まずは国内のモニター解像度(画面解像度)のシェアを調べました。下記グラフはStatCounterのキャプチャ画面です。データは2014年4月~2015年4月の1年間で抽出しました。 ※本ページは随時更新しています。過去のシェアデータはページ下部に移動しました。 以前、当ブログにて書きました「モニター解像度のシェアを調べてみた(2019年1月版)」に続き、スマートフォンの画面解像度シェアを調べてみました。 前... 先日、iPhone6からiPhone11 Proに買い替えたので、一番気になっていた写真の比較をやってみました。 iPhone6の背面カメラは800万画素、iPhone11 Proの背面カメラは1,200万画素となっています。 アクセス解析サービス「StatCounter」を利用して、ディスプレイモニター解像度(画面解像度)のシェアを調べました。, StatCounterについての詳細は「StatCounterとは?データの信憑性をGoogleアナリティクスと比較してみた」をご参照ください。, 直近12ヵ月(2019年1月~2019年12月)のデータをもとにした、日本国内のパソコン用モニター解像度のシェアデータです。, 直近1ヶ月(2018年12月末時点)のデータをもとにした国内のパソコン用モニター解像度のシェアデータです。, 昨年1月時点のグラフ(下記参照)と比較すると、上位3位については順位の変動はありませんでした。ただ、それぞれのシェア率は少しずつ落ちていることが分かります。, これは4位の360×640がカウントされていることが大きいと思いますが、パソコン用モニター解像度かどうか、残念ながら同ツールでは判断できませんでした。個人的には、タブレットやスマホ機種の一部をカウントしている可能性もあると思っています。, それ以外の解像度については、おおむねグラフの通りと思ってよいのではないでしょうか。, 昨年(2017年)と比較すると、シェア3位の1024×768がトップ10から姿を消しています。一時代を築いたスクエア型のディスプレイはもうほとんど利用されていないようですね。, Webサイトやシステム構築時は、ワイドディスプレイであることを意識して設計するとよいかもしれません。, 半年前(2016年6月)に調査したときと上位解像度に大きな変化はありませんでした。, シェア上位のアスペクト比(画面の縦横比)は「16:9」と「16:10」が大半を占めていますので、昔のスクエア型からワイド型へと移行しているのもよく分かります。, Webサイト制作やシステム開発に関わられている方は、利用ユーザーの多くはワイド画面であることを考慮して設計されるとよろしいのではないでしょうか。, 以下の表は、今回の結果をもとに、1行目:シェア順位、2行目:画面解像度、3行目、アスペクト比、4行目:比率イメージ画面を一覧にしたものです, ※4行目の比率イメージ画面については、画面の大きさではなく描写範囲とご理解ください。例えば、1位の1920×1080の解像度で表示するモニターは複数のサイズがあります。21インチもあれば32インチの特大モニターでも同じ1920×1080で描写できます。, 関連記事:1920×1080[フルHD]が解像度シェアNo.1に。インチの主流は今後どうなる?, トップの1920×1080は今後もシェアを伸ばすと思われますので、この解像度シェアの傾向はしばらく続くと推測しています。, シェアトップの1920×1080は、デスクトップPCでは23インチ前後、ノートPCでは13~15インチの液晶パネルを登載したマシンです。デスクトップPCとノートPCのどちらでも主流になってきている解像度といえるかもしれませんね。ビジネスモデルもこのサイズの液晶ディスプレイを搭載したスペックが多くなってきています。, シェア2位の1366×768もまだまだシェアがありますね。こちらはほぼノートPCの解像度と考えていいのではないでしょうか。上記1920×1080のフルHDモデルが主流になる前はこちらの解像度がトップシェアでした。, 3位の360×640ですが、これは以前に集計した際には見かけなかったサイズです。常識的に考えていわゆるパソコンの画面解像度としてはありえないと思いますので、Android系のスマートフォン(またはタブレット)の何かの機種をカウントしているのかもしれません。, 3ヶ月前に集計した過去データと比較して上位の順位には大きな変動はありませんでした。1位の1366×768と2位の1920×1080は少量ながらシェアが伸びていることが分かります。, 1位の1366×768は主に11.6インチのノートPC、2位の1920×1080は13.3インチのノートPCや23インチ前後のデスクトップ用のモニターです。, スクウェア型ディスプレイは、4位の1280×1024と8位の1024×768のみとなっていますので、かなりシェアが減っています。デスクトップPC、ノートPCを問わずワイド画面が主流になりつつあります。スクウェア型のシェアがほとんどなくなり、シェア上位をワイド画面で占める日もそう遠くはなさそうですね。, 3ヶ 月前に集計した時との大きな違いは1位と2位のシェアが逆転しているということです。1920×1080はノートPCだけでなく、デスクトップPCのディ スプレイでもあるため、企業で利用しているパソコンのリプレースが進むと今後もシェアが伸びてくる可能性はありそうです。, 下のほうで分かりにくいですが、1280×1024や1024×768などのスクウェア型ディスプレイは減少傾向にありますね。, まずは国内のモニター解像度(画面解像度)のシェアを調べました。下記グラフはStatCounterのキャプチャ画面です。