and pass the copyscape test. 比較明合成(コンポジット)について解説していきます。 今回は実際に撮影するために必要な道具とその撮影方法についてです。 前回をまだご覧になってないかたはこちらをどうぞ 比較明合成(コンポジット… パソコン. But did you know that there is a tool that allows you to create new posts using existing content (from article directories or other blogs from your niche)? 位置合わせ、加算平均コンポジット 10/26 正ケ洞棚田にて 前回ブログアップしたものと同じ元画像を用いて Adobe Photoshop CS5にて星景を現像して Corel PaintShopのノイズ低減AIでDeNoiseしたら風景も天体写真も効果抜群!... Corel PaintShopのノイズ低減AIでDeNoiseしたら風景も天体写真も効果抜群!. このページではPhotoshopを使ってできる様々な画像編集方法を、目的別のチュートリアル付きで分かりやすく説明しています。Photoshopの基本性能についても解説しています。, RAW現像のススメ。Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランに入りませんか?, 完全無料!Google Nik Collectionをいまさらながら導入してみた!, 天体写真撮影テクニック 都市星景撮影術 比較明合成で撮る都会の星 (アスキームック), 2020/11/07【週刊Photography】「Canon、RF70-200mm F4 L IS USM発表」他, 2020/10/31【週刊Photography】「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 実写レビュー」他, 2020/10/18【週刊Photography】「Nikon、Z 7II発表」他. そのあと普通に、右の画像に「Ctrl」+「v」でペーストすると、元絵とはズレてペーストされます。, これは描画されている部分で座標を判断(コピー時の透明部分の範囲は無視)して、ペースト先に貼り付けてるから起こる現象で、不具合というわけではありません。, マークなどを作るとき、この自動で真ん中にペーストしてくれる機能が便利だったりするときもあります。, ではどうやって、コピー元と同じ座標でペーストするかというと、「Ctrl」+「v」でペーストしてたのを、「Shift」+「Ctrl」+「v」と、「Shift」をショートカット時に加えるだけでOK。, コピー元のカンバスサイズからペースト位置を判断してくれるので、コピー元と同じ位置にペーストしてくれます。, ショートカットで覚えておくと快適ですが、忘れてしまった場合はメニューバーの「編集」から、「特殊ペースト」→「同じ位置にペースト」でも同様の効果になります。, ちなみに「CLIP STUDIO PAINT PRO」だと普通に「Ctrl」+「v」だけで同じ位置にペーストされました。 The new posts are high quality 加工する際の選択範囲やマスクの作成が簡単に出来る 他にも、レイアウト … All rights reserved. サイズや距離、間隔の計測が正確に行える 4. 左が装備、右が中の人。だと思って頂ければこれ幸い。, 左の装備の絵を「Ctrl」+「a」で全選択して「Ctrl」+「c」でコピー。 画像やレイヤーの配置の際に整列が簡単に出来る 3. なんのこっちゃ? と思われるかもしれませんが、CG制作していると、二つの画像データを開いて片方の画像にレイヤーを重ねるといった作業が…ある事も無くもなかったんですハイ。, 今はパソコンの性能が飛躍的に上がっていますから、ひとつのPSDデータで一気にこなしてしまうことも可能ですが、容量が大きなファイルだとパソコンの動作が遅くなってしまうため、パーツを別データに分けて作業してた時代もあったのです…, 相当大きな画像データでも無い限り、今はあまり必要ないテクかもしれませんが、いつか使える時があると信じて。, それぞれレイヤーに絵を描きます。 know that writing content is boring and time consuming. Adobe Photoshop(フォトショップ)を使って「画像を合成する方法」を紹介する記事です。合成にはレイヤーマスクを使用する方法などもありますが、ここでは一番簡単な元画像の一部をコピーして新規画像に貼り付ける方法を解説します。選択範囲の基本の作成方法を覚えましょう。 シーンを彩る風景・アイテム46, CLIP STUDIO PAINT PRO カラーセット(パレット)で色を管理する②, Wacomのペンタブレットを比較してみた(Intuos/Intuos Pro/Cintiqシリーズ), ibisPaint用にスタイラスペンを使ってみた「タブレット・スマートフォン用 極細スタイラスペン abw-act1」. 位置がピタッと合うと真っ黒になります。 