}, よろしければ教えて下さい めて違う車買おうと思ってます。 "bestRating": "5.0" "@type": "Rating", "sameAs": "https://little-beans.net/about-3/" "worstRating": "0", vaio s15は15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートpcです。同クラス製品のなかではデザインに優れている点が特徴。もちろん性能面や使い勝手もバッチリです。特にビジネスでハイスペックノート "name": "こまめブログ", どなたかご教示お願い致します。, 私ファッションに疎いのですが、ユニクロとコラボしているジルサンダーというブランドはすごいブランドなのですか?朝からすごい行列をつくっていたようですが。. どちらの方が凄いのですか?, もう少しでトヨタ クラウンは 生産終了になりますが、トヨタのセダンマニアはどんな車種に乗るようになるのでしょうか?. 解答よろしくお願いします!, シルビアでやりたいことは、フルエアロ組んでマフラーとかエアクリ変えたりして乗るくらいなので絶対的な速さは考えていません。 "publisher": { ドリフトで人気のS15ですが、もてはやされているのはスペックRです。でもNAのスペックSで街乗りメインで楽しみたい人もいるはず。「ドリフトできない人はS15に乗っちゃダメ!」なんて堅いことは言わず、気の向くままにスペックSを乗りこなしてみませんか?, S15とはシルビアの車検証に記載された型式名です。 スペックSはそのS15型シルビアのベースグレードになります。, 日産・シルビア(SILVIA )は、日産自動車で生産されていた2ドアノッチバックタイプのクーペ型自動車(3代目、4代目にはハッチバックが存在する。また2代目及び3代目のクーペは日産では公式には「ハードトップ」と呼んだ)。名前の由来はギリシャ神話に登場する清楚な乙女の名前[要曖昧さ回避]から。その語源はラテン語で「森」を意味する。もともとスペシャリティカーとして登場し、3代目や5代目は当時のデートカーとして商業的に成功した。, 美しくスタイリッシュなシルビアですが、その名前はラテン語の「森」を意味しているなんて、意外です。スペックRであれば清楚な乙女よりも硬派な男のイメージがありますが、その意味ではシルビアのネーミングにふさわしいのはスペックSかもしれませんね。, ・全長4,445mm・全幅1,695mm・全高1,285mm・ホイールベース2,525mm・車両重量1,200kg, 前作S14シリーズではワイドボディが与えられ3ナンバーとなったシルビアだが、このモデルはダウンサイジングを敢行し再び5ナンバーボディとなっている。駆動方式はもちろんFRのみ。エンジンは2L DOHCのターボとノンターボNAの2タイプ。ミッションはターボが6MTと4AT、NAが5MTと4ATを用意する。エンジン出力はターボが250馬力(AT仕様:225馬力)、NAが165馬力(AT仕様:160馬力)。グレード展開はターボがスペックR、NAがスペックSの大きく2つのネーミングに分かれる。, S15シルビアは、前作のS14シルビアと比べ、ボディサイズをコンパクト化し、よりスポーティーな走りに磨きをかけたクルマです。S15ではスペックRがターボエンジン、スペックSがNAエンジンを搭載しています。マニュアルミッションもスペックRの6速に対して、スペックSでは5速となっています。S15ではストイックに走行性能を求めているガチな走り屋でしたら、パワーがあるスペックRが良いですが、普段街乗りしかしない人には、NAのスペックSでも十分です。, S15スペックSに搭載されるエンジンは、SR20DE 型 直列4気筒 2000cc自然吸気エンジン(ターボが付いていないエンジン)です。S15スペックSは、組み合わせるミッションによってパワーが異なります。・5MT 165PS/6400rpm・4AT 160PS/6400rpm, 前後ともディスクブレーキを採用しています。サスペンションはフロントはストラット形式ですが、リヤにマルチリンク形式を採用し、走行性能を高めています。, S15スペックSはNAエンジンのため、ブーストメーター等がなく、シンプルですっきりとしたインパネ。着座位置が低いため、シートに座っただけで高揚感があります。, 座面を深くしていますので、ヘッドクリアランスも可能な限り確保しているのが特徴です。ちょっと窮屈ですが、万が一人を乗せなければならないときの緊急用としては十分かと思われます。, S15スペックSのトランクルーム。セダンほどではないにしても、それでもS15スペックSは日常使用に十分使えるスペースがあります。, トランクはセダンのように深くないので、容量は少なくなりますが、逆に言うと積み下ろしが楽になり、荷物をたくさん持ち込まない人であれば、むしろS15スペックSのトランクは、日常使用に使いやすいと思われます。, 比較的ベーシックなスペックのS15なのですが、ボディやエンジンをチューンした特別なモデルも発売されました。