... https://adobeshin.com/wp-content/uploads/2019/06/adobeshin.jpg, Premiere Proが重い時に軽くする7つの方法【スペックの高いPCを買う前に試して!】, サンディスク エクストリーム ポータブルSSD500GB SDSSDE60-500G-J25 / 3年保証 / PS4メーカー動作確認済. なによりも「初心者の方にわかりやすく」を意識しています。.   |   Premiere Elements には、スロー/高速モーションエフェクトが作成できるガイド付き編集のセットが用意されています。タイムリマップ - ガイド付き編集を使用して、見栄えのする効果をビデオに追加します。詳しくは、タイムリマップを参照してください。 WEB制作はデザイン+コーディング+システム全般を平均的にこなし、動画制作にも精通。 Premiere Proのプレビュー再生が重いならプロキシで高速化せよ ... YouTube動画編集のやり方を初心者向けに簡単に解説【Premiere Pro】. お世話になります。MTSファイルの結合をコマンドプロンプトで、の記事を大変わかりやすく読ませていただき、ありがとうございました。MP4ファイルを二つ結合を試みたのですが、コピー完了メッセージが出て、確かに指定した名前のファイルが出来上がっており、プロパティを確認すると、二つのファイルの合計くらいになっているのですが、再生してみるとひとつめのファイルと全く同じ再生時間で、やはり結合されていないのです。3回やってみましたが。もし、原因がおわかりになるようでしたら、教えていただければ幸いです。, M2NETは、日本の広告クリエイター。B型の天秤座。合理主義で統計をもとに分析したがるキャラ。 Premiere Proが重い時に軽くする7つの方法【スペックの高いPCを買う前に試して! アドビ神 2020年4月8日 / 2020年10月10日 みなさんこんにちは運営のAdobe神( @adobeshin )です! ブログを報告する. 今回の記事ではこのようなお悩みに エラー発生時の画面 クリックで拡大. MTS から mp4 へ変換する方法は難しいものではありません。多くの動画編集ソフトでも対応しています。しかし、mp4 へ変換するという事は少なからず劣化が生じます。MTS では綺麗だったのに mp4 にしたら何かぼやけてるな?そんな事がありました。 (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); Premiere Pro CC でMTS ファイルのプレビューが極端に重い場合の対処方法です。一般的な解決方法と、手元のPCで発生した例外的な問題の対処方法を紹介しています。 | 今回はこのようなお悩みを解決していきます。 c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, ファストモーションエフェクトやスローモーションエフェクトを作成するには、クリップの速度を変更します。クリップの速度を変更すると、クリップのデュレーション(長さ)が変わります。クリップの速度を上げるとフレームが削除されるので、クリップのデュレーションは短くなります。同様に、クリップの速度を下げるとフレームが繰り返され、デュレーションは長くなります。オーディオクリップの場合、速度を変更すると音程(ピッチ)も変わりますが、速度の変更に関係なく、オーディオクリップの元の音程を維持するオプションが「タイムストレッチ」コマンドに用意されています。, クリップの速度を変更できるのは、エキスパートビュータイムラインのみです。クイックビュータイムラインでは変更できません。, インターレースフィールドを含むクリップの速度を変更する場合、Premiere Elements によるフィールドの処理方法を調整しなければならないことがあります。特にクリップの元の速度よりも遅くする場合は、調整が必要になります。, エキスパートビュータイムラインにクリップを挿入していない場合は、代わりにプロジェクトのアセットパネルで選択できます。, 連続しないクリップを選択するには、Shift キーを押しながら各クリップをクリックします。, 連続するクリップを選択するには、プロジェクトのアセットパネル内をクリックして、選択するクリップを囲むようにドラッグします。, Premiere Elements には、スロー/高速モーションエフェクトが作成できるガイド付き編集のセットが用意されています。タイムリマップ - ガイド付き編集を使用して、見栄えのする効果をビデオに追加します。詳しくは、タイムリマップを参照してください。, ビデオクリップやオーディオクリップのデュレーションとは、クリップの最初のフレーム(インポイント)から最後のフレーム(アウトポイント)までの再生時間のことです。編集前のクリップのデュレーションは、クリップを読み込んだりキャプチャしたときのデュレーションと同じです。通常は、端からフレームをトリミングしてクリップのデュレーションを変更しますが、デュレーションに任意の値を指定してクリップの最後をトリミングすることもできます。, ビデオとは異なり、静止画は元のクリップの長さに制限されず、デュレーションを任意の長さに設定できます。, 特定の制限値以上に速度を増加させると、速度とデュレーションのリンクが解除されている場合でもデュレーションが変化します。, 「逆再生」オプションを使用すると、クリップはアウトポイントからインポイントへと逆方向に再生されます。クリップの逆再生と速度の変更を同時に行うことも可能です。エキスパートビューでは、エキスパートビュータイムラインでクリップを逆再生することができます。