位置調整が終了したら描画モードを「通常」に戻します。 とても便利なので是非お試し下さい。 そもそも、描画モードって?という方はバンフートレーニングスクールのPhotoshop講座でお待ちいたしております。 -Photoshop, TIPS, 比較明合成, 2016/08/20【週刊Photography】「EOS 5D Mark IVのリーク画像」他. 星や宇宙が好きでたまりません!. You should try miftolo’s tools, ※メールアドレスは公開されません。※Gravatarでアイコンを登録するとコメント欄に表示されます。, 1992年、埼玉県生まれ。1994年に長野に引っ越したため長野育ち。2007年、日本装飾美術学校に入学。4年間、木工や金属加工、デザインを学び、2010年卒業。2011年、Motoraji の活動をはじめる。, ブレードランナーとNEX-5N、ベテルギウスとハッブル宇宙望遠鏡 | Delirious New York Diary, 美しい夜空に加工するエフェクトチュートリアル30選 | NESTonline Blog. I 天体写真のコンポジット(加算平均)のやり方とその効果。コンポジットできるソフトのご紹介やその方法を動画で紹介しています。天体写真の画像処理にはコンポジットは欠かせないですね。 Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】 (ああしたい。こうしたい。) 世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書 CC/CS6/CS5対応 (世界一わかりやすい教科書) デジタルイラストの「背景」描き方事典 Photoshopで描く! 投稿日:2016年8月21日 更新日:2020年1月26日, 夏ももうすぐ終わり、皆さんはこの夏満足いく写真を撮ることができたでしょうか? 僕は花火、ひまわり、滝とまぁまぁ充実した撮影ライフを送ることができ満足しています。, 特に花火の写真はここ何年かで珍しくうまくいったと思います。というのも、今年は最初からあとで比較明合成(コンポジット)をしようと割り切っていたからなのですが。, 写真を始めたばかりの頃は、加工や合成なんて邪道だと思っていましたが、今はそれもどこ吹く風、写真が良いものになるならと積極的にやっています。, そんなわけで、今回はあなたの写真を簡単に素敵なものに変える比較明合成(コンポジット)のお話です。, 比較明合成(コンポジット)とは複数の写真を撮影し、画素ごとの明度を比較して、明るい方の画素に置き換えて1枚の画像に合成する処理のことです。と言っても、言葉だけだと伝わりづらいと思ったので、参考画像を用意しました。, 星空や花火を撮影する場合、シャッターを開けっぱなしにして長時間露光する方法もありますよね。僕も最初はそれでやろうと思っていました。, でもね、本当に人が誰もいない環境や車のライト、明かりが邪魔をしない状況なんてそうそう長時間作れないと最近分かってきました。, それならば、いっそ複数の画像を撮影して後で合成してしまう比較明合成(コンポジット)が良いと思うんですよね。, 最低限シャッタスピードが変更できるカメラを用意してください。コンデジやiPhoneでも良いと思います。, カメラをしっかり支えられるものを選びましょう。安価なものは風に弱かったりとデメリットも大きいので気をつけてください。, 指でシャッターを切ってしまうと、その力でブレてしまうので必ずレリーズを使いましょう。純正品は多機能でおすすめですが、値段もそれなりなので、とりあえずシャッターを切れれば安物でも良いです。, 星空を撮影するなら、広角レンズか標準レンズがおすすめです。付属していたキットレンズで問題ないと思います。, 合成には多数の画像を使用するのでスペックが高めのパソコンが必要になります。Core i7だと安心ですね。, 無料の物もありますが、今回はPhotoshopを使います。最近はアドビのフォトプランに加入されている人も多いですよね。, ONのままだと1枚写真を撮るたびにシャッターを開けた時間と同じだけのノイズ処理が入ってしまいます。必ずOFFにしましょう。, 詳しいことは僕もよくわかっていないのですが、OFFにした方が間違いないと思います。, 暗くなってしまうとピントが合っているかわからなくなってしまうので、暗くなる前に合わせておきましょう。無限遠の近辺に合わせておくのがおすすめです。, 花火だと10枚くらい、星空だと50枚くらい合成するとそれなりに見えるので根気よく撮影しましょう。冬場は冷えるので防寒対策も忘れずに。, 僕もやってみる前はとっつきにくいイメージがありましたが、やってみると意外と簡単にできます。なので、まだチャレンジしたことがない方はこれを機会に始めてみてはいかがでしょうか?, 花火のシーズンはもう終わりかけなので、これからは星空撮影に活かすのが良いですね。みなさんの素敵な写真をお待ちしています。, -写真の基本・テクニック そんな時は「分割コンポジット+基準点指定」で自動コンポジットをすればエラーになった時のストレスが減ります。, 「分割基準点自動コンポジット」は若干手間かもしれませんが、ほぼ確実に位置が合うのでおススメです。