Copyright ©  GoodWriter All rights reserved. そもそも、Galaxyは、QC2.0およびSamsung独自のAdaptive Fast Chargingです。 かりに25Wに対応したとしても、AFC対応の純正充電器が必要ですし、充電時間も、劇的に上がるわけではないです。 PDには未対応ですから、充電器の出力がいくら大きくてもダメです。 Galaxy S10を5回以上充電でき、18W出力のPD規格にも対応しているモバイルバッテリーです。最大出力は30Wなので、パソコンやタブレットにも充電が可能。 本体には多重保護チップが内蔵されており、過充電、過放電、過熱からデバイスを保護してくれます。 ソニー USBポータブル電源 (6,100mAh ブラック USB-typeC変換アダプター同梱) CP-E61CAW CP-E61CAW, 【Xiaomi Mi Band 4】充電1回で20日使えるスマートバンド【使い方…, 【Anker SoundCore mini レビュー】15時間再生ワイヤレススピ…, 【Belkin Boost Charger レビュー】Quick Charge …, 【Anker PowerWave BasePad レビュー】iPhone と A…, cheero Power Plus Danboard Version 10050mAh PD18W. ステム(OS)や、ソフトウェア等のプログラムの容量も含まれるため、お客様が実際にご利用いただける容量とは異なります。また、実際にご利用いただけるメモリー容量は、お客様の使用状況や、ソフトウェアのアップデート状況により変化します。, ※ サイズと重量は、デバイスの構成および製造プロセスによって異なる場合があります。ネットワーク : 各デバイスでサポートされるネットワーク帯域幅は、地域やプロバイダによって異なります。. 6.1インチの全画面ディスプレイ、RAMメモリ8GB、トリプルレンズと高スペック・ハイクラスな仕上がりで、注目も高い機種。, 当記事では、Galaxy S10におすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。, Galaxy S10が対応する急速充電の規格「PD(PowerDelivery)」を搭載しており、Galaxy S10の最速である18Wの充電が可能になっています。, USB-C to USB-Cケーブルが付属しているので、自宅と会社などに分けてケーブルを使えるセットになっているのは嬉しいポイント。, 約1000回の繰り返し充電に耐える独自技術「ハイブリッドゲル・テクノロジー」や、安全性を高める発熱抑制システムやスマートICチップを搭載したセーフチャージで安心して使えるのが魅力です。モバイルバッテリーには珍しいOn/Offスイッチが付いた設計で、自分で充電を調節できるようになっています。, 通常のモバイルバッテリーとしても使え、コンセントに挿してデバイスと繋げば、充電器(アダプタ)になる2WAYタイプになっています。, 折り畳み式のプラグが採用されており、バッグに入れたときでも引っ掛かることがありません。内蔵バッテリーへの充電は、コンセントに挿すと約2時間50分でフル充電が可能です。USBポートは2つあり、2台同時充電もできる仕様になっています。, Galaxy S10を5回以上充電でき、18W出力のPD規格にも対応しているモバイルバッテリーです。最大出力は30Wなので、パソコンやタブレットにも充電が可能。, 本体には多重保護チップが内蔵されており、過充電、過放電、過熱からデバイスを保護してくれます。パッケージには、USB Type-C to Type-Cケーブルが付属しており、手持ちの充電器と2つの充電の環境が作れるようになっています。, スタイリッシュな薄型デザインが特徴的な「AUKEY(オーキー)」のモバイルバッテリー, デバイスへの出力ポートは「USB Type-A、USB Type-C」の2つが採用されています。USB-Aポートの最大出力は12W(5V×2.4A)ですが、USB-Cポートの最大出力は、急速充電に近い「15W(5V×3A)」になっています。, GalaxyS10に付属しているUSB-Cケーブルがそのまま使えるのがポイントです。, またiMacやノートPCにも充電ができる最大30Wの高出力が魅力となるポイント。ただ重さは「580g」と普段の持ち運びには向かないタイプで、どちらかというと出張や旅行先のバッテリーとしての使用に向いています。, ポートはUSB-AとUSB-Cタイプが搭載されており、GalaxyS10に急速充電ができる18W(ワット)のPD出力も可能になっています。接続したデバイスに最適な電流が流れるAUTO-ICチップ、過充電などを防ぐ自動停止機能など、ユーザビリティが高いスペックです。, 付属品は「オリジナルポーチ、USB Type-C to Cケーブル、USB Type-Aケーブル」, 日本(Amazon)で4期連続ベストセラー1位を獲得していているモバイルバッテリー, バッテリー容量は10000mAhで、Galaxy S10なら2回以上の充電ができます。手に収まるコンパクトサイズで、重さは180g。女性でも気軽に持ち歩くことができるのが大きな特徴になっています。