スロベニア語 / Slovenščina from句の副問合せその2. イタリア語 / Italiano 前の例では、2 つの個別の DML 文を発行する場合と同じ結果を生成します。 副問合せが戻した stock 表からの同じ行を含む一時表 tmp1 を戻す SELECT 文。; unit_price が一時表内の値に一致する stock 表のすべての行を変更する WHERE 節の述部として一時表の副問合せを発行するための UPDATE 文。 今はITコンサルとかいう この”nowait”、つけるのはロックする側ではなく、ロック中の行にアクセスする側です。, つまり、この”nowait”は、 OracleではSQLの発行時、select文に”for update”と付けることによって ポルトガル語 / ブラジル/Brazil / Português/Brasil 中国語 (簡体字) / 简体中文 現状ではその手前で"SELECT FOR UPDATE NOWAIT"を投げて事前検査するしかありません(不便です)。, ちなみに、NOWAITでのアクセス時、既にロックされている場合に発生するエラーは、 複数テーブルで結合・取得した副問合せ結果を、1テーブルの複数カラムへ更新する oracleでのsql文サンプルです。 <<実行環境>> oracle 12.1.0.2.0 update [table①] a set (column①, column②) = ( select b.column, c.column from [table②] b, [table③] c whe SQL> select * from m_user where user_cd = '001' for update; USER_CD USER_NM ----- ----- 001 xxx この場合、対象データがロック済みの場合は待ち状態になります。 例)排他ロックを掛けて検索する(ロック中の場合は即エラーとする) oracleでUPDATE文の構文を調べると、次のリンクが見つかりました。これは、表名のかわりにサブクエリを使用できることを示しています。 このような問合せを作成しようとすると、「ORA-01779:非キー保存表にマップする列を変更できません」 UPDATE (SELECT a. 韓国語 / 한국어 英語 / English スロバキア語 / Slovenčina ということです。, したがって、UPDATE文やDELETE文などを即時エラーにしたい場合、 今回は、前回あった月毎の売上金額の集計のsqlを少し変化させて、商品毎の各月毎(11月と12月のみですが)の売上数量を集計する様なsqlについて以下に例を示します。以下のsqlは、from句の中にselect文が入った副問い合わせの形をしています。 基本的にそのセッションではロックをかけた側のセッションでロックが解除されるまで待機されますが、 カザフ語 / Қазақша 抽出したデータを行単位でロックすることができます。, なお、ロック後に該当の行に対して別のセッションからアクセス(更新処理)された場合、 中国語 (繁体字) / 繁體中文 ルーマニア語 / Română IBM Knowledge Center で検索する, IBM Knowledge Center は JavaScript を使用します。 スクリプトが使用不可になっているか、ご使用のブラウザーではサポートされていません。 JavaScript を使用可能にし、再試行してください。. セルビア語 / srpski ヘブライ語 / עברית 「行ロックがかかっているデータにアクセスした場合に即時エラーにするためのオプション」であって、 DISQUS terms of service. クロアチア語 / Hrvatski (より詳細にはNestedSQLExceptionらしいので、それをキャッチした方が良いのかもしれません)。, 港区界隈でSEやってた暇人。 検索 デンマーク語 / Dansk UPDATE句の問合せの結果セット内の各行は、更新しようとしている表の1つの行にマップされ、Oracleが自動的に追跡できるようにする必要があります。 問合せは実際にビューであるため、これを考える方法の1つは、更新する行を知るためにOracleがビューをターゲット表に戻す必要があることです。, これは基本的に、そのクエリに宛先テーブルの主キーを含める必要があることを意味します。 他の一意の索引フィールドも使用できる可能性がありますが、Oracle DBMSがそれを可能にするほどスマートであるとは保証できません。, Oracleでは、複数の表が許可されていないため、複数の表を使用して更新する行を判断する更新文を作成する必要があります。 次の問合せでは、「ORA-00971:SETキーワードがありません」というエラーが戻されます。, oracleでUPDATE文の構文を調べると、次のリンクが見つかりました。