クイックビューでは、タイムリマップ機能でクリップを逆再生します。, クリップの逆再生と速度の変更を同時に行うには、「速度」に負の値を入力します。「-200」を入力するとクリップは逆方向に通常の 2 倍の速度で再生され、「-50」を入力すると逆方向に通常の半分の速度で再生されます。, リーガルノーティス (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; 2018年3月28日 23:48 assause : adobe premier elementsを使用しているのですが動作が重いです。, assause , 's reply, on adobe premier elementsを使用しているのですが動作が重いです。, as, , 推定ですが、GPUは高性能GPUに換装出来ないと思いますので、メモリー増設の効果を期待するよりほかはないと思います。, 分からないとのことですので、プロジェクト設定は、自動で設定されていると思います。映像素材をタイムラインへドラッグ&ドロップすれば、自動で設定されます。自動設定なら、最適なプロジェクト設定になりますので、安心です。, このプロジェクト設定を手動で誤った設定にすると、場合によっては編集が重くなったりします。, 自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。, 他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/td-p/9754788, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/m-p/9754789#M2073, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/m-p/9754790#M2088, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/m-p/9754791#M2099, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/m-p/9754792#M2111, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/m-p/9754793#M2121, /t5/premiere-elements%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/adobe-premier-elements%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/m-p/9754794#M2130. Copyright © 2020 Adobe. みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です。 環境設定ファイルの場所 | Photoshop Elements と Premiere Elements. Premiere Proの使い方 2018.09.22 2020.05.20. 映像の編集において、以前はFinalCutPro(FCP)を使っていましたが、現在はAdobePremierePro(APP?)になってきました。なぜかというと、AVCHDの素材を読み込むときに、変換しないでもすぐに再生できるというのが非常に大きかったからです。PremiereProの場合、変換しない代わりにAVCHDの素材を「最適化」として、キャッシュを生成します。ここできちんと設定しておかないとキャッシュがとんでもない容量になることがわかったので対策法を書いておきます。これは、PremiereProのCS6〜CCを使っての話なので、将来改善されることを願いつつ。あとついでに、キャッシュ消去の確実な方法も書いておきます。以下、Macを使用した話になってますがWinでも基本は一緒です。ディレクトリが違うとか細かい違いはあると思いますが。, 〓解決法読み込んだAVCHDのファイルの中から必要ないファイルをPremiereに読み込まない。, ということになります。気づいてしまえば簡単なんですが、ここに関して解説してるものがあまり見当たりませんでした。 Preludeでいい解決法があるかなとも思いましたが、動作が重すぎた上に無駄な作業が増えたので今回は使用しない方法を書いておきます。こっちの方が早いです。, まず、大前提としてキャッシュを元ファイルのとなりに置くようにします。 キャッシュを作るのも意外と時間かかるので、きちんと保存したいという意図です。, 今回は、CanonのHF-G10で撮影した素材を使います。 尺の長さは「02:53:50:15」です。 AVCHDはカメラにデータを収録する時点でデータが自動的に分割されます。 今回は7個のファイルに分かれてました。, 〓AVCHDのファイルのデータ容量 00000.MTS|2.04GB 00001.MTS|2.04GB 00002.MTS|2.04GB 00003.MTS|2.04GB 00004.MTS|2.04GB 00005.MTS|2.04GB 00006.MTS|2.04GB 00007.MTS|1.67GB *合計|13.91GB, つまり、今回の素材のデータ総量は13.91GBです。 まず、PremiereにAVCHDのファイルを読み込みます。 フォルダを丸ごと読み込めば自動で認識してくれます。 この自動認識のせいでいろいろ問題が発生するんですが。。。, 読み込んでみると上記のような表示になりました。