No reproduction or republication without written permission. 「BMWの車になんとなく乗りたいと思ってるんだけど、そんなにみんながいうほど良い車なの?」, 「『走りがいい』とかいわれても良さがいまいちわからない。もっと具体的にどんな良さがあるのか知りたい!」, でも、日本の道路で200km/hも出したらスピード違反で捕まりますし、ふつうに街中で乗るぶんにはぶっちゃけあんまり関係ないですよね。, 実際にBMWの車を所有しているユーザーの意見も例に出して、魅力をわかりやすく解説します。, 日本でいちばん売れている外国車はメルセデス・ベンツで、BMWは2番目に売れています。, 2番手ながらも日本では50年前から販売されており、車好きじゃなくてもBMWの名前を聞けば「外国の高級車でしょ?」と誰もがわかるネームバリューがあります。, メルセデス・ベンツだと、一番人気ゆえの成金っぽさや一部の怖いひとが乗っているイメージで、悪目立ちする部分が否定できません。, 3番手のアウディになるとネームバリューはやや下がり、車好きには有名でも、車に興味がないひとは知らなかったりします。, その点BMWは有名な高級車ブランドでありながらやや控えめで悪目立ちせず、その絶妙な立ち位置に魅力を感じるユーザーが多いです。, なおアウディとベンツについては以下の記事で詳しく考察しています。詳細が気になる方はこちらもご参照ください。, BMWの車は、どの車種もフロントグリルが二つに分かれているという特徴があり、「キドニーグリル」と呼ばれます。, このキドニーグリルはまたの名を「ブタの鼻」といい、車を正面から見ると本当にブタの鼻のように見えて、どこか可愛らしさを感じます。, BMWの車はどれもスポーティなデザインで、男性好みのカッコいい車ばかりですが、この可愛らしさがあることで女性ウケもいいんです。, メルセデス・ベンツのデザインはカッコいい路線で突き抜けている反面、少し威圧的ですよね。, MINIのデザインは逆に完全に可愛い路線で、カッコいいという感じではないですよね。, BMWはそれらの中間で、カッコよさと可愛さの両方を兼ね備えているので、男性からも女性からも好まれます。, なおBMWのデザインについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。, 日本ではまだそこまで普及していませんが、BMWにはクリーンディーゼルエンジンを搭載した車が複数あります。, クリーンディーゼルエンジン車の燃料は軽油のため、レギュラーガソリンよりもリッター単価が約30円も安く、また燃費もガソリン車よりいいのが特徴です。, 昔はディーゼル車というと黒煙を吐くイメージでしたが、BMWのクリーンディーゼルエンジン車はCO2の排出量がガソリン車と比べて約25%減少されていて、環境にもやさしい車です。, ディーゼル車のデメリットとして挙げられる騒音や振動も、BMWの最新のクリーンディーゼルエンジン車では解消されており、ディーゼル車であることをまったく感じさせないつくりになっています。, エンジンの性能の高さに定評のあるBMWには、このような選択肢があることも魅力のひとつです。, BMWは、新車で買うともっとも安い1シリーズでも車両本体価格だけで3,000,000円を超えるので、お世辞にも安いとはいえません。, しかし、中古車であれば3,000,000円を切るどころか、1,000,000円台で購入できるものもあるんです。下の表を見てください。, 表に載せている価格例は2019年4月現在中古車市場でもっとも安く売られているもので、ほとんどが新車価格の半額以下で出回っています。, 新車価格との差が比較的小さい2シリーズグランツアラーでも、諸費用込みで2,780,000円から購入できます。, 1シリーズに至っては諸費用込みで1,050,000円と、国産の中古車並みの価格です。, ちなみに上の表で載せたのはすべて最新モデルの中古車ですが、「最新モデルじゃなくてもいいからBMWの車に乗りたい!」ということであれば、さらに安く購入できます。, 新車で買うと10,000,000円を超える7シリーズセダンでも、2世代前のモデルなら700,000円を切ります。