Be respectful, keep it civil and stay on topic. Final Cut Proは、最高品質のビデオを作成、編集、および制作するための画期的なアプリケーションです。, 標準精細度ビデオから、8Kビデオ(ProRes、ProRes RAW、すべてのプロ仕様のカメラ形式を含む)まで、すべて読み込んで編集することができます。, 360°タイトル、グラフィックス、およびエフェクト、さらにVRヘッドセットでの再生を含む没入型の360°ビデオを読み込んで編集できます。, 最大8Kの解像度(およびそれ以上)、フルスクリーン、またはセカンドディスプレイで高精細度メディアを再生してスキミングできます。, Pro Display XDRをプロ用HDRリファレンスモニタとして使用して、鮮やかなHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを編集して色補正できます。Final Cut Proトーンマッピングを適用してHDRコンテンツをMacディスプレイで見ることもできます。高解像度ビデオスコープを使用して、HDRイメージのブライトネスレベルを測定しながら編集することもできます。, 「マグネティックタイムライン」でクリップを組み立てることができます。「マグネティックタイムライン」では、隣接するクリップが滑らかに調整され、ギャップや衝突、同期の問題が解消されます。, 最新のトリミングツールを使用してリップル編集、ロール編集、スリップ編集、およびスライド編集を行ってから、インラインの詳細編集でカットを微調整できます。, クリップを接続してカットアウェイショット、スーパーインポーズタイトル、サウンドエフェクトをメインストーリーラインにロックしたり、クリップをほかのクリップにネストしたりできます。, マルチカムをマスターにすることで、フォーマット、フレームサイズ、フレームレートが異なる最大64アングルのビデオが自動的に同期されます。最大16アングルを一度に表示してから、アングルエディタを使用して個々のクリップをタイムライン内で移動したり、同期したり、トリムしたり、エフェクトを追加したり、カラーグレーディングしたりできます。, 次のようにメディアクリップを整理することでワークフローを分かりやすくできます: レートを設定する、キーワードを追加する、またはスマートコレクションにまとめる。, 人物とショットタイプを検出して「人物1人」や「ワイドショット」などのキーワードを自動的に割り当てることができます。, 1回のクリックで、ダイアログ、アフレコトラック、音楽など、タイムラインの各オーディオレーンにサウンドクリップを配置できます。, 付属する300以上の特殊エフェクト、トランジション、ジェネレータを使用して魅力的なビジュアルエフェクトを追加してから、詳細なキーフレームおよびオンスクリーンコントロールで調整できます。, クリップをリタイミングして、映画のようなファストモーション、スローモーション、可変速エフェクトを作成できます。, 使いやすいノイズリダクションツールを使って粒状ノイズやビデオノイズを減らしたりなくしたりできます。, スタジオ品質の2Dおよび3Dタイトルを作成して、Final Cut Proを離れずにそれらをMotionで設定できます。, クローズドキャプションをさまざまなフォーマットで追加できます。高価な他社製ソフトウェアまたはサービスは必要ありません。, Appleのプロ用イメージングエフェクトアプリケーションであるMotionで、魅力的なエフェクトや圧倒的なグラフィックスを作成してから、それらをFinal Cut Proで開いて調整できます。, オーディオ圧縮、EQなどのためのさまざまなプラグインを使ってプロ品質のオーディオエフェクトを追加したり、AppleのLogic Proなどのプロ用オーディオアプリケーションにサウンドスケープを送って高度なミキシングを行ったりできます。, ビデオを解析して、余分なハムノイズやラウドネスなどの一般的な問題を非破壊的に解決できます。Final Cut Proの手ぶれ補正機能を使ってビデオの手ぶれを補正できます。, もしくは、Final Cut Proに付属するプロ品質のカラーグレーディングツールを手動で使うこともできます。カラーホイール、カラーカーブ、ヒュー/サチュレーションカーブ付きの専用カラーインスペクタや、補正を時間変化で調整するキーフレームなどが用意されています。, 完成したプロジェクトをCompressorに送ってiTunes Storeに効率的に配信できます。Final Cut Pro、Motion、およびCompressorはすべて同じMetalアーキテクチャを共有しているため、アプリケーション全体で優れたパフォーマンスと一貫性のあるレンダリングが提供されます。, プロジェクトをYouTubeやVimeoなどの共有Webサイトに直接公開したり、iPad、iPhone、Apple TVなどのAppleデバイス上で表示するために最適化したりできます。, 業界標準MXFなどのさまざまなプロ用フォーマットでファイルを書き出すことができます。, バッチ共有を使って複数のプロジェクト、クリップ、またはクリップ範囲を同時に書き出すことができます。, 注記:このガイドで説明しているトピックの完全なリストについては、ページ上部で目次をクリックしてください。. 「Final Cut Pro 10.1」以降では、ライブラリで作業を整理できます。ライブラリでは同じ場所に複数のイベントとプロジェクトを含めることができます。 Final Cut Proを … この記事では動画編集ソフト「Final Cut Pro」と「Adobe Premiere Pro」、どちらが良いのかについて解説します。. Appleは、先日発表したApple Silicon Macに最適化され、Iconも変更された「Final Cut Pro 10.5」「Motion 5.5」をリリースしています, 1990年Mac IIci からMac一筋。 