メディアデュレーションの表記が全部同じ数字になってます。これどういうことかというと、読み込む時点で7個に分かれていたファイルを自動的に連結して読み込んでくれたということなんです。つまり、分割ファイルの先頭の「00000.MTS」のファイルだけを読み込むだけでいいということです。よくわからんが、別にこれでいいじゃんとも思う方いるかもしれませんが、放置しておくと大変なことになります。, とりあえずこのまま進めてみましょう。 PremiereProにAVCHD素材を読み込むと自動で最適化がはじまります。, PremiereProにおける最適化で作られるキャッシュは主に以下のファイルのようです。, 「.cfa」最重要。おそらく映像関係のキャッシュが入ってる。 「.pek」ピークファイルの情報を保存 「.mcdb」メディアデータベースのファイル 「.MZL」不明。データ容量が小さいので今回は無視。 「.xmp」ファイル内容を記載したメタデータ。, としておきます。 一応、以下にも情報ありますが、いまいち欲しい情報は載ってない気がします。, http://help.adobe.com/ja_JP/Soundbooth/2.0/WSB3528AFB-CC74-4e66-AEB6-ED82815D7B23a.html, この中で重要なのは「.cfa」のファイル。その他のファイルは容量も小さいので今回は無視します。 とにかく「.cfa」のファイルを何とかしたいんです。, キャッシュの生成が終わったので、フォルダを確認します。 私の場合は、不可視フォルダも見えるようにOSを設定してるので表示が違うかもですが、いろんなファイルができてるのが確認できます。, 分割されたMTSファイルそれぞれに「.cfa」が生成されてます。 サイズはこんな感じ。, 約4GBです。 00000.MTS|2.04GBあれ?元ファイルより大きい!これじゃキャッシュの意味がない!!! 結局「00000.MTS 48000.cfa」は統合されたファイル全体のキャッシュを作ったってことのようです。つまり、「00000.MTS」から「00007.MTS」までのファイルの合計のキャッシュです。それなら、この容量でも納得です。元素材の*合計|13.91GBでしたから。ただ、問題はその容量が各ファイルにできてしまってることです。, 〓自動生成されるキャッシュの容量 00000.MTS 48000.cfa|4.01GB 00001.MTS 48000.cfa|4.01GB 00002.MTS 48000.cfa|4.01GB 00003.MTS 48000.cfa|4.01GB 00004.MTS 48000.cfa|4.01GB 00005.MTS 48000.cfa|4.01GB 00006.MTS 48000.cfa|4.01GB 00007.MTS 48000.cfa|4.01GB *合計|28.07GB, つまり、7倍もの無駄な容量のキャッシュを生成していたことがわかりました。 今回は約3時間近くの映像素材のなので7個のファイルですが、今では9時間撮影した素材とかも普通にあるので、その場合は、素材容量だけで3倍なので、さらに21倍もの無駄なキャッシュを作ることになります。考えただけで恐ろしいです。。。 だからこそ、無駄なキャッシュを生成しない方法を知っておくべきでしょう。, そこで、「00000.MTS」だけを残して、「00001.MTS」から「00007.MTS」の素材を削除します。 削除といってもPremiereへの読み込みの削除ということなので、パソコン自体に素材データは残しておくことは忘れずに。, 今回はずっと録りっぱなしの素材だったので、対処が簡単でしたが、録画を途中で止めた素材とかもあると思います。その場合は、一旦全部Premiereに取り込んで、メディアデュレーションを見て、統合されて読み込まれてるかどうか確認して、必要ないファイルはPremiereから削除すればよいと思います。参考の別素材も出しておきます。, Premiereからファイルを削除してもキャッシュは残っています。「Premiereの環境設定>メディア」からメディアキャッシュデータベースは消去できますが、キャッシュファイル自体は削除できないようなので、今回はファイル検索と消去に「EasyFind」を使いました。 Finderの検索やSpotlight使っても全部のファイルが全然見つからないからです。このソフトはほんとに便利だと思いました。Winならエクスプローラーとかで普通に見つかるのかもしれません。, 最終的に、フォルダ構成は以下のようになりました。 「.pek」もこっそり消しました。, 面倒ですが、これで無駄なキャッシュはなくなって、問題は解決したと思います。見た目もファイル容量もかなりスッキリです。Premireの環境設定とかで、キャッシュの管理がきちんとできればいいんですが。。。今後の改善に期待します。, 〓追記 今回の記事は、Evernoteで下書きしてから作りました。 画像への文字の書き込みの簡単で非常に便利ですね。 