仕事で避けがたいデータにPDF、Microsoft Excel、Microsoft Wordなどがある。 仕事で避けがたいデータにPDF、Microsoft Excel、Microsoft Wordなどがある。ドキュメントデータとしてはPDFが広く浸透してきたように思うが、スプレッドシートに関してはMicrosoft Excelのデータに触れる機会が多い。PDFはiPadでシームレスに扱えることが多いのでよいが、仕事でiPadを使っていこうとすると、、MicrosoftのWordやExcelとの縁は切っても切れない。, そうなってくると、iPadでMicrosoft WordやMicrosoft Excelのデータは扱うことができるのか、扱えるとすればどこまで互換性が確保されているのか、無料で利用できるのか、ライセンスの購入が必要なのか、その辺りが気になる。, 結論から書くと、iPadでは「Web版のMicrosoft Office」や、「モバイルアプリ版のMicrosoft Officeシリーズアプリ」を利用できる。どちらも完全にデスクトップアプリケーション版の機能が利用できるわけではないのだが、使い方によってはこれで十分である。そしてこれで事足りるのか、どちらのほうが使いやすいかは、用途に依存するので実際に試してもらうしかないと思う。, 今回は、iPadでMicrosoft Officeを利用するかどうかを決定する際に役立つ情報をまとめておきたい。なにせ、Web版やモバイルアプリ版を使うには、いくつかのポイントを整理しておく必要があるのだ。というのも、サービス名が数年ごとに変わったり、利用できる条件がスクリーンサイズで違っていたり、利用できる機能に違いがあったりなど、整理しておかないと思わぬ出費が発生する可能性があるのだ。本稿を参考に、どの方法が自分の目的に近いものかを知ってから、利用してもらえればと思う。, MicrosoftはOfficeに関して、数年ごとに新しいサービスやプロダクトを発表したり、サービス名を変更したりしてきた。2020年に入ってからは、これまでOffice 365の名前で提供してきたサービスをMicrosoft 365という名称にリブランドしており、ちょっとばかり訳がわからなくなってきている。ここで、名称とその意味を簡単に整理しておこう。, まず「Microsoft Office」から。現在のところ、Microsoftは「Microsoft Office」という名称の下で、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリ、Webブラウザ版を集約しつつつある。これまではそれぞれに名称があったのだが、すべてをまとめて「Microsofit Office」というプロダクト/サービスという位置づけにしつつある。, 次は「Microsoft 365」だ。Microsoftは2020年4月にOffice 365からMicrosoft 365という名称へのリブランドを実施したのだが、これはMicrosoftの提供するサブスクリプションと考えてもらえればよいだろう。「Microsoft Office」がアプリケーションやWebブラウザ版など実際の製品で、「Microsoft 365」がそれを利用するための料金体系、ざっくりそう考えておけばよいと思う(将来さらに概念統合や名称変更があるかもしれず、あくまでも本稿執筆時点の内容だ)。, 最新のiPadのコンピューティング性能はなかなか素晴らしい。iPad Proなどはスクリーンも大きく、Macのような使い方ができる。そして、これが本連載の目的の1つなのだが、MacのWebブラウザで「Microsoft Office」のWebブラウザ版を使えるように、iPadでも「Microsoft Office」のWebブラウザ版を利用することができる。次のページからアクセス可能だ。Microsoftアカウントでサインインすると、使えるようになる。, もともと、Webブラウザで利用できるMicrosoft Officeは「Office Web Apps」という名称で呼ばれていた。その後、「Office Online」と名称が変更され、その後、さらに「Office on the web」と呼ばれるようになった。現在ではさらにその名称も使われずに、ただの「Microsoft Office」という形で使われるようになった。, 本校執筆時点では、Web版のMicrosoft OfficeからはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、OneDrive、Skype、Outlook、Flow、Forms、Sway、予定表、連絡先、To Doなどの機能が利用できる。