最後に、S15シルビアの特別仕様をご紹介します。, フジツボ製のエキゾーストマニホールドを装備して、排気効率を向上させたエンジンです。, オーテックバージョンはスペックSをベースに、エンジンの圧縮比アップをはじめ各部をチューニングし、フジツボのS15スペックS専用エキゾーストマニホールドを装着したモデルです。最高出力も200馬力にパワーアップしていまして、S15スペックSをグレードアップしているのが特徴です。, ボディ剛性を高めて、ブレーキも強化。6速マニュアルミッションやリミテッドスリップデフも装備し、最強のS15スペックSに仕上げています。. "author": { "@type": "Review", 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 個人についての「当社比」の意味皆さん、次の文で「当社比」は「他の男みんなに比べれば、シュガー含有量は1.5倍」それとも「行人さんが男の人としゃべるときより女の人としゃべるときシュガー含有量は1.5倍」意味があります? "sameAs": "https://little-beans.net/" "description": "VAIO S15は15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。同クラス製品のなかではデザインに優れている点が特徴。もちろん性能面や使い勝手もバッチリです。特にビジネスでハイスペックノートPCを活用したい人に向いています。", 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 }, } なんでベンツAクラスはネットでバカにされてるんですか?Aクラスは、貧乏人が頑張って見栄はってる感じがしてイタい。 Aク... 光岡自動車って、トヨタ車をベースに自社の車を作ってるみたいですがパクリメーカーなんですか?, クラウンのセダンモデルの生産終了というニュースがありますが、クラウンはあまり売れてない?, クラウン、生産終了で22年に新型投入を発表しました。マツダの新型FRプラットフォームや、直6エンジンも22年だと言われていますが、 "@context": "http://schema.org/", "itemReviewed": { 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 文:「行人さん、女の人「だけ」ベタベタ甘いですよね... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13221538488. "@type": "Person", VAIO S15は15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。同クラス製品のなかではデザインに優れている点が特徴。もちろん性能面や使い勝手もバッチリです。特にビジネスでハイスペックノートPCを活用したい人に向いています。, キーボードは標準的な配列でサイズ / タイプ感も十分。全体がナナメに傾いているので、手首への負担を軽減できます。長時間タイピングする人にオススメ!, 光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブ / ブルーレイディスクドライブに対応。4KディスプレイでUltra HD Blu-rayの映画を楽しむこともできます。, 今回はメーカーからお借りしたVAIO S15の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。, バッテリー駆動時間の公称値は4.5~8時間とされています。試用機でのテスト結果は最大で4時間16分でしたが、これはバッテリー消費の大きい4Kディスプレイを搭載しているため。フルHD / HDディスプレイを選べば、バッテリー駆動時間はもう少し長くなると思われます。, ただVAIO S15は持ち歩き用のノートPCではないため、駆動時間が長くなくてもさほど大きな問題ではありません。, 左側面の排気口からは温風が吹き出ます。熱に弱い精密機器を近くに置かないようにしてください, 電源アダプターもやや熱くなるので、本体から少し離れた場所に設置したほうがいいでしょう, ※価格は2019年5月時点 ※2 スペシャルクーポン適用時 ※3シークレットクーポン「UAZ217LSJ」適用時, 当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。, { "@type": "Product", そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). S15スペックRに乗っています。 普通に考えたら、ランサーエボを基準にするとスペックSでは物足りないでしょう。 とは言っても、ターボ車を運転したことがないとの事ですので、スペックSでも乗っていれば「こんなもんか」と納得できると思います。 }, }, VAIO S15には4種類のストレージが用意されています。HDDは容量は大きいのですが、ファイル処理やシステムの起動に時間がかかるのが欠点。SSDは高速ではあるものの、容量が大きいほど値段が高くなるのがデメリットです。それぞれの欠点を補える, 価格はパーツ構成によって変わります。予算や用途に応じて、CPUやメモリー、ストレージ構成などを選んでください。パーツによっては選択できない組み合わせもあります。, 本体カラーはブラックとシルバーの2色。今回試用したブラックのカラーは重厚感が満点です。無骨になりがちな15インチタイプでありながらもシャープなシルエットで、スタイリッシュな印象を受けます。, 天板には鏡面仕上げのロゴを配置。ヒンジ部分にあるシルバーのパーツは「オーナメント」と呼ばれ、淡いながらも上品な輝きを放っています。高級感は抜群!, 天板は金属製ではないものの、サラサラとしたマットな手触りで質感は上々。安っぽさはまっったく感じられません。ただ指紋や油脂の汚れが付きやすいので、こまめに拭き取ることをおすすめします。, キーボード面はアルミ製で、表面にはヘアライン加工がうっすらと施されています。非常に頑丈な作りで、質感も文句なし!, 本体は特別小さいわけではないものの、15インチのスタンダードタイプとしては比較的コンパクトです。, B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりもわずかに小さめ。一般的なB5ノートの見開きよりもやや小さいと考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。, 厚さは最薄部で22mm、最厚部で26mmです。数値としてはそれほど薄くはないのですが、デザインの影響からかスタイリッシュに感じます。, 重量は公称値で2.25kg、実測では2.169kgでした。重さは15インチノートPCとしては標準的です。日常的に持ち歩くには少し厳しいかもしれません。, 液晶ディスプレイの大きさは15.6インチです。解像度は1366×768ドット (HD)と1920×1080ドット (フルHD)、3840×2160ドット (4K)の3種類が用意されています。, 4Kディスプレイは非常に高精細! 高解像度の写真や動画は細部のディティールまでハッキリと映し出されます。また文字のドット感がなく、紙の印刷物のように読みやすいのもメリットです。, 標準のスケーリング (デスクトップの拡大率)設定は250%で、デスクトップの文字の大きさは1.5~2.5mmでした。新聞の文字 (3.5~3.7mm)よりも小さいのですが、読みづらさは感じません。, 液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右7.5mm、上部14mm。上辺は標準的ですが左右のベルは細く、画面周りがスッキリとしています。, 試用した4Kディスプレイの映像は非常に色鮮やかです。自然な発色で色のメリハリも効いています。色の違和感はまったく感じませんでした。, i1Display Proによる液晶ディスプレイのトーンカーブ。色のバランスは良好です。, 色域はsRGBカバー率で90%以上と優秀です。PC / スマホ向けのイラストや写真、動画であれば、制作作業にも向いています。, 輝度は計測値で302nitでした。中級クラス以上のモデルとしては標準的な明るさですが、実際に画面を見るととても明るく感じます。, ディスプレイの表面は、光沢なしのノングレアタイプです。眼精疲労や集中力低下の原因とも言われる”映り込み”がかなり抑えられています。長時間作業する人におすすめ。, 液晶ディスプレイを開くとキーボード全体がナナメに傾きます。手を自然な角度に保ったまま入力できるので、手首に負担がかかりません。またキーボード全体を見渡しやすい点もメリットです。, VAIOシリーズの特徴のひとつである”無限パームレスト”。パームレストと接地面との段差が低いため、手首を持ち上げることなく自然な角度で快適に作業できます。, キーボードはテンキー付きの日本語配列です。配列に特殊な部分はなく、いい意味で標準的。違和感なく利用できます。, キーピッチ (キーとキーの間隔)は理想とされる19mm。キー自体はやや小ぶりですが、十分な間隔があるので違和感はありません。使い始めからサクサク入力できるでしょう。, テンキーはやや小さいのですが、特に問題なく使えました。標準的な4列構成で、電卓のような感覚で利用可能です。, キーストロークは公称値で1.5mm、ホームポジションを含む4段目の平均値は15.6mmでした。ストロークは平均的ですがタイプ感はやや軽めです。クリック感は固めではあるものの、押し込む力は弱め。, タイプ音は軽いタッチなら「タクタク」と静かな音です。強めに叩くと多少の反響音があるものの、気になるほどではありません。どちらかと言えば、軽めのタッチで軽快に入力する人に向いています。, タッチパッドは誤操作の少ないボタン分離型です。