, 1つ目の「天体写真が明る過ぎて恒星と背景の認識ができない場合」については、下記の方法でエラー無く自動コンポジットが成功します。, 2つ目の「カメラレンズにガタがあって総露出時間が長い場合」については、特にズームレンズの場合なのですがこの方法を取らないといけなくなると思います。, 原因については最後に記載するとして、まずは分割基準点自動コンポジットの方法を記載していきます。, 分割基準点自動コンポジットは分割自動コンポジットをした後に、コンポジットした数枚の写真を基準点指定でバッチコンポジットをする形です。, 例えば100枚のRAWファイルがあったとしたら、一度に自動コンポジットするのではなくて、1~20枚、21~40枚、41~60枚、60~80枚、81~100枚と分割して5セット作る。, この出来上がった数セットは更に自動コンポジットするのではなくて、「バッチ処理で基準点指定で自動コンポジット」若しくは「手動コンポジット」していきます。, 相当なガタがあるカメラレンズなどでしたら、総露出時間を20分などにしてみて下さい。, お使いのカメラやレンズ、撮影当時の赤道儀の向きによって変わりますが、経験上総露出時間が30分程度なら多くの方は大丈夫だと思います。, 80枚なら「40枚×2セット」「20枚×4セット」「10枚×8セット」などですね。, 端数が出るファイルは削除して均等にしても良いかと思いますし、全部のファイルを使用しても良いかと思います。, 今回はISO6400×30秒×120枚の天の川の星景写真をトーナメント方式で自動コンポジットしてみます。, 最後に同じ位置でオートストレッチを使ってホワイトバランスをある程度合わせておく方が良いかと思います。, 次に出来上がった2セットのコンポジットファイルを基準点指定で自動コンポジットしていきます。, 更に自動コンポジットをしてしまうと位置が合わない事が出てきますので、基準点指定自動コンポジット若しくは手動でコンポジットして下さい。, 次にツールバーの「バッチ」→「コンポジット」でバッチコンポジット設定画面を出します。, 設定は「位置合わせ」を「基準点」として、「コンポジット」を「加算平均」若しくは「加算平均(σクリッピング)」に変更しておきます。, ※コンポジット枚数が少ないのでσクリッピングでも直ぐにコンポジットが終わるので人工衛星消しも超楽チンです。, 設定画面右下の「コンポジット実行」をクリックするとバッチコンポジットが実行されて新しいファイルが表示されますので、これで完了です。, バッチコンポジットで出来上がった新しい写真を拡大して見ると位置はピッタリ合っています。, 自動コンポジットで位置がズレて合わない原因はいくつかあるのですが、ようやく原因が判明しました。, 1つ目の天体写真が明る過ぎてソフトが恒星と背景の認識ができない場合に関しては、RAW現像時にレベル補正で背景をある程度切り詰めておくと自動コンポジットに成功するようになります。, ただ、上記以外にカメラレンズ、ズームレンズのガタが原因の場合もある事に気が付きました。, で、2つ目の「カメラレンズなどにガタがあって総露出時間が長い場合」などにコンポジットに失敗するという事もありました。, その理由や原因を書いておきますが、一言では説明しずらいので僕が気が付いた事から順に説明してきますね。, 1枚辺り30秒を120枚撮影した総露出時間60分のいて座付近の星景写真を撮影しました。, んな訳ないじゃん!?バカじゃないの?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、もし自動コンポジットで位置が合わない場合はご自身の写真で確認してみて下さい。, どうしてガタがあると星の位置が変わるかと言うと、赤道儀で追尾している事で常にカメラレンズや天体望遠鏡は角度が変わっていくからです。, こんな感じで撮影開始時と終了時の赤道儀に載せたカメラの位置(角度)が変わっていくので、ガタがあると光軸がズレてくるんです。, これってガタだけではなく周囲の大気の状態も多少は影響していると思うのですが、殆どはこのガタが原因だと思うんです。, なのでそのガタをなるべく減らす為に、僕はズームレンズにビニールテープやフィルムを3点ずつ挟んでガタを減らすようにしています。, ファインダー脚などを付けて固定しても良いと思いますし、いろんなカメラレンズに対応した下記のマウントフォルダーを取付けても良いと思います。, こういうカメラレンズマウントがあるといろんなレンズに対応できるので便利だと思います。, ガタがある機材で総露出時間が長いとコンポジットで位置が合わないエラーが出てくるので、是非とも一度お試しください。, 分割してコンポジットするのは面倒だって方は、下記をお試し頂くことで1度でミスなく自動コンポジットで位置が合う確率が高まります。, P.S 分割してコンポジットした場合の画質は問題ないのか?原理的にわからないので何か意見をもらえると助かります。, それとベテランさんがズームレンズを使用せずに望遠レンズを購入する意味も少しわかった気がします。