数値の値により、数字の列を並べる数値の順序付けです。 例: A-21 < A-123 (自然順ソート(natural sort)としても知られています。 詳細は、 Unicode Technical Standard #35 と、 BCP 47 をご覧ください。 PostgreSql 文字列を数値に直してsumするselect文 ... str の中に数値以外のデータが入っていませんか? それで、to_number できないのでエラーになったのでは? キャンセル. 身長の降順(大きい順)、身長が同じ時はidの昇順(小さい順)で並び替えたいときは、以下のようなSQLになります。指定した列の値がすべて同じ場合はどのような順番で取得されるのか定まりません。データベースの列の定義が数値型か文字列型かで、ソート結果が異なるので注意が必要です。 これはより良く、このような並べ替えです . SQLで文字列を数値に変換するときに使う、to_number(string, format)。右側には変換するパターン(format)を書くのですが、書き方がよくわからなかったのでまとめてみました。 完了する. 文字列型の数字の並び替えテーブル_a数値1 ,数値212345 ,12345 456 ,456.578 ,78.3これを昇順で並べ替え数値1で昇順SELECT 数値1,数値2FROM テーブル_aORDERBYto_number(数値1,'99999') 結果78 ,78.3456 ,456.512345 ,12345 数値2を指定して同じように実行すると、エラーになる。 ※文字列項目(Text、varchar 等)に、数字を入れて並び替え(ORDER BY) しても、数値順には並びません。(数字を文字として並び替えする) で、… PostgreSQL 編13 - 文字関数、連結、空白削除、置換、切出、検索、長さ、数値. TO_CHAR関数に、数値とフォーマットを与え、フォーマットどおりの文字列にしてくれます。, 2番目の「FM999...」のパターンを一番よく使うかなと思うのですが、充分な桁数が必要というのが厄介。 PostgreSQL. 「001」という文字列を数値(integer型)に変換します。 上の例の場合、1が返ります。 文字 ⇒ 数値 select * From cast('0123' as integer); -- 123 select * From cast('0123.45' as numeric); -- 123.45 数値 ⇒ 文字, 数値を含む文字列を数値を考慮してソートしたいことはよくあると思います。 通常、データベースで文字列型(char や varchar)型の列にある数値は数値のみであっても文字列として扱われますので普通にソートすると以下のようになります。 postgresql - 文字数 - varchar文字列を数値として注文する ... select * from your_table order by cast ... これはPostgreSQL 8.3ではデフォルトであったため、古いバージョンではこれが必要になります。. | そして整数化するときは四捨五入されています。 Microsoft SQL Serverでは、(データベース、テーブル、または列に対して)「アクセントを区別しない」照合を指定することができます。つまり、次のようなクエリが可能です。, 私はunaccent_string contrib関数を使ってPostgreSQLの文字列からアクセントを取り除くことができることを知っていますが、PostgreSQLがこれらの「アクセントに敏感でない」照合をサポートしているかどうか疑問に思っています。, PostgreSQLは、そのような照合(アクセントを区別しないかどうか)をサポートしていません。 これは、内部的には、ハッシュインデックスのようなものには多くの複雑さが導入されるからです。 このため、最も厳密な意味での照合順序は、 順序付けにのみ影響し 、等価性には影響しません。, unaccentモジュールは、 Erwinの答えをチェックするためにFTS統合なしで単独で使用することもできます, そのためにunaccentモジュールを使用してください。これはリンク先とはまったく異なります。, unaccentは、語彙からアクセント(分音記号)を取り除くテキスト検索辞書です。, エラー:拡張制御ファイル "/usr/share/postgresql/9.x/extension/unaccent.control"を開くことができませんでした:そのようなファイルまたはディレクトリはありません, この関連する解答の指示どおりに、データベースサーバにcontribパッケージをインストールしてください:, とりわけ、あなたの例で使用できるunaccent()関数を提供しています( LIKEは必要ないと思われます)。, その種の問合せに索引を使用するには、式に索引を作成します 。 しかし 、Postgresはインデックス用のIMMUTABLE関数しか受け付けIMMUTABLE 。 関数が同じ入力に対して異なる結果を戻すことができる場合、索引は黙って中断する可能性があります。, 残念ながら、 IMMUTABLE unaccent()はIMMUTABLEたものであり、 IMMUTABLEではありませIMMUTABLE 。 pgsql-bugsに関するこのスレッドによれば、これは3つの理由によるものです。, ウェブのチュートリアルでは、機能のIMMUTABLE性をIMMUTABLE変更するよう指示していIMMUTABLE 。 このブルートフォースの方法は、特定の条件の下で壊れる可能性があります。, 他のものは、 単純なIMMUTABLEラッパー関数を提案しています (私は過去に自分自身と同じように)。, 使用されている辞書を明示的に宣言する2つのパラメータ IMMUTABLEを持つバリアントを作成するかどうかについては、現在進行中の議論があります 。 hereまたはhereを読む。, もう1つの選択肢は、Githubで提供されているMusicbrainzによるIMMUTABLE unaccent unaccent()関数を持つこのモジュールです。 それを自分でテストしていない。 私はもっと良いアイデアを思いついたと思う:, 私は、少なくとも2つのパラメータを持つラッパー関数を作成し、関数と辞書のスキーマを「ハードワイヤリング」することで、 周囲に浮かぶ他のソリューションと同じくらい効率的なアプローチを提案します。, publicは、拡張機能をインストールしたスキーマです( publicはデフォルトです)。, 以前は、 SET search_path = public, pg_tempを関数に追加していSET search_path = public, pg_tempた。辞書がスキーマ修飾されていることが判明するまで、 現在も(pg 10)は文書化されていません 。 このバージョンは、pg 9.5とpg 10のテストで少し短く、約2倍の速さです。, IMMUTABLE宣言された関数は、それを可能にするために体内の不変でない関数をIMMUTABLEことができないため、更新されたバージョンはまだ関数のインライン展開を許可していません。 このIMMUTABLE関数で式インデックスを使用している間は、パフォーマンスの問題はほとんどありません。, インデックスに一致するようにクエリを適合させます(クエリプランナーがそれを使用できるように)。, あなたは正しい式で関数を使う必要はありません。 あなたは'Joao'ようなアクセントのない文字列を直接供給することができます。, Postgresでは、 'Œ'や 'ß'のような9.5またはそれ以上の合字は、必要に応じて手動で展開する必要があります。なぜなら、 unaccent()常に1 つの文字を置き換えます:, あなたはPostgres 9.6でunaccent へのこのアップデートが大好きです:, contrib/unaccentの標準のunaccent.rulesファイルを拡張して 、Unicodeで認識されているすべての発音記号を処理し、 合字を正しく展開します (Thomas Munro、LéonardBenedetti), 任意のパターンのLIKEまたはILIKE場合は、これをPostgreSQL 9.1以降のモジュールpg_trgmと組み合わせてください。 トリグラムGIN(通常は望ましい)またはGIST式インデックスを作成します。 GINの例:, ちょうど左アンカーパターンのためのより簡単なソリューションがあります。 パターンマッチングとパフォーマンスの詳細:, pg_trgm は "類似度"( % )と "距離"( <-> )に便利な演算子も提供します。, Trigramインデックスは、 ~単純な正規表現もサポートしています。 ILIKEと大文字と小文字を区別しないパターンマッチング:, フィールドに大文字小文字を区別せず、アクセント記号/発音区別記号を区別しない検索を作成する, PostgreSQLのLIKE、SIMILAR TO、または正規表現とのパターンマッチング.