Apple、セキュリティ更新プログラム「XProtect」とマルウェア除去ツール「MRT」を11月12日(現地時間)にサイレ... Apple、macOS Big Surの新デザインに合わせた、Iconも変更されたiWorkをリリース. Appleは、先日発表したApple Silicon Macに最適化され、Iconも変更された「Final Cut Pro 10.5」「Motion 5.5」をリリースしています Final Cut Pro 10.5の新機能 Appleシリコン搭載のMacコンピュー … 現在は、iMac 5K 27inch, 15inch MacBook Pro 2018, iPhone XS Max, iPhone 11 Pro Max, 12.9inch iPad Pro 2018, iPad Air,  Apple Watch Series 4, Apple Watch Series 5, Apple TV(第4世代)とApple製品に囲まれてます(;´д`)。, カメラはEOS 5D Mark III、越中八尾のおわら風の盆、白川郷には毎年撮影に行っていました。, 2014年6月にすい臓がんのステージIVaと診断され余命4か月宣告を受けました、抗がん剤の化学療法でがんが小さくなり2015年1月に手術を受け、2020年1月で目安と言われる丸5年経過しました. ちなみに、ぼくはどちらのソフトを実際に使ってみました。 結論としてオススメしたいのは「Premiere Pro … Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved. 13インチ型 MacBook Pro (2020)はプロ向けの動画制作アプリ「Final Cut Pro」との相性が悪く、想定通り動作しない可能性がある。 YouTubeチャンネル「 Appleが大好きなんだよ 」が5月23日、「 13”MacBook Pro … Discuss: Apple Final Cut Pro 5 Sign in to comment. Apple、macOS Big Surの新しいデザイン、シリコン搭載のMacでパフォーマンスおよび効率が向上する「Garag... Apple、「Xcode 12.2 Release Candidate (12B5044c)」を開発者にリリース, Appleスペシャルイベントで13インチおよび16インチMacBook Proと13インチMacBook Airを発表か, Apple、マルウェア除去ツール「MRT」を 10月30日(現地時間)にサイレントアップデート, Apple、「Xcode 12.1.1 Release Candidate (12A7605b)」を開発者にリリース, Apple、セキュリティ更新プログラム「XProtect」を 10月29日(現地時間)にサイレントアップデート, Appleシリコン搭載のMacコンピュータで、Apple Neural Engineを使用したスマート適合の機械学習分析が高速化, ライブラリのコピーを作成して、メディアをさまざまな解像度でProResプロキシまたはH.264に自動的にトランスコード. 『Final Cut Pro X』をWindowsのパソコンで使うことができません。 もしWindowsのパソコンでも『Final Cut Pro X』のような使い勝手を求めるなら『Filmora』がおすすめです。. 「Final Cut Pro 10.1」以降では、ライブラリで作業を整理できます。ライブラリでは同じ場所に複数のイベントとプロジェクトを含めることができます。Final Cut Proをはじめて開くと、「ムービー」フォルダにライブラリファイルが作成されます。新しいプロジェクトまたはイベントを作成すると、それらはアクティブなライブラリに自動的に取り込まれます。ライブラリはすべてのメディアファイル、編集内容、および関連付けられたメタデータを追跡します。, 一度に複数のライブラリを開いておくことができ、ライブラリ間でイベントやプロジェクトを簡単にコピーできます。これによって、メディア、メタデータ、および作品を別のシステムにすばやく簡単に移動でき、移動先での作業や複数の編集者による作業、アーカイブ作成に役立ちます。ライブラリは必要に応じて開いたり閉じたりできます。, 特定のライブラリに読み込んだメディアはライブラリ内部に保存され、管理対象メディアと呼ばれます。また、接続されているストレージデバイス上の任意の場所にメディアを読み込むかコピーして、外部メディアとしてライブラリにリンクさせることもできます。共有ストレージ上にあるこの外部メディアには複数のユーザが簡単にアクセスできます。, 管理対象メディアは、アクセスを共有したい場合にいつでも外部メディアにすることができます。また、外部メディアを管理対象メディアとしてライブラリ内にまとめれば、移動やアーカイブ作成が簡単になります。Final Cut Proのプロジェクトとライブラリを統合するを参照してください。, レンダリングファイル、最適化されたファイル、プロキシファイル、および解析ファイルはすべて自動生成メディアと見なされます。これらのファイルは、元のメディアが読み込まれた後にバックグラウンドで作成されるからです。自動生成メディアはFinal Cut Proライブラリ内または定義した外部の場所に保存できます。たとえば、多数のメディアを効率よく整理するために、自動生成メディアをライブラリの外部のSANまたはストレージデバイスに配置できます。Final Cut Proのストレージの場所を設定するを参照してください。, ライブラリのサイズを小さくするために、またはライブラリをよりすばやく移動、コピー、アーカイブできるように、すべての自動生成メディア(プロキシファイル、最適化されたファイル、レンダリングファイル)を1手順で削除できます。Final Cut Proで最適化されたファイルおよびプロキシファイルを作成するおよびFinal Cut Proでレンダリングファイルを管理するを参照してください。, 注記:デフォルトでは、ライブラリ間でプロジェクトをコピーしても、関連付けられたプロキシファイル、最適化されたファイル、およびレンダリングファイルはコピーされません。これらのファイルはすぐに再生成できるからです。ただし、プロジェクトを別のライブラリにコピーするときにプロキシメディアや最適化されたメディアを含めるかを選択できます。. カラグレなど細かい機能は『Final Cut Pro … Final Cut Proトーンマッピングを適用してHDRコンテンツをMacディスプレイで見ることもできます。高解像度ビデオスコープを使用して、HDRイメージのブライトネスレベルを測定しながら編集するこ … 10.5 - Final Cut Proと名称を元に戻し、2020年11月12日リリース。 Apple M1 とNeural Engineに対応し、パフォーマンスと効率が向上 [10] Final Cut Proの画面(Final Cut Pro 7まで) [ 編集 ]