, SMCレンズコーティングでダブルセパレーションレンズ構造、解像度は1.5秒で集光力は130.6x、2インチデュアルスピードフォーカサー付きで3.88kg, 一眼カメラとレンズで星空写真&望遠鏡で天体写真を撮ってます。 Andoer L200 望遠レンズサポート 長いレンズホルダー ブラケット 高さ調節可能 マウント対応, SVBONY SV503 EDレンズ屈折望遠鏡 口径80mm/焦点距離560mm/F7, 1~20枚、21~40枚、41~60枚、60~80枚、81~100枚と分割して5セット, 出来上がった数セットは更に自動コンポジットするのではなくて、「バッチ処理で基準点指定で自動コンポジット」若しくは「手動コンポジット」, 2つ目の「カメラレンズなどにガタがあって総露出時間が長い場合」などにコンポジットに失敗する, 撮影開始時と終了時の赤道儀に載せたカメラの位置(角度)が変わっていくので、ガタがあると光軸がズレてくる. And it does it very well. 何百枚もの天体写真を自動コンポジットすると位置ズレで失敗する事があると思います。分割コンポジット+基準点指定」で自動コンポジットをすればエラーは解消されて100%位置が合います。若干手間かもしれませんが確実に位置が合うのでおススメです。 なんだかもうちょっと綺麗にできそうな気がするのですが、とりあえずPhotoshopの機能を使って、けっこう簡単にコンポジット合成(ノイズ除去)などができたので、メモとして(ここのところメモエントリーが多い…)。, 渋めの補正です。もっと派手なバージョンも作ったのですが、やりすぎた感じ…そして拡大すると汚い。もうちょっとうまい具合に調整したいなぁ。, 愚痴っててもしょうがないので、具体的な作業方法の解説へ。作業環境は、MacのPhotoshop CS5です。, 本当は星を追っかけながら撮れればいいのですが、赤道儀は持っていないので、普通に固定撮影です。そのまま重ねて合成すると星がずれるので、画像処理で何とかします。, カメラ:Canon EOS Kiss X4レンズ:SIGMA DC 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM, 日時:2011/08/04 22:52頃露出時間:15秒F値:2.8ISO:3200焦点距離:17mm画像形式:Raw, Raw画像をPhotoshopに放り込むとCameraRawという現像プラグインが起動します。設定のポイントは以下の通り。, 合成する画像はすべて同じ設定で現像するので、一枚の写真に加えた変更がすべての写真に適用されるように「同期」します。, この段階でとれるノイズはとっておく。でも、実際のところどのくらいとったらいいのかはよくわからない…, 今回は固定撮影なので画像上の星の位置がずれる=レンズの歪みによってぴったり合成できなくなるため、レンズ補正でなるべくフラットに。ついでに色収差とかも補正される。, 画像によるのでお好みで。現像段階でいじりすぎないほうがいい気がした(気がしただけかも)。, ダイアログが出るので、先ほど調整したRawファイルを全て選択。ひとつのファイルに、すべての画像がレイヤーとして読み込まれます(なんかたまに失敗するけど)。, コンポジット合成するため、星の位置をぴったり重ね合わせます。この工程、Photoshopがもっと優秀だと思ったのですが、なんか上手くいかない(使い方が間違っているのか?)ので、手間がかかります。もう少し楽な方法ないかな…, 「自動設定/コラージュ/位置の変更」の中からよさげなのを選ぶ(画像によって選ぶ)。, ただ、いろいろ試したけど、いまいちちゃんと合わせてくれない…結局、微調整するようなので場合によっては手で合わせたほうが楽かもしれない。, [差の絶対値]はぴったり合うと真っ黒になる。違う画像なので、完全に真っ黒にはならないけど、なるべく主要な星がぴったり重なるように根気よく調整。一番下のレイヤーを基準に一枚ずつ…, コンポジット合成は、理屈は単純ですが、被写体は残してノイズだけ消すという、とても都合のいいテクニック。重ねる枚数が多いほどノイズが減ってなめらかになります。, すべてのレイヤーを選択し[レイヤー]→[スマートオブジェクト] →[スマートオブジェクトに変換], スマートオブジェクトを選択し[レイヤー]→[スマートオブジェクト] →[画像のスタック]→[中央値]or[平均値], この処理で、コンポジット合成と同じ効果が得られます。ここは楽。[中央値]のほうがゴミが消えやすい、とどこかに書いてあったような気がする。ちなみにコンポジット合成のノイズ除去効果はこんな感じ。, あとは、フォトショップの機能を使って色味とかを調整して出来上がり。この調整がまた難しいんですけどね…, というわけで、備忘録的な記事でした。Photoshopでそれなりに出来ることはわかったので、もっといい方法を探してみます。, Pingback: ブレードランナーとNEX-5N、ベテルギウスとハッブル宇宙望遠鏡 | Delirious New York Diary, Pingback: 【HDR】ハイダイナミックレンジ写真 | ちゃりーん、にちゃーん、まとめサイト, Pingback: 美しい夜空に加工するエフェクトチュートリアル30選 | NESTonline Blog.