ただし、デスクトップアプリケーションとまったく同じ機能が提供されているわけではない。Google Driveを使ったことがあるなら、Google Driveのようなものと考えると、飲み込みやすいと思う。, Web版のMicrosoft OfficeはOffice Open XMLやOpenDocumentといった新しいフォーマットを使用するが、旧Officeのドキュメトにも対応している。ただし、マクロの実行には制限がある。, Web版のMicrosoft Officeを使う場合、それなりにプロセッサパワーやメモリが必要ということには触れておきたい。古いモデルのiPadでは操作が重くてストレスが貯まると思う。新しいモデルであれば問題にならない。古いモデルを使う場合には実際に実用に耐えるのか試す必要があるだろう。, ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 iPad Proは、Liquid Retinaディスプレイ、A12Z Bionicチップ、進化したカメラ、新しいLiDARスキャナを搭載。Apple Pencilと新しいMagic Keyboardに対応しています。 「iPad上で無料のofficeをインストール」は、たぶん、Office for iPad をインストールされたのだと思います。 Office for iPad を使っていると一部機能が制限されているかと思います。 その制限を解除するために、Office 365 Solo を契約します。 iPadでMicrosoft Officeはどこまで使えるのか . また、Office 365 Soloと紐づいていない関係のないMicrosoftアカウントでサインインすると、無料版として動作しますので、機能によっては、Microsoftアカウントへのサインインを求められるようになります。, モバイル版なので、通常のデスクトップ版に比べればOffice 365 Soloユーザー向けのものであっても機能的に制限もあります。機能の違いについては、以下のサイトも参照してみてください。, このスレッドはロックされています。質問をフォローすることや役に立つと投票することはできますが、このスレッドに返信することはできません。, Office 365相談センターにも注目:待望の「Office for iPad」が日本上陸! 「Office 365」を契約して“プレミアム機能”も入手しよう - ITmedia PC USER. iPad ProとSmart Keyboard Folioを使うことで、ノートPCの代わりとしてキーボード入力で文章の作成ができます。 また、iPad Proは11インチは468g、12.9インチは631gと、一般的なノートPCと比べてとても軽量なため持ち運びも楽です。 iPad Proでできること5. ipadを購入する際に、アップルストアのお勧めもあり、office365 Soloを同時に購入しました。箱物で、プロダクトキーだけが付いていました。, インストールでは、osのバージョンが古い(9.3)ので、iOS10.10以上でないと不可とのことでした。最新のiPadであり、アップルのお勧めでiPadと同様に購入したofficeがインストールできなくて、困っています。アップルとマイクロソフトのサポートには、色々聞きましたが、らちがあきません。, 現在は、iPad上で無料のofficeをインストールして、何とか、購入したプロダクトキーを使えないかと思案中です。ややこしい問題ですが、ご支援して頂ける方、どうぞよろしくお願いします。, 「iPad上で無料のofficeをインストール」は、たぶん、Office for iPad をインストールされたのだと思います。, Office for iPad を使っていると一部機能が制限されているかと思います。, Office for iPad のWordや Excel、もしくは、PowerPointを起動し、Microsoft アカウントでサインインします。, 参考:Office 365相談センターにも注目:待望の「Office for iPad」が日本上陸! 「Office 365」を契約して“プレミアム機能”も入手しよう - ITmedia PC USER, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, iOS版であれば、App Store から、Andorid版であれば、Google Play から Windowsタブレット版であれば、Windows Store から Wordなどを検索してインストールします。, もちろん、Office 365 のアカウントにサインインして、画面下部にあるiOS向けのリンクをたどって、App Storeに移動しても同様です。