データは2014年4月~2015年4月の1年間で抽出しました。, 数年前までは主流だった1024×768や1024×1280の解像度はシェアを落とし、新たな1366×768や1920×1080の解像度が大きくシェ アを伸ばしています。この結果のみで判断するのは少し不安なため、いくつかのWebサイトの解析結果と比較してみましたが、ほぼ同様の傾向が見られますの である程度は信頼してよいデータだと思います。, シェアを伸ばしているのは主にノートPCのシェアのようです。1366×768は11.6インチのノートPC、1920×1080は13.3インチのノートPCですね。, 続いて、国内のモニター解像度のシェアの推移を調べてみます。下記グラフは先ほど同様、StatCounterのキャプチャ画面です。2015年5月現在から直近1年間分で抽出しています。, こ の結果から、1366×768や1920×1080は少しずつシェアを伸ばし、スクウェア型のモニターのシェアは徐々に減少傾向にあると見受けられます。 最近はデスクトップPCに1024×768(XGA)や1280×1024(SXGA)のディスプレイは搭載されていませんので納得の結果です。XGAや SXGAは主にビジネスの現場で利用されている名残が大半を占めていると考えられます。個人ユーザーは大半がワイド画面に移行しているのではないでしょうか。. , ‚Ü‚Æ‚ß.ƒ‚ƒjƒ^[‚ð‘I‚ԍۂ͉𑜓x‚É’–Ú‚µ‚悤, ƒpƒ\ƒRƒ“‚̃Oƒ‰ƒtƒBƒbƒNƒhƒ‰ƒCƒo‚ª‚‰ð‘œ“x‚ɑΉž‚µ‚Ä‚¢‚é‚©, ƒpƒ\ƒRƒ“‚ƃ‚ƒjƒ^[‚ðÚ‘±‚µ‚Ä‚¢‚é’[Žq‚ª‚‰ð‘œ“x‚ɑΉž‚µ‚Ä‚¢‚é‚©. Windows 10:ディスプレイの解像度や拡大縮小率を確認する方法. デスクトップパソコンやノートブックpcにディスプレイケーブルを通して接続して使用する、液晶ディスプレイ(pcモニター)のサイズ・解像度が自動的に変わって画面の映像が合わずに粗くなった時に、デスクトップから設定を変更して直す手順の解説です。 ディスプレイの説明を見ていると、必ず表記されている「解像度」というものが一体何を表すのかご存知でしょうか?この記事では、ディスプレイの解像度とは一体何なのか・Windowsパソコンで解像度を上げる・下げることが可能なのかどうか説明しています。 The GuardianのJack Schofield氏が読者の質問に答えるブログ記事「Ask Jack」で、ノートPCの適切な画面サイズと解像度が取り上げられている。 元の質問としては、17インチFull HD画面のノートPCと13~14インチのモデルを比較して、どちらが家庭での利用に適しているか、表示の鮮明な方が老眼向き … 画面の通称 横×縦 縦横比 画素数; 2k : 2048×1080 : 256:135(約17:9) 2,211,840 : 4k : 4096×2160 : 256:135(約17:9) 8,847,360 : 4k uhdtv : 3840×2160 ・2つの画面が同じ解像度の場合 (図2) ※外部ディスプレイを接続してマルチモニタとして使用する場合の設定方法については、 [007820:外部ディスプレイを接続して、デスクトップ領域を増やす方法<Windows Vista(R)>] を参照してください。 WordPress管理画面の「外観>テーマ」に反映される画像です。 解像度はどれくらい必要? 解像度が高くなるほど、画面に表示される画質は向上するため、高解像度に対応したモニターやパソコンを使用すれば、ゲームや動画などのコンテンツをより高画質で楽しむこと … テーマを自作する際、サムネイルを設定しないと管理画面では下記画像のように表... Webサイトの広告をブロックするAdblock Plusが脅威すぎる件。こんなに簡単に消えていいのか。, 仕掛けも準備も不要のマジック!手だけでできる驚きの心理トリック!成功率はほぼ100%!, WEB/IT業界に身を置いて約10年。Webディレクター、ポータルサイトの管理者、ITベンダーを経て、現在はWebの何でも屋をしています。, iPhoneアプリ「iMovie」で動画を編集すると16:9が1:1のスクエア比になってしまう原因と対策, windows10で動画の一部を写真にする方法。ライブフォトで1秒ほど動くのを完全な静止画にするには?, シミ・ほくろ・ニキビがきれいに消せるアプリ「Snapseed」の使い方(iPhone/Android対応), StatCounterとは?データの信憑性をGoogleアナリティクスと比較してみた, 1920×1080[フルHD]が解像度シェアNo.1に。インチの主流は今後どうなる?. 16:10や16:9のワイド画面に4:3や5:4の解像度を入力すると、横に引き延ばして縦につぶれたような表示になってしまう。 また、低解像度の映像信号を高解像度パネルで表示するためにドット補間が働くことから、表示がぼやけたようになる。 Windows 10 PCを購入すると、大抵の場合は最適な解像度や拡大縮小率が選択されていると思いますが、人によってはこれを変更することで、より自分に合った作業環境を整えることが可能になる可能性もあります。 ... 広告代理店と制作会社はどちらもクライアントからの要望を受けて、広告運用や制作業務の代行を行う会社です。Web業界では「リスティング広告代理店」と「Web制作会社」という呼ばれ方になります。最近はどちらに運用や制作をお願いしても対応してくれる... WordPress向けに作成するテーマに対して、サムネイル画像を設定する方法をご紹介します。