マツダのクルマづくりに込めた想いをカラーデザイナー岡本 圭一 と塗料開発エンジニア 山根 貴和がお伝えします。Be a driver. © Mazda Motor Corporation All Rights Reserved. という悩みがやわらげばと思い、実験してみました! この記事では「塗装なし+防腐塗料4種」のspf材を室内外で放置した様子を紹介しています。 spf材を使う時の参考にしてみてください^^ 腐りやすく虫にも弱いspf材! 一般的に「腐りやすく、虫に弱い! 塗装は、塗料の特性、塗り方、塗装ブースの空調など、工程の中のさまざまな要素により、その美しさや機能など品質を決めています。これはまさに、部門を超えたチームワークなしには実現できないこと。ロードスター30周年記念車の特別なカラーには、マツダの塗装領域メンバーのこだわりという特別な輝きが宿っているのです。, 塗装は、外観の美しさはもちろん、耐久性などの機能も求められます。私たち生産技術では、それを量産工程で保証するために、クルマの構造や塗装材料、工法の評価や検討などを行っています。, その中でも、私は塗装工程の設計を行っています。具体的には、ボディを塗装するロボットのプログラミングや塗装材料の設計などを行い、量産するクルマの品質を保証する工法を考えるわけです。今回のレーシングオレンジでも、ファンの方の期待に応える塗装品質の確保を念頭において、工程を設計しました。, 製造部門の私が担当しているのは、下塗りされたボディに“色”と“艶”を塗り込むという工程です。これには、熟練の職人が手作業で行う工程と、その優れた手作業を忠実に再現するようにプログラムされた塗装ロボットが行う工程があります。, クルマを選ぶ際に、ボディカラーは重要なポイントとなります。だからこそ、いい意味でお客様が選ぶのに困るほどの美しい色をつくり出したいと思っています。これを実現するには、職人の技能や技術をつねに向上させることが大切で、同時に工程の効率化という側面では、いかにそれらの技能や技術を機械に落とし込むかという問題にも取り組まなくてはなりません。, そういう作業は難しくもあり、この仕事の醍醐味でもあります。たとえば、塗り方、エアーの圧力、塗装室の空調など、さまざまな条件を最適化する必要があります。そういう課題に対し、メンバー全員が意識を統一して解決に取り組んでいくのは、塗装工程ならではの面白さだと思います。, 私は、塗装されたクルマを保護する目的で、ラップフィルムを手作業で貼る工程を担当しています。主に海外向けになりますが、輸送中のクルマを不慮の傷や酸性雨などから守るための作業ですね。強風や温度変化の激しい環境下でもフィルムがはがれないように、貼りつけには細心の注意を払っています。美しく塗装されたクルマを、美しいままお客様に手渡すために、ラッピングという作業はとても重要な役割を担っていると思います。, ロードスターの30周年記念車については、開発の時点からすごく気になっていました。特別仕様で車両部品などが追加になると、それらを塗装する工程も考えなければなりません。ある意味、マツダを象徴するモデルといっても過言ではない存在なので、ファンの方の期待を裏切らない特別なクルマにしっかり仕上げたいと思いました。, 今回の30周年記念車はオレンジのソリッドカラーとなりましたが、ソリッドカラーで狙いの色を出すには塗装の膜厚が均一でないといけないんです。ロードスターのボディは複雑な曲面で構成されているので、ボディ形状に合わせて均一に膜厚をつけていくのがとても難しかったです。, しかし苦労のかいあって、狙い通りの色を表現することができました。ソリッドカラーは色の反射ではなく、色そのものの美しさが目に飛び込んでくる。そういう強い色味は、ライトウェイトスポーツカーのロードスターにとても似合うと思いました。, 30周年記念車では、今までにない試みにも取り組みました。たとえば、エンジンルームやドアの開口部のような、内板部分の色。通常は外板、いわゆるボディカラーとは異なる色を塗るのですが、今回は同じ色味を施しました。実は、この作業はかなり大変で、生産技術と製造が一体となって取り組んだからこそ実現できたのです。, たとえば、ドア内板は職人の手吹きによって仕上げたのですが、今回の塗料の特性上、数μm(マイクロメートル:1mmの1/1000)の塗膜の厚みの差で、色の美しさを再現できないことがあります。何度もシミュレーションを重ね、作業訓練を積み、工程を見直してより丁寧に作業できるようにしたことで、狙い通りの美しいオレンジを表現することができました。クルマの乗り降りの際も、30周年記念車の特別なカラーを楽しんでいただけると思います。, 今回の細部へのこだわりは本当に苦労しましたが、開発や検査部門のメンバーからも「見栄えがいい!」と評価されて、とてもうれしかったですね。, 私たち塗装担当の信念は、「できない」とは言わないことです。どうやったらできるかを考えるのみ。