ぬい始める時に大切なのが玉結び。玉結びがないと糸が布から抜けてしまいます。まずは、人差し指に糸を1回巻き、親指を当てて糸をより合わせます。この時、糸が二重になっている状態から指を動かすこ … 「ここで、わたしの一番弟子の登場よ」。現れたのは、日用品メーカーの研究員、野田幸男(のだ・ゆきお)さん。くらしにひそむほこりの正体を見せてくれます。「見えないからといってほこりを放っておくと、体をこわしてしまうかも知れませんよ」(野田さん)。 ほこりの動き、ほこりの中に含まれているもの、その害について学習します。 一見、何もないように見える部屋にもほこりはたくさんあります。ほこりを調べてみるとせんいのくずや人のフケ、あか、食べ物のカスなどが混じっています。 フライパンには鉄製のフライパンと特殊加工のフライパンがあります。鉄製のフライパンは、熱が伝わりやすいので強火で手早く調理するのに向いています。しかし、重くて焦げ付きやすいです。特殊加工のフライパンは、焦げ付かないよう表面に特殊な加工をしています。 「やあ、みんな! エンドゥだよ。今日はこれから友だちがやってくるんだ。だから、こうしてかたづけて…、ぼくのきれい好きなところ、うんとアピールしなきゃ」。部屋をかたづけたエンドゥ、「よーし、これでカンペキ!」。ところが、「カンペキ、じゃないわよ。かたづけただけじゃだめよ。きちんとそうじをしなきゃ」とカテイカ様の声です。「そ・う・じ?」とエンドゥ。, 「ほこりやよごれをとって清潔(せいけつ)にすることは大切なのよ」とカテイカ様。「ぼく、ほこりなんて、気にしませーん!」とダンスの練習を始めたエンドゥですが、まいあがったほこりに「ゲホゲホッ」とむせてしまいます。「イカーん!」。すると、「ほこりをあまくみると、おそろしいことになるわよ」とカテイカ様が言いました。, 「ここで、わたしの一番弟子の登場よ」。現れたのは、日用品メーカーの研究員、野田幸男(のだ・ゆきお)さん。くらしにひそむほこりの正体を見せてくれます。「見えないからといってほこりを放っておくと、体をこわしてしまうかも知れませんよ」(野田さん)。一見、きれいに見える部屋。でもそこにはおそろしいものが…。特別な光で室内を照らすと、キラキラ光るものが空気中にうかんでいるのが見えます。実は、これがほこり。服をぬいだり着たりするだけで、ほこりはどんどん増えていきます。そして、ゆっくりと時間をかけてゆかに落ちていきます。, ほこりを調べてみると、衣類から出る糸くずや、人のアカやフケ、食べカスなどいろいろなものが集まっています。でもそれだけではありません。ダニやカビも、ほこりを栄養にしてどんどん増えていきます。これらをたくさんすいこむと、アトピー性皮膚炎(ひふえん)やぜんそくなどをひきおこすこともあります。そんなこわいほこりがたまりやすい場所とは…? ゆかに注目して見ると、人が動くたびにほこりも動き、だんだんすみのほうに集まっていきます。目のとどきにくい場所にたまるのです。そこでポイント。「こまめにそうじして、ほこりをためないことが大切です」(野田さん)。, 「ウワーッ、こわいこわい! おそうじしなきゃ!」。エンドゥがそうじ機でゆかのそうじを始めました。「すみっこもしっかりそうじしなきゃ」。テーブルの下もソファの下もそうじ機をかけます。「よし。ほこりさん、もういないよねー」。すると、「ここにいるわよ!」とカテイカ様。「まだまだテーブルにほこりが残ってるじゃない」と言います。テーブルの上を指でこすってみると、指先にほこりがたくさんつきました。「えーっ」とがっかりするエンドゥ。するとカテイカ様が、「こんなときは、とっておきの秘密(ひみつ)兵器があるのよ」と言いました。, それは、“ぞうきん”。「ここで、わたしの二番弟子の登場よ」とカテイカ様。現れたのは、おそうじ界の“カリスマ”、新津春子(にいつ・はるこ)さん。ぞうきんの極意を教えてくれます。ポイントその1、しぼり方。両手でたてに持ち、手のこうが上になるようにひねりながらしぼる。ポイントその2、持ち方。自分の手のひらの大きさに合わせてたたみ、はしが重なったほうに親指をかけて持つ。こうすると、ぞうきんが安定します。ポイントその3、ふき方。大事なのは、ふき残しがないようにすること。テーブルならまずふちの部分をふき、それから左右に一直線に動かしながらふくと、全体がまんべんなくふけます。, ここで、とっておきの技を教えてもらいます。「ほこりをとるのにわたしがおすすめするのは、“しめりぶき”です」(新津さん)。まず、ぞうきんの3分の1だけをぬらしてしぼります。そして、ぬらした面がかわいた面の内側になるようにたたみます。最後に、全体をしっかりしぼれば準備(じゅんび)OK。からぶきをすると、ほこりが空気中にまいあがってしまうことがあります。水ぶきだと水のあとが残ってしまいます。しめりぶきならほこりをしっかりキャッチしてくれ、ふきあともつきにくいというわけです。「まずは、ぞうきん一枚(まい)からおそうじに挑戦(ちょうせん)してみてね。きれいになったら楽しいよ」, 「しめりぶき、ワーオ!」。エンドゥが、教わった通りにしめりぶきで家具をふいてみました。「うーん、部屋もピッカピカ! 気持ちもピッカピカ!」。うれしくなったエンドゥが、“イーカんじダンス”をおどります。「♪イーカも!? イーカも!? かなりイーカも!? きのうのぼくよりイーカんじかも!? 未知なる体験 くらしに発見 あしたにイカせる 知恵(ちえ)と工夫 そうじをすれば 心も体もスッキリ 毎日少しずつ! 今日からスタート! これがカテイカ 知ればセカイが 変わるかも!?」。, 今回たずねたのは、お寺でくらす渡辺温之(わたなべ・はるゆき)くんとそのきょうだい。お寺は広いのでそうじも大変。だからきょうだいで分担(ぶんたん)して手伝っています。みんなでやればそうじも楽しくできます。温之くんは、住職(じゅうしょく)であるおじいちゃんからそうじについて教わっていることがあるそうです。「そうじっていうのは、ただまわりをそうじするんじゃなくて、心をキレイにする。ここに来た人が気持ちいい感じになれるように」(温之くん)。深ーい教えですね。次はあなたの家でも、カ・テ・イ・カ!. 工夫例 授業で学習したこと(調理、生活に役立つ物の製作、掃除、整理・整頓、洗濯など)をもとに生活をよりよくする家庭実践を考え実践したり、レポートとしてまとめたりする。 教師向け詳細版(小学校 家庭)(令和2年4月24日版)(PDF:68KB) 小さい針穴に糸を通しやすくするポイントがあります。一つ目は糸切りばさみで糸の先を斜めに切ること。糸の先が尖って通しやすくなります。もう一つは、糸の先の方を持つこと。これらのポイントを押さえて、手早く針に糸が通せるようになりましょう。 中国料理の鉄人、陳建一さんが野菜いための作り方を紹介します。材料は人参・ピーマン・玉ねぎ・ハム。人参は短冊切り、ピーマンはせん切り、玉ねぎはうすぎり、ハムは短冊切りにします。均等に火が通るように材料によって切り方を変えましょう。