, 5シリーズセダン・5シリーズツーリング・X3も2世代前のモデルの価格ですが、800,000円を下回っています。, BMWのなかでは比較的安い1シリーズや3シリーズセダンは、1世代前のモデルで400,000円以下です。, そのほか諸費用込みで1,000,000円を切っている中古車がたくさんあり、高級車でありながら意外と手軽に手に入るのも、BMWの魅力のひとつです。, それでは、実際にBMWの車に乗っているユーザーは、BMWの良さをどのように感じているんでしょうか。例を挙げて解説していきます。, クリーンディーゼルエンジン車を選べることをBMWの魅力の一つとして挙げましたが、実際にえらんで乗っているひとのツイッターを見ると、以下のようなツイートがあります。, BMW乗ってると皆に燃費悪くない?って聞かれるけどワイのBMディーゼル給油は軽油(平均ℓ100円)だしℓ20㌔弱走るからその辺の車に比べたら全然ガソリン代かかってない 満タンにすると走行距離1000㌔超えるもん(笑), 無事帰宅\(^^)/ ガソリン入れてから470キロ走行しての残量がこれ。 クリーンディーゼルのコスパはプリウスよりいいかなと満足してます。 ただプリウスにしろBMWのディーゼルにしろ高速域の伸びがないのが唯一不満なとこ(´・ ・`), やはりその燃費性能はすさまじく、満タン給油時は1,000km以上の走行が可能です。, 軽油の価格が安いことも手伝って、世界トップの燃費性能を誇るプリウスよりも燃料代がかからない、と評価されています。, 「高速域の伸びがない」という不満も挙げられていますが、プリウスと同等の不満として挙げられているので、国産のハイブリッドカーに乗っていて不満がなければ致命的な欠点にはなりません。, 燃費を重視して車を選ぶなら、BMWのクリーンディーゼルエンジン車は有効な選択肢の一つです。, 上で挙げてきた魅力のほかに、BMWといえば「運転していて楽しい車」とよくいわれますが、実際にBMWの車を運転しているユーザーはどう感じているんでしょうか?, 今まで車を運転してきて、走ること自体に楽しみを感じたことがないけど、最近BMWに乗ってから、車好きの人達の気持ちが少しわかった気がした。確かに楽しい! pic.twitter.com/2MtQUxqY9w, — Koji→ウェリントンズ日本ツアー中! (@kojiasano) 2016年4月25日, @mirror657 運転、めっちゃ楽しいですよねBMWヲタクが講じて国内A級ライセンスまで、取ってしまいました 詳しくなくても、車が好きな人には勝手に親近感が、湧きます(*´∀`)アハハン♪, 「BMWの車に乗ってから初めて『走る楽しさ』を味わった」というようなツイートはほかにも複数あり、今まで他メーカーの車にたくさん乗ってきたひとほど、その違いが大きく感じられるようです。, また、なぜ運転が楽しいと感じるのか、具体的な理由を説明している以下のツイートもあります。, BMWがドライバーズカーと云われる所以は、運転席座るとよく理解できます。アイポイントと腕が動く範囲を考えて操作系がすべてドライバーの方向に向いているからです。 pic.twitter.com/uyoFKayqqL, — BMW E36 3シリーズ&M3 bot (@E36_3er) 2017年11月2日, 車の走行性能とはまた違った部分ですが、このような細かい配慮が、なんとなく体感できるレベルで運転に影響してきます。, BMWの説明でよくある、「エンジンの違い」や「車両重量バランスの違い」などといった専門的なことがわからなくても、運転席に座って運転してみれば、理屈抜きでわかる魅力がBMWの車にはあるんです。, ここまで書いてきましたが、もしBMWの車が欲しいと思ったら上で挙げたように安く手に入れる方法もありますので、検討してみてくださいね。, BMWについては以下の記事でも取り上げているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。, 値引き交渉は正しくやらないと、車を買う際に60万円以上の損をする可能性があります。, 「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。