先週末、鍵を無くしました。スクーターの鍵以外に部屋・リアbox(givi)のも一緒でした。定かではありませんが、夜、ちょっとスクーターに物を取りにいった際、差しっぱなしにしていた可能性が大きいです。スペアは持ってるので部屋にも }{ 消耗品の交換や車検くらいでしょう。 return PENCILOCALCACHE.data[ajaxFilterItem]; "item": { "datemodified": "2020-10-28", } "@type": "ListItem",  以前同じように頼んだことがありますが どうしたら良いですか?, そのBOXは以前使っていましたが、鍵周りの取り付け精度が悪く、鍵を掛けていてもツメが外れて開くし、ボタンをいくら押し込んでも開かないこともありました。 結構綺麗になりますから試してみてください。 大体は、上記の理由で交換されることになると思われますが、 "logo": { これが一見のバイクの場合、健康診断、精密検査から始めないとなりません。 購入ルートとしてオークション、通販、店頭購入などをありますが、購入後のメンテナンスをどうするかで悩んでます。 と言われました。 this.content = ''; "alternateName": "\u30c1\u30a7\u30b9\u3068\u72ac\u3068\u30b2\u30fc\u30e0\u3068\u30b9\u30fc\u30d1\u30fc\u30ab\u30d6\u3068etc\u3068\u306e\u751f\u6d3b", }, } なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。, 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 ); .wpb_animate_when_almost_visible { opacity: 1; } (function() {var wf = document.createElement('script');wf.src='https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/webfont/1/webfont.js';wf.type='text/javascript';wf.async='true';var s=document.getElementsByTagName('script')[0];s.parentNode.insertBefore(wf, s);})(); スーパーカブのリアキャリアにリアボックスを取り付ける場合、基本的に以下の3つから選ぶことになりますよね。, 自分は以前ホムセン箱を取り付けたことがあり、それを記事にもしてあるのでよろしければそちらも合わせて読んでみてください。, またホンダ公式の箱に関しては、個人的にはあまり好きなデザインではないので候補には入りませんでした。, なので選択肢としては「メーカー製の箱」一択になります。しかしメーカー製の箱と言っても色々とありますが、基本的に大多数の人は実績のある「GIVI製のリアボックス」で落ち着くことになると思います。, そんなわけで、今回の記事ではスーパーカブとGIVI製リアボックスの”あれやこれや”について語っていきます。, 先ほど述べたとおり、以前に別の記事でスーパーカブにホムセン箱(ホームセンターで売っている箱)を取り付ける方法を紹介しました。, それでしばらくの間、その取り付けたホムセン箱をリアボックスとして使用していたのですが…, しかし「耐久性」や「防犯性」および「機能性」などを考慮すると、やはりメーカー製のリアボックスを取り付けて使用した方が良いのではないかと思い始めました。, まぁそれで実際に、この界隈で有名なツーリングボックスメーカーである「GIVI製」のリアボックスを取り付けて使用していますが、とても使いやすく現時点においては満足しています。, 実際にホムセン箱とメーカー製の箱を両方使用してみた上で、それぞれの項目を比較してみました。まぁあくまでもこれは個人的な考えなので参考程度に。, 「耐久性」 やはりバイク専用に設計されているメーカー製の箱の方が絶対に良いと思います。というより、そうでなければイケないはずです。, 「防犯性」 まぁ盗まれる時は何をしても盗まれてしまうので何とも言えませんが、専用の鍵などが付いているのでメーカー製の箱の方が多少安心感はあります。またワンタッチで箱自体を簡単に取り外して持ち運ぶ事ができるのも良いです。, 「機能性」 バイク専用の(ツーリング)ボックスということで、ヘルメットが中に収めやすい構造をしています。また防水面に関しても完全防水仕様ではないのですが、よほど激しい雨とかでなければ防ぐことができる耐水性はあります。, 「安定性」 これもやはりバイク専用のボックスとして作られており、またボックス専用の土台(ベース)もあるので取り付けて走行した安定感はメーカー製の箱の方が明らかに上です。, 「デザイン」 はっきり言ってメーカー製の箱はほとんどが似たような形状やカラーバリエーションなので、ホムセン箱の方がデザイン面での自由度は高いです。, 一口にリアボックスと言っても、実際に販売されているリアボックスには様々な種類があります。なのでここではGIVI製リアボックスの選び方について簡単に紹介をします。, 基本的に「容量=箱の大きさ(サイズ)」になるので、「自分が何を入れたいのか?」や「バイクの大きさに合うのか?」など適切に判断する必要があります。, 一番多い失敗は「大きければ大きいほど良い!」みたいな短絡的な思考で選んでしまった場合です。, 確かに大きければ色々と入って便利なのは確かなのですが、やはりその分だけサイズが大きくなり走行する上で色々と不便なことも多くなります。, 例えば下の画像のように容量が「6L」違うだけでも全然大きさは違ってきますからね。(左が37Lで右が43L), ちなみに自分の場合、ミドルクラスの中では小さい部類に入る「32L」を選びました。理由は日常使用にもツーリング使用にも丁度良い大きさだったからです。, 流石に40L以上のクラスは自分の用途では大きすぎて邪魔になり、無駄なストレスが溜まりそうな感じがしたので選択肢から外しました。まぁたくさん荷物が入るのは魅力的なんですけどね…。, 基本的にリアボックスの形は以下の丸型か四角型(スクウェア)になります。流行としては丸型が多いようですが、飽きて四角型にする人も多いようです。, ちなみに自分は四角型にしました。理由としては容量を考えた時、丸型では明らかに無駄なスペースが生じ、また荷物も若干入れに難く感じました。, また形だけではなく「色」に関しても種類は少ないですが選ぶことが出来ます。個人的にはもっと色々なカラーバリエーションのボックスを出して欲しいとずっと思っているのですが、相変わらず「白・黒・灰色」の組み合わせがほとんどなのが現状です。, 今まで紹介してきた「容量」や「形状」に関しては、他メーカー製のリアボックスを選ぶ際でも共通する要素なのですが、GIVI製のリアボックスに関しては更に「モノロック/モノキー」についても考慮する必要があります。, まぁ簡潔に違いを紹介すると、モノキーシリーズはモノロックシリーズより値段もスペックも高いって感じです。, ただしスーパーカブにモノキーのリアボックスを取り付けることはまずないので、特にここに関しては考える必要はありません。, 参考までにモノキーのリアボックスを取り付ける場合、バイクの推奨排気量は「400cc以上」となっています。我々カブラーには一切関係ない話ですね笑, 「GIVI(ジビ)社」はイタリア発のバイクのツーリングボックスメーカーとして世界的に大変有名な老舗企業です。, 公式サイトの情報によると、社名の由来は創業者の「Giuseppe Visenzi」さんのイニシャルから取ったそうです。ちなみにこの方は、元MoTo GPライダーでセカンドキャリアとして実業家へと転身し成功したようです。. Copyright © Daytona Corp. All Rights Reserved. "@type": "organization",