http://evernote.com/intl/jp/, mossan99さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog msmaflink({"n":"New Apple MacBook Pro (16インチ,, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.3GHz Intel Core i9プロセッサ) - スペースグレイ","b":"Apple(アップル)","t":"MVVK2J/A","d":"https://m.media-amazon.com","c_p":"/images/I","p":["/41Y2Vs8NgSL.jpg","/51pPNcZu8KL.jpg","/21HDW0eoP7L.jpg","/41xdOobsb9L.jpg","/31om7IXMIbL.jpg","/51gezfMeneL.jpg"],"u":{"u":"https://www.amazon.co.jp/dp/B081GFF19Y","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1897085","rakuten":"1715220","yahoo":"1897109"},"eid":"LloOa","s":"s"}); こんな方のためにここからは今のスペックでなるべくPremiere Proを軽くする方法をみていきます。, こちらはMacの場合になりますが「アップルマーク→強制終了」で起動しているアプリを確認できるので、使わないアプリを選択して強制終了してください。, Premiere Proで動画素材にアニメーションなどを適応していると上記画像のように赤く(もしくは黄色)なることがあります。, レンダリングの方法は「シーケンス→インからアウトでエフェクトをレンダリング」を選択するだけです。, 全体をレンダリングするとPCのスペックによってはかなり時間がかかってしまうのでイン点・アウト点を入れてレンダリングの範囲を決めておきましょう。, プレビュー画面のところで「フル画質」となっている場合はこちらを「1/2もしくは1/4」に変更しましょう。, ここでもしHDDやSSDがある人はメディアキャッシュの保存先をHDDやSSDにしましょう。, また、「メディアキャッシュ管理→次のサイズを超えたら最も古い…」のGB数を小さくしたら自動的にキャッシュを削除してくれて軽くなります。, また、動画編集が一通り終わると上記の赤枠で囲んだ「メディアキャッシュファイルを削除」を選択することで手動でキャッシュを削除することができます。, まずはプロキシを作成したい動画素材を選択して「右クリック→プロキシ→プロキシを作成」を選択してください。, すると上記のようにプロキシの作成設定画面が出てくるのでこちらをお好みの設定にして「OK」を押してください。, プロキシの作成はかなり時間がかかるのですが、これをするとのしないのとでは編集中の重さがかなり変わってくるのでプロキシは作成することをおすすめします!, 追加した「プロキシの使用ボタン」を押すとプロキシでの軽い素材で編集を続けることができます。, これだけやっても軽くならない場合はPCにデータが溜まりすぎている可能性もあります。, あまり使わないデータは外付けのSSDやHDDを購入してそちらに移動してPCのデータを軽くしましょう, 全てを試してもあまり軽くならないようであれば最終手段としてスペックのいいPCを購入するようにしましょう!, キャッシュとは作業したデータを保存しておいて次の作業をするときにさくっと表示してくれる物じゃ!, 作業を早くするためのキャッシュじゃが、キャッシュがたまりすぎると逆にそれ自体がデータとして膨大になって重くなるのじゃ, 編集の作業途中でキャッシュを削除すると次ファイルを開く時にキャッシュを1から作るので余計時間がかかるぞ!, 最後に書き出すときには自動的に元のファイルから書き出されるから画質が落ちることはないぞ!, 自身がadobeのスキルを取得するのに苦労したためこのサイトの作成を決意。 2017.05.15追記. パソコン起動時に出るMicrosoft CorpのMRT.exeとは何?はいを押す?いいえを押す?. みなさんこんにちは運営のAdobe神(@adobeshin)です! d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) mtsの結合はコマンドプロントでできます!しかも、音ズレなし! mtsをmp4にビットレートを下げて変換(容量を軽くする) 一眼レフのmovファイルはmtsと同様の方法で変換できるか?mtsデータは無劣化なので、そのまま保持しておきたいデータではあるものの、ビットレートが非常に高くてデ 前回の拡張編集プラグインのインストールからちょこちょこといじっていたんですが、mtsファイルを使おうとしたところ、読み込めませんでした。僕のパソコンには以前入れたAviUtlがあります。また、このAviUtl関連の記事を書くために新たにイン 読者の皆様のadobe学習の効率化を目指します。, 自身が動画編集の独学に苦労した経験をいかしてこのサイトを運営しています。 2018年3月23日 6:56 150kw : adobe premier elementsを使用しているのですが動作が重いです。 created by 150kw, in *Premiere Elementsコミュニティフォーラム, , 一般的にアクセス速度は、外付けHDD→内蔵HDD→SSDの順に速いです。この対応でだいぶ改善されると思います。, ②動画素材を読み込む中、HDDがカリカリと頻繁に動作している場合は、メモリー不足の可能性があります。増設(12GBまたは16GB)を検討されると良いと思います。, ③プロジェクト設定は自動、または手動ですか。手動の場合はプリセットは何にしましたか。, それから、そもそもPremiere ElementsにはMercury playback Engineは搭載されていませんので、GPU高速処理(CUDA)は利用出来ません。, プロジェクトの設定の手動・自動の意味がわからないのですが?設定項目にそのような選択肢が無いのですが、Elementsにもある項目なのでしょうか?.