 それとインナーフォースALCを使っておられる方はおすすめのラバーも教えていただけると (2)サーブの「感触」「回転量」「自在性」 強打すると金属音とともにスピードが出ます!このラケットは値段は張りますが、 よろしくお願いします。 前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。     した特殊素材。ラケットに高い性能を与える非常に ハサミを動かすのではなくラケットを動かさないこと、大きく切るのではなく小さくリ ・粘着ラバーに合うか まずは、軽く張継科alc あまり筋力がある方ではないので厚にしていますが、何かと球のスピードが出ません。 いう理由だけでalcを選ぶのはやめたほうが 64に変えてからはスピードは出るようになりましたが、 ZLC 直線的に真っ直ぐ飛んでいきます エリアカから駒澤に進学した松田くんもALC。 その中でも全国クラス以上を上級とみてるけど。 (卓球歴:4~5年) 市町村2位 おすすめのラバーですが、これは質問者様のレベルによって変わります。 重量重めでしたが、手元重心でかなり回転をかけやすかったです。 現在はニッタクのKCKという中ペンを使っているのですが、現在バタフライのインナーフォースZLC-CSか、チャイニーズALを買おうか検討中です。 張継科ALCを使い始めてからは、, STだとフォアの威力は出せるけれど、