, この正しいやり方さえ知っていれば、最大限まで確実に値引きできます。詳しくは下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技!』ページをご覧ください。, 元パチスロライター。車とゲームとプロレス観戦(ノアファン)が大好き。21歳で免許を取ってから、車を乗り尽くす。家から700km、四国のなかを1400km移動し、また700kmの距離を帰るツアーで、四国八十八ヶ所巡りを車で成し遂げる。. トヨタと日産 販売戦略の功罪, 機能よりモノっぽさで勝負!? 総合評価 5.0 点 外観5.0|内観4.0|走行性能5.0|乗り心地5.0|価格3.0|燃費3.0. 大胆なフロントグリルに話題が集まる、新しいBMW 4シリーズ。現時点で頂点を飾るのが、スポーツ度の高い374psのクーペ、M440i xドライブです。賛否両論のデザイン以上に注目すべき内容だと、英 … bmwの魅力とは?4つの良さをわかりやすく解説! bmwの特徴:2つの短所・欠点. 走りの良さが最大の魅力. 今年3月のジュネーブモーターショーで、ついに姿を現したトヨタ・スープラ。しかし、パワートレーンやプラットフォームを供給するのがBMWだと聞いて、眉をひそめた人は多いのではないだろうか。, 外国人タレントに夢中になる彼氏・彼女を前に、複雑な気持ちになる諸氏……なんて想いを抱いた人がいたかどうかは知らないが、BMWといえば、ここ日本にあって、2年連続で5万台を超える販売を記録し、輸入車における販売台数2位につけている人気メーカー。, どちらかといえば国産志向の強い日本にあって、気がつけばいつの時代も決して小さくない存在感を示してきたBMW。その人気の秘密に迫る。, ※本稿は2018年2月のものです .cls-1,.cls-2{fill:#333;}.cls-1{fill-rule:evenodd;}検索. 2018年には年間5万982台を日本で売り上げたbmw。これまでも“輸入車の定番”として高い人気を誇っていたが、2016年に初めて年間販売台数が5万台を突破するなど、その人気は近年さ … どちらかというと、ブランドへのイメージ先行で購入した感があったのですが、実際に乗ってみるとその走りの良さ … 「『走りがいい』とかいわれても良さがいまいちわからない。もっと具体的にどんな良さがあるのか知りたい!」 BMWの魅力というと、走行性能の良さがいちばんに挙げられます。 … 巨大なフロントグリルが話題の新型BMW「4シリーズ・クーペ」が日本に上陸した。早速試乗したサトータケシの印象は?, 【新型BMW4シリーズ・クーペの詳細】巨大なフロントグリルが話題の新型BMW「4シリーズ・クーペ」が日本に上陸した。早速試乗したサトータケシの印象は?, 写真が発表されたときから「グリル、デカっ」とか「ブタ鼻」など、フロントマスクが大きな話題となったBMWの新型4シリーズ。実物はどんなものかと、ドキドキしながら輸入元であるBMWの日本法人のある建物の地下駐車場で対面する。初対面でパッと浮かんだ言葉は「デカい」でもなければ「ブタ」でもなく、「クラシック」だった。, なんとなれば、縦方向に伸びたグリルは、1933年に発表したBMW初のオリジナルモデルである「303」や、第2次大戦後に発表した「501」を思わせたからだ。, 【主要諸元(M440i xDriveクーペ)】全長×全幅×全高:4775mm×1850mm×1395mm、ホイールベース:2850mm、車両重量:1740kg、乗車定員:4名、エンジン:2997cc直列6気筒DOHCガソリンターボ(387ps/5800rpm、500Nm/1800〜5000rpm)、トランスミッション:8AT、駆動方式:4WD、タイヤサイズ:(フロント)225/40R19(リア)255/35R19、価格:1025万円(OP含まず)。, 写真で見るとグリルの面積ばかりが強調されるけれど、実車から伝わる情報量は平面からよりはるかに多い。奥行きがあって造形も複雑だから、写真の印象とは変わってくるのだ。, BMWのフロントマスクを特徴づけるキドニーグリルとは、腎臓(キドニー)がふたつ並んでいるように見えることからこう呼ばれる。