今回の30周年記念車も、美しいソリッドカラーを表現することはもちろん、お客様の目には触れないかもしれないところまで、しっかりと塗り込むことができたと思います。難しい挑戦でしたが、チームがひとつになって、こだわりをもって取り組めたからこそ成し遂げられたのだと思います。, 今回の30周年記念車など、ロードスターは数年おきに限定車を発表してきました。そのたびに、社内のさまざまな部門がプロジェクトの実現に向けて一体となって動きます。私が思うのは、そういう現場に身をおいて、真剣に議論し、工夫しながら特別なクルマを創造していくことは本当にやりがいがあるということ。「楽しみながら、挑み、学ぶ」。このような自分たちつくり手の想いは、きっとお客様やマツダファンの方にもクルマを通して伝わっているんじゃないかと信じています。, これからもロードスターはきっと進化していきます。自分は塗装という領域で、いろんな人の想いや期待が込められたクルマづくりを実現することで、貢献していきたいと思います。, マツダの塗装に対するこだわりは、お客様にもしっかり届いていると思います。以前、マツダファンの方との交流イベントで、「ソウルレッドが気に入ったから、マツダに乗り換えました」というお客様がいらっしゃいました。とてもうれしかった反面、マツダの塗装に対する要求はすごく高まっていると感じました。期待に応えていかなければと、気持ちを引き締めました。, これからも、デザイナーの意図をカタチにし、クルマを見たすべてのお客様が感動するような素晴らしい色をつくり続けていきたいと思います。, 私は、お客様が望むありとあらゆる色をボディカラーとして再現できる、そんな塗装を追求していきたいですね。今の“匠塗”をさらに高めながら、先進的な技術も取り入れ、誰も見たことのない“色”と“艶”を生み出していく。そんな努力をこれからも積み重ねていきたいと思います。, そうやって生まれた美しいクルマを、美しいままお客様にお届けする。それが、ラッピングを通して私が目指していることです。さまざまな制約がある中で、新しい取り組みにチャレンジしながらそれを実現し、「マツダのクルマは本当にきれいだね」と、お客様に思っていただけたら最高ですね。, 30周年記念車にはレーシングオレンジの特別色のほか、シリアルナンバー入りのオーナメントも設定されています。人の手によって丁寧に取り付けられる作業の様子をご覧ください。. 高耐久ガラス被膜を形成するポリシラザンを主原料としているウルトラグラスコーティングNE'X。 塗装は、外観の美しさはもちろん、耐久性などの機能も求められます。私たち生産技術では、それを量産工程で保証するために、クルマの構造や塗装材料、工法の評価や検討などを行っています。 稲垣. 不本意な結果に終わったマツダ車のロータリーエンジン. 関西マツダだけの特別な年1回のリフレッシュ無料メンテナンス及び点検を受けていただく事により、以降1年間を光沢保証致します(最大5年間). ガラスの持つ煌めくような光沢と柔軟かつ頑丈な被膜を形成し、劣化が起こりづらく、優れた耐久性を有します。, HYPER、NE'X、MG-5、MG-PREMIUMのボディコーティングは、 スペシャルコンテンツ公開中。vol.1 その中でも、私は塗装工程の設計を行っています。 マツダ純正ボディコーティング, ワックスなどの一時的なものとは違い、新車時の輝きを維持し、傷や汚れを付きにくくするのがコーティングです。ワックスがけも不要になります。, 「モールコート」はプラスチックパーツの汚れと劣化から“黒さ”を守り、更なる劣化を防ぎます。, いつも輝いてほしいホイール。ホイールコーティングを行えば、意外に手間のかかるホイールの洗浄が簡単に行えるようになります。. Copyright ©Kansai Mazda motor Corporation All Rights Reserved. © Mazda Motor Corporation All Rights Reserved. クルマのボディを塗装したあと、バーベキューの肉のように回転させながら焼き付け乾燥塗装することで厚い塗膜を形成し、鮮やかで深みのある色と濡れたような輝きを実現させた塗装技術, 「中塗り」「着色ベース」「クリア」の3層をそれぞれ乾燥させないままウエットな状態で塗り重ね、1回の焼付乾燥で仕上げてしまう塗装技術。塗装工程における環境負荷の大幅な軽減を果たした, 塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)と、塗装工程で消費されるエネルギーによるCO2の排出量を、世界最高水準にまで抑制する、革新的な水性塗装技術. ソウルレッドプレミアムメタリックに続く、匠塗の新色「マシーングレープレミアムメタリック」。 2016年9月3日にマツダブランドスペース大阪で開催したブランドイベントでは、デザイン本部 カラーデザイナーの岡本と、車両実研部 塗料開発の山根が、「マシーングレープレミアムメタリック」に対する想いを語らせて頂きました。