, iPad ですから、App Storeから、インストールして利用する際に、途中でマイクロソフトアカウントでのサインインを求められるわけですが、その際に、Office 365 Solo の時に使用したマイクロソフトアカウントでサインインすれば、Office 365ユーザー向けのOffice Mobile として機能します。 Microsoft Officeを使う iPadの性能や機能は年々向上しているため、従来よりもパソコンのように使える幅が広がってきました。実際に現在では、iPadを業務利用している会社も増えてきています。しかし、iPadにはいくつかのモデルがあり、パソコンと同等の性能も持つものと持たないものがあります。どのモデルがパソコンのように使えるのか、各モデルの性能や具体的な使い方を紹介していきます。, iPadをパソコン代わりに使いたい場合、重要となるのは「どのような用途で使うか」ということです。例えば、営業先に資料を使って提案するときに、電子書籍の機能(ブック機能)を使えば、保存しておいた資料をiPadを使いながら相手に見せることができるでしょう。しかし、パソコンで行う仕事のように、エクセルやワード、パワーポイントを利用する際には処理が大きくなるため、性能が良いiPadを使う必要があります。このようにiPadのモデルによって、パソコンと同じように使えるかどうかが変わってきます。実際にiPadの中には、パソコンと変わらない処理能力を持つモデルもあるため、パソコン代わりに使えるといっても問題ないでしょう。, iPadをパソコンとして利用するときの1つのポイントになるのが、搭載しているチップの性能です。, iPad mini以降のモデルに搭載されている「Neural Engine」とは、画像や音声の処理に優れた人工知能のことです。主に顔認証や、写真・ゲームなどのグラフィックを処理します。iPad(無印)では、Neural Engineは搭載しておらず、旧モデルと比較すると処理能力は速くなっていますが、それ以外のモデルと比較すると見劣りするでしょう。iPad mini以降のモデルであればパソコンと同じような操作も、高速で処理できます。最も性能が良いiPad Proであれば、安価なパソコンよりも処理能力は高いでしょう。iPad Proは操作の処理だけでなく、グラフィックの処理速度も高速なので、容量が大きいデータを扱うデザイン関連の仕事にも対応可能です。, iPadをパソコンのように利用したいのであれば、どのような使い道があるのか知っておくことが必要です。基本的にiPadに利用したいアプリをインストールするか、ブラウザ上のサービスにアクセスすることでパソコンと同じような使い方が可能になります。, 仕事用としてiPadを利用したいのであれば、OfficeソフトやGoogleのアプリを利用するのがおすすめです。例えば、仕事でエクセルやワードを利用することが多ければ、Officeソフトのアプリをインストールするか、オンライン上のOneDriveを利用すれば、iPadでOfficeソフトを利用できます。Officeソフトと同様に、Googleドライブやスプレッドシート、ドキュメントやスライドといったGoogleのアプリをインストールすれば、iPadでもパソコンのように仕事ができます。, iPadをパソコンのように使おうと思ったときの大きな課題が、デスクトップ画面(iPadだとホーム画面)にファイルを保管するフォルダを作成できないことです。また、iPadでは1度に開いて操作できるアプリは1つだけであったため、複数のアプリを同時進行することができず、都度アプリを切り替えなければなりません。, 現在のiPad(iOS 11.0以降)では、「ファイル」というAppleが提供しているアプリがあり、パソコンのデスクトップと同様にさまざまなファイルを保存・管理できるようになりました。また、iPadのマルチタスク機能を使うことで、複数のアプリを同時に操作することができるため、例えば、メールとファイルを同時に開いてドラッグアンドドロップで添付することも可能です。, iPadをよりパソコンのように使うためには、キーボードとマウスを利用するのがおすすめです。iPad(無印)とiPad miniはBluetoothキーボードに対応しており、iPad AirとiPad ProはAppleが提供しているSmart Keyboardに対応しています。iPadは画面が大きく見やすいですが、文字を入力しにくい課題がありました。そこでSmart Keyboardなどのキーボードを使うことで、パソコンと同じ速度で文字を入力することができます。一般的なBluetoothのキーボードはそれ自体にバッテリーがあり、充電する必要がありますが、Smart KeyboardはiPad本体の電力で動いているため、充電する必要はありません。