これは、表名のかわりにサブクエリを使用できることを示しています。, このような問合せを作成しようとすると、「ORA-01779:非キー保存表にマップする列を変更できません」, 代わりにEXISTSステートメントを使用してクエリを書き直しましたが(下の図を参照)、正常に動作しますが、これがどのように行われているかは分かります。, 例の構文は問題ありませんが、サブクエリには主キーが含まれている必要があります。 それはかなり重要な制限です。, 関連するメモでは、括弧を使用してIN文の2つ以上のフィールドを使用することもできます。, 更新を実行するときには、明らかに、システムに値を単一の新しい値に更新するよう指示することができます。「X」を「Y」と「Z」の両方に更新するように指示するのは意味がありません。 したがって、インライン・ビューの結果を基に更新を行う場合、変更された列が潜在的に2回更新されないように、十分な制約があることを確認します。, あなたのケースでは、TABLE2.PKは実際には宣言された主キーではないと思います。 その列にプライマリまたはユニーク制約を設定すると、あなたはうまくいくでしょう。, Oracleによって内部的に使用されている更新結合カーディナリティ・チェックをバイパスするための文書化されていないヒントがありますが、私はそれを使用するようアドバイスしません。, 1つの回避策は、同じテストの対象ではないMERGEステートメントを使用することです。, 私は、SELECTステートメントをUPDATEに変える素敵で素早く一貫性のある方法は、ROWIDに基づいて更新を行うことです。, sql - with - Oracle Update文で表名のかわりに副問合せを使用する. ドイツ語 / Deutsch 「他のセッションからのアクセス時に即時エラーになるようにロックをかけるためのオプションではない。」 カタロニア語 / Català よろしくお願いします。, sakuramochi702さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 好きな和音はsus4です。 ブルガリア語 / Български これを待機ではなく強制的にエラーにする方法もあります。, それが"NOWAIT"。 ポーランド語 / polski oracleにてUPDATE文作成中に ... ORA-01427: 単一行副問合せにより2つ以上の行が戻されます . That information, along with your comments, will be governed by スウェーデン語 / Svenska 上記のように末尾に"nowait"と付けることで、セッションを待機ではなく即時エラーにすることが可能です。, ですが、ここで1つ注意点が。 好きなJava語はenum、 | ベトナム語 / Tiếng Việt. トルコ語 / Türkçe OracleではSQLの発行時、select文に”for update”と付けることによって 抽出したデータを行単位でロックすることができます。 select * from TBL where col_1 = 'A' and col_2 = 'B' for update なお、ロック後に該当の行に対して別のセッションからアクセス(更新処理)された場合、 基本的にそのセッションで … フランス語 / Français When you sign in to comment, IBM will provide your email, first name and last name to DISQUS. アラビア語 / عربية フィンランド語 / Suomi JavaではSQLExceptionでキャッチできます。 チェコ語 / Čeština ボスニア語 / Bosanski タイ語 / ภาษาไทย ポルトガル語 / ポルトガル / Português/Portugal オランダ語 / Nederlands マケドニア語 / македонски ブログを報告する, 【SQL】【Oracle】SELECT FOR UPDATE NOWAITの注意点, 【SQL】【Oracle】親子テーブルを結合して抽出する際に、1行目だけに親の情報を表示させる方法. ノルウェー語 / Norsk ハンガリー語 / Magyar 好きなポケモンはマリルリ、 胡散臭い職種になっています。 By commenting, you are accepting the Please note that DISQUS operates this forum. Oracleでは「ORA-00054: リソース・ビジー、NOWAITが指定されていました。」で、 スペイン語 / Español DISQUS’ privacy policy. 日本語 / 日本語 ロシア語 / Русский ギリシャ語 / Ελληνικά