ここでは「マシーングレープレミアムメタリック」の開発秘話をご紹介します。, クルマのボディカラーや内装デザインの配色など、「色」「素材」を手掛ける。「初代センティア」「ランティス」などから担当し、スタジオリーダーとして、魂動デザインではソウルレッドプレミアムメタリックを開発。現在はクリエーティブデザインエキスパートとして、新色「マシーングレープレミアムメタリック」開発を手掛ける。, 1990年代の「ハイレフコート※1」、2000年代の「スリーウエットオン塗装※2」、2010年代の「アクアテック塗装※3」など数々の塗装技術の開発に携わり、マシーングレープレミアムメタリック開発にも従事。, 岡本 「魂動デザイン以降のマツダは、“カラーも造形の一部”という思想を持ち、色と造形の一体表現を重視した開発に取り組んでいます。 なかでもソウルレッドは、魂動デザインを象徴する色として造りあげた色で、お客様から大きなご支持をいただいています。しかし、ソウルレッドに続く匠塗の新色とは?と考えたとき、ただ単純に別の色を提案するだけでは、お客様に満足していただけない。 新しい価値を提案することで、魂動デザインをさらに磨き上げたいとの想いがありました」。, 山根 「魂動デザイン以降、デザイナーが目指すものや、造り出したいカラーの要求レベルが急激に高まってきました。昔は、年間に使うだろう色を30色ぐらい選定して、耐候性や耐チッピング性、生産性などの各性能を確認したうえで、どうぞお好きにお使いくださいという形でした。しかしいまは、魂動デザインを支える色とは何か、いままでにない質感表現はできないかなどを重視した、いわば一品対応のカラー開発になっています。従来の技術では実現できなかった、新しいカラー開発が求められているんです。また、カラーはただ見た目が良ければいい訳では当然なく、お客様が車を手にしてから手放すまで、最後まで劣化させることないようにしなければいけないんです」。, 岡本 「魂動デザインは、本物を極めるというマツダのクルマづくりを、造形面から支えるものです。 カラーもまた本物を表現していなくてはなりません。 私にとって、カラーでの本物表現とは、お客様との価値の共有。それには色にどんなメッセージや思いを込めるのかが重要だと考えています。, そこでたどり着いたのが、ロータリーエンジンやスカイアクティブ テクノロジーなど、マツダが培ってきた技術魂、“マシーンの美学を追求し続ける企業である”こと。そうしたメッセージを色に込めたかったのです。ならば、マシーンを象徴する素材『鉄』の質感を色に込められないだろうか。それがスタートでした。 ところが、金属の本質をとらえてカラーで表現していこうとすると、実際の金属の光学特性はどうなっているのかなど、デザイナーの範疇を超えたところの知識が必要になってきます。そこで、私の想いを汲み取ることができ、なおかつ、量産できるかどうかの知見がある人物を思い浮かべたとき、私は山根のことを思い出しました」。, 山根「マシーンを象徴するような色を作りたいんだけど、量産できる可能性はあるかな?と相談されたのですが、正直な話、最初は岡本がどんな色のことを言っているのか理解できませんでした(笑)デザイナーとエンジニアは、同じ言葉を聞いても想い描くものが異なりますし、鉄の質感表現など具体的な提案も当初はありませんでしたからね。まずは岡本のイメージする色を読み解くところから始まりました」。, 岡本「各種のショーで展示されるショーカーなら、私が想い描く金属質感を作りこむことはできます。ショーカーは、匠がその手で時間をかけてあらゆる技術を駆使して創る工芸品のようなものですから。しかし量産車となるとそうはいかない。ショーカーとは異なり、まず何より耐久性が必要です。それに人の手ではなく工場の量産ラインの中で作らなくてはならない。ショーカーと量産車はまったくの別物なんです。量産できなければ絵に描いた餅ですから」。, 山根「その頃、私は塗料開発とは異なる部署に異動していたので、当初はプライベートな場でのアドバイザー的な役割でした。しかし、岡本と雑談を重ねていくうちに、エンジニア魂に火が点いたんですね。私はエンジニアですが、感覚をすごく大切にしているんです。岡本の抽象的で感覚的な言葉を、塗膜構造や塗装材料を設計するために必要な光学特性や構造要件などに変換しようと試みました。その結果、できるのではないかという結論に達したわけです」。, 岡本「理論上、量産できる可能性があるとしても、それを実現するためには、さまざまな部門の相互協力が必要不可欠であることは明らかでした。そこで各部門に相談を持ちかけたところ、みな快く請けてくれまして、定期的に集まって知見を持ち寄り話し合おうということになりました。ここから『共創』が本格的に始まったんですね」。, 「匠の技」カラーデザイナー岡本 圭一 × 塗料開発エンジニア 山根 貴和 vol.1.