パッド部分は反応がよく、カーソルがなめらかに動きます。サイズも十分で、作業は快適です。, ビジネスシーンで利用する機会が多いVGA (D-sub15ピン)と有線LAN (1000BASE-T)に対応しています。変換アダプターを用意する必要がないのは便利。, まだまだ需要の多い光学ドライブに対応。購入時にDVDスーパーマルチドライブかブルーレイディスクドライブ (Ultra HD Blu-ray対応)のどちらかを選択できます。, パームレストの右にタッチ式の指紋センサーを配置。指で触れるだけでウィンドウズにサインインできるので非常に便利です。セキュリティー面でも安心。, 底面部に配置されたスピーカーは音がややこもりがちで、音楽鑑賞には不向きです。しかし人の声が含まれる中音域については、比較的クリアーに聞こえます。ビデオチャットや動画視聴用にチューニングされているのかもしれません。, 電源アダプターは少し大きいのですが、持ち歩き向けの機種ではないので問題ないでしょう。重さは実測で358gでした。, 試用機で使われていた256GB SSDはSATA接続タイプで、アクセス速度は標準的です。注文時に「第三世代ハイスピードSSD (PCIe)」を選択すると、アクセス速度は大きく向上するでしょう。, こちらは1TB HDDのアクセス速度。容量は大きいのですが、アクセス速度はSSDよりも劣ります。注文時に「ハイブリッドHDD」を選択すると、ランダムアクセス (4KiB~の項目)が改善されるでしょう。, ウィンドウズの平均起動時間は15.76秒でした。SSD搭載モデルとしては標準です。SSDが「第三世代ハイスピードSSD (PCIe)」であれば多少改善される可能性があり、ストレージがHDDのみだと40秒以上かかることがあります。, 試用機で使われているCore i7-8750Hは非常に高性能なCPUです。現在は後継CPUのCore i7-9750Hがリリースされたものの、性能的にはまだまだトップクラスだと言えます。Core i5-8300Hでも高いパフォーマンスを期待していいでしょう。, VAIO S15に標準収録の「VAIOの設定」では、CPUの動作モードを選択可能です。「パフォーマンス優先」を選ぶと高い性能を引き出せる代わりに駆動音が大きくなり、「静か優先」を選ぶとパワーを抑える代わりに駆動音が静かになります。, 「パフォーマンス優先」選択時は排気音がかなり大きく聞こえますが、「静かさ優先」時は確かに排気音が抑えられていました。ただ空冷ファンの出力が下がっているだけで、上記のグラフを見るとわかるようにCPU温度が低いわけではありません。, VAIO S15はCPU内蔵のグラフィックス機能を利用します。専用グラフィックス (dGPU)搭載の機種に比べて、グラフィックス性能は高くありません。ゲームや動画変換、クリエイティブな作業などには不利ですが、一般用途であれば問題ないでしょう。, 高い負荷の処理では、キーボード左側の温度が上昇します。最大温度は40度前後でPCや人体に悪影響が出るほどではありませんが、パームレストに触れるとそれなりの熱を感じました。 ※室温は26.3度, VAIO S15は15インチのハイスペックノートPCとしては非常に完成度の高い仕上がりです。特にデザイン面では、同クラスの他社製品よりも圧倒的に優れています。また4Kディスプレイに対応している (要追加料金)のもVAIO S15だけです。, 価格はやや高めではありますが、使いやすさの点を考えればその価値は十分あると思います。特にビジネス用途ではパフォーマンス / ルックス面でピッタリ。スタンダートノートPCの決定版と言っていいでしょう。, 870gの超軽量ノートPCが12万円台&ゲーミングノートPCが9万円台~:ASUS週末セール実施中, 【11/16 6時まで】ThinkCentre M75q-1 Tinyが3万0140円! しっかり使えるRyzen 5で高コスパ, 【11/15まで】4Kディスプレイが2万1780円&GTX1660 Tiクリエイティブノートが14万円台:HP週末セール実施中, IdeaPad Duet Chromebookが2万9900円! 大人気の10.1インチ2-in-1タブレットが激安超特価, 第11世代搭載ThinkPad E14 / E15 Gen 2 販売開始! 最安モデルは6万円台から【品切れ注意】, ドスパラ raytrek R5 レビュー:8コアCPU+RTX 2060搭載のハイパワーなクリエイティブノートPC, 12インチAcer Chromebook 512(C851-A14N)が2万6820円で販売中! MIL規格準拠の頑丈モデル, 【告知】IdeaPad Flex 550(14)(Ryzen 3 4300U/4GB/256GB SSD)を3万8000円でメルカリに出品します, Latitude 7410 レビュー:使用感に優れる14インチのスタンダードビジネスノートPC, ノートPCやデスクトップPCが3万円台~&4Kディスプレイが2万円台:HPオンラインストア限定キャンペーンがお得.