キドニーグリルを初めて採用したのが前出の303だったけれど、1960年代の「1500」あたりからグリルは水平方向に伸びてスクエアな形状となった。, ボディカラーはオプションの「アークティック・グレーレース・ブルー」(12万4000円)。, BMWの腎臓が再び縦方向に伸び始めたのは1990年代、モデルでいうと3代目3シリーズ(E36)あたりからで、以後、成長を続けてついに戦前にまで回帰した。, 惜しむらくはナンバープレートの位置。かつてのアルファ・ロメオ「156」のように、グリルのデザインの邪魔にならないようにフロントバンパーの端に寄せることはできなかったのか。, 顔にばかり目が行ってしまうけれど、ルーフからトランクにかけてのラインがきれいだ。このクルマに追い抜かれて後ろ姿を見せつけられたら、ポーっとしてしまいそう。あと、横から見たときにクルマが薄く見えるフォルムは、「8シリーズ」に近くなったように感じる。, 日本仕様は、BMW M社が手をくわえたM440iのほか、2.0リッター直列4気筒ガソリンターボ・エンジンを搭載する420iクーペも選べる。, 外観を観察してから運転席に乗り込むと、趣味のいい茶色ベースのインテリアに囲まれた。先代3シリーズのクーペを独立させる形で2013年に登場した初代4シリーズは、その後、カブリオレや4ドア・クーペのグランクーペなどバリエーションを増やした。, そして初めてのフルモデルチェンジを受けて、2代目4シリーズが発表された。まずは2ドアクーペのみで、先代を踏襲するならば、これからカブリオレや4ドアクーペがくわわるはずだ。, 試乗したのは、現時点での4シリーズのラインナップにおける最上級グレードであるM440i xDrive Coupe。BMWのMモデルにはふたつの種類があって、ひとつはM3など「公道も走れるレーシングマシン」という位置づけのMハイ・パフォーマンスモデル。, 今回試乗したM440iは、「サーキットも走れる高性能車」であるMパフォーマンス・モデルにカテゴライズされる。, Harman/kardonサラウンド・サウンド・システム(464W/16スピーカー)は標準。, ラゲッジルーム容量は通常時440リッター。リアシートのバックレストは40:20:40の分割可倒式。, スターターボタンを押して3.0リッター直列6気筒ターボエンジンを始動すると、低音だけれど抜けがいい、腹に響くような排気音が地下駐車場に広がる。地下から地上に向かう急勾配の登り坂で、「いいじゃん」と思う。微妙なアクセルワークにもリニアに応えてくれるからだ。, 右足の親指の付け根にちょこっと力をくわえただけで、望む通りにスピードをコントロールできる。言葉にするとあたりまえのことだけれど、「水がおいしい」とか「米がおいしい」というように、あたりまえのことを感心するレベルでできるのは大したものだ。, 搭載するエンジンは2997cc直列6気筒DOHCガソリンターボ(387ps/5800rpm、500Nm/1800〜5000rpm)。, “M”の文字が冠されているからハーシュネス(路面からの突き上げ)がビシッとくる乗り心地を覚悟していたけれど、良い意味で拍子抜けした。硬さも荒っぽさも感じさせない、洗練された乗り心地だったからだ。, 4本のサスペンションが巧みに伸びたり縮んだりして路面からのショックを吸収しつつ、上下方向の揺れはスッと収束するから余分な動きが残らない。上品で高級な足まわりだ。, トルクが豊かで反応のいい、ブンまわさなくても気持ちがいいエンジンと、しなやかな足まわりの組み合わせだから、都心を30km/h程度で流していても、いいモノに乗っていると実感できる。けれども、高速道路のETC ゲートを通過してアクセルペダルを踏み込むと、やはりここからがBMWの真骨頂だと思わされる。, 直列6気筒ガソリン・ターボは朗らかに、歌うように回転を上げ、それに伴いパワーが盛り上がる。かつてのNA(自然吸気エンジン)のカミソリのようにシャープなレスポンスとは異なり、ターボエンジンの手応えはもう少しふくよかで丸みがある。バイエルンのエンジン製造会社は、ターボ時代の新しい気持ちよさを表現するコツをつかんだと見た。, スポーツモードを試す。トランスミッションが高い回転をキープするようになるとともに、アクセル操作に対する反応がさらに鋭くなる。