ブログを報告する, 前回の続きになります。 bismarc256.hateblo.jp 前回の検証では…, 無効にするためにはNO_GATHER_OPTIMIZER_STATISTICSヒントを付与する。, 通常の統計情報とは別に格納されるので、xxx_tablesでは確認できず、xxx_tab_statistics,xxx_tab_col_statisticsで確認する。. 今回は強化されたオプティマイザ統計メンテナンス機能の内、リアルタイム統計について検証します。, 図解入門よくわかる最新 Oracleデータベースの基本と仕組み[第5版] [ 水田 巴 ], ・処理概要従来型DML (insert/update/merge)の一部として統計を収集する。DML中に収集される統計はごくわずかなオーバーヘッドで高速。最悪な実行計画によるパフォーマンス低下を避けるために、最も重要な統計のみが収集される。 (例えば、最大値が正しくない統計の範囲外条件を回避するなど)Min, Max, num_rowsなど。残りの統計は以下の収集まで延期される。  - 高頻度統計収集、自動統計収集ジョブ、手動の統計収集. SQL> select table_name,last_analyzed,notes from user_tab_statIstics where table_name='T2';TABLE_NAME LAST_ANALYZED NOTES---------- ------------------- -------------------------T2 2019/11/15 18:07:03T2 2019/11/22 13:18:32 STATS_ON_CONVENTIONAL_DML, SQL> select table_name,index_name,last_analyzed from ind where table_name='T2' order by last_analyzed;TABLE_NAME INDEX_NAME LAST_ANALYZED---------- ------------------------------ -------------------T2 SYS_AI_fjjrg7da66v50 2019/11/06 15:23:41T2 SYS_AI_c214vvjs32z70 2019/11/11 14:31:59T2 SYS_AI_gtgdu3rrx5n74 2019/11/11 16:28:03, SQL> select min(col1),max(col1) from t2; MIN(COL1) MAX(COL1)---------- ---------- 1 10000000. SQL> select TABLE_NAME,column_name,LAST_ANALYZED,NOTES from user_tab_col_statistics where table_name='T1' order by LAST_ANALYZED;TABLE_NAME COLUMN_NAM LAST_ANALYZED NOTES---------- ---------- ------------------- ------------------------------T1 COL1 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL2 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL3 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL4 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL5 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL7 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL6 2019/11/07 22:01:56 HYPERLOGLOGT1 COL1 2019/11/12 13:34:51 STATS_ON_CONVENTIONAL_DMLT1 COL6 2019/11/12 13:43:11 STATS_ON_CONVENTIONAL_DML, SQL> select table_name,last_analyzed,notes from user_tab_statistics where table_name='T2';TABLE_NAME LAST_ANALYZED NOTES---------- ------------------- ------------------------------T2 2019/11/15 18:07:03T2 2019/11/22 13:24:59 STATS_ON_CONVENTIONAL_DML. 19cで導入された主な新機能については、以下の発表資料でまとめています。(一部新機能ではない注目ポイントも含む) 「Oracle Database 19cの注目ポイント 15」発表資料公開 – JPOUG in 15 minutes #8 Oracle Database 19cのOracle Cloud / Exadata限定機能, Database Licensing Information User Manual(E94254-06), Database Features App新機能 各Editionで使用できる機能が調べられるように!, 19c Grid Infrastructure新機能 GIMRなしの構成をサポート, 19cからLinux 6がサポート対象外 / RHEL系はLinux 7のみをサポート, JPOUG「Oracle Databaseを中心とした座談会’19」@ Oracle Code Tokyo 2019 の内容がPDFに!, 2019年7月19日 9:30時点で定員に達していますが、毎回多少のキャンセルは出ますので、一旦「キャンセル待ち」で参加登録してください!, Oracle Data Guard Automatic Correction of Non-logged Blocks at a Data Guard Standby Database, High-Frequency Automatic Optimizer Statistics Collection, Support for Oracle Exadata Storage Server Software, In-Memory Column Cache on Storage Servers, In-Memory Column Store on Active Data Guard standby, In-Memory Column Store support for External Tables. bismarc256さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 19c. SQL> select table_name,last_analyzed,notes from user_tab_statistics where table_name='T2';TABLE_NAME LAST_ANALYZED NOTES---------- ------------------- -------------------------T2 2019/11/15 18:07:03T2 2019/11/22 13:18:32 STATS_ON_CONVENTIONAL_DML, SQL> update t2 set col6=systimestamp where rownum <= 100;100 rows updated.SQL> commit;Commit complete.SQL> exec DBMS_STATS.FLUSH_DATABASE_MONITORING_INFO;PL/SQL procedure successfully completed.SQL> select table_name,last_analyzed,notes from user_tab_statistics where table_name='T2';TABLE_NAME LAST_ANALYZED NOTES---------- ------------------- -------------------------T2 2019/11/15 18:07:03T2 2019/11/22 13:18:32 STATS_ON_CONVENTIONAL_DML, テーブルの統計のLAST_ANALYZEDはひとつ前のテスト時のままで、updateしたカラムのみ、リアルタイム統計が取得された事が確認できました。. 19c新機能検証の第9回になります。 今回も引き続き、自動索引について検証します。 検証に使用した環境は以下の通りです。 Oracle RAC(2ノード) EE 19.5.0.0.0 Oracle Linux Server release 7.6 EXADATA DATABASE MACHINE X6-2 Copyright © SQL> insert into t2(col1,col6) values(50000000,systimestamp);1 row created. ステムの使用, グリッド・インフラストラクチャ管理リポジトリについて, My Oracle Supportのドキュメント2504878.1.