, 個人的には、急速充電(PD)に対応していて、USB-C to Cケーブルが付属している「No.1(Anker)」と「No.4(Ravpower)」は特におすすめです!. Galaxyの充電仕様Super Fast Charging 2.0は、PD 3.0規格そのものだということがわかる。, そして、調べていくと、そのPD 3.0のオプションであるPPS(Programmable Power Supply)と、その対応のための5Aケーブルの3要件がそろったときのみ45W充電が実現する。その要件を満たすためのアクセサリが別売りの45W Travel Adapterだというわけだ。そして、今のところ、Galaxy Note 10+のみが、このアダプタを使った45W充電に対応するデバイスだ。, たとえば、PPSをサポートしない通常のPDアダプタでは45Wアダプタであっても1.5時間かかる。25W程度で頭打ちになっている模様だ。, また、同梱のケーブルは5A対応ケーブルなので、PDの規格で5A対応を示すeMarkerが実装されている。このケーブルをeMarkerなしのもので試してみても、3Aが上限となり1.5時間かかってしまう。, と記載されている。PPSによって、3.3~11Vの間で4.05Aに達することがあるために、5Aケーブルを要求していることがわかる。, PPSは、小さなステップで電圧と電流を変化させる。スマートフォン側で充電器から供給される電力を最適なものになるようにコントロールし、熱の発生などのかたちで捨てられるエネルギーを最小限に抑えることができる。, PDでは電圧を固定し、電流を下げながらこの効果を得ていたが、PPSでは、さらに小刻みに電圧を含めてコントロールすることで、発熱や変換ロスを最小限に抑えることができる。PPSが使えない場合は、必要以上の電力を受け取り、入らない電力を捨てていた。これが変換ロスになり、熱になってしまう。, ちなみに、このPPS対応充電器をPCに接続してみたところ、レッツノートQVシリーズは非対応(メーカー確認済み)で、45W充電器としては認識されなかった。その一方でFCCLのUHシリーズでは、45Wの標準的なPD充電器として機能するようだ。, 急速充電は結果としてはありがたい。バッテリがすっからかんであわてて立ち寄ったカフェや、朝起きたらスマートフォン充電を忘れていたことに気がついたときなどに心強い。30分もあれば、ほぼ安心レベルまでの充電ができるからだ。, とはいえ、充電時にスマートフォン本体が熱くなりがちなのには閉口する。だが、Galaxy Note 10+を、この充電器に同梱ケーブルで接続し、1時間で0%から100%という驚異的な急速充電をしても、ほとんど熱くならないのはうれしい。, Type-CとPD、そしてさらにPPSと、そのややこしさがまた深まった感があるが、Galaxy Note 10+を皮切りに、スマートフォンの充電規格が、こちらの方向にうまくシフトしていくきっかけになるかもしれない。, PD関連のアクセサリ類の充実に熱心なベルキンに取材したところ、そうは言っても、Type-Cの普及はまだまだだとも言う。実際、量販店を観察しても、C-Cケーブルよりも、A-Cケーブルのほうが豊富に陳列されてもいる。, 世のなかの多くのデバイスがPDに対応していて、実際に、それらを所有しているユーザーは多いはずなのだが、それでもA-Cケーブルを使う旧来の充電器を購入していくパターンが少なくないとも言う。当然のことながら、せっかくの安全で便利な急速規格が活かされない。, そんななかで、Galaxyが、独自規格ではなくPDとPPSという電力供給の標準規格にあわせてきたのもいいニュースだ。世界一のスマートフォンベンダーが方向性を示すというのは責任という点でも重要だし、消費者にとっても道しるべとなるはずだ。, 中華メーカーで独自規格の超高速充電規格が多く出ていますからね消費者も充電器選択肢で困ることが多いし、製造者側も同じくですね, Note10+ではデジタルウェールビーイングの搭載もされているのでGoogleの求め通りにしたという事じゃないでしょうか?, 自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。, http://socius101.com/concept-for-galaxy-note-20-plus-design-and-spec-54183-2/, Galaxy Note 10+スペックシートは、Note 10の明確な絵を描きます. Galaxyの充電仕様Super Fast Charging 2.0は、PD 3.0規格そのものだということがわかる。. Galaxy S10+ 約6.4インチ/Dynamic AMOLED(有機EL) Quad HD+(1,440×3,040) *対角線で測定した場合、Galaxy S10のスクリーンサイズは、完全な長方形で6.1インチ、丸角を考慮して6.0インチです。 Galaxy S10/S10+を使っていて、 充電ができない 事象にになったことはないだろうか? あなたのGalaxy S10/S10+が 充電ができない 事象が 稀に起こる ということであれば、 一時的なエラーである可能性が高い が、 頻繁に起こる 場合には、あなたの スマホの使用方法に原因がある ことが考えられ …