スマートだった排気音も、バリバリという野卑な音が混じるようになる。ドライバーは、一気に戦闘モードに入る。, ただし、コンフォートモードではシームレスに変速したトランスミッションが、戦闘モードでは多少のショックを伝えるようになるし、アクセルペダルのオン・オフを丁寧に行わないとクルマの動きがぎくしゃくする。, スポーツモードで滑らかに速く走らせるには、ぼーっとしていちゃダメだ。なるべく遠くを見て、コーナーの曲率を読んで、アクセルペダルを丁寧に操作する必要がある。そうすると期待に応えてくれる。, 高速道道路で渋滞に突入した。そこで、ハンドルのスポーク部分のスイッチを操作し、前を走るクルマに追従するモードを設定した。ハンドルから手を放すことができ、アクセルもブレーキも操作する必要がない。, コーナーの曲率に合わせて滑らかにハンドルを操作する様子は、1年ちょっと前に試乗した3シリーズより滑らかになっていて、この技術が猛烈な勢いで進歩しているのが伝わってくる。現状では、なにかがあったらすぐにドライバーが運転しなくてはいけないから“自動運転”という表現を使ってはいけない。でも、ドライバーの実感としては“自動運転”だ。, コンフォートモードで走る市街地では、湖を行く白鳥のように優雅。一方、スポーツモードで走るワインディングロードでは、気性の荒い悍馬の一面を見せて、ちょっと懐かしい。そしてハンズオフのモードでは、未来が感じられる。古典的なスポーツクーペ、モダンなプレミアムカー、そして未来のクルマ。現在、過去、未来。, インパネに向かって「こんにちは」と話しかけると、「ご用件をどうぞ」と返答してくれたので、iTunesのプレイリストから渡辺真知子の『迷い道』をリクエストしたのだった。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります. 「bmwは走りの良さが魅力」、そう書くと、「もうそのフレーズは聞き飽きた」という声が上がりそうだ。実際、自動車の専門誌ではbmwに対して、誌面で「魅力的な走り」という言葉 … 初出:『ベストカー』2018年3月26日号, ご存じのとおり、次期スープラはBMWとの共同開発で、Z4の姉妹車となる予定。新型Z4のデザインコンセプトは、すでに昨年の東京モーターショーで発表されており、3月のジュネーブショーでスープラともども市販バージョンがお披露目される予定だ(編集部註:Z4は8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで世界初公開となり、スープラは来年1月のデトロイトショーで市販車が公開、2018年春発売開始と目されています)。, 2017年8月、ペブルビーチ・コンクールデレガンスの会場でお披露目されたZ4コンセプト, このスープラ、なんといってもひっかかるのはBMW製のパワートレインが使われること。スープラのバリエーションは197psと258psの2L直4ターボと、トップグレードに搭載される3L直6ツインターボはZ4の326psを上回る340ps。トランスミッションはアイシンではなくZFの8速ATとなる。, いまだに人気の高いA80スープラはトヨタ独自のJZ系直6がウリで、映画の「ワイルドスピード」でも、チューニングされて高性能を発揮する伝説の名エンジンとして描かれている。, もちろん、トヨタとしても「いまさら直6はちょっと……」という事情があるのだろうが、ボディ違いだけで「中身はほとんどBMW?」というのもなぁ……。パフォーマンスが申しぶんないのは確実だろうけど、でも「スープラがそれでいいのか?」という思いもあるわけだ。, BMWの高性能バージョンはMシリーズに代表される純正ハイパワー仕様が搭載されるが、国産スポーツカーはスープラもライバルのフェアレディZも、町の職人チューナーが自由に腕をふるってパワーアップを楽しむという伝統があった。, できればスープラには「お高くとまった」スポーツカーになってほしくないというのがボクの気持ち。Z4といかにうまく棲み分けるか?, その前に、そもそもトヨタとBMWが組んでうまくいっているのかという議論もあるが、ここはひとつ、商品企画センスのお手並み拝見というところでしょうか。