また、iPadに対応しているマウスも利用できるため、パソコンと同じような使用感で操作することも可能です。, 2019年秋にはiPad専用のOS「iPadOS」が登場することがAppleから発表されています。iPadOSになることで、iPadではショートカットの追加やコンテンツをダウンロードしやすくなるといった機能が強化されます。また、マルチタスクの機能も強化され、従来では同一アプリの同時展開はできませんでしたが、同じアプリでも別タブで表示できるようになります。新しいOSになることで携帯性が優れたiPadを、より外出先でも利用しやすくなるでしょう。, iPadをパソコン代わりにするときには、いくつかのポイントに注意しなければなりません。では、iPadをパソコンのように使うときには、どのような点に注意すれば良いか紹介していきます。, パソコンと同じように使うためには、ネット接続は不可欠です。iPadでインターネットを利用する際には、WiMAXなどの通信機器を利用するか、セルラーモデルを購入して通信キャリアと契約する必要があります。既にポケットWiFiやWiMAXを利用している方であれば、金銭的な負担は増えませんが、特にそのような契約をしていない方であれば、通信料が増えるので注意しましょう。, Apple製品の寿命はそこまで長くありません。Appleの公式でも、一般的なApple製品の使用年数は3年としています。この期間を超えるとiPadのバッテリーの性能が下がっていき、不具合が発生しやすくなり、フル充電可能な容量も少なくなっていきます。, パソコンと比較すると使用できる年数が短く、コストパフォーマンスは悪いと感じることも少なくありません。, パソコンとしても利用できるような機能やアプリだんだんが増えているiPad。持ち歩きやすく、他のApple製品との互換性も高いので、既にお持ちのデバイスとの相性から選んでみても良いでしょう。, コスパを重視する方であればiPad(無印)がおすすめです。Smart KeyboardとBluetoothキーボード共に対応。, Apple Pencil(第一世代)に対応し、メモやスケッチなどにも使いやすいシンプルなiPadです。容量は32GBと128GBがあり、仕事で多くのアプリをダウンロードしたいなら128GBの方がおすすめです。, ハイパワーなチップを搭載し大画面なので、PCに近い感覚で使いやすいiPadです。薄型で仕事用カバンにも入れやすいので営業の方にもオススメ。, A12 Bionicチップを搭載しているため処理速度が速く、大画面で使えるのがiPad Airです。大画面なのでPCに近いイメージで使えます。iPadの特徴の1つである携帯性も失わず、重さ460g、厚み6.1ミリで持ち運びやすいです。AppleのアクセサリであるSmart Keyboadに対応しています。, A12Z Bionicを搭載し、ディスプレイやカメラの性能も十分な、iPadのハイエンドモデルです。グラフィックや動画などもスイスイ。, Appleがほこる先端的な技術を詰め込んだ、最上級モデルです。グラフィックなどのクリエイティブな仕事や夢中になっている趣味にも使いたい方には有力な選択肢です。11インチもしくは12.9インチのLiquid Retinaディスプレイは美しく、超広角カメラも備えるなど、あらゆる面で高機能さを追求しています。容量の選べる幅も128GBから1TBまでと、広いので自分の仕事スタイルや趣味の用途に合わせて選ぶことが出来ます。, iPadは機能が年々強化されているため、パソコンでできることがよりできるようになってきました。iPadがパソコンと同じように使えるようになれば、起動に時間がかからず持ち運びも便利になるので、仕事で使う場合はより捗るでしょう。しかし、場合によってはMacBook Airを選んだ方が使いやすいこともあるため、さまざまな商品を比較検討することがおすすめです。自分に合った使い方をよく考えて、パソコンの代わりとして使えるiPadを選びましょう, 世界的シェアを誇るASUSのノートパソコンのなかからおすすめのモデルを10選紹介します!自分に合ったものを見つける選び方も解説しますので、ASUSのノートパソコンの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。, 【動画】姫様、投資信託を始めるの巻 ちょっぴり浪費家な姫様の前に現れた資産運用のプロ・「ウンヨウ氏」が語る内容とは…?, 家中がクリーンな水に!WACOMSのセントラル型浄水器とは?嬉しい効果と性能を徹底解説, 大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。.