, BMWのスローガンといえば「駆けぬける歓び」が有名。高速でもワインディングでもBMWはただ走るのではなく操ることそれ自体が喜びとなるようなクルマを目指している。, そのために、BMWが何を重視しているかというと、ボクはまず第1にエンジンだと思う。BMW製エンジンを見ていつも「スゴイなー」と思うのは、必要とあらばどんなに凝ったメカニズムでも採用することだ。, ひと昔前だと直6のM88型あたりが凄かったし、実用型だとバルブトロニックのバルブ駆動メカニズムや直6のブロック材にマグネシウム合金を使っていることなどがいい例。, N55型の後継、1気筒あたり500ccとしたモジュラーエンジンファミリーの現行3L直6ターボユニット、B58型。直噴で圧縮比は11.0、326ps/45.9kgmを発生する, いくら理想の可変バルタイを実現するためとはいえ、複雑なスイングアームを組み合わせた超複雑なレイアウトを採用するなんて、最初に見た時は「BMW狂ったか?」と思ったし、エンジンブロックをマグネシウムで作るのも耐久・信頼性からみたらありえない冒険だ。, そうそう、同じV8ツインターボでもM5/6用のS63B44型では左右バンク間をまたいだ排気集合レイアウトを採用するなど、さりげなくマニアックなところもしびれるな。しかも、そういう緻密な技術を結集したエンジンを実に官能的に仕上げるところもすばらしい。, 核となるB48型2L直4ターボはチューニングの違いにより、184ps、192ps、231ps、252ps、258psと5種類用意されている, ただ高性能というだけじゃなく、そのパフォーマンスを引き出す過程そのものが快感。M系のエンジンをブン回したことがある人なら説明はいらないと思うけれど、ぜんぶとは言わないまでも、BMWには走らせることそのものが快感というエンジンがホントに多いのだ。, 最近は排ガス規制の強化や衝突安全問題からくるパッケージングの要求、そしてコストなど、さしものBMWも好き放題なエンジン開発はできなくなり、気筒あたり500ccのモジュラーエンジンに同じ過給システムを組み合わせるといった例も増えている。, ただ、その一方で頑なに直6を温存し続け、Mシリーズに向けた高性能エンジンの開発にも決して手を抜かないのがBMWらしいところ。, シャシーのよさやハンドリングの評価が高いのもBMWの美点かもしれないけれど、ぼくはまず最初にすばらしいエンジンあってのシャシーだと思っております。, BMWは積極的にレースに参加し、そこで培った技術を市販車にフィードバックしてきた。その役割を担っているのが1972年5月1日に設立されたBMW AGの100%子会社、BMWモータースポーツ社(1993年にBMW M社に)。, 創立の1972年と1973年には3.0CSLでワークスとしてヨーロッパツーリングカー選手権を連覇し、ワークスとして撤退した後もサポートを受けたプライベーター達が5年間王座を守り、7連覇を達成。, グループAの時代には当初排気量ごとに3つのクラスに分かれ、年間生産台数5000台の車両に出場権が与えられるレースだったが、最大排気量クラスでは635CSiや528iが、中間クラスでは323iが各クラスチャンピオンを獲得。1987年に参入したM3は中間排気量の車両ながら、上位排気量の車両とも拮抗し、全クラスを含んだ優勝争いまで演じるほどの戦闘力を備えていた。, 1990年代にはツーリングカー選手権が2L以下で争われるようになり、ここでも318iがイギリスでは3年連続、日本でも参戦2年目の1995年にチャンピオンを獲得している。, フォーミュラの世界においては、フォーミュラ2では1970年代後半はBMWエンジンのワンメイクレース状態となるほどの活躍を見せ、F1では1982年にブラバムBMWがチャンピオンを獲得。2000〜2005年はウィリアムズBMW、2006〜2009年はBMWザウバーとしてF1に参戦した。, DTMでは1987年、1989年にE30M3がシリーズチャンピオンに、2014年と2016年にはM4DTMでマルコ・ウィットマンがドライバーズチャンピオンを獲得。そのほかスーパーGTにも参戦、2018年シーズンからLM-GTEクラスにM8GTEを投入する予定だ。, 日本市場